【婚活探偵】あらすじ・考察・感想・要約まとめ

婚活探偵
  • アラフォーで仕事一筋、孤独に生きてきた探偵・黒崎が突如孤独感に苛まれ、婚活を始める。
  • 婚活相談所を通して、多くの女性と会うようになり、黒崎は男として成長していく。
  • 魅力的な女性が毎回現れ、進展するが、何かしらの要素で上手くいかなくなる。最終回までに黒崎は結婚できるのか。
目次
    Add a header to begin generating the table of contents

    1話の要約・あらすじ 突然押し寄せる孤独感

    強面で愛煙家、ハードボイルドな探偵・黒崎竜司は、元凄腕の刑事。現在は探偵として働いている。優れた推理力で、日々依頼を解決していた。探偵事務所の後輩・八神は黒崎に憧れていた。しかし黒崎には41年間ほぼ女性と縁がないという悩みがある。ある日、黒崎は耐え難い孤独感に苛まれる。自分はこのまま一生一人なのではないか。一念発起し、周囲には一切秘密にして、生涯の伴侶を求めて結婚相談所に登録する。

    孤独

    結婚なんて考えたこともなかったんです。私は今まで41年間、女性とは距離をとって生きてきましたから。それがかっこいいと信じていたからです。幼い頃からかっこいい男にとにかく憧れて、今まで41年間、孤独が男の美学だと信じて生きてきました。しかし最近、何かあった時、自分のことを一番初めに思い浮かべてくれる人間はこの世に一人もいないのだとふと思ったんです。そういう仕事や物では埋められない、言葉にするのが難しい何かが突然襲ってくる夜があるんです。


    結局は無いものねだりなのかと思う。独身でいると結婚さえすれば孤独を感じなくなるだろうと思う。恋人がいようが、配偶者がいようが、孤独は感じるもの。理解されない孤独、一緒にいるのに興味を全く持たれない孤独、場合によっては物理的に一人でいるよりも孤独を感じる。

    結婚したらしたらで独身は気楽で楽しそうでいいなと思う瞬間が生まれてくるだろう。結婚したことないから知らんけど。

    何か足りないものを誰かとつながることで埋めようとするという意識より、信頼関係をしっかりと築く中で本気で相手を幸せにしたいと思い、それが結婚という手段によってより実現できると思うならしたらいい。結婚したことないから知らんけど。

    選ばれない人は選べない

    まずは選んでもらうために変わるんです。


    1. 誰からも選ばれない人に選ぶ権利はない。選びたいのなら、他者にとって不快となる要因を見つけ排除する努力が必要。
    2. 自分がなんとなくいいと思うもの、かっこいいと思うものが貫くべき価値のあるものか一度考える。

    個性やアイデンティティーが逃げ道となる場合

    なんでサングラスを取らないんですか。かっこよくないですよ。変です。


    婚活は選ぶことももちろん大事ですが、何より選ばれることが重要なんです。ハードボイルドっていうんですか、そういうこだわりがあるのはわかります。それがダメだとは思いません。しかし婚活においては不利になるんです。

    1. 自分がなんとなくいいと思うもの、かっこいいと思うものが貫くべき価値のあるものか一度考える。本当はそれほどこだわりはなく、ただ思考停止で変わりたくないだけかもしれない。
    2. これが自分の個性、アイデンティティーと言うことは時に逃げ道となりうる。ただ努力をしたり、調整をしたりしたくない、そのための言い訳になっていないか考えてみる。

    2話の要約・あらすじ 祈る女

    探偵の黒崎は後輩・八神と共に井川という20代前半の女性の調査にあたっていた。由紀菜の婚約者・二階堂は40代で法曹界の超エリート。その年の差に、二階堂の財産目当てなのでは?と心配した母の美沙子が黒崎に依頼してきたのだ。一方、プライベートでは結婚アドバイザーの城戸から連絡があり、20代の若い明歩とお見合いをすることになる。

    温かい嘘

    本棚の本は写真を送るために買い揃えたものです。頑張って読んではみたものの、本は昔からめっきりダメで。何を読んでいるのかすらわからなくなりました。不誠実な人間だと、そう思われてしまっても仕方ありません。


    嬉しい。だって黒崎さん、私のために本を買い揃えてくれたんですよね。それに一生懸命本を読んでくれたんですよね。そんなこと普通はできません。こんな温かい嘘初めてです。


    読書という趣味を合わせるために大金をはたいて本を買い揃える黒崎。相手の興味関心に寄り添う姿勢は大切。相手が勧誘目的の新興宗教の信者じゃなければ・・・

    相手の全てを受け止めるということ

    受け止める覚悟ができたのさ、相手の全てを。


    その人を受け止めるというのは相手にとことん向き合い、理解しようと努力したその先にある答えなんじゃないでしょうか。今の黒崎さんは結婚というものを甘く考えすぎです。そんなに簡単に受け止めるとか言わないでください。

    相手の全てを受け入れるのは口で言うほど簡単なことではない。とことん向き合った先にあるもの。その作業の先で、全てを受け入れようと思えるかどうか。

    【婚活探偵】あらすじ・考察・感想・要約まとめ

    3話の要約・あらすじ 東京地検の女

    婚活に励む黒崎の元に、初めて女性の方からお見合いの申し込みがある。相手は沢木麗子。沢木は敏腕検事の経歴を持つ。仕事一筋で生きてきた自分と似た境遇の沢木に、黒崎は惹かれる。一方、黒崎の探偵事務所では黛から、2年前、渋谷東署で起きた事件を調べて欲しいという依頼がくる。それは、黒崎が捕まえた妻殺害容疑の容疑者が留置所で自殺を図った事件で、黒崎が警察を辞めるきっかけになった因縁の事件だった。

    女鬼平の孤独

    私お弁当買う時途方にくれることがあるんです。あー私別にこれ食べたいわけじゃないなって。何食べていいかわからないんですよ、一人で。餌なんですよね、餌、生命維持のための餌。食べたいものもわからないような餌を一人で食べるんです。そのとき、あ、私この餌、一生一人で食べ続けるんだって。


    わかります。本当泣けるほどわかります。ありがとうございます。自分を見つけてくれて。


    あなたは一人じゃないです。お弁当を一緒に食べる相手がいます。ちゃんと頼ってください。

    似たバックグラウンド、女鬼平と聞いていた人が美人、かたい仕事につきながら女性らしいギャップ。沢木さんみたいな人は中々いない。黒崎よ、なぜあとを追わない。まだ挽回できただろうに。コミュニケーションの行き違いは必ず起こりうる。そこを修正できないと続くものも続かない。

    コミュニケーションして修正できるかどうか

    疑念が生じたときに丁寧にコミュニケーションできるかどうか。互いに話す、聞く、調整するができるか。調整できない場合、必ず問題は大きくなる、新たな問題が生じる。どんどん溝は深くなり、調整できない地点までいってしまう。
    事実確認をする前に相手を悪人にしてはいけない。沢木さんが仕事で黒崎に近づいてるかもしれないと疑念が生じた時、余計なことをいう前に惹かれていることを率直に伝え、こういう疑念があるんですがと真摯に話せば、結果は変わっていたかもしれない。真摯に話をした結果、相手が調整できない人間、調整するつもりのない人間ならしょうがないこと。それはこちらの責任ではない。

    疑念の段階で高圧的な態度で接してしまった場合、仮に事実とズレがあったなら、こっちの落ち度となる。相手が信頼関係があると思う人間、魅力的だと思う人間であるなら、最初は性善説にたって、丁寧にコミュニケーションすることが重要。

    4話の要約・あらすじ 整形を気にする女

    黒崎結婚アドバイザーの城戸のおすすめで婚活パーティーに出席することになる。しかし高収入、ハイキャリアな男を横目に自信を失くす。職業が探偵というとほとんどの女性は興味をあからさまになくす。美女には男たちが群がり、何もできないまま婚活パーティーは終わる。何も収穫なしと思われたが、その後会場でひときわ綺麗だった美女・若松沙雪が黒崎を気に入っていたことがわかり、奇跡的にマッチングする。2人でデートをすることになる。元々漫画家志望だった若松は自分が理想とするハードボイルドな男が主人公の漫画を描いていて、それが黒崎とそっくりだったのだ。

    仮交際から1カ月が過ぎ、結婚に向けてすべてが順調に進んでいく。しかし今までタバコの匂いてふられ、宗教の勧誘でふられ、好きになられすぎてふられてきた黒崎。黒崎は絶対に今回も何か裏があるのではと不安になる。

    自分の欠点を知ったなら変化をもたらせ

    自分の欠点見つけて、言い訳して、勝手に納得して、みっともない。

    確かに、自分の婚活市場の現状を知ることはとても大切なことです。でも一番大事なのは、現状を知った上で何を変えれば成婚できるのか考えることです。上手くいかないのなら何か変化をもたらさないといけないんじゃないですか、少し無理をしてでも。

    自分の欠点に気づいた時、人は自信を失う。欠点に気づいた時は変化を起こすチャンスと思ったらいい。とにかく変化を起こしてみて、上手くいくまでやってみる。その中で成長できる。最終的に上手くいけば、過去の失敗はあって良かったと思えるようになる。

    挑戦する限り、過去の意味合いはポジティブな方向に変わり続ける。

    ありのままを受け入れる

    若松とのデート後、流れで黒崎の家に行くことになる。黒崎は焦って、タバコやアダルトビデオを隠そうとするが若松にバレてしまう。そんな黒崎に若松は「可愛い」と言う。

    黒崎もまた、若松が整形していたとしても関係ないとありのまま受け入れようとする。ここまでは良かったのに。笑

    またもやコミュニケーションの行き違い

    また前回同様、コミュニケーションの行き違いで破談になる。相手が整形して、それについてどう思うか気にしていると勘違いする黒崎。黒崎が整形して、それを隠していると誤解する若松。黒崎の仕事を若松は知っているわけで確認すれば済む話。

    若松は他にもキープがいて、そっちが本命だった可能性が高い。その場合一つの行き違いで関係は終わる。黒崎は若松に整形について考えてくださいと言われた時に、追いかけてでもちゃんとコミュニケーションするべきだった。その時若松は黒崎のことを一目惚れでしたって言ったタイミングだったからチャンスがあったかもしれない。

    黒崎には勝手に事実を推測して、悩み、決断しちゃう癖がある。そして時間を置いてしまう。まずはちゃんと話して、どういう問題なのか確認することが大切。

    5話のあらすじ・要約 裏がある女

    黒崎は突然母親から強引に農家の娘、孝子とのお見合いを設定される。結婚アドバイザー・城戸からは可愛くてスタイルの良い29歳、飲食店勤務の絵摩を紹介される。孝子とホテルのラウンジで会い会話するがあまり盛り上がらない。絵摩とは会話は盛り上がり、手応えを感じる黒崎。次のデートの約束をしようとするが、黒崎は間違えて絵摩ではなく孝子にラインを送ってしまう。さらに、偶然が重なり、絵摩と孝子の2人と同じ日にデートすることになる。

    正直な回答

    サイズ感の問題ではなく、やっぱり大切なのは中身ですからと言いたいところですが大きい方が好きなのは事実です。

    胸のでかい女はここに秘密が隠されてるんだ。だからでかくなるんだよ。

    29歳、学生時代ずっと女子校で男の人に対してどういう服を着たらいいかわからないから友達に聞いたら胸を出してけって言われて、この服着てきちゃいました。やばい奴感がすごい。笑それに対して正直な回答をしつつ、相手を笑わせるという高等テクニックを披露する黒崎。コミュニケーション能力がすごいレベルになってきてる。

    孝子さんに対しても全然外見タイプじゃなくても、普通にデートして、丁重に接する。城戸さんが頭のおかしい男に絡まれていても、身を呈して助ける。自分は殴られても手を出さない。黒崎は男の鏡になりつつある。

    容姿と性格の関係性

    いい人にはどうしても裏があるように思ってしまうんですね。

    黒崎は本当に相手になんの確認もせず、事実を決めつけてしまう。これで3連続。ただ現実で絵摩みたいなタイプが実際はめちゃくちゃ純粋で良い人でしたみたいなケースは本当に少ない気がするけどな。

    孝子の本性は笑う。笑

    6話最終回のあらすじ・要約 人は皆、婚活探偵

    黒崎の探偵事務所に黒崎の結婚アドバイザー・城戸まどかがやってくる。大企業の御曹司・瀬田が結婚相手として相応しいか調べてほしいという依頼だった。黒崎を見ていていい人には裏があるのかもしれないと思ったらしい。突然のことに、黒崎は動揺する。八神と共に瀬田の調査に乗り出す黒崎。瀬田は筋肉ムキムキ、女遊びはしない、ボランティア活動にも励んでいて、一見完璧な男に見える。裏があると調査を続ける黒崎は自分の中の城戸に対する気持ちに気づき始め、お見合いの申し出も断るようになる。

    そんな黒崎の前に以前交際を断った絵摩が現れ、黒崎に結婚を申し込む。

    約束を必ず守る人

    誕生日は毎年、薔薇を渡すって約束したから。

    忘れるなんてできないよ。大切に思うことは変わらない。

    あの人、約束は必ず守るんです。

    10年前に亡くなった彼女との約束をいまだに守り毎年薔薇を届けにいく瀬田。黒崎がその亡くなった彼女の妹に話を聞くと「あの人、約束は必ず守るんです。」と言う。誠実さとは何が何でも約束を守ること。そしてそれを苦しくではなく、大切したいという純粋な思いで守れること。

    心の綺麗な人

    今まで人間の黒い部分にばかり目を向けてきた。でも本当に心が綺麗な人間もいると気付かされた。心が綺麗な相手と結婚できるのは、同じようい心が綺麗な人間だけだ。

    私はいいですよ、ありのままの黒崎さんで。体に気をつけてくれれば。

    心が綺麗な方が幸せになれる確率は高いと思う。何か黒い部分があるはずだと疑い続けるのにはエネルギーがいる。余計なことにエネルギーを使い、肝心な相手を大切にする、愛するということができなくなる。

    心から好きな人

    自分はあなたと出会えて、人生が少し楽しくなりました。少し、変わることができました。そして気づきました。今までは一人が寂しくて寂しくて、寂しさをうめるためだけに結婚相手を探してきた。でも今は違う。自分はあなたが・・・

    城戸さんに思いを伝えていいですがという黒崎に対して、「どうぞ」と言う瀬田さん漢過ぎる。笑

    人は皆、婚活探偵

    自分は思うんです、婚活をしている人は皆、幸せを追い求める探偵なのだと。

    「婚活」それは自らの幸せを追い求めること。婚活をしているものは誰もが等しく、幸せを求め、追い続ける。婚活探偵なのだ!

    くだらないけど、考えさせられる部分も多く、面白いドラマだった。なんで6話で終わってしまったのか、10話とかまでやって欲しかった。最後「人は皆、幸せを求める探偵だ」って無理やり綺麗にまとめて終わらせた感がすごい。笑 黒崎と城戸さんの幸福を願います。