Skip to content

ゴマは最強スーパーフード「医師がすすめる抗酸化ごま生活」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

目次

スーパーフード・ゴマの効能・メリット

  1. ゴマリグナン:セサミン、セサモリン、セサミノールの総称。高い抗酸化力がある。細胞の炎症を抑える。肝臓を保護する。抗ガン作用。活性酸素を取り除く。糖化を抑えられる。
  2. スプーン2杯のゴマには牛乳一本分のカルシウム、豆腐3分の1丁分のタンパク質。ほうれん草100グラム分の鉄分。レタス12倍、生わかめ70グラム分の食物繊維。マグネシウムも豊富。
  3. 細胞の酸化を抑え、アンチエイジング効果。皮膚細胞の新陳代謝を上げる。髪の主成分、ケラチンの合成。ビタミンBもたっぷり。
  4. 亜鉛が豊富。免疫力アップ。
  5. 腸内環境を整える。善玉菌を増やす。便通改善。
  6. 血管の健康を保つ。血圧安定。
  7. 認知症対策。
  8. 鉄も豊富。貧血改善。
  9. 中性脂肪を下げる。2ヶ月取り続けると悪玉コレステロール約10%、中性脂肪約8%低下したデータも。
  10. すりごま大さじ1杯8グラムで一日のセサミン目安量32グラムを取れる。大さじ2杯を摂取するのがベター。

おすすめのゴマのブレンド

  1. 抗酸化アーモンドごま。アーモンドパウダーと1:1。抗酸化力マックス。
  2. 抗酸化えびゴマ。桜えびパウダーと1:2。カルシウムたっぷり。高タンパク、低脂質。えびの赤色はアスタキサンチンという強い抗酸化物質。
  3. 抗酸化カツオぶしゴマ。鰹節パウダーと1:1の割合。りん、カリウム、タンパク質豊富。
  4. 抗酸化きな粉ゴマ。イソフラボンのアンチエイジング効果。きな粉は血糖値が急上昇しにくい。ダイエット中で甘味が欲しいときに。
  5. 抗酸化味噌ゴマ。八丁味噌、みりん、すりごま、1:1:2。メラノイジンという抗酸化物質。腸の善玉菌を増やす。
  6. 抗酸化しそゴマ。ゆかりなどのしそと1:2の割合。ロズマリン酸は抗酸化物質。相乗効果を出せる。
関連の投稿

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

「むしろ食べるべき最強のおやつ3選」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|ゆで卵は煮卵にすると日持ちして美味しいし、ヨーグルトはヨーグルトメイカーで大量生産できる。

万能食物繊維イヌリン「4倍痩せられる最強のサプリ」を世界一分かりやすく要約してみた

|イヌリンは気軽に買えるし、安いし、摂取しやすい。キッチンに常備しておくべし。

Creative T60はテレワーク時代に最高のデスクトップスピーカー

|ワンタッチでヘッドセットと切り替えられるのは本当便利。そしてこの会社のスピーカーは音が良く、色々な曲を流したくなる。

リンゴ酢を飲むだけ!みるみる健康になれる最強の飲み物 要約まとめ

|リンゴ酢は手軽に摂取できるし、美味しい。そしてこれだけの健康効果があるのなら最強の飲み物と言えると思う。

ヘルシオグリエは忙しい独身に最高の時短調理アイテム

|ヘルシオグリエがあると毎日の料理に時間が取られなくなり、美味しい。なんでもつっこめるから本当に楽。

休んだ方がいいストレス限界サイン【要約/自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術】

|短期目標を追いすぎたり、終わる時間を決めないで仕事を始めてしまうことはよくやってしまう。意識して休む習慣をつけよう。

「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|人は結局何かに依存しないと生きていけない。依存先を増やして依存度を減らすことが自立だという考え方は面白い。
よく検索されるタグ