「むしろ食べるべき最強のおやつ3選」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

目次

①ゆで卵を食べろ

  1. ゆで卵をおやつとして食べる。
  2. 卵は天然の最優秀食品。ビタミン豊富、葉酸、リン、セレン、カルシウム、亜鉛、コリン、ルテイン、ゼアキサンチン、マンガン。
  3. コリンは細胞膜を作るのに必要。ルテインとゼアキサンチンは目にいい。目の病気のリスクが下がる。
  4. 卵一個あたり6グラムのタンパク質と5グラムの健康的な脂肪が含まれる。タンパク質や脂質は食欲を抑制する。
  5. コレステロールや心臓病に影響はない。肉の脂肪を食べてそのまま脂肪にならないように、卵のコレステロールを食べてもそのままコレステロールになることはない。
  6. ゆで卵はまとめて作れて、作るのも楽
  7. 冷蔵庫に入れていつでも食べれるようにしておける。習慣化するには手軽にたべれることが重要。
  8. 飼育環境のいい卵は栄養価が高い。品質の良い卵を取るべし。

②ベリーギリシャヨーグルトを食べろ

  1. ギリシャヨーグルトとブルーベリーを合わせて食べる。
  2. ギリシャヨーグルトはタンパク質が多く、食欲の抑制につながる。普通のヨーグルトより2倍のタンパク質。低糖質、低カロリーで腸内環境にも良い影響を与える。
  3. ベリーは抗酸化物質が豊富に含まれる。体の炎症を抑える。食物繊維も豊富。

③カカオ70%以上のダークチョコレートを食べろ

  1. 血液の流れが14−23%改善される。
  2. 血圧が下がる。
  3. 脳の卒中のリスクを減らす
  4. 長生きする可能性を上げる。
  5. 心臓病のリスクが57%減る。
  6. 脳機能の改善効果。
  7. ミネラルと抗酸化物質が豊富。食物繊維、鉄、マンガン、マグネシウム、銅なども含まれる。
  8. ココアとダークチョコレートの抗酸化物質はベリー類より上。
  9. フラボノイドが豊富に含まれる。血管を拡張させる作用。血圧改善につながる。
  10. フラバノールにも抗炎症作用がある。
  11. 砂糖が入っていないダークチョコレートを選ぶべし。砂糖は炎症につながる。