Skip to content

「潜在能力の引き出し方」を世界一分かりやすく要約してみた

この動画の要約・まとめ

動画の内容

皆さんどうもこんにちわ本ようやくチャンネル納涼です本日は潜在能力の引き出し方と
いうことであなたが持っている能力を限界まで引き出すためにはどうすればいいのか
どのようなトレーニングを積めば効率よく自分の能力を高めることができるのかという
ことについて解説して
いきたいとおもいますまず端的に結論を申し上げるならばあなたの能力を最大限に
引き出す方法とは
t クワークと呼ばれる最大限に集中力を高めた状態でのトレーニングになります
ディープワークとはジョージタウン大学の准教授である
カルニューポートが名付けた数々の店
妻が行ってきた圧倒的な集中力での作業のことであり能力向上にはこのディープワーク
を行っている精神の緊張状態が必要であることが心理学と新計画の研究からわかってい
ます
スポーツのトレーニングもピアノの練習ももちろん勉学や仕事においても自分の能力を
向上させるために
はこのディープワークの状態つまり圧倒的な集中力これが必要でありその集中力を手に
入れるための方法を本日紹介したいと思います
具体的な方法に入る前に一つ注意点があります
まだディープワークに関しては研究段階でありなぜ能力向上に t ぷワークが効果的
なのかわかっていないんです
しかし効果があることは実験によって確認されており
仮説としてなんですが集中して学習を行うことで特定の脳細胞のみがし1され
強化されるからでは
ないかというふうに言われています注意散漫になると他の脳細胞も同時に刺激されて
しまうために効率的に強化することができないんですね
ということでまだまだわかっていないことが多いんですが
これからのさまざまな研究によってその効果の裏付けが取れていくと思います
まだはか
ていないことも多いということを頭の片隅に入れていただきここから先のないように
入ってくださいさあそれではディープワークの実践方法
まずディープワークを実践するために大切なのは何のためにディープワークを行うのか
ということなんです
目的意識がはっきりしないまま作業に入っても気がそれた時に作業に戻る力っていうの
が弱くなってしまいます
あなたの作業の最終目標を確認し今日の作業はその最終
目標達成のためにどう役に立つのかを明確にする
この作業が何よりも大切なんです心理学的には注意には目的指向型と刺激駆動型の2
種類があり目的指向型の注意は目標や願望など自身の内面から火強化されるもので今回
のディープワークには
こちらの集中を用います一方刺激駆動型の注意とは line の着信音や誰かの
話し声といた
外部からの刺激によって誘発されるものであり集中の妨げになるもののことを言います
集中力を高めるためには目的指向型の注意を高める必要がありそのためには毎日作業
開始する前にしっかりと僕的を再認識することこれが大切になるんです
また目標はやらされている目標ではなくあなた自身が熱望している目標である必要が
あります
熱望している目標に対しての努力でのみ
最高の集中力これが発揮できるカラーなんです
作業目的を明確にしたら次にいつどこでリープワークを行うかを決めていきましょう
時間帯も毎日固定したほうが脳が習慣として記憶しますのでおすすめです
特に起床後の3時間は脳のゴールデンタイムとも呼ばれ1日の中で一番集中力が高まる
時間帯ですのでここにディープワークを入れると多いでしょう
起床後3時間をディープワークに使えるように逆算で起床
時間を設定するというのも大切です時間を決めたら次は場所です
ディープワークを行う際はいつも決まった部屋に移動してください
ディープワークを行う場所はいつも固定しておくことが大切なんです
脳にこの場所はディープワークを行うバスだと教え込むことによってその場所に入る
だけで強制的に集中モードに入ることができるようになるからです
逆に言うならディープワークを行う場所でスマホをいじったりダラダラと休憩したりし
てはいけません
ディープワークをする場所はディープワーク妥協するバストを設定しておきましょう
書斎のような場所がないという場合はディープワークをする時だけ行くと所
館のような場所をつくるといいでしょうもちろん作業中眠くなったとしても机に
突っ伏して寝たりしてはいけません
集中力が切れたり眠気が湧いてきた場合は他の場所に移って休憩しましょう
余談ですが睡眠にも同様のことが言えます
布団に入ってもなかなか眠りにつけないそういう人は布団に入りながらスマホをいじっ
たり本を読んだりすることが習慣になっていて脳が布団の中
=寝るバストを認識できていないということがよくあるんです
眠れなくて悩んでいる人はぜひ布団の中
た寝室の中は寝るときだけに使うようにしましょう
ディープワークを行う場所に移動したら次はディープワークに入る前の儀式を行います
これもこれからディープワークを行うようと脳に知らせるためのもので
毎回同じことを行えば何を行ってもいいんです
おすすめはスマホ
の電源を切ったり機内モードのスイッチをを吸うということです
これにより集中力のスイッチを入れることができます
またコーヒーを飲むというのもオススメなんですが日常的にコーヒーを飲んでいると
いう人の場合 t ぷワークを行わない時もコーヒーを飲んでしまうために脳がこれ
飲んだらディープワークに入る
んだ後を学習してくれないので効果が下がってしまう場合があります注意してください
ということで
さあいよいよディープワークが始まりましたディープワークの効果を高めるためには
でリバレイとプラクティスと呼ばれる方法を使うと良いでしょう
でリバレイとプラクティスとはあなたが高めようとしている特定の
または極めようとしているアイディアにしっかりと注意を集中すること
最も生産性の高いものに注意を向け続けるためにあなたのやり方を正すことができる
ようにフィードバックを受けること注意散漫を防ぐことメールや sns で集中力を
途切れさせてはいけない
この3点を
意識して行うことが大切になります簡単に言うならできる限り着信音といった外部刺激
を遮断した状態で作業に集中その集中度合いをフィードバックできる状態にするという
ことなんです集中ドア位の測定方法は自己判断で点数化するこれでもいいですし
1時間でどれだけのさ
漁を行ったのかを記録するという方法もいいでしょう
目に見える形で集中できたかどうかを記録することによって日々集中力の成長を確認
することができます
また少し古い論文にはなるんですが1993年のエリクソンの論文によると多大な認識
力を要する仕事を行う場合
初心者にとっては今日
工藤の集中は1日1時間ほどが限界であるというふうに言われているんですね
熟練者はその時間を4時間まで伸ばすことができるということもわかっていますここで
言われている熟練者とはベルリン芸術大学の生え抜きのバイオリン奏者たちであり彼ら
であったとしても1日平均3時間半合
2回に分けて行うこれが普通だったんですね
したがって私たちがしっかりとディープワークを行えているのであれば午前中に効果的
にね
ディープワークを続けられる限界点を超えることになってしまうんですよって午後から
も働く必要がある場合は適切な休憩休息っていうのを取る必要があります
球速の方法としてオススメなのがマインドフルネス瞑想
自然散歩パワーアップですマインドフルネス瞑想に関しては長くなってしまいますので
別の動画で解説するとしてすぐにでも取り入れることができる自然散歩とパワーアップ
をここで紹介したいと思います
自然散歩サイコロ時間
あるサイエンス誌に掲載された論文によると自然の中で過ごすことが集中力を向上さ
せるということがわかっているんですね
実験では被験者は2つのグループに分けられ植物園の木々が茂る森を散歩するように
言われたんです
もう一方のグループは繁華街の散歩を行いましたその後両グループとも数字の逆
松と呼ばれる集中力を削ぐような課題が与えられたそうです
結果として植物園で散歩を行ったグループの方が20%も成績が良かったんです
1週間後同じグループ分けにし散歩する場所を入れ替えた場合もやはり自然による効果
は見られたということなんですね
街中を散歩した場合方向性注意と呼ばれる車に意識を向けたり他に歩いている人を避け
たりといったことが必要になります
これが注意力の披露につながってしまうんですね
それに反して自然の中で散歩するということは注意力を働かせる必要がなく皿に自然に
は人の心を興味深い
刺激で満たす作用があるために気持ちをリラックスさせて休息することができるという
ことがわかっています次
パワーナップパワーナップとは昼寝や歌ためなど短時間の睡眠を表すナップとパワー
アップを掛け合わせた造語で日本では積極的神と呼ばれています
このパワーナップは
nasa の睡眠研究によって集中力を維持させる科学的効果が明らかにされており
フィルニー26分間の紙を取ると認知能力が34%
注意力は54%を向上したと報告されています
このように効果的な休息の方法は集中力を回復させる効果があり午前中の
ディープワークで疲れきったのを癒しここからの仕事に対しても集中して取り組める
ようにしてくれるんです
てそれではここまでを振り返りディープワークの方法をまとめておきましょう
まず一つ目が作業目的をはっきりさせる
二つ目がディープワークを行う場所と時間を固定する3つ目がディープワークを行う前
に毎日行う儀式を決める4つ目ができる限り着信音といった外部刺激を遮断した場
状態で作業に集中しその集中度合いをフィードバックできる状態で作業を行う
三つ目が1時間から3時間が限界と認識し作業を切り上げたら休息を取るということ
でした
以上の手順で毎日行うことこれが大切になってきますぜひディープワークを日々の習慣
に取り入れ
の21 the 3個
に仕事のレベル能力を向上させていきましょうということで本日も長らくご静聴
ありがとうございました
またお会いできる日を楽しみにしていますということでそれではさようなら

関連の投稿

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論【要約/ショーン・エイカー】

|まず幸せになれば、生産性が上がり、ポジティブな見方ができるようになる。そうしてより幸せになれる。

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる 要約まとめ

|良い「しつこさ」は後天的に身につけられる。良い「しつこさ」を持てれば日々の積み重ねが楽しくなる。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」【要約/梅原大吾】

|あらゆる可能性を試し、成功と失敗を繰り返す。これを楽しめるものでないと、その道を極めることはできない。

ゴーレム効果 ネガティブな言葉にメリットはない ギネス認定「ウ・ポムゴン連続殺人事件」からの学びまとめ

|ネガティブな言葉は自己認識を低下させ、人のパフォーマンスを下げる。どうしてもポジティブな言葉をかけられないのなら関わることをやめよう。

鈴木祐「無(最高の状態)」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|現在に没頭すること、脳が作り出すネガティブな物語を観察して、現実と切り離すこと。このトレーニングにより自己の強度は下がり、メンタルは最高の状態に至る。

学習効率が10倍になる方法! 9分でわかる『天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる』要約

|何かを習得したい時、最初からチャンクを分け、苦労を計画する。苦労が想定内にあり、ミスをする、そこから修正すると決めておくことで実行、継続がしやすくなる。

帰宅恐怖症 夫婦間のミゾはなぜ生まれる?からの学びまとめ

|頭で結論を決めずにとにかく対話する。困っていることを純粋に伝え、より良くなるためのルールを決める。互いが相手のためにルールを真摯に守ろうとするなら、どんなに壊れた関係性も回復できる可能性はある。
よく検索されるタグ