Skip to content

「4つの集中」を行き来すれば無限に集中できる【脳が冴えわたる4つの集中】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

集中状態の作り方や高め方には法則性がありその仕組みを知り
やり方を学べば誰でも何歳からでも集中力を育むことができる
今日は本解説チャンネルの長女です今回は青と水とさん
ヒマさえあれば医学論文に目を通す no オタクの青砥さんが書かれた
4
focus no が冴えわたる4つの集中という本を解説します
この本はとてもお勧めの本です例えばこんな穴とやる気を出したい
ワクワクしたい集中力を上げたいそんな方にとてもオススメの本です
なぜなら以上のことにはすべて脳が深くかかわっているからです
やる気や集中
アピアワクワク感において最重要な役割を担うのは no です
脳について理解すればやる気集中力ワクワク感を自由自在に操ることができます
だからこそを脳について学ぶことはものすごく価値があります
はいではとりあえずいつも通り最初にこの動画の結論を言っておきます
結論
4つの集中入門集中記名集中
俯瞰集中自在集中これらを行き来すればエンドレスに集中できる
またその他のポイントとして心理的安全状態を確保すること
ドーパミンとノルアドレナリンを味方につけることこれらも有効であるという理由で
この動画ではいっ
エンドレスに集中する方法に凛としたノート
激しく燃えるの34つの集中力を操るという順番で解説していきますのでぜひお楽しみ
ください
1エンドレスに集中する方法先に結論から言ってしまうと脳科学の観点から見て3つの
ポイントをおさえれば
エンドレスに集中できますその3つのポイントとは
心理的安全状態を確保するドーパミン等ノルアドレナリンを利用する
そして4つの集中を使い分けるこれが3つのポイントです
この3つのポイントを押さえることでエンドレスに集中できます
この第一小の部分ではこの3つのポイントの要点をざっ
栗解説しておきますそしてそれぞれに章と3章で詳しく掘り下げていきます
はいではこの3つのポイントの概要についてです
まずは一つ目心理的安全状態を確保しておくについて
この心理的安全状態というのはざっくり一言で言えば心が安心している状態です
このような状態が集中
力に大きく関わります著者の青砥さんはこの心理的安全状態が確保されている時の脳の
状態を凛としたのーと表現しています
これはイメージが湧きやすいですよねそしてこのような凛とした脳の状態では集中力が
長く続きやすいです
だからこそ心理的安全状態が一つ目の重要なポイントです
では次に2つ目のポイントドーパミンとノルアドレナリンを利用する
についてドーパミンとノルアドレナリンこれはどちらもやる気や集中力に関わる脳内
物質です
それぞれについてドーパミンによる集中力はワクワク感から9
れ集中そしてノルアドレナリンによる集中力は緊迫感からくる集中です
そして青砥さんはこれらの脳の状態を激しく燃えるの
と表現していますこれも的確かつ分かりやすい表現です
このような激しく燃える脳の状態では大きな集中力を発揮しますしかしその4
集中力が長く持続するわけではないですそういう特徴があります
激しく燃える脳はパワーはあるけどスタミナはないそういうイメージです以上が2つ目
のポイントであるドーパミンとノールアドラー人についてです
では次に3つ目のポイント4つの集中を使い分けるについてそもそも集中力には4種
ルイありますそしてこの4つの集中を目的に応じて使い分けるべきです
その方が効率よく a 成果をあげられますこの4つの集中というのは集中の向かう
方向が内側なのか外側なのかまたその集中の広さは狭いのが広いのかという2つの軸で
分けることができます
集中はこの2つの軸によって4つに分けられます
そしてこれら4つの集中をそれぞれ目的に応じて使い分けることで
4つの集中モードを行き来することでエンドレスに集中することができます
また詳しくは第3章の部分で掘り下げますというわけで以上がエンドレスに集中する
ための3つのポイントの概要です
それでは以降もう少し詳しく掘り下げていきます
というわけでに凛としたノート激しく燃えるの
ここでは3つのポイントのうちの最初のふたつ凛としたノートを激しく燃える能につい
て解説します
ではまずは凛とした脳について心理的安全状態を確保することで凛とした脳を作ります
キーワードは心理的安全状態です心理的安全状態とは心が安心している状態
これが集中力に大きく関わりますこのような心理的安全状態が確保されて凛とした脳が
作られた状態だと心が落ち着いており
自制心が働きますそのためこのような凛とした脳の集中
では集中力が長穴付きやすいですじゃあなぜ心理的安全状態が大事なのかもう少し
詳しく掘り下げていきます
そもそも心理的安全状態とは真逆の状態のことを心理的危機状態といいます
そしてこのような心理的危機状態だと脳の機能が落ちてしまいます
はい心理的危機状態では危険恐怖不安
道あいまいが多い状態ですこのような心理的危機状態の場合だと
脳の前頭前野の機能が落ちてしまいますそういうわけで脳のパフォーマンスが落ちます
これこそが心理的安全状態が必要な理由です
心理的危機状態だと no
の前頭前野の機能が鈍るからだからこそ
心理的安全状態を確保する必要があります
脳の前頭前野というのはいつも話すことですが脳の最高中枢です
一番大事な部分です前頭前野はやる気集中力記憶力論理的思考
客観的思考行動や感情のコントロール

ミュニケーションなどを司る部分ですそういうわけで脳の前頭前野が発達している人
ほど他人との良好な関係を築ける
目先の利益にとらわれず長期的に見た有利な選択ができるそういう傾向にあり社会的
地位や経済的地位が高くなりやすいです
まあ要するに前頭前野はもう
のすごく大事な脳の部分ですこの脳の前頭前野が心理的危機状態によって働きが落ちて
しまいます
だからこそ心理的危機状態を避け心理的安全状態を確保することが必要だということ
です
が具体的にはどうすれば心理的安全状態を作ることができるのでしょうか
心理的安全状態を作る方法としては2つあります
それは自律神経を整える事と目的を明確にすること
この2つが有効ですではまず自律神経について
自律神経の整い具合が心理的
安全状態に大きく影響していますそもそも自律神経というのは自分の意思とは無関係に
24時間自動で働いている神経のことです
役割としては例えば呼吸心臓の鼓動
血液循環体温調節食べ物の消化排泄
免疫などを自動でコントロールしてくれていま
そのようにたくさんの大事な役割を担っているのが自律神経です
この自律神経の整い具合と心理的安全状態は密接な関係にあります
そしてこの大事な自律神経を整える方法としては生活を整える
つまり睡眠運動食事を整える
これがまず一番大事な方
方としてありますあとは他にもストレスをためない
毎日入浴する腹式呼吸を使った呼吸法
あとは瞑想なども効果的です以上のような方法により自律神経が整います
そして自律神経が整うと心が落ち着き
心理的安全状態が確保されやすくなります
以上が自律神経を整えるについてです次に心理的安全状態を確保する二つ目の方法は
目的を明確にすることです
生きる目的とか今自分が打ち込んでいることそれをやっている目的
また価値観やゴールをはっきりさせることこれ
が有効ですなぜかというと明確にすることが安心につながるからです
そもそも曖昧さとか将来への不安とかがあると心理的安全状態が揺らぐわけですよね
ですので自分の中にしっかりとしたブレない軸とかブレない価値観を持つことで心理的
安全状態は確保されます
価値観や目的やゴールを明確にすることで安心する
これが心理的安全状態を確保する方法です
はいというわけで以上が凛とした脳についてです
凛とした脳をつくるためには心理的安全状態が必要
そして心理的安全状態を確保するためには自律神経を整える

敵を明確にするこの2つが有効ですでは続いて激しく燃える能について掘り下げていき
ます
こっちの脳についてはドーパミンとをノルアドレナリンを利用して激しく燃える脳を
作ります
ドーパミンとノルアドレナリンはどちらもやる気や集中力に関わる脳
ない物質ですどうパー員はワクワク感からくる集中
ノルアドレナリンは緊迫感からくる集中
両方ともパワーはありますがスタミナはあまりありません
そういう共通点がありますではそれぞれもう少し掘り下げていきます
ではまずドーパミンについてドーパミンはひと言で言えばやる気掘るも人の
をやる気活力ワクワク感講義新
モチベーション集中力記憶力日イラクに関わっている大事な脳内物質です
例えば何かほにゃららを達成したいとかほにゃららが欲しい
ほにゃのマンになりたいほにゃららをしてみたいなどの願望を抱く時
ドーパミンが分泌されますそして
そのドーパミンが私たちにやる気や集中力やワクワク感を与えます
例えばあの大学で経済学について学びたいとか
会社で出世したいアメリカに行ってみたい
北海道のかにが食べてみたいそういうような願望を抱く時
ドーパミンが分泌されますそしてやる気を与えて
報道に移させますそれがドーパミンです
そしてこのドーパミンによる集中力のエネルギーは一番強いです
これは経験則からも納得できるかと思いますが
嫌々やらされる仕事とかよりも自分がやりたい仕事のほうが頑張れますよね
これもドーパミンによるものです
自分の好奇心とかワクワクとかから来るモチベーションや集中力なので爆発力があり
ますエネルギーがあります
そしてこのドーパミンにおいて大事なポイントの1つとして実体験から来る願望は
大きい
かつ持続しやすいというポイントがあります
どういうことかというと例えば自分の好きな子
ので生きているユーチューバーに実際にあった経験とか自分が憧れている大学の
キャンパスに実際に訪れる経験
仕事ができるだけでなく人間性の部分でも尊敬できる上司の下で働くという経験
そういうような実体験を通して僕も輸注バーになりたい
あの大学に通いたい
私もあの上司のような人間になりたいそういうふうに願望を抱く
このような実体験から来る願望はたくさんかつ持続的にドーパミンを出して強い
エネルギーになります
だからこそ何かの目標を達成するためにドーパミンを利用したいという場合
そういう場合にはそれの達成後に来
経験できることを先に少し実体験してみるというのがとても有効になりますつまり
例えば実際にその目標を達成している人に会ってみるとか大学のキャンパスに行ってみ
て様子を見に行ってみるとかそういうふうに実際に自分で体験する
そしてその体験により感動したり8
パリ俺はこの目標を達成したい俺もああいう人になりたいここで学びたいみたいな強い
願望を再確認できた場合その体験が自分の中の大きな原動力になります
というわけで以上がドーパミンについてですでは続いて
ノルアドレナリンについてこのノルアドレナリンは締め切り間際の時の集中
9これに関わる物質ですノルアドレナリンは適度なストレスを感じるときに分泌されて
集中力を高めます
ノルアドレナリンは緊張恐怖不安などのストレスを感じるときに分泌されます
そして脳機能が上がる集中力が上がる記憶力が上がるというような効果があります
ですのでた道
ば締め切りが近いやらなきゃみたいな時に発揮される集中力がこれです
はいここまでの説明で分かる通りノルアドレナリンはストレスホルモンの一種です
ストレスを感じるときに分泌されるホルモンです
だからこそノルアドレナリンに頼りすぎるのは良くないです
なぜなら身体に負担がかかるからですって
木戸なストレスによって集中力をあげることは大事です
しかしストレスがかかりすぎると脳とか体に負担がかかり体を壊してしまう原因になり
ますですので適度なストレスを目指しましょう
今の話に関連するものとしてヤーキーズドッドソンの法則というものがあります
やーぎーずドッドソンの法則とはこの頭が示すように
人はストレスが多すぎても少なすぎてもダメで適度なストレスがある時にこそ最高の
生産性を発揮できるという法則です
そして当然これはノルアドレナリンが理由です
ノルアドレナリンが適切な量を分泌されているとき私たちは集中力や記憶
力などが向上し生産性が max になります
しかしそのストレスが大きすぎると脳はパンクしてしまうということです
そういうわけですので適度なストレスを保つこれが大事になってきます
というわけで以上がノルアドレナリについてですというわけで以上の2つ
ドーパミンとノルアドレナリンのそれぞれの特性を理解して
うまく利用してあげることで激しく燃えるのを味方にすることができます
というわけで以上が凛としたノート激しく萌えるのについてです
では続いて34つの集中力を操る
まず前提として脳科学的に見ると集中というのはもっと広いとのことです
一般的に言われているし
集中は一部に過ぎないというのも脳科学的には4つのマトリックスで集中を見ることが
できます
それはさっきも言った通り集中の方向は内側なのか外側なのか
そして集中の広さは狭いのか広いのか
この2つの軸によって4つの集中力に分類することができます
もう少し掘り下げると方向が内側というのは意識が自分に向いている状態
そして方向が外側というのは自分の外側に意識が向いている状態
そして集中の広さが狭いというのは意識が一つの物事に向けられている状態
そして広さが広いというのはたくさんの物事を俯瞰的に眺めて
いるような状態それぞれそういう意味ですはいでは続いて4つの集中力について先に
概要を説明します
まず1つ目外に狭くの集中これは入門集中です
これは一般的にイメージされるような集中力のことで例えば作業とか仕事とか勉強に
打ち込むときの集中0
9です次に2つ目うちに狭くの集中力
これは記名集中ですこれは一つの課題に対して思考し続けているような状態で課題解決
型の集中力です
例えば自分のアタマで深く考えることイメージとしてはロダンの彫刻の考える人の像
です
そういう集中力で
ですでは次に見つめ外に広くの集中力
これは府監修中です全体を見て直感的に動ける集中力
これが府監修中です例えば感覚的とか直感的に判断することかこの経験を基にして
素早く判断すること
これが府監修中です
次に4つ目の集中はうちに広くの集中力
これは自在集中です意識を離れてありのままに自由自在に脳内の情報を展開させる
そういう集中力です具体的にはボーッとしている感じ
ga に思考を巡らせる感じ想像したり妄想したりというような集中です
えそれも集中力なのみたいな感じだったりなんかいまいちどれもピンと来ないなあ
みたいな感じがしたりして結構難しい概念ですよね
またそれぞれ詳しく掘り下げていくのでその中で腑に落ちていくと思います
何に性を目的に応じてこの4つの集中を使い分けるべきです
そうすることで効率が上がります
特に入門集中一般的にイメージされる集中力
これ以外の残りの3つの集中をうまく使えていない場合が多いです
これは一般的に知られていないことなのでしょうがないことでもありますがここを克服
すれば成果が上がります
4つの集中力を使い分けるべきですでは4つの集中力についてそれぞれ
もう少し掘り下げますまず1つめ外に狭くの入門集中について
これはいわゆる集中力作業をするとき仕事や勉強に打ち込むときなどの集中力です
こういう集中力はシンプルなタスクを次々と片付けたいとき
明確な目標に向かって
9さんの情報を処理したいとき相手の話を深く理解した時こういう時に入門集中が
役立ちますポイントとしてはゴールが明確化しやすい場面
目的が明確な場面こういう時にこそを入門集中が役に立ちますでは次に2つ目のうちに
狭くの集中
一面集中についてこの記名集
中は一つの課題に対して思考し続けている状態
課題解決型の集中力ですたとえば自分の中で自分の頭の中で深く考え続けること
イメージとしてはロダンの彫刻の考える人の像
あとは過去の経験をじっくり振り返るこういうのも記名集中です
ちなみにこのきめえ
集中の記名というのは情報を記憶するという意味です
はい勘のいい方はここで気づくかと思いますがこの記名集中は私たちの記憶に深く
関わっています
じゃあなぜこの鬼面集中が記憶に深く関わるのか
これは結論脳の仕組み所を使った情報は記憶さ
れるからですつまり自分の頭の中で自分の内側で何回も繰り返し考えることで要するに
その情報を使うことで記憶として定着しますよく一般的に言われるのが記憶に定着させ
たければアウトペットしましょう
とよく言われますよねこれはもちろん正しいです
学んだことを人に話すとか紙に書き出すとかすることで記憶により定着します
しかしここでのポイントはアウトペットではないんですよね
ポイントはインプットした情報を使うことです
学んだ知識を使うということがポイントですつまり学んだ知識を自分の中で繰り返し
考え続ける
これも使うこと
ですから記憶に定着するわけです in ペットした情報を学んだ知識を使わなければ
脳はそれを不要なものだと判断して記憶に残しません
しかし学んだ知識をもう一度復習するとかアウトペットするとか繰り返し使うことで脳
はその情報を大事なものだと判断して記憶に定着
させますこれが脳が記憶する仕組みですつまりポイントは
使うことですその中でも特に有効な手段のひとつがアウトプットであるというそれだけ
の話
そしてこのアウトペットと同様に有効な手段なのが自分の中でそれについて繰り返し
考え続けること考えを掘り下げていくこと
ですというわけで脳科学的には記憶の定着のためには自分の内側で自分と対話すること
これが有効です自己との対話が有効です
自分が大事だと思う学び忘れたくない学びについて自分の中で何回も繰り返し考え
思考を掘り下げることで記憶に定着しますある考えや知識や情報について
なぜこうなんだろうなぜこれは大事なんだろう何が大事なんだと他のものとの違いは何
なんだ
みたいな感じで自分の内側で深く考え続ける
このような過程でその情報は記憶に強く
定着していきます
そしてそのような自己との対話の中でも特に自分の過去の体験と結びつけることで記憶
は定着します
例えば読書を通して知識を学んだときなんかに
それを自分の過去の体験と結びつけることが出来れば記憶と預託しやすいです
例えば心理学における一貫性の下
便利という法則について知ったときちなみに一貫性の原理とは人は自分の言動に一貫性
を持たせようとする原則ですがこれについて学んだ時こういう時にあ俺がなかなか人の
アドバイスを聞き素直に聞けないのは自分の考えを曲げたくないという一貫性の原理の
罠にはまっていた
からなのかもしれないなこれはもっと合理的に考えて一貫性の原理のままから外れて
他人のアドバイスについても検討してみるべきかもな
みたいな感じで自分の実体験と結びつけてみます
このようなひと手間を加えることで一貫性の原理という知識が自分の中で記憶としてて
定着しやすくなります記名集中にはこのような役割がありだからこそ自分の過去の体験
と結びつけてみるというひと手間を加えることが記憶においては重要です
またこのきれい集中に関連させて青砥さんはサウナをお勧めしています
サウナみたいな形態も触れない比較的気が散るものが
少ないような場所に置いて自分の内側で自己との対話を行う
こういう時間を取ることをあお土産はおすすめしています
実際に本人もさらにはよく行くようで青砥さんが特許を持つに至ったそれにつながった
アイディアの多くはサウナ室でひらめいたそうです
そういうわけで事故との深い対話これが重要ですでも
てそのためにサウナのような場所を利用するのも一つの手としてアリかもしれません
以上が
記名集中についてですでは続いて3つ目の外に広くの集中
府監修中についてこれは全体を俯瞰的に見て直感的に動くそういう集中力です
例えば感覚的にとか直感的に判断
アンすることですじっくり考えて判断するのではなく瞬時に判断するわけですがこれは
適当という意味ではありません
過去の経験をもとにして素早く判断するということです
というのも脳の仕組み上過去の経験学びの蓄積により

元が働きやすくなっていきますどういうことかというと
ざっと全体を見渡してどこから手をつけるべきか何から終わらせていくべきかみたいな
のが見えてくるようになる
そういうことですこういう集中が府監修中です
例えば具体例として読書がありますたくさん本を読む方はああなるほどなるほどって
納得してくれる
思うんですけど読書に慣れてくると全体にささっと目を通すだけで
概要がつかめるようになったり自分に役に立ちそうな部分を見つけるのが上手になって
いきますよねこういうのが俯瞰集中ですそういうわけで経験を積んだ分野においては
この二巻集中を積極的に取り入れるべきです
そうすることで効率
よく物事をこなしていけます一個一個前から順番にやっていくのではなく大事な部分を
見極めてそこに時間や労力をよりたくさんかけるイメージです
自分の仕事とかについて使えると思うので是非活用してみてください
特に真面目な人これは青砥さんも言っていますが
真面目な人ほどこの二巻羞恥乙
買うのが下手ですなんでもかんでも真面目にやればいいのではないですよね
自分が熟知している分野とかでは直感的に行動したほうが効率よく物事をこなせます
これが脳科学的には正しいですある程度経験を積んでその分野に精通してきたら

監修中を使っていくべきです全体を俯瞰的に見て直感的に瞬時に判断する
そうすれば効率よくかつ効果的な判断を下せます
というわけで以上が3つ目の府監修中についてです
では続いて4つ目の集中うちに広くの集中自在集中について
これは一緒
息を離れてありのままに自由自在に脳内の情報を展開させる
そんな集中力です例えばただボーッとしている感じ
自由に思考を巡らせる感じ想像したり妄想したりする感じです
これも集中力っていうんだからまた面白いですよね
脳科学的にはこれも集中なのだそうです
そう
モソモこの自在集中の自在というのは自由とか思うがままという意味がありますその
ように自在集中では思考が自由にのらりくらりとするものです
ちなみにこれはマインド wandering とも呼ばれています
マインドワンダリングとは思考が次から次にあっちこっちに飛んで行くことです
津波
にワンダリングというのは日本語に直訳すると彷徨う
という意味ですですので施工がさまようそんな脳の状態です
例えば今日の夜ご飯何食べようかなそういえば昨日のディナーは美味しかったな
お店の雰囲気も良かったし何より音楽がおしゃれだった
音楽って大事だよねなんであんなに簡単に人の気持ちとか
ムードを持っていく力があるんだろう不思議だよな
音楽っていいよなみたいな感じで心ここにあらずの状態でぼーっと思考を巡らせる感じ
です
こういう号ホッとした状態も集中状態と言えるんですね
このような自在
集中を使うべき場面は何かアイディアがほしい場面です
なぜかというとこのような自在集中においては自由な施工によって創造性が発揮され
やすいからです
自由な発想によりアイディアとかにつながりやすい状態です
でもってこのような自在集中を意識して利用することが効果的です
どういうことかというと自在集中に入りやすい状況というのはある程度みんなに共通し
ています
例えば散歩シャワーお皿洗い
運転中歌ためこういうタイミングで自在集中に入りやすいです
これらの状況の共通点としては何かに取り組んではいるけど歩いたり
シャワーしたりはしてるけど考える余裕はある
何かに取り組んではいるけど頭は暇しているそういう状況です
ですのでアイディアが欲しい時にはこういう状況を自分で意識して作り出すことが有効
だということですことアイディアやひらめきに関しては
知識のインプットと自在集中が必要です
たくさんの情報や知識をインプットすることとぼーっとする自在集中が必要です
まずファーストステップとしては知識をたくさん入れる必要があります
知識がたくさん蓄積されていることでそれらを組み合わせて新しいアイディアに
つながるからです
そしてそのような
知識の蓄積が頭の中にある上でふとしたタイミング
何かぼーっと散歩とかしているタイミングでひらめくものです
それがアイディアの仕組みですアイディアを閃くパターンです
だからこそを何かアイディアが必要な人はこういう状況を自分で作っていけばいいん
です
たくさんの知識をインプットするそして自在
集中を操るこうすることでアイディアが降ってきます
というわけで以上4つの集中力についてガッツリ開設しました
以上の4つの集中力を使い分けることで4つの集中モードを行き来することで効率よく
物事をこなせます
ポイントは使い分けることですどれか一つに偏らずにまんべんだけ使うことを
意識しましょうこのときのポイントとしては設け的に応じて4つを使い分けることです
外に狭くの入門集中では神父らのタスクを次々と片付けるとき
明確な目標に向かうとき人の話を深く理解したい時そういうときに使います
二つ目のうちに狭くの決め
集中については学んだことを記憶に定着させたいとき大事な考えについてその考えを
掘り下げていく時そういうときに使います
そして3つめの外に広くの府監修中については自分が成熟しているベンヤで使います
自分が成熟している分野において直感的に判断することです
こうするこ
とで効率が上がりますそして4つめのうちに広くの自在集中についてはアイディアを
出したい時に使います
散歩やシャワーや料理やお皿洗いや運転中
そういう状況を自ら意識して作っていきます
4つの集中を使い分けることで効率よく物事をこなしていきましょう
ではこのあたりで
最後に内容をまとめます1エンドレスに集中する方法
ポイントは3つあります凛としたの激しく燃えるの4つの集中力について理解して
名付けることです
に凛としたノート激しく燃えるの凛としたのーでは集中力が長く続きます
凛とした脳を作るには心理的杏
ん状態を確保することが必要ですそれに対して激しく燃える脳では大きな集中力を発揮
できます
このためにはドーパミンとノルアドレナリンを味方につける必要があります
さあ
4つの集中力を操る目的に応じて入門集中
記名集中浮かん集中自在集中を行き来することが有効です
では今日の一言私たちは常に自分がどうありたいかを問い続ける必要があると青とさん
は言います
これは自己との対話であり自分のブレない価値
館を探すことですそのような自己との対話を繰り返す中で自分のやりたいことを
見つける
そしてそのやりたいことに素直になって夢中になる努力は夢中には勝てません
以前紹介した青と水とさんの最初の著書
ブレインドリブンではアウトさんはこのように言っています
ちなみにこれは僕がぶれインド
自分の中で一番心に響いた部分でもあります
以下引用部分です私は自分が貢献したいこと
興味のあるものでなければ高いパフォーマンスは出せないと思っている自分が知りたい
ことやってみたいことに対して純正にのめり込むことでしか
原動力にならないからだまさにドーパミンど
riven であるもっと多くの人が自分のやりたいことに素直になっていいと思う
それは学びが加速するからだという部分です
どうですか今あなたはあなたが一番やりたいことに一番時間や労力を割けていますか
自分が今一番やりたいことは何なんだろうと定期的に考えてみることが
人生をより充実させるだろうと僕は思います
今回紹介した本フォーカス脳が冴えわたる4つの集中についてまだまだ紹介できてい
ない部分が多いです
おすすめの本ですのでぜひ読んでみてくださいあと以前紹介したブレインドライブに
ついてもお勧めですのでぜひ読んでみてくださいこれは解説動画も以前上げているので
そちら
はもう復習してみてくださいというわけで今回の知識が何か少しでもあなたの人生の役
に立てれば幸いです
このようにこのチャンネルでは本の解説と人生の役に立つ知識の紹介をしています最新
の動画を見逃さないためにもぜひチャンネル登録をお願いしますではまた次の動画でお
会いしましょう

人気の投稿
よく検索されるタグ