「関わると不幸になる!絶対に関わってはいけない人の特徴」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

目次
    Add a header to begin generating the table of contents

    不幸になってしまう人の特徴

    1. 結論、ネガティブシンキングの人は不幸になる。
    2. いつもマイナスに捉えてしまう人、ネガティブ変換してしまう人は様々な面で悪影響を受け続ける。
    3. ネガティブな考えや信念は気分や感情、メンタルヘルスに悪影響を及ぼす。
    4. 自己否定的な対話を自分に対してしていないか。私にはできない、自信がない、できるわけない。これによりモチベを失い、挑戦をすることをやめ、行動しなくなる。簡単に諦めるようになる。よりネガティブになる。負のループに陥る。私たちの行動の選択肢を知らない間に狭めていく。
    5. 否定的な自己対話をやめることで活動的なり、行動の量が増える。結果成功しやすくなり、ポジティブな感情が生まれやすくなり、行動の選択肢が広がる。正のループが始まる。まずはポジティブな自己対話をすることから始めよう

    絶対関わってはいけない人の特徴

    1. 結論、ネガティブなことをしてくる人、言ってくる人。
    2. 私たちは驚くほど周囲の環境、情報の影響を受ける。ネガティブなニュースを見るだけでも気分は暗くなる。
    3. ネガティブな情報が入る習慣が習慣化されてないか考える。本当にその習慣は必要か考えよう。
    4. ポジティブな人が周りにいるとポジティブな影響を受ける。ネガティブな人が周りにいるとネガティブな影響を受ける。
    5. ハーバード大学の研究。喫煙や肥満などの悪習慣は感染する。肥満な人が周りに多いと肥満になりやすい。
    6. バカな人が周りに多いとバカになる。バカ向けの知識、言葉で話さないと通じないから自分もバカになる必要がある。

    ミラーニューロンを有効活用する

    1. ミラーニューロンとは相手の発言や行動、習慣を真似してしまう脳の性質。これにより他人の発言や習慣が感染する。
    2. なぜミラーニューロンがあるのか。共感するためにある。人類として生存率を高めるために共感する必要があった。
    3. 周りにいる人間をしっかり選ぼう。ネガティブ、メンヘラな人は余裕がないからあなたの時間を奪ってくる。ネガティブ傾向の人とは距離を置くしかない。ネガティブな人とばかり関わり、自分もネガティブになれば、そのネガティブによって自分の周りの他人をネガティブにするようになる。
    4. ミラーニューロンを有効活用するために、まずはポジティブな環境に飛び込む。ポジティブな人と関わる中で自分もポジティブになれる。そのポジティブは自分の周りにも伝染する。それを繰り返す中でよりポジティブな空間になっていく。