結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる 要約まとめ

しつこさ

目次

特別な才能や環境よりも良い「しつこさ」が最強の成功哲学となる

  1. しつこいという言葉にはネガティブなイメージがある。
  2. しつこさをポジティブに言い換えると何度もアタックする、どんなことも徹底する、諦めずに継続する、コツコツと地道にやり抜く。
  3. 誰もが良い「しつこさ」を手にいれることができる。
  4. ビジネス、勉強、ダイエット、あらゆることでしつこさが重要となる。

人生の成功はしつこさで9割決まる

  1. 成功と失敗の一番の違いは途中で諦めるかどうか。by スティーブジョブズ
  2. 発明して、着手して、また発明して、もう一度着手して、やり直して、同じことをまた繰り返す。これを何度も行うのです。作り手は、成功への道は直線ではないとわかっています。by ジェフベゾス
  3. 根気強さはとても重要だ。諦めることを強いられない限り、あなたは諦めるべきではない。byイーロンマスク
  4. 失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければそれは成功となる。by松下幸之助
  5. しつこさの重要性は心理学でも実証されている。困難なことに立ち向かう度胸、失敗しても諦めずに続ける復元力、自分で目標を見据える自発性、最後までやり遂げる執念が成功するために重要とされ、どれもしつこさと関連する。
  6. 特別な学力や知能はしつこさに必要ではない。後天的に身に着けることができる。

しつこさを身につけるためにTKKの法則を実践する

  1. TKKとは楽しくする、簡単にする、効果を確認する。
  2. ジョブクラフティングで仕事を楽しくする。仕事の意義を確認する。偉大な仕事の一部をしてると思うとモチベーションがわく。次に工夫をちょい足しする。今の仕事に自分なりの何かを足そうと考えると自発的になり、モチベーションがわく。次に交流を見直す。会う人を変えてみる。普段会う人との会話の内容を変えてみる。ハイパフォーマンスの人と交流することでより多くの気づきを得られる。
  3. しつこさを発揮するには簡単なほどいい。行動を起こすためのエネルギーを減らせるように工夫する。フォーマットを作る。型を作ると楽にできる。次に手間を省く。ツールなどを活用して、作業を楽にする。次に判断の数を減らす。Ifthenプランニングを行う。もし〜したら〜をするを決めておく。思考を介入させずに実行する。
  4. しつこく続けるためにはこまめに進捗を確認する。進捗を確認する頻度が増せば増すほど、創造的な仕事の生産性は高まる。自分が取った行動に対する結果を認識すると脳はもっとやりたいと思うようになる。メモする、記録する。

嫌われない「しつこさ」のコツ

  1. 相手の気持ちを感じられているかどうかが重要。
  2. 相手がどう思っているかを意識できているか、どう感じているかを答えられるか。自問してみる。
  3. コミュニケーションで相手の話を意識して真剣に聞く。しつこい、話も聞いてないと嫌われる。
  4. 相手にGIVEをしてもらうならこちらもメリットを提供する。まず何か、小さなことでもいいからGIVEする。
  5. 相手を思う一言を添える。相手の気持ちに寄り添う言葉をかける。