Skip to content

「まずは、「信じる」ことをやめなさい」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

まずは信じることをやめなさい信じるものは救われない
それは一体何故か多くの人がこの信じることによって自分の人生を自由に生きることが
できなくなっているからである
もっと言えば幸せになりたい救われたいと思っている人ほど騙されてしまうからです
皆さんどう
もこんにちは本ようやくチャンネルの竹目でございます
今回は苫米地フィルとさんのまずは信じることをやめなさいを要約していきたいと
おもいます
最初に言っておくとこの方はめちゃくちゃ面白かったし
私たちが普段無意識で行っている何かを信じるという価値観をがらりと変えてくれた
は1冊だったのでこの動画を見てこの方面白そうだなぁと興味を持っていただけた方は
是非一度本書を手にとって読んでみることをお勧めいたします
それでは早速参りましょう本日のお品書きは次のとおりです
一見で信じるものは救われないということを
2件で信仰から自由になる
ために3件でやりたいことをやらなくてはいけないということを解説していきたいと
おもいます
では早速一見の信じるものは救われないから解説を始めていきましょうか
さて本書ではなぜ進行するのか
なぜ人は救いを求めるのかといったことが深掘りして開設されております
なぜわざわざこんな問いをひも解く必要があるのかといえば
著者いわく多くの人がこの信じることによって自分の人生を自由に生きることができ
なくなっているからでございます
もっと言えば幸せになりたいとか救われたいと思っている人ほど騙されてしまうからで
ございます
苫米地さんはこれまで出されてきた本の中で
全知全能の神はいないことが数理哲学で証明されたと何度も書いていらっしゃるそう
ですがそれでも神を信じている人はいなくなりません
親交があること自体には何の問題もないんですが
そもそも信じることによって得られる
すくいや幸福感の正体を知らないことには問題があると言えます
信じることによる弊害は何かそもそも
信仰というものがなぜ生まれるのかなぜ人は誰かもしくは何かを信じて
すがりたいと思う額という信仰心の嘘が本書では徹底的に暴かれ
ているんです人が信じる時そこには騙しが存在する
何かを盲信することほど危険なことはありません
この世のありとあらゆる大きな権力
または権力者やカリスマには常に煩悩にまみれた思いが働いているからでございます
つまりそこには糸や4枠があって決して聖人君子んなんかではないんです
何かを信じた瞬間あなたはコントロールされる側に回ってしまいます
いわばリーダーとフォロワーの関係でございます
フォロワーであることそれは自分の自由な人生を歩めないと
いうことを意味しておりますリーダーが何かを命じれば動かざるを得ない状況に陥り
ます
リーダーがたとえ間違っているということに気づいても指摘できなくなりますし
リーダーの間違いにさえ築けなくなるということでございます
これを洗脳と呼びますつまりもう
神は簡単に洗脳されてしまうんです
何かを盲信していればそこに盲点が生まれ
他から見れば間違っていることも正しいことにしてしまうんです
だから自分がやっていることは正しいことだと信じていることは危険なんです
何かを信じることであなたは常に
にフォロワーになってしまいますフォロワーは旧して自分の人生を歩むことはできませ

あなたの信じているものも人も世界も常に正しいものではないからです
あなたが自分の人生を生きたいとかもっと自由に生きたいと願うのならばまずは苫米地
さんは真珠
ることをやめなさいとおっしゃいます何かを盲信するのではなく何かに救いを求めるの
ではなく自分自身を信じるべきなんです本書を通してこの世界この時代に仕掛けられた
様々な嘘や罠を見破り
本当に目指すべき生き方と幸福について学んでいく
方ではありませんかさて苫米地さんは本書の中で繰り返し救われたいなどと願っては
ならないと主張されております多くの人は心の底で無意識のうちに救いを求めており
ます
なんとかして今の状況から脱しで救われたい
そのように今日本人の大多数がこ
頃の底でじっと自らの幸福を願っていると思います
バブル崩壊以降すでに20年あまりにわたって国民は経済的な苦しみを味わい続けてき
たからでございます
しかしとまぶしさはあえてこう述べなければならないと言います
10名夢救われたいなどと姉が
あってはならないとさてあなたは何かを信じているでしょうか
自分は宗教も信じていないし別にこれといって信じているものはないかなあと答える人
もいるでしょう
しかし多くの人が無意識に信じているであろうものが一つあるんです
これは国でございます救われたいと願う人はおそらく国を頼る人だと思います
国が何とかしてくれるあるいは政府与党や官僚が手を打ってくれるはずだとそうで
なければ何のための口リなんだとそう考える理由でございます
ところが歴史をちょっと不利
変えるだけで国民が抱くこうした論理が一度も実現してこなかったということに気づく
でしょう
記憶に新しいところでは年金公務員改革財政再建
ありとあらゆる問題が国民に犠牲をシール形で先送りされますます大きな将来の付に
変わっていますバブル崩壊以前の好景気の時代においてもこれは同じことが行われてき
たんです
国民は後期行きに惑わされ自分の懐の痛みを強く感じなかっただけの話なんです
好景気の時であっても不況の時であっても政府がやりたい放題であることに彼は
利用なく国民は一路として政府になんとかしてもらったことなんてないんです国民には
この事実がなかなかわかりません
何故かといえばマスコミはあるいは教育が巧みに国民の印象操作を行っているからで
ございます
たとえば経済や社会の問題を伝える
ニュース番組で政府にはもっと頑張ってもらいたいですねとか
政府も手を尽くしているんでしょう元などとキャスターは必ず愚にもつかないコメント
を差し挟みます
政府がちゃんと機能しているという印象を植え付け
その政府に関心を持ち期待するように仕向けるわけでございます
ところが実際には政府は国民が望むようには機能していません
そうやって国民の期待は常に裏切られいつのまにか
政府のやりたい放題がまかり通る世の中になり国民もそれに大きな疑問を抱かないよう
に慣らされてしまいます
選挙にしてもこれは同じです
マスコミは国民の意思を国政に反映させるために選挙に行こうと呼びかけます
ところが選挙で選ばれた政治家がいざ国会では勝手なことをやり始めるんです
選挙によって国民の負託を受けたのだから何をやってもいいと言わんばかりの態度で
ございます
堪忍袋
の緒が切れた国民は次の選挙こそと
選挙のたびりマスコミの言うことを信じて投票に行くわけなんですが結果は変わりっ子
ありません
実はこうした頭氏は日本政府に限ったことではありません
アメリカ政府もヨーロッパの国々の政府もそれぞれの国民を騙しています
だからアメリカでは食事さえできない人が4700万人もいますし
フランスでも失業者が溢れ返っていますユーロ安で一人好調なドイツでも政府が国民を
欺いていないと言える人がいないでしょう
さてねこれまでなかなか厳しい話をしてきましたよね
信じても救われない
の一例として国を開設しましたが本書には国以外にも信じても救われないものが多く
書かれていますそれは例えば民主主義であったり
imf であったり世界銀行などでございます
これらのものは私たちを甘い論理で微量し結果いつも浦議
良いですこれらのものは私たちを洗脳します
しかし私たちが陥りがちな洗脳の罠とは
意外に単純なんですただ単純ながら簿その仕掛けがあまりにも大きいため一度ハマると
抜けだすのに大変なんですその技はあらゆるメディア教育ぱ人の話
用資金などによって私たちを絡め取ろうとします
そして最後は自分自身の考えが自分を洗脳し始めその虜になってしまうわけです
とにかく私たちはこうした洗脳の罠から抜け出さなくてばならないんですそう
自分の人生を本当に選び取る第一歩となるからです
では2件では進行や洗脳から自由になるために私たちは一体どうすれば良いのかという
ことについて考えていきたいとおもいます
その前に一弦の内容をサクッとんまとめておきましょうか
ポイント1信じる者は救わ
られないなぜなら何かを信じた瞬間にあなたはコントロールされる側に回り
自分の人生を自由に生きることができなくになるから信じる者ほど
盲点が生まれ簡単に騙されてしまうからである
ポイントんに多くの人が信じている国も国が国民のために何かをしてくれ
たことなど一度もないということはちょっと歴史を振り返れば分かるはずだ
国民の期待は常に裏切られいつのまにか
政府のやりたい放題がまかり通る世の中になっているがマスコミや教育が巧みに国民の
印象操作をしているため国民はそれに気づかない
それでは次に件で
信仰から自由になるためにどうすれば良いのかということについて解説していきたいと
思います査定これまで信じても救われないから
信じることをやめましょうありとあらゆる洗脳から自由にんだにましょうということを
解説させてもらいました
2件では進行や洗脳から自由になる
方法をお伝えします一言で言うのならそれは恐怖のアンカーを外すことでございます
まあこれだけ言われてもねピンと来ないと思うのでこれから深掘りして解説していき
ましょうか
さて私たちが日常的に行うさまざまな無意識の選択と行動を本当
頭に自分のためのものに変えるための方法は
理由をはっきりさせてそれを主体的に選び取るしかないんです
要するに本当にやりたいことだけをやるということでございます
苫米地さんが本当にやりたいことだけをやりなさいと言うとそれを聞いた人たちの中に
必ず
本当にこれがやりたいことなのかどうか確信が持てませんという人が現れてきます
特にその仕事が本当にやりたい仕事かどうかという問題に直面した際などディ
自分の方針がにわかにわからなくなる人が多いようです本当にやりたい時をやっている
とき人間はハッピーな気持ち
ガスするものでございますその意味で本当にやりたいことかどうかの判定は頭でしよう
としてもなかなか出来ませんやってみてこれだと感じることが大切なんです
楽しいワクワクするということがその人にとっての本当にやりたいことなんです
とはいえこれを聞いている皆さんは仕事でも日常生活でも楽しいワクワクするという
ことがあるでしょうか
彼らしい小鳥ないという人が圧倒的に多数を占めているわけです
私たちはまだ年端もいかない幼少の頃から実は強烈な洗脳を施されています
親や学校の先生に聞かされてきた世間的な考え方や常識がそれでございます
親や学校の先生も彼らの親や先生から同じように洗脳されておりそれが現代にまで
繰り返され権力者に都合のいい選択と行動を個人に取らせる社会という方
家で決勝していますとすれば私たちを無意識にコントロールしている洗脳の協議は文化
という社会の土台にまで埋め込まれています
古今東西の文化は必ずまずは宗教の次に宗教を利用した政治権力の
苦しめ貧しくなるという教えが色
濃く反映されているんですその意味では自分が本当にやりたいことをやり
誰かにやらされていることを退けることは口で言うほど簡単ではありません
だからこそ本当は苦しいことをやり続けているのにそれさえもわからなくなってしまっ
ている人がたくさ
アンいるんですそれを覆すためりみなさんは自分の中に埋め込まれた恐怖という
アンカーを取り除かなければなりません
ところで洗脳技術の世界では人間の恐怖を操ることが一番の基本です
言うまでもなく恐怖というのは人間にとって最も強いちょうど
でございますそれを感じることが出来なければ
昔の人々は外敵から身を守ることも危険な場所を避けることを持って来ません
何かのきっかけで強いという強烈な情動が引っ張り出されることによって人は一目散に
逃げたり
火事場の馬鹿力を出したりできるんですおよそありとあ
あらゆる動物は恐怖を感じることなしに種を保存することができなかったでしょう
生きながらえるために私たちが最も必要とした杖道が洗脳に都合よく使われるという
事実は実は思いのほか深刻でございます
例えば上司や取引先から理不尽な要求をされたときに
私たちは普通申し出を断ったらまずいかもしれないなぁと考えると思います
上司に逆らえば人事評価が下がるかもしれないしそれが下がれば当然
ボーナスの査定や昇給に影響するでしょう
取引先に逆らえば取引がうまくいかなくなるかもしれないしそう
によって人間関係がギクシャクすれば営業成績だって下がってしまうでしょう
そこで申し入れを断るのはやめようと考えたとしてもそれはそれで正しい判断でござい
ます
調布にはいわれのある恐怖と言われのない恐怖があり
ur のある恐怖というのは個人が御リス
9のことですリスクに対して恐怖を感じることは何も悪いことではないんです
ところが相手の理不尽な要求を等処理しようかと考えている時に私たちはテレビで流さ
れる占いで他人の意見に逆らわないことが吉だと耳にしたり
そういえば今年の運勢は良くないとし
リア医に言われたなあと思い出したりしますもちろんそんなことに強い恐怖は感じませ
んがそれは必ず私たちの選択に影響するんです
どのように影響するかといえば自分の選択ではなく他人の選択で物事を決めるように
なるんです
テレビや知り合いがそっと教えたこうした方
がいいという価値判断によって自らの選択と行動を制約されるわけです
他人の選択に動かされる人は失敗するとそれを他人の責任にしてしまいます
当たり前のことですが洗濯をする際に誰かの指標に従ったとしても本来はそれは自分の
選択であり
結果に対しても自己責任のはずですところが他人の価値判断を受け入れることにな
根っこになっていると自分が悪かったという意識さえ働きません
つまり主体性というものを失ってしまうんです
いやーほうほうなるほどねちょっとね話が難しくなってきたので
いったん整理しておきましょうかまずね進行や洗脳から自由になる方法は恐怖の
アンカーを外すことであるということを押さえておいてください
なぜなら洗脳技術の世界では人間の恐怖を操ることが一番の基本だからでございます
恐怖というものを利用し
で私たちは洗脳されているわけです
アンカーとは怒りという意味で埋め込まれた杖道そのもののことを指します
洗脳から字有利になるためにはこの恐怖のアンカーを外す必要があるんです
恐怖のアンカーを外すと言うと何やら難しそうに感じますが実はアンカーを
取り除く方法の本質はすごいシンプルでズバリなれることでございます
筆者が主宰する苫米地ワークスではかつてこんな課題を出したことがあるそうです
家の仏壇にある先祖の位牌をクラスにっちさんしてそれを税
員の目の前で割るいやーこれを聞いてねなんてこと進んだよと思われる人いると思うん
ですが
著者の意図は全員が例外なく囚われている
いわれのない恐怖を取り除き自由になるための一歩を踏み出させることにあるんです
苫米地さんに言わせればイハイはただの板です
いた
が終わったところでバチが当たるわけではないし死んだ親への敬意が疑われるはずも
ありません
第一いた終わるだけのことですからそんなことをしても大丈夫なのかという認識その
ものが全くの間違いでございます最初こそ強い抵抗感を持つかもしれませんが一度がっ
てしまえば抵抗か
アンは徐々に薄れていきます位牌を破っても死んだ親に対する自分の想いは変わらない
しそれ自体になんの意味もないということもわかってきます
両親が健在なら祖父母の位牌を割りましょうとと間日資産はゆんです
仏壇に収められ大敗という位牌を一つずつ割ってしまうんです
その
その仏教の教義に遺灰を作らなくてはならないなんていう教えはないんですよ
ですから釈迦が教えた本来の仏教に立ち返るという点でも違反に対する
いわれのない恐怖を壊すことはむしろ賞賛されるべきだとで
苫米地さんはおっしゃっております
もう一つのとマメ子さんのを進めば墓地で一夜を過ごすということでございます
ここで大切なのは怖いと思っていたけど怖いことは何も起こらなかったねという体験を
することなんです
そのため横になることのできるシートや寝袋を持って例えば東京の青山の墓地利益
8明かすんです墓石に囲まれてまんじりともせず2時間を過ごすわけでございます
最初は多分怖いと感じるはずです何かの気配がしたりぼーっとした火の玉があたりに
浮かんだりすることもあるかもしれません
しかしそうした現象はすべて幽霊とは関係ありません
幽霊などそもそ
も存在していないしまして死者が蘇るということもありません
何かの気配がしたならそれは夜行性の動物がうろついているだけの事ですし
火の玉が出たとすればそれは何かの拍子に林が燃えているだけのことです
2度3度経験していくと墓地で一夜を過ごす恐怖心はどんどん
うん和らいでいきますそうやってなれることで恐怖のアンカーを取り除いていくわけで
ございますもっともこれを聞いている皆さんの中にはいはい終わることも
墓地で一夜を明かすことも自分には到底てきそうにないという人がいるかと思います
にはあまりにも強い恐怖心や抵抗感がありどうしてもそれはできないと思ってしまう
わけです
しかしそれは思い込みに過ぎません例えば
医大に入学して初めて解剖に立ち会い
あまりの生々しさに卒倒してしまった学生でも1年経ち2年パ2チリと
普段の抵抗もなくメスを入れることができるようになります
私たちに埋め込まれている大抵の恐怖体験は慣れることによって克服することができる
わけなんです
ですからなれることによって恐怖と不安感を取り除いていくことが重要になってくる
わけなんです
それが洗脳から逃れ信仰から g
9人なり自分で人生を歩むために必要なことでございます
さてみなさまは今どんなことに恐怖を覚えているでしょうか
位牌を貼るとか墓地に泊まるという例は少しで過激かもしれませんが皆さんが感じて
いる恐怖も結局やってみてなんだたいしたことないじゃんと思えることが14
んですそうすることによってなれることで今まで感じていたい言われのない恐怖の
アンカーが外れるからでございます
例えば今までは会社に勤めていて会社から給料をもらうことが安定であり会社を辞めて
独立するなんて考えられない
恐ろしいと考えていた人でもいざ独立して何年間
初と次第に慣れてきたりするものです独立なんて怖くて数年前はとても考えられなかっ
たという人でも
結局やってみればなれるんですそして筆者は恐怖というアンカーを克服した先には本当
の幸福があるといいます
埋め込まれたいわれのない恐怖というのは一つ取りの
続ことに成功するとあれもそうだしこれもそうだといった具合に
連鎖的に消えていきますまるで憑き物が落ちたように人間が変わったという表現が用い
られるように
つるべ落としで取り除かれていくんです人間はそう簡単には変われないよという考え方
もありますが
きっかけさえつかめ
ことができれば必ずしもそうではないわけです
その憑き物が落ちた先にあるのは本当の自由を実感する
実に豊かで心地よい世界です自分にできることもぐんと広がるでしょう
それまでは恥ずかしくてできないとか許せないとしてあたかも無価値のように捉えてい
たことが実は
価値があり確かな輝きを放っていることに気づくに違いありません
苫米地さんは人間に幸福というものがあるとすればこのような境地に達することだと
おっしゃいます
もちろんその先やそのまた先にはもっと豊かな広がりがあり最後には時間も空間簿4
補正も肥えた悟りの世界に行き着くはずです
人間は生きているからこそ意味があり死んでしまえば意味がありません
死を恐れる気持ちを理解できない手はありませんがそれを恐れ
死んだ後のことを考えることにも意味はないんです
生きているうちにどうすればよりよく生きることができるか
私たち
はそれだけを考えて生きていくだけですだからこそ生きていることがより楽しく
ハッピーに感じられるようになるんですそれではちょっと逃げの内容難しかったですよ

この辺でまとめておきますかポイント1
進行や洗脳から自由になる方法は恐怖のアンカーを外すことである
ポイントんにアンカーを取り除く方法の本質はシンプルでズバリになれること
位牌を破る墓地で一晩過ごすなどして慣れることで恐怖のアンカーを取り除いていこう
埋め込まれたいわれのない恐怖というのは一つ取り除くことに成功するとあれもそうだ

これもそうだといった具合にね
た的に消えていく point 3られることによって恐怖と不安感を取り除いていく
ことが洗脳から逃れ
信仰から自由になり自分で人生を歩むために必要なことである
それではラスト3件でやりたいことをやらなくてはいけないということを解説していき
たいとおもいます
さて3件は1弦2弦とは少し上台が変わります3件ではやりたいことをやらなくては
いけないんだということについて熱く解説していきたいとおもいます
人間はやりたいことをやらなければいい
いけないんだと苫米地さんはゆんです本当にやりたいことをやって得た結果はすべてが
素晴らしい結果です
仮にそれが他人の評価を得られない結果だったとしても自分がやりたいことをやって得
た結果を前にして
本人はこの上ない満足を感じるに違いありません
実は他人の価値を受け入れている大立つ
2の日本中は本当にやりたいことをやって結果を得るという経験を一度もしたことが
ありません
自分がやりたいことをやっていると思っていてもそれは誰かの価値観に従っているだけ
であり
本心からやりたいことをやっていないんです
他人の言うことを聞き他人の価値観を受け入れた
員と同じ条件付きの幸福を置い大多数はこれといった疑念さえ持たずにこの世から消え
ていきます
だとすれば一体何のための鎮静でしょうか自分が本当にやりたいことに気付くことは
人生の大問題ですそれを知るためにはやるべきことは一つです
では他人の価値観を矯正し刷り込むテレビを見ないこと
私たちの価値観はそのほとんどテレビメディアがつくっているからでございます
もちろんテレビはその一方で私たちに幸せになりたいと他人にすがることをも教えてい
ます
だからそれを立つんですテレビが見せる情報
テレビ
がいう情報を遮断すればほんの数カ月で他人の価値観に対する関心の度合いはものの
見事に薄れていきます
テレビ画伯嘘の数々にも気付くことができるようになります
目の前で繰り広げられている現実だと思ってきたものが全くの作り事だったということ
にも徐々に理解でき
いるようになるでしょうそしてそのうちに必ず自分が本当にやりたいことは何なのかが
ハッキリとわかるようになるんです
人間は砂利たい事をやらなくてはいけません
逆にやりたくないことをやってはいけません
苫米地さんがこのように述べると必ず無責任だと批判する人ができる
ます特に苫米地さんが子どもたちにこのことを教えるとそんなことを言うと子供がやり
たくないことをやらなくなると親御さんが心配しますしかしやりたいことだけをやると
いうことは極めて重要な選択の基準でございます
やりたいことだけができる人は自分に自信がみなぎるしそう
結果についてもはっきりと責任を持つことができます
なぜなら人間自分が強くやりたいと思うことはどんな時もうまく成し遂げてしまうから
でございます
逆にやりたくないことをやっていればどんどん自信を失って
結果についても責任を持てなくなりた席思考に陥ってしまいます
人間はやりたくないことはいくらあがいてもうまく成し遂げることができないように
作られております
とまぶしさはやりたくないことをやっている人のことを奴隷と呼んでいるそうです
つまり奴隷とは最後の最後まで自分が本当にやりたいことを見出せない人なんです
皆さんも自分が本当にやり
たいことだけをやりましょうそうすれば喜びは常に私たちの手の中にあるんですそれで
は3件の内容をまとめておきます
ポイント1人間はやりたいことをやらなくてはいけない
他人の価値を受け入れている大多数の日本人は本当にやりたいことをやって結果を得る
という経験
を一度もしたことがないポイントに自分が本当にやりたいことに気付くことはとても
大切
それを知るためには他人の価値観を矯正し
刷り込むテレビを観ないということである
それでは本日のハイライトリーバ入りましょうか
一見で信じるものは救われないということに選んで信仰から自由になるために
3件でやりたいことをやらなくてはいけないということを解説させてもらいました
さて皆様良いかがだったでしょうか本日はなかなか難しかったというか
人生について
考えさせられるような内容でしたね苫米地さんの方はいつも人生の価値観を揺さぶって
くれるので私は大好きでございます今回の動画をきっかけにして
皆さんも自分は何かを盲信していないか
そのために不自由な人生を送ってはいないか
本当に自分がやりたいことをやるためにはどうす
れ by 良いのかということに少し思いを馳せてみてはいかがでしょうか
本日は以上になりますこの動画がためになったという方は私のやる気アップとさらなる
動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞポチッと
よろしくお願い申し上げます
また新しく論文から私たちの
生活を豊かにしてくれる情報を引き出してわかりやすーく解説するという論文解説
チャンネルの方も立ち上げておりますので興味のある方はそちらも概要欄ドリンクから
訪れてみてください
また新しくね残酷すぎる世界の真実を解説するという面白いチャンネルも行っている
ので興味のある方は代用欄のリンクからチェックをお願いいたします
それでは本日はご静聴ありがとうございました

関連の投稿

【東京ラブストーリー(2020)】からの学びまとめ

|結局、人生の選択に正解は存在しない。このドラマの登場人物のように考えて、悩んで、苦しんで、後悔して、選択していくしかない。

おぼん・こぼん THE FINALからの学びまとめ 水曜日のダウンタウン

|修復したい関係性があるなら、まず自分の非を認め、そこから共通のゴールを明確にし、協力関係を築けるか真摯に話し合うことから始める。

祈りの幕が下りる時/東野圭吾/新参者 学びまとめ

|誰かの幸せを心から願う祈りが幸福をうむ。

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

「八月は夜のバッティングセンターで。」9話からの学びまとめ 問題と向き合う

|最初の一歩が一番大変。一歩を踏み出すことができないと、それが習慣となり、次の機会も踏み出すことが難しくなる。

StartUp(スタートアップ) シーズン1 学びまとめ/アメリカドラマ

|自ら敵をつくると負の連鎖が始まる。対立構造が生まれると戦争となり消耗戦になる。強引なやり方は良い結果を生まない。

ドラマ「ただ離婚してないだけ」からの学びまとめ 絶望で学ぶ

|絶望やどん底に落ちると本当に大切なものが何か見えやすくなる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

「八月は夜のバッティングセンターで。」8話からの学びまとめ 個人で得られる喜びには限界がある

|自分の損得、プラスマイナスばかりを考える利己主義は長期的には利をもたらさない。
よく検索されるタグ