貧困の中で独学で車を開発・アフリカのイーロンマスクと呼ばれる天才少年

この動画の要約・まとめ

動画の内容

アフリカには、次の世代を担うかもしれない子供がいる。
ガーナのイーロン・マスクとも言うべき子供がいる。
彼はゼロから車を作ったのです。
ゼロからこんな風に走れる車を
この子は何者なのか、どうやってこの車を
車を作ったのか?
そして、この車は自分で運転できるのか?
テスラのように
ガーナのこの小さな家で私は見つけました
KELVIN こんにちは、KELVINです。
ガーナのエローヘラジカと呼ばれています
今さらだけど、Kelvinは
貧乏なんだけど、彼が育ったガーナでは
平均的な人の収入は300ドルにも満たない
月の平均収入は300ドル以下です。
貧しい国で育ったが、それでも彼の野心は
エンジニアになるという
10歳の頃からエンジニアを目指していました。
ガレージでロボットや飛行機、掃除機などを作っていました。
おもちゃの飛行機や掃除機まで
身の回りにあるものを使って
私は自分の中に機械を作る情熱があることに気づきました。
機械を作りたいという情熱を持っていることに気づきました。
工学系の学校には行かなかった。
独学した。
この子は何でも独学で学んだ
車の作り方も
本物の動く車を
ケルビンは4年間、自動車工場に通って
学ぶために
廃材を集めて
集めていました。
いたるところのジャンクヤードや工事現場から金属くずを集めた
私がこの車を作り始めた当初から
この車を作り始めたとき
人々は、私が何をしようとしているのか
私が本当にやろうとしていることを
人々は私が本当にやろうとしていることを理解せず
と言われることもありました。
狂っているとさえ言われた
少しずつ、少しずつ、金属の塊が
車の形が出来上がっていく
しかし、ケルビンはすべてを手に入れることはできなかった
ジャンクヤードから
エンジンのようなものは、家族が買える以上のお金がかかる。
家族が買える金額ではない。
アルバイトをして、お金を稼いだ。
車のエンジンを買うために
時にはミニチュアを作って
作るのを手伝ったり、スクラブを売ったり
3年後の18歳の時には、お金を手に入れるために
何度も何度も失敗してきたケルビンが、ついに
自分のケルビン・モバイルを完成させた
フェラーリが走るように上に開く。
300馬力まで出せるし、ホイールや
ホイール、ミラー、ギアスティックなど、普通の車にあるものは
普通の車にあるものは全て揃っています。
音楽用のラジオも付いている
彼にはいくらかかったのかな?
推測すると
3,000ドル以下だと思います。
ドル以下でしょう
今やケルビンは町で唯一の車持ちで
車を持っているのはケルビンだけです。
車を出すたびに
みんなが見に来てくれる
車を外に出すたびに
多くの人がワクワクして
撮ってみたい。
写真を撮ってくれる人もいます。
あきらめずに頑張ろうという気持ちに
多くの人に励まされています。
その言葉を聞いて
自分がやりたいことよりも良いことをやろうという気になる。
自分がやりたいと思っていること以上にやる気にさせてくれます。
止めることはありません。
イーロン・マスクとテスラーのように、将来的にも
ケルビンは、自分で電気自動車を作りたいと考えています。
自分で運転できる電気自動車を作りたい。
自走する電気自動車を作りたい。
私の夢は、自分で運転して、事故を防ぐ電気自動車を作ることです。
事故を未然に防ぐ
そして、彼の最終的な夢はもっと大きい
飛行機やロケットを作って
新しい高みや新しい惑星に到達する
ちょっと考えてみてください。
ガーナの貧しい家庭でお金もなく
ゼロから車を作ることができました。
同じ才能が先進国にあったら
先進国であれば
彼はテスラで働いているでしょうが
今は、ガーナの自宅のガレージで
ガーナでは独学で
成功する方法を

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。