Skip to content

【話題作】「空腹こそ最強のクスリ」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

皆様どうもこんにちは今回は22万部突破の大ベストセラー

空腹ごそ最強の薬を要約していきます

まず最初に本書の結論を申し上げてしまいましょう

最新医学エビデンスに基づく本当に正しい食事法は

なりを食べる彼はなく

う食べない時間を増やす具体的には睡眠時間を合わせて1日16時間は食べるだ

これが本書の結論でございますよこの16時間食べない半日断食で細胞内の悪い

たんぱく質や感染症を引き起こす病原菌が排除され

全身の細胞がみるみる修復されるのです

そしてこの方法ならば炭水化物も脂肪も好きなだけ食べて問題ない

なんとも簡単でシンプルな方法でございます

このシンプルな方法がもたらす圧倒的な空腹パワーであらゆる不調を聞きたいしよう

そのことが本書では何度も強調されております

僕らは健康になるために何を食べるべきかその内容にはとてもこだわっております

例えばスーパーフードがいいとか野菜がいいとかな

頭がいいとかそういった食べ物の内容についてはよく考えるんですが

食べない時間を増やすということに関しては無頓着の人が多いのではないでしょうかー

それも仕方がないことなのです私たちが生きる世界には1日3食きっちり食べましょう

といったさまざまな

間違った常識がはびこっているからでございます

まずはそのような間違った常識や誤った食事法を解説し今までの間違った知識を

アップデートしていただき今まで自分が行ってきた食生活を修正していただきます

今までの間違ったやり方を捨てること

これが正しい食事方への第一歩となるのでまずはこれから手をつけなければなりません

最重要項目でございますそしてその後り

いよいよ本書の結論である1日中6時間食べない半日断食がどれほど素晴らしい

メリットをもたらすのか

そして

その具体的なやり方について解説していきます今回の動画を見ることで今までの食事の

常識が大幅にアップデートされ

圧倒的に健康な食習慣を身につけることができるでしょう

わくわくしてきましたでは早速参りましょう本日のお品書きは次のとおりです

一見で1日3食がすべての不調の原因に件で簡単にできる半日断食のやり方について

解説していきますくさっ

続1限の維持日3食がすべての不調の原因についてですが

さてさて皆さんの中には食べるとすぐに眠たくなってしまう

最近胃腸が弱っている気がする疲れやすくなった

何もする気が起きないやたらイライラしたり気分の変化が激しい

こうした症状にん

悩まされている人はいないでしょうかその原因はなんと1日3食きちんと食べている

ことなんですよ

成人が1日に必要とするカロリーは1800から2200kcal と言われており

ます

一方で現代人特に外食が多い人の食事はどう

をしても高カロリーになりがちなのですよ

ハンバーガーとポテトフライドリンクのセットだけで1000kcal は軽く超え

ますし

ファミレスに行けば1000キロカロリーほどのメニューがたくさん

アン並んでおりますつまり1日3食食事を取ることで本来必要な量の110号から2倍

のカロリーを知らず知らずのうちに摂取してしまうというわけでございます

このように現代は1日3食食べるとカロリーを摂り過ぎの状態になってしまいます

そう

して食べ過ぎることによって様々な身体の不調が起こってきます

代表なのは内臓の疲れでしょう胃腸や肝臓は私たちが食べたものを何時間もかけて消化

しますが本来処理できる量を超える食べ物がひっきりなしに運ばれてくると内臓は休み

なく

フル回転で働き続けなければならず疲弊してしまいます

その結果内臓の働きが低下し栄養素をきちんと吸収できない

老廃物を排出できない免疫力が低下するなどさまざまな問題が生じてしまいますさらに

食べ過ぎることで肥満を招いてし

まいます食べ過ぎた食べ物は脂肪に変換され私たちのお腹や内臓に蓄えられます

そして肥満はあらゆる病気のもとでございますよ

糖尿病をはじめとして脳出血や脳梗塞

がんの原因にもなります

ごちゃごちゃと言いましたが要するに1日3食食べると私たちの体に負担がかかり

さまざまな病気にかかってしまうということをお伝えしたい

さらに悪いことに現代の日本人の食事は特に糖質が多くなりがちなのです

成人が1日に必要とする等

実は170グラムと言われており

茶碗1杯のご飯に含まれる糖質は約50グラムですからご飯を1日3杯食べればそれ

だけでほぼ必要な統一は摂取できてしまうのです

つまり1日3杯のご飯に加えてデザートを食べてしまえばそれだけでと

糖質を摂り過ぎになってしまうのですそして聞いたことがあるかもしれませんがこの

糖質の摂り過ぎもめちゃくちゃ体に悪いです

あらゆる病気は糖質の摂り過ぎから起こると言っても過言ではありません

そして現代の食事はあらゆるところに砂糖が使われているため

意識しなければ私たちはいとも簡単に糖質の摂り過ぎになってしまうのです

糖質を摂りすぎないようにしようという強い意志を持って意識的に食べるものを考え

なければ

絶対に糖質を摂りすぎてしまう世の中でございますよー

あなたがいば何かしらの体の不調を抱えていたり集中力が続かなかったり疲れやすかっ

たり

理由は分からないけれどなんだかったるいんだよなぁといった症状を抱えているのなら

ばそれはおそらく食べ過ぎが原因でございます

まずは1日3食をやめていただきたい

そして糖質を摂らないように気をつけていただきたい今では1日3食とるのが体にいい

という常識は間違っているのだということがわかっているんです

1日3食きっちり食べるというのは健康の代名詞のように言われておりますが

実はこの1日3食食べるという習慣はつい最近始まったばかりでございますよー

具体的には江戸時代ぐらいから始まったとされておりそれまでは1日2食が一般的だっ

たようです

人類の長い長い歴史を考えると

1日3食食べるようになったのはごく最近の出来事であり1日3食食べるのが身体に

良いという今

今日は全くございませんそれどころか

1日3食食べるようになってからあらゆる病気が増えているというデータに基づいて

あらゆる研究者や医者が1日3食はめちゃくちゃ体に悪いよねと主張しているんですよ

特に今何かしらの不調を抱えていて

1日3食食べている人はこれ逆にチャンスでございます

その不調を解決する方法は単に1日3食を止めるだけで良いかもしれません

少し胸に手を当てて考えてみてほしいのです

あなたは本当にお腹がすいて1日3食食べていますか

ただ単に食事は1日3回であるという常識があるから習慣的にお腹は空いてない法

食べているだけなんだという人も多いのではないでしょうか

本来食事というのは健康を維持するために身体に必要な栄養分を必要なだけ送り込む

ことでございます

それなのに習慣や惰性で体が本堂に必要としていないものをなんとなく食べて体に

ダメージを与えてしまっては本末転倒でございますよー

あなたの内臓はもしかしたら休息を求めているのかもしれません

食べ過ぎていることで体にずっと負担がかかり続けて

いるのかもしれません特に今太っているよという方は1日3食の習慣を今日から今すぐ

やめるべきでございます

私は食事法やダイエットの本だけでも100冊以上読んでおりますが

1日3食が身体に良いと書かれている本は1冊たりともありま

線それどころかほぼすべての本が1日3食は体に悪いとし表しているんです

厳しい言い方にはなりますが1日3食が健康に良いと信じて1日3食しっかり鍋ている

人は情弱と言わざるを得ません

今すぐ常識をアップデートして暮らす

たい今ではアメリカの最新研究が空腹こそが長寿と健康の鍵であると証明しております

食べ過ぎによる外から身体を守り健康や若さを維持するシンプルな方法

それはものを食べない時間する

町空腹の時間を作ることでございます

近年アメリカの医学界では空腹と研究に関する研究が盛んに進められており数多くの

論文が発表されております

以前からカロリーを控えることがさまざまな病気を遠ざけ

長生きにつながることはわかって

いたんですがこれらの論文には断食することが体重体脂肪の減少につながることを

そして糖尿病悪性腫瘍心血管疾患などの予防に効果的であることが述べられております

ゲスから是非是非空腹の時間を作るべきなんですが

皆様の中には空腹や断食という言葉を見てなんだかしんどそうだなぁと思ったり

自分には断食なんてできないよと拒否感を感じてしまう人がいるかもしれません

しかし本書で提案されている食事法はいわゆる断食とはだいぶ異なり

誰でも無理せずす

ヒナものを食べながら空腹がもたらす効果を享受できるお得な方法でございます

できるだけ辛い思いをせず離空腹の時間を作るメソッドが本書では語られているので

いよいよ2件でその具体的内容に斬り込んでいこうではありませんか

その前に一弦をまとめましょう1日3食等

糖質の摂り過ぎがさまざまな不調の原因である

今太り気味の人や何かしらの不調を抱えている人は今日から1日3食を辞めよう

では次に減の簡単にできる半日断食のやり方について

解説していきますきでは早速ですが空腹の時間を作る方法についてです

結論を先に述べると16時間以上の空腹の時間を作ると最大の効果が得られます16

時間は長いなぁと思われるかもしれませんが

睡眠時間とうまく組み合わせること

で無理なく実行することができます

例えばあなたが1日8時間寝るのならば

あと8時間週末は10から12時間寝るのならばあと4から6時間だけ食べずに過ごせ

ば食べずに16時間を過ごすことができます

睡眠時間を毎日派

1時間とる人ならばそれにプラスして8時間ものを食べないようにすれば連続16時間

となるので睡眠時間の前後り

均等に振り分ければ寝る4時間前

起きた後の4時間ものを食べずに過ごせば目標多数

急いでございますできれば毎日空腹の時間を設けていただくのが理想なんですが

仕事や家庭の都合で難しい場合もあるでしょう

そんなときは週に1回だけでも構いません

週末だけでも構いませんそれでも十分に体のリセット効果を味わえるはずでござ

いますそして最初のうちはいきなり4時間ものを食べずに過ごすのが辛い

起きた後どうしてもお腹が空いてしまうんだという形が出てくるはずでございますその

場合は2時間でも3時間でも良いので自分のできる範囲れ進めてください

何体が空腹に慣れてきます

そしてそれでもどうしても空腹に耐えられないという方は次のものならば空腹の時間中

に食べても構いません

生野菜サラダナッツ類チーズヨーグルトどうしても我慢できないときはこれらのものを

食べてください

ご飯や麺類パン肉

を言った食べ物の塊でなければ大丈夫でございます以上説明したものが簡単に出来る

半日断食のやり方で本書の結論になります

2件のまとめでもう一度しっかりとまとめるので安心して先に進んでくださいでは次に

9

服がなぜこんなに良いのかということについて解説していきたいとおもいます

先ほど16時間以上空腹を保つことが重要だと申し上げました

なぜならば16時間経つと体の中れ

オートファジーが起こるからでございますよ

オートファジーとは2010

6年にノーベル生理学医学賞を受賞した比較的新しい概念であり今特に注目が集まって

おります

大丈夫です全然難しくないので簡単にご説明いたしましょう

私たちの体は約60兆個の細胞でできており

細胞は主にたんぽ

悪質で作られております日々の生活の中で古くなったり壊れてしまったタンパク質の

多くは体の外に排出されますが輩出しきれなかったものについては細胞の中に溜まって

いき

細胞を衰えさせ様々な体の不調や病気の原因になってし

しまうのです一方で私たちは普段食べたものから栄養を摂取して必要なたんぱく質を

作っているんです

ところが何らかの原因でですよ栄養が入ってこなくなると体は生存するためリー

なんとか大外にあるものでタンパク質を作ろうと頑張るようになりますそこで古くなっ

たり壊れてしまった細胞内のタンパク質を集めて分解しそれらを元に新しいタンパク質

を作るんです

つまりオートファジーとは古くなった細胞を内側から

新しく生まれ変わらせる仕組みであると言えます

細胞が生まれ変われば身体にとって不要なものや老廃物が一掃され細胞や組織器官の

機能が活性化し病気になりにくく

若々しい体になるのですいやすごいですよねこのオートファジーと

いう概念僕らは生きていればタンパク質が壊れてしまってそのゴミが体に溜まっていく

それが悪さをするわけなんですが栄養が入っていない飢餓状態になると体はその後3の

タンパク質を再利用して新しいタンパク質を作り出すのです

ゴミのリサ

リグルといったイメージでしょうかオートファジーは体や細胞が強いストレスを受けた

際にも生き残れるようにと体内に組み込まれたシステムであり

細胞が飢餓状態になった時や低酸素状態になった時に働き始めるんです

具体的に申し上げると最後にものを食べてから16時間ほど経過しなければオートば g

は活性化しません

つまり空腹の時間を作らない限り

オートファジーによって細胞を

生まれ変わらせることはできないのです空腹の時間を作ることによって普段働きすぎて

いる内臓を休ませたり過剰なカロリーや糖質がもたらす街を取り除くことができます

さらに嬉しいことに

空腹の時間を作ればオートファジーが起こり

体の中の

海が新しい細胞に生まれ変わります

体が内側から若々しく蘇ります

その結果さまざまな体のシステムがスムーズに働くようになって病気を寄せ付けない体

が手に入るこういうわけでございますでは最後り

別に今俺体調悪くないからやらなく

てもいいかなぁと思っている人にモチベーションを与えたいと思います

空腹の時間を作るのは究極のアンチエイジング方法なのです

私たちは年を取るにつれて手話や鮪

白髪が増えてきて物忘れがひどくなり体力が落ち

疲れやすくなってしまいますよねぇおそろく誰でもこうした悩みを抱えていて

できる

は廊下を食い止めたいと思っているでしょう

では老化を食い止めるにはあるいは

老化のスピードを少しでも遅くするにはどうすればよいのか

それは空腹の時間を増やすことプー服の時間を増やすことによりオートぱ g が

起こり

古くなった細胞を新しく

生まれ変わらせるという究極のアンチエイジングが可能になります

さらに老化は活性酸素と言われるものによって引き起こされるわけですが

空腹の時間を作るとこの活性酸素が減るのです

その結果老化のスピードが遅くなります

さらに空腹の時間を作れば

成長ホルモンの分泌も促されます

成長ホルモンが多く分泌されればシワやシミなどのろうかんよる肌のトラブルや筋肉量

の低下に伴う疲労感などが改善されるのです

最後にごちゃごちゃと言いましたがとにかく空腹の時間を作るというのは最強のアンチ

エンジング方法なんです

私たちは高い化粧水を買ったりエステに通ったりと老化を食い止めるためならいくらで

もお金払いますよねえ

飲むだけで老化を食い止めることができはか

おかしくいられるサプリがあるならばいくらお金を積んでも欲しいと思うでしょう

実は皆様あるのですよしかもお金かかりません

空腹の時間を作るこれだけでございます

お金がなくて美容やアンチエイジングりあまりお金使えないよーという方も大丈夫です

今日

から空腹の時間を作るだけで美容やアンチエイジングりお金を使いまくっているセレブ

にも勝つことができます

なぜならば空腹の時間を作ってオートファジーを活性化させるというのはもともと

私たちの体に備わったシステムでありそれを使うのが一番効率的だからだ

ございます病気知らずの体になる上にアンチエイジング効果もあるししかもお金は

かからない

むしろ食費がかからなくなるので節約にさえなってしまう

こんなさまざまなメリットがあることは人生においてそうそうないでしょう

実行しない手は無いのど好きでは2軒をまとめてみましょうか

睡眠時間とうまく組み合わせて16時間以上の空腹の時間を作ろう

病気知らずの体になるうえリーアンチエイジング効果もありしかもお金はかからない

どうしても空腹に耐えられない時は生野菜サラダ

だナッツ類チーズヨーグルトならば食べても ok

オートファジーとは古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みであり

16時間以上食べないと怒り

体が内側から蘇るでは本日のハイライトに参りましょうか

一見で1日

3色がすべての不調の原因に件で簡単にできる半日断食のやり方について解説してき

ました

今日いったことをしっかりと実践していただければ

本堂に人生を変えるほどの威力があることは間違いありません

今まで疲れやすくなりごとにも集中できなかったあなたも食べすぎを

止めて空腹の時間を作ることでまるで生まれ変わったような自分に出会えるかと思い

ます

何事も最初は辛いものですしかし実践するにつれて

空間にも慣れてきて空腹感を楽しめるようになります実際に私も行っておりますが

頭の働きが全く違いますこの動画の原稿を作る時や読書をするといった頭を使うときは

絶対に私は空腹で行うようにしております

むしろ食べ物を食べてお腹いっぱいの状態で知的作業をすることなどできません

空腹の時こそエネルギーがみなぎってくるのを実感しており

ます皆様にも一刻も早くこの感覚を味わっていただきたい

そうすればこの動画を作った甲斐があり私はとても嬉しいです

本日は以上になりますこの動画がためになったという方は私のやる気アップとさらなる

動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしく

関連の投稿

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

「むしろ食べるべき最強のおやつ3選」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|ゆで卵は煮卵にすると日持ちして美味しいし、ヨーグルトはヨーグルトメイカーで大量生産できる。

万能食物繊維イヌリン「4倍痩せられる最強のサプリ」を世界一分かりやすく要約してみた

|イヌリンは気軽に買えるし、安いし、摂取しやすい。キッチンに常備しておくべし。

リンゴ酢を飲むだけ!みるみる健康になれる最強の飲み物 要約まとめ

|リンゴ酢は手軽に摂取できるし、美味しい。そしてこれだけの健康効果があるのなら最強の飲み物と言えると思う。

休んだ方がいいストレス限界サイン【要約/自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術】

|短期目標を追いすぎたり、終わる時間を決めないで仕事を始めてしまうことはよくやってしまう。意識して休む習慣をつけよう。

「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|人は結局何かに依存しないと生きていけない。依存先を増やして依存度を減らすことが自立だという考え方は面白い。

習慣超大全 スタンフォード行動デザイン研究所の自分を変える方法

|既に習慣化された習慣をトリガーに新たな習慣を構築する。習慣の鎖をつなげていく。達成したらガッツポーズ。

節約コメディ ビニールで覆われた家 節約に人生を捧げる男からの学びまとめ

|相手や周りが不快にならない程度に支出を最適化すべし。
よく検索されるタグ