「八月は夜のバッティングセンターで。」7話からの学びまとめ 精一杯やった経験は、後に必ず生きてくる。

目次

自分の輝ける場は時に変化する

  1. 尚美は15年に渡り人気雑誌の編集者として働いている。創刊当初から期待されてきたが、今はいい企画案が出せず、後輩に出し抜かれる。そんな中バッティングセンターを訪れた尚美。舞との雑談をきっかけにバッティングセンター特集の企画案を思いついた。いい記事を作ろうと取材に奔走する尚美。そんな中編集長は尚美の異動を考えていた。スイングを見た智弘も尚美が心で泣いている事を感じ取る。

精一杯やれば必ず何かを得る

  1. 最初は前向きな投球で攻めるも、ボロボロに打たれる尚美。交代した後輩はきっちり抑える。自分の力の衰えを感じる。
  2. 山本マサは日本野球界で唯一、50歳まで現役で投げ続けた。そんな山本マサは「遠くから自分を見たときにここにいちゃいけないなと思う時が引き際」と言う。
  3. 自分が中心でなくてもやれることがある。自分のために、仲間のために、会社のために。第一線からは退き、新人を育成していくことを決意する尚美。
  4. 精一杯やった経験は、次のステージでも必ず生きてくる。