Skip to content

読めば悩み0になります! 11分でわかる『嫌われる勇気』

この動画の要約・まとめ

動画の内容

みなさんこんにちは学識サロンのまあですこの動画は普段から忙しいサラリーマンの人
でも短い時間で効率的に学ぶことができるように作っています
またもし忙しくて動画が見れない人も何か作業しながら
聞き流すだけで内容を理解できるのでぜひやってみてくださいそれではさっそく説明し
ていきます今回は
岸見一郎さん候補
文瀧さんの著書嫌われる勇気を紹介していきたいとおもいます
この本はフロイトとユング居並び心理学の三大巨頭であるアルフレッドアドラーの心理
学をもとにつくられていますアドラー心理学を教える哲学者と自分に全く自信がない
青年が対話をしながらストーリーが進んでいく展開なんですがこのやりとり
が本当に面白いんですよ誰でも簡単に幸せになれるという哲学者に対して自分に自信が
なくて越冬感の塊みたいに青年がそんな考え方は間違ってるって議論を持ちかける
ストーリー展開なんですが本当にあっという間に哲学者に論破されるので読んでいて
思わず笑えます
だからストーリー自体も楽しめる本になっています
正直ですねこの本を読むと人生変わります
実際私自身もこの本を読んでからは人の評価を気にしなくなりましたし
劣等感とかを持つことがなくなって人生が本当に行きやすくなりました
ぶっちゃけまだこの本を読んだことがない人が
うらやましいくらいです私がこの本を読んで感じたあの感動をこれから経験できるん
ですから
まだ読んでない人はめちゃくちゃラッキーです間違いなく私の中で読んだほうがいい本
ベスト5に入っています今回はこの考え方を知っていると人生変わるというポイントを
3つ厳選して紹介し
いこうと思います是非最後までご覧くださいそれではさっそくやっていきましょう
まず1つ目原因飲んではなく目的論で考えろという話です
例えば過去に親から嫌なことをされてそれが原因で外に出られなくなった人がいたとし
ます
これは親の行動が原因で人と関わるのが強くなり外に出られなくなった
つまり親からの集中が原因でそういった行動したと考える原因のんですよね
でもアドラーはそうは考えず目的論で考えるんですこの人の外に出ない目的ってなんだ
と思いますかそれはそう
とに出なければ親が心配してくれるんじゃないかとか
外に出て誰かと付き合うことでこれ以上 his つきたくないという目的があるん
ですよ
だから恐怖とか不安といった感情を自ら作り出しているんですそうすればこれ以上を
傷つくことはありません
ここで一番の問題は自分で創意
感情を作っているなんて当の本人は自覚していないんです
自覚はしていないのに外に出ようとするとお腹が痛くなったり頭が痛くなったりして親
のせいで私は外に出られなくなってこんなに苦しんでると原因を他人のせいにして
しまうんですよ
アドラーはそういった行動や感情を人と関わって傷つきたくないという目的のために
自分で作り上げたものだって
入ってるんですこれかなり衝撃的な心理学じゃないですか
づらい経験した人に追い打ちをかけるような考え方ですよね
でもここで納得させられる話があるんです例えば親からの周知が原因で外に出られなく
なる人は世の中に確かに入ると思いますでももし本当にそう
絵が原因なら同じような体験をした人は全員外に出られなくなるはずですよね
でもそういった辛い経験から逆に反骨心で頑張る人もいるじゃないですか
これはズバリ人によって目的が違うからその後の行動は変わってくるということなん
ですよ
つまりすべてにおいて何か
が起きたという過去は全く関係ないです
重要なのは過去ではなくそれにより今これからどう行動するかってこと
それにより人生は大きく変わるってことなんです
これは人によっては衝撃的な考え方かもしれません
人の中にあるトラウマとかを全否定する考え方なので私も最初すごい抵抗がありました
過去があるか
ら今があるこれじゃあガン持ってきた過去が全否定されてるみたいじゃんって最初思い
ました
でもそうではないんですよ目的論で考えることができればパトやあなたにどんなことが
起こってもそれで g 脇をしなくなりますすると変えられない過去に悩むことは
なくなってじゃあこれからどうしようかというマインドセットになる
ですそこがアドラー心理学の一番すごいところだと私は思います
後もう一つ原因のと目的論の例を挙げます例えば上司が部下のミスを怒る事ってあり
ますよねでも同じようなミスでも調子によって起こり方は違います大声で怒鳴り散らす
人もいる
ば衛星にミスを分析して敗血策を考えてくれる上司もいます
これもミスという原因があって調子が行動しているわけではないんです
この怒鳴り散らす女子っていうのは怒鳴り散らすことで相手を屈服させたリー自分の下
に位置づけたいっていうその人の本当の目的があるんです
つまり怒りという感情を使って目的を達成しようとしているんですよ
一方高志
の上司は相手を屈服させたいとかではなく今後をどうやったらミスが起きないように
なるかを考えていて指導するという目的で行動しています
このように同じミスでも目的によってこんなに対応が変わってくるんです私自身これ
読んで思ったのは例えば営業の外回りの時に雨が降っているとするじゃないですか
ああすると今日は雨だから突然訪問しても迷惑かもしれないな
飛び込み営業はやめとこうかなっていう日もあったんですよ
でもこれこそ原因飲んで恥ずかしい話雨という理由を使って営業をサボるという目的を
斡旋してたんですよねあなたの中でも何かしら理由をつけてやろう
ないなんてことありませんかもう言い訳は禁止です
原因論ではなく目的論で考えるようにしましょう
二つ目課題の分離という話です
これを理解するだけで本当に生き方が楽になります
というのもあらゆる対人関係のトラブルとか悩みはほのか台の分離ができていないこと
から怒っていますここでものすごくわかりやすい例を一つ紹介しますそれは馬を水辺に
連れて行くこと
ができるが水を飲ますことはできないっていう言葉です
馬を水辺に連れて行くことは自分でも出来ますよね
これは自分の課題だからです
でも実際に水を飲むかどうかは馬の課題であって自分ではどうしようもないことじゃ
ないですか
人間の悩みってこのように相手の課題に同族で踏み込むから生まれるんです
例えば自分の子供が勉強しない場合あなたがをやったら勉強しなさいって言うと思い
ます
でも勉強しなきゃ
て先生に怒られるのも将来良い学校に行けないのもそれは親であるあなたの課題では
なく報道も自身の課題なんですよ
あなたが子どもの課題に突っ込んでしまうのは自分の子どもが良い学校に行っていると
いう世間体やただの支配欲でありその目的のために行動してるからこういった悩みを
抱えることになります
この課題の分離を見分ける方法は簡単です
その選択によりもたらされる結末を最終的に誰が取るのかということを考えるだけです
どうですかねあなたの今の悩みってよーく考えてみるとこの課題の分離ができてない
せいだったりしませんか
もしあなたが悩んだときは自分は今他人の課題に突っ込んでいないかこれを自覚する
だけでもいいですそれだけで本当に楽になりますからぜひやってみてください
最後3つ目承認欲求ではなく他者貢献の考えをしようという話ですあなたも親とか上司
から認められたいとかそういった欲求ってもちろんありますよね
誰かに褒められるためにがんばるとか評価されるために頑張る
これっていっけい当たり前のように感じますよねでもアドラーはこの種
承認欲求を明確に否定しているんです
では具体的にどう考えるかというとそれは他者貢献です
例えば職場でゴミ捨てをしたとするじゃないですか
承認欲求の考え方だと誰か見てないかなとか誰かにありがとうって感謝されるかなと
思って行動しますでもた遮光
犬の考えで行動するとよしゴミ捨てをしたことで誰かの役に立ったぞ
そうやって思うもうそれだけでいいです
それ以上に誰かから感謝されたいと思うことこそ悩みの原因になるんです
感謝するかどうかはあなたの課題ではなく相手の課題なんです
もう一つ例を出しますとあなたが誰かにプレゼントしたとしますここで承認欲求の
気持ちだと本名に良いものをプレゼントしたのにお礼が弾もな
んじゃないかそうやってイライラしますよねそうではなく他人に親切にしたんだ
プレゼントあげたんだという気持ちだけでいいんですよ
これも相手が喜ぶかどうかはあなたの課題ではなく相手の課題じゃないですか
これですね要は他者貢献ってすごい自己満足なんですよね
俺は
これが親切だと思ってやったそれ以上は相手の課題であり
考えるだけ無駄この圧倒的な自己満足の考え方をしているとびっくりするぐらい
悩むことがなくなります私もこれを理解してからは悩むこととか考えることなくなり
ました
もうしあなたが何かにイライラした時はあれッ子
承認欲求かもと落ち着いて考えてみてください
それだけでも効果はあると思います
これまで3つのお話をしてきましたが最後にこの動画のまとめです
1原因飲んではなく目的論で考える
格好の原因があって行動しているのではなく本来の目的があって人は行動している
に課題の分離をするそれがす
最終的に誰に影響があるのかを考えれば誰の課題かが分かる
3承認欲求ではなく他者貢献の考え方をしよう
評価やを開始は相手の課題だから自分は親切にしたぞっていう自己満足でいいという話
でしたこれで広の方についての話は以上ですが他にも正確
だって変えられるという話や他人を褒めてはいけないなとびっくりするような内容が
満載の本なので読んでない人は絶対読んだ方がいいと思います
この本を読んだ時のあの感動をこれから味わえる人は本当にラッキーです
説明欄にリンクも貼ってありますので興味がある方は是非この本を読んでみてください
短い時間で学んで頂けたでしょうかこのサロンではみなさんにとって成長できる学びあ
明日から使える役立つ知識をお届けしていますもしこの動画が良かったなと思う人は
チャンネル登録お願いしますまた3月から
心理学に特化
チャンネル心理学サムというサブチャンネルもやっているので興味がある方はぜひ見て
みてください

関連の投稿

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論【要約/ショーン・エイカー】

|まず幸せになれば、生産性が上がり、ポジティブな見方ができるようになる。そうしてより幸せになれる。

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる 要約まとめ

|良い「しつこさ」は後天的に身につけられる。良い「しつこさ」を持てれば日々の積み重ねが楽しくなる。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」【要約/梅原大吾】

|あらゆる可能性を試し、成功と失敗を繰り返す。これを楽しめるものでないと、その道を極めることはできない。

ゴーレム効果 ネガティブな言葉にメリットはない ギネス認定「ウ・ポムゴン連続殺人事件」からの学びまとめ

|ネガティブな言葉は自己認識を低下させ、人のパフォーマンスを下げる。どうしてもポジティブな言葉をかけられないのなら関わることをやめよう。

鈴木祐「無(最高の状態)」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|現在に没頭すること、脳が作り出すネガティブな物語を観察して、現実と切り離すこと。このトレーニングにより自己の強度は下がり、メンタルは最高の状態に至る。

学習効率が10倍になる方法! 9分でわかる『天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる』要約

|何かを習得したい時、最初からチャンクを分け、苦労を計画する。苦労が想定内にあり、ミスをする、そこから修正すると決めておくことで実行、継続がしやすくなる。

帰宅恐怖症 夫婦間のミゾはなぜ生まれる?からの学びまとめ

|頭で結論を決めずにとにかく対話する。困っていることを純粋に伝え、より良くなるためのルールを決める。互いが相手のためにルールを真摯に守ろうとするなら、どんなに壊れた関係性も回復できる可能性はある。
よく検索されるタグ