Skip to content

「脳がバグを起こしてしまうヤバい状態」を世界一分かりやすく要約してみた

目次

欠乏感がある、何かが足りないと思っている状態だと認知機能やIQが低下する

寝不足はIQ低下を招く

欠乏感を感じないレベルのお金は大切

動画の内容

皆さんどうもこんにちはいつもご覧頂き誠に有難うございます
論文解説チャンネルの健美でございます今回は脳がバグを起こしてしまうヤバイ状態等
題しまして
科学的に脳機能が低下してしまうヤバイ状態について解説していきたいと思いますそれ
では本日のお品書き
は次のとおりです一見で脳がバグを起こしてしまうやばい超帯について
2件で寝不足は iq 低下を招くということについて解説していきたいと思います
それではさっそく一見の脳がバグを起こしてしまうヤバイ状態から解説を始めていく
ことにいたしましょうか
さて早速
結論から申し上げておきましょう脳がバグを起こしてしまうヤバイ状態と厚針
貧困を感じている状態でございます
貧困というとお金をイメージされる方が多いかもしれませんがここで言っている貧困と
はつまり何かが足りないと思っている状態のことで5
まいます何かが足りないという感覚は私たちの iq を低下させてしまうということ
がわかっているんですね
あなたは位は何かが足りないという感覚をお持ちでしょうか
貧困だと感じるでしょうかおそらく私たちの多くが何かが足りないと感じているで
あろう
を代表的なものは2つありますそれは時間とお金でございます私たちは時間が足りない
とかお金が足りないといった感覚に陥ると認知機能が低下したり
iq が下がったりするということがわかっております
言うならば何かが足りないという感覚は私たちの
脳をバグらせて私たちをバカにしてしまうということでございます
まず一見で解説させていただくのはお金がないと
iq が下がってしまうよということを発見した論文でございますよ
今回の研究では iq テストのスコアは人々が何かが足りないという感じ
各貧しいという感覚を持っていると劇的に変化してしまうということを発見致しました
私たちは欠乏感を持っていると iq が約10ポイント
または10%も低下してしまうということが研究でわかっております
お金の不足を心配することは人々の22
ちっ資源を使い果たしてしまい人生のほかの問題に対処するための認知資源を減らして
しまいます
研究者は次のようにコメントしておりますよ
貧しい人々の知性が低下しているわけではない
私たちの研究はあなたが貧しい時
不足しているのはお金だけではないと言う
東示唆している貧しいとお金だけではなく認知機能も不足してしまうんですしかしこれ
は貧しい人々が他の人々よりも生まれつき知能が低いというわけではない
同じ人であったとしても貧困状態にない場合に比べると貧困状態にある人は
認知機能が下がってしまうということだ
簡単に申し上げるとですね貧困状態にある人というのは本来の自分の頭脳を発揮できず
いつもより頭が悪くなってしまうということでございます
ではではなぜこんなことが起こるのでしょうか
それは私たちの認知繁
塩がいう間だからでございます認知資源は
心理学認知科学の用語で認知資源とは周囲
集中二世など脳が活動するときに使うリソース
すなわち頭の余裕のようなものを指します
もしあなたが貧困状態にあるとしたら
月ま
つの支払いはどうしようかなとか来月の家賃が払えないかもしれないなぁといったこと
に頭のリソースが奪われてしまってあなたが使うことができる頭のリソースが減って
しまうというわけでございますよ
お金がないどうしようということが2
ずーっと頭の中で引っかかっているのでそのことに常に頭のリソースを奪われてしまっ
ているから
100%の能力を発揮することができずいつもより頭が悪くなってしまうと言えば
分かりやすいでしょうか
例えるならばですよスマホのバックグラウンドでアプリが大量
に起動しているためりスマホの速度が低下しているような状態でございます
別にこれはスマホの性能が悪いんじゃなくて
後ろでアプリが大量に起動しているからそっちにリソースを取られてしまって速度が
遅くなっているだけですよね
これと同じように貧困状態だと
そちらに脳のリソースが持っていかれてしまいますから
あなたの頭脳は鈍くなってしまうということでございますそれはそうですよね
目の前の仕事に集中しようと思ってもお金がない
来月の家賃等使用これから先ちゃんと生きていけるだろう館などといった心配事を抱え
ていたら
お金があってお金の心配をしていない時に比べて集中力がまあそれは低下してしまう
だろうということはわかりますよね
では少し研究の内容をね具体的に紹介してみましょうか
研究者は所
ピングモールで低中所得の買い物客に iq テストを実施したんです
まず参加者に車を修理に出したという仮想状況を想像してもらいました
あるグループは修理代が1500ドルと言われ別のグループはその10分の1の
150ドルと言われます
この請求書の数字を心に刻みつけておいて
続いて2種類のテストを受けてもらいました
一つ目は心理学の実験でよく用いられる
レイヴン漸進的マトリックスと呼ばれる一種の知能テストでございます
これは論理的思考力や問題解決能力を測定
するためのテストで白地に黒でず芸が一つずき並んで書かれている中に一箇所だけ空白
があり参加者は選択肢として示された候補の中から論理的に考えて
空白に入るべき図形を選ぶというものでございます
まあまあ詳しいテストの内容はさておき論理的
思考力や問題解決能力を測定するためのテストだということを押さえておいてください
そして2つ目のテストれはコンピューターの画面に指示が一瞬表示されて
参加者はそれに従ってキーボード上のキーをできるだけ早く押すというテストれござい
ました
次の指示が何かはよそ
くっできないので瞬時に考えて行動する能力を測ることができるテストですさて頃2つ
のテストの結果
何が分かったの裂傷かまず当然ながら
2つのテストの成績は人によってまちまちでございました
しかし研究者が知りたいと思っていたのはお金のある人とない
1の成績の違いなんですどちらも車の修理代として2種類の代金のどちらかを心に留め
ています
裕福な参加しの成績を見てみると車の修理代月1500ドルでも
150ドルでもスコアに変わりはありませんでした
一方でですよさほど裕福でない参加者においては
修理代が高いグループの方がなんとずっと成績が悪くなってしまったんです
念のため言っておきますがこの実験では本当の代金を請求されたわけじゃないんですよ
あくまでも仮想の話でございます実際に支払う必要がないにもかかわらずお金の心配は
参加者の
認知能力を大きく押し下げてしまったんです
この実験からお金の心配がいかに私たちの思考力に深刻に響いてしまうのかということ
が明らかになってきました
お金の心配というのは私たちの iq を低下させてしまうんです
また別の研究ではインドの農村部の農家を調査委だしました
年に一度の収穫9を迎える頃インドのサトウキビ農家にはほとんどお金が残っておらず
毎年この時期になると借入か質屋に頼らないと日々の支払いに困るということがよく
あるんです
研究
者は500人のサトウキビ農家に書きあって一連の認知機能テストを受けてもらいまし

数ヵ月後借り入れが終わって農家が代金を受け取った後でまたまた心理学者がやってき
て同じテストを受けさせました
4カ月間にわたる調査の期間中農夫の食事と生活用紙
今日は大体において変化しておりませんでした収穫前と収穫後で大きな違いといえばお
金の心配がある関内科でした
調査の結果このストレスが納付の認知機能に驚くほど影響したということが明らかに
なりましたよ
収穫前でお金がなかった時の iq スコアは
サトウキビの代金を受け取った後のスコアに比べて9から10ポイントも低くなってい
たんです
つまりお金はそれがなくなるとある時以上に一大関心ごとになってしまう
研究者は次のようにコメントしておりますお金の心配のある人は no
の愛の帯域幅が狭くなって他の物事に集中しにくくなる
帯域幅の縮小が測定可能な知能の低下につながることがはっきりしたとコメントして
おります
誰でも知っている通り一晩中無理やり起きていると翌日はまともに頭が働きませんよね
徹夜明けの施工
はいかに鈍くなっているかということは私たちは誰もが経験していることだと思います
今回の研究によると欠乏感が思考に及ぼす唾液は徹夜効果のなんと80%に相当すると
いうことが分かりました
いやーこれは非常に恐ろしいですよね欠乏が

頭に及ぼす打撃は徹夜効果のなんと80%に相当するというのは極めて恐ろしい事実
です
徹夜したら頭がほとんど働かなくなってしまうという経験は皆さんもしたことがあると
思うんですが
欠乏状態だと言うならばですよほぼ毎日徹夜しているような状態で
私たちは生きているということになってしまうんです
それではここら辺で1軍の内容をまとめておきましょうか
point 1欠乏感を持っていると
iq が約10ポイントまたは約10%も低下する
お金の不足を心配することは人々の認知資源を使え
私人生のほかの問題に対処するための認知資源を減らしてしまうからである
ポイントにお金の心配は参加者の認知能力を大きく押し下げた
お金の心配がいかに思考力に深刻に響き
私たちの iq を低下させるかが分かる
また
収穫前でお金がなかった時の iq スコアはサトウキビの代金を受け取った後の
スコアに比べて9から10ポイントも低くなっていた
欠乏が思考に及ぼす打撃は徹夜効果の80%に相当する
それでは次に件で寝不足は iq 低下を招くというをソロ
c 事実について解説していきたいとおもいます
さて一見ではねお金が足りないと iq が低下しちゃうよということを解説してき
ました
2件では睡眠不足も iq を低下させるんだということを解説していきたいとおもい
ます
ノートルダム大学の准教授獅子かペイン氏によると
睡眠は食事や運動と同じぐらい重要であり大半の人は1日に7時間から9時間の睡眠が
必要だがほとんどの人は十分な睡眠がとれていないと
ペイン氏は指摘しておりますわれわれの多くは
十分な睡眠をとらなくても週末などに補えばいいやと考えて何年間も睡眠をないがしろ
にしているがこのような習慣を長く続けてしまうと大きな問題を招く恐れがあります
睡眠不足が長期に及ぶと様々な障害症状に見舞われてしまいます
睡眠不足によって最初に現れる主な症状としては記憶障害
意思決定能力の低下想像力の欠如
個人的感情の制御不能などが起こってしまいますそして恐ろしいことに何かしらの睡眠
障害があると
iq が号から8ポイントも低下して4
舞うということもわかっているんです私たちは寝不足で多少意識がね
朦朧としていたとしても普通はそのまま仕事を続けてしまいますよね
しかし多くの研究で一晩眠らないと
iq は1標準偏差下がることがわかっております
つまり一晩徹夜
すると職務遂行能力は学習障害がある場合と同程度にまで低下するということでござい
ますそれほど
1標準偏差下がるということはヤバイことなんです
どうでしょうか寝不足の状態で仕事をするのがいかにやばいということがお分かり
いただけるので1
ないでしょうかこのように言うといやいや全然僕は眠らなくても仕事の効率は低下して
いないよとおっしゃる方がいるかと思うんですが
実は睡眠不足の脳では自分の生産性が低下していることに気付けないという恐ろしい
事実がありますあなたはいつもと普段通りの精査
税で働けていると思っているかもしれませんが知らず知らずのうち李
生産性というのは睡眠不足によって必ず低下しているんです
私たちは結局ね睡眠というものを舐めているんですよ
多少ねなくたって俺は働けるよとか私は寝なくても大丈夫な体質だからと桜
多くの人は言うんですが1番4時間の睡眠で耐えられるいわゆるショートスリーパーと
言われる人たちは全人口の1%から2%にすぎないということがわかっていますそして
ショートスリーパーかどうかというのは先天的に遺伝で決まってしまっていますから
慣れれば短時間数
睡眠でいいけるというのも間違っております
結局のところ大半の人にとって理想な睡眠時間は7時間から9時間なんです
とは言ってもどうしても仕事が忙しくて睡眠時間を確保することができないようとね
おっしゃる方もいるかと思うんです
そんな時よくオススメされているのがパワーナップというものでございます
パワーナップとは社会心理学者ジェームスマーク氏が提唱した
昼間の短時間の仮眠のことでございますまあ要するに平たく言えば昼寝の事なんですが
仕事のパフォーマンス向上に直結する習慣として
でこのパワーナップはグーグルアップルマイクロソフト
内勤などの世界的企業ではオフィスに仮眠スペースを設けたり睡眠装置を置くなどして
積極的に推奨されております
このパワーナップは nasa の研究によっても効果が科学的に証明されているん
です
その実証子
県では昼に26分間の仮眠で認知能力が34%
注力はなんと54%も向上したということがわかっているんです
ですのでどうしても睡眠時間がカフをできないが高いパフォーマンスでずっと働きたい
という人はこのパワーナップを取るべきでございますしかし
もちろん昼休みなどに眠れる環境がある職場の人ならばいいんですが自分の職場は
とても昼休みに仮眠をとることができないよとか
昼寝をするのがそもそも苦手だという人もいるでしょう
そんな人は以前最新研究で判明した
睡眠不足を補う裏
字という動画で解説させて頂いた睡眠不足を補う方法を行っていただいても良いかと
思うんです
この動画は起業家を対象に行われた研究を紹介して日中の10分間のマインドフルネス
は夜間の44分間の睡眠不足を補う効果があるということそして
睡眠不足による権対価をマインドフルネスで改善することができるということを解説さ
せてもらいました
たとえ眠らなくても瞑想などで心を落ち着ける時間や
目は覚めていてもリラックスしている状態を確保することで睡眠不足を補う効果が得
られてストレスの解消やのう
の活性化が促され仕事の効率や職務遂行能力の向上に繋がりますので
昼寝ができないよという人はぜひ日中の10分間のんバインドフルネスを実行してみて
ほしいと思うのです
それでは2軒の内容をまとめておきましょうか
ポイント1寝不足は愛機
いう低下を招くまた何らかの睡眠障害があると
iq が号から8ポイントも低下するポイントんに睡眠不足が長期に及ぶと様々な症状
障害に実はれてしまう睡眠不足により最初に現れる主な症状としては中国障害
決定能力の低下想像力の欠如
個人的感情の制御不能などが起こる
ポイント3どうしても睡眠時間を確保できないなら
パワーナップや10分間のマインドフルネスを行おう
それでは本日のハイライトに行きましょう一見で脳がバグを起こしてしまうやばい
状態について解説し2件で寝不足は iq 低下を招くということを解説させてもらい
ました
さていかがでしたでしょうかね皆様本日はお金の心配をしていると iq が低下して
しまうという身も蓋もない話をしてきました
世の中にはお金はあまり大切じゃないよという人がたまに
にいるんですが私はこれは間違っていると思うんですね
もちろんある程度お金に余裕がある人にとってはお金が大切ではないということもあり
ますが少なくともお金がない人にとってはお金はめちゃくちゃ重要だということが今回
の研究からわかるでしょう
だってお金がないと頭が
悪くなっちゃうんだからお金がないとずーっとそのことを気にしてしまって自分の頭脳
を100%発揮することができないわけですから
さらにお金がないと不幸になりやすいということも分かっておりますその理由は極めて
シンプルでお金がないと

ずっと私たちは不安を感じ続けなければいけないからでございます私たちが生きている
今の世の中ではお金がなくてもすぐに餓死して死ぬことはありませんが私たちの脳は
ずーっと長い間
食べ物が不足している状態で生きてきましたので食べ物がない状態というのは
ずっと頭の中でこのままでは死んでしまうという非常ベルがガンガンなに響いている
ような状態でございます
この非常ベルは食べ物を食べてお腹を満たせば止まるんですが飢餓状態がずっと続いて
しまうとずっと頭の中で鳴り続けてしまい
私たちはこの状態を不
こうだと感じますストレスホルモンコルチゾールが分泌され続け
苦しい状態が続いてしまいますおなかが空くというのは食べ物が不足しているという
ことですよね
同様に貧しいというのはお金が不足している状態でございますそしてどうやら私たちの
脳は食べ物が不足していると言う
状態とお金が不足しているという状態を区別できないようなんです
だからお金が足りないとお腹がすいて食べ物がない時と同じようにこのままだと死んで
しまうよと頭の中で非常ベルがガンガン鳴り響くことになります

行ってお金に囚われてしまうことで貧しい人々は不幸になってしまうというわけで
ございます
だからお金がないことによる二高から抜け出すためにはお腹がすいた時に食べ物を食べ
てお腹を満たす必要があるのと同様に
お金を得なければいけないわけですしかしお金を得なくてはいけないと
言うのは簡単ですが誰でも簡単にお金が稼げる方法が世の中にあるわけではありません
しかし私たち日本人は豊かですから他の国の人々に比べて無駄遣い歳しなければお金の
心配に悩まされる可能性は低いといえます
だから私たち一般人はお金を無駄遣い数
頭にお金がないと頭が悪くなってしまうし
さらに不幸を感じてしまうからお金が不足している状態に一旦落ちてしまうとどんどん
負のスパイラルにはまってしまいそこから抜け出せなくなってしまう
だからお金が不足しているという状態をなるべく作らないように無駄遣いを減らして
支出を管理して自分を豊かにしてくれるものだけにお金を投じるという態度が必要に
なってくるわけなんです
またこの動画に関連いたしましてメンバーシップの方で幸せにお金はいらないという
面白い研究を解説した動画も公開しておりますので興味のある方は概要欄のリンクから
を訪れて見ていただけると嬉しく思います本日は以上ですではまた次の動画で
みなさんに会えることを楽しみにしておりますまた次の動画で会いましょう
本日はご静聴ありがとうございました

関連の投稿

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論【要約/ショーン・エイカー】

|まず幸せになれば、生産性が上がり、ポジティブな見方ができるようになる。そうしてより幸せになれる。

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる 要約まとめ

|良い「しつこさ」は後天的に身につけられる。良い「しつこさ」を持てれば日々の積み重ねが楽しくなる。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」【要約/梅原大吾】

|あらゆる可能性を試し、成功と失敗を繰り返す。これを楽しめるものでないと、その道を極めることはできない。

ゴーレム効果 ネガティブな言葉にメリットはない ギネス認定「ウ・ポムゴン連続殺人事件」からの学びまとめ

|ネガティブな言葉は自己認識を低下させ、人のパフォーマンスを下げる。どうしてもポジティブな言葉をかけられないのなら関わることをやめよう。

鈴木祐「無(最高の状態)」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|現在に没頭すること、脳が作り出すネガティブな物語を観察して、現実と切り離すこと。このトレーニングにより自己の強度は下がり、メンタルは最高の状態に至る。

学習効率が10倍になる方法! 9分でわかる『天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる』要約

|何かを習得したい時、最初からチャンクを分け、苦労を計画する。苦労が想定内にあり、ミスをする、そこから修正すると決めておくことで実行、継続がしやすくなる。

帰宅恐怖症 夫婦間のミゾはなぜ生まれる?からの学びまとめ

|頭で結論を決めずにとにかく対話する。困っていることを純粋に伝え、より良くなるためのルールを決める。互いが相手のためにルールを真摯に守ろうとするなら、どんなに壊れた関係性も回復できる可能性はある。
よく検索されるタグ