Skip to content

「八月は夜のバッティングセンターで。」9話からの学びまとめ 問題と向き合う

「八月は夜のバッティングセンターで。」9話からの学びまとめ 問題と向き合う

目次

問題と向き合う

  1. 高校入学後、女子野球部に入部した舞。エースピッチャーとして活躍するが、勝ちを求めるためハードな練習を周りに強要するようになる。苦言をていする美希に舞は反発、喧嘩になる。そんな関係の中、追い討ちをかけるような事件が起きる。舞の投げた球が美希の手にあたり、大怪我を負わせてしまう。野球から離れた舞はボールすら投げられない状態になってしまう。舞の心をケアするため智弘が説く最後の野球論とは。

一歩踏み出す勇気

みんな最初は今のお前と同じように弱音を吐いていたよな。それでも彼女たちはみんな、一歩前に進んだ。怖くても、情けなくても。踏ん張って歯を食いしばって前に進んでたじゃないか。お前ずっとその姿を見てきたんじゃないのか。

  1. 投げるのが怖い。短い距離からキャッチボールしてみる。少しずつ距離をあけてみる。
  2. 何か恐怖やトラウマがあり、それが人生に悪影響を与えているとしたら向き合う必要がある。短い距離からキャッチボールをしてみるように、小さいことから、できることからやってみる。

情熱があれば乗り越えられる

「野球が好きか?」「大好き。」「なら大丈夫だ。」

美希もやれることから始めてるから。自分が先に野球部に戻ってちゃんとプレーできるところを舞に見せたいって。そしたらきっと舞も戻ってこれるからって。

  1. デッドボールによって怪我を負った美希も、舞が部に戻ってこれるようにできることをやっていた。それを知り舞は涙し、部に戻る決意をする。
  2. 小さいことから始める。これは簡単なようで難しい。最初の一歩が一番大変だ。始められるかどうかでその後の歩みは大きく変わる。
関連の投稿

【東京ラブストーリー(2020)】からの学びまとめ

|結局、人生の選択に正解は存在しない。このドラマの登場人物のように考えて、悩んで、苦しんで、後悔して、選択していくしかない。

おぼん・こぼん THE FINALからの学びまとめ 水曜日のダウンタウン

|修復したい関係性があるなら、まず自分の非を認め、そこから共通のゴールを明確にし、協力関係を築けるか真摯に話し合うことから始める。

祈りの幕が下りる時/東野圭吾/新参者 学びまとめ

|誰かの幸せを心から願う祈りが幸福をうむ。

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

「八月は夜のバッティングセンターで。」9話からの学びまとめ 問題と向き合う

|最初の一歩が一番大変。一歩を踏み出すことができないと、それが習慣となり、次の機会も踏み出すことが難しくなる。

StartUp(スタートアップ) シーズン1 学びまとめ/アメリカドラマ

|自ら敵をつくると負の連鎖が始まる。対立構造が生まれると戦争となり消耗戦になる。強引なやり方は良い結果を生まない。

ドラマ「ただ離婚してないだけ」からの学びまとめ 絶望で学ぶ

|絶望やどん底に落ちると本当に大切なものが何か見えやすくなる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

「八月は夜のバッティングセンターで。」8話からの学びまとめ 個人で得られる喜びには限界がある

|自分の損得、プラスマイナスばかりを考える利己主義は長期的には利をもたらさない。
よく検索されるタグ