Skip to content

『神との対話3 ニール・ドナルド・ウォルシュ/著』 「自由のないところに愛はない」この大前提を踏まえた上で、時代に合った形の「結婚観・夫婦関係・パートナーシップ」を哲学

この動画の要約・まとめ

コメント・分析

動画の内容

愛は自由の子であり決して支配の子ではない
今日は毎日読書ばっかりしているし者です今回は神との対話3
ニールドナルドウォルシュと応援で理解したことを自分なりに説明をしていきます
20年以上も売れ続けておりシリーズ累計140万部突破の伝説の本です
宇宙とは何が生命とは何か生きると1
何かについてと者と神との対話の内容が書かれている本です
今回の動画その中でも愛と結婚後両メインに説明します
今回は3つのポイントで説明します1
愛とは何かに約束は魂を殺すさん結婚の中身
を変えるこの三つを柱に説明をしていきますそれだ一つ目のポイント
愛とは何かを説明していきます
愛とは何か
まず世間一般の愛のある関係を見ていきます
一般的には束縛したりされたりする関係が愛のある関係だと思われたり結婚の誓いを
たとえ義務感から打倒してもきちんと守る人が愛のある人だと思われていますテレビや
ドラマでもそのような相手に政治
塩を加えたりある種の我慢をするような愛のかたちを美しいもの
神聖なものとしてガチガチです
しかし本当はこれらは愛の対極にあるものです
なぜなら愛を表す重要な要素として自由があるからです
ではなぜ愛には自由が必要なのか
まるまるしたいまるまるが好きだ
まるまるが美味しいなどこれら全てが愛の活動でこれらを表現すればするほど人は愛の
方向に向かいます
つまりこれらを自由に制限なく表現できる環境が愛のパワーを高めるには必須なんです
だから愛は自由が前提条件となるんです
風呂も次のように言います
愛は自由の子であり決して支配の子ではない
まるまるしたいとかまるまるが好きなどこれらを自由に経験することが生命が存在する
理由です
これらを制限したり目バーならない思考に代表される不自然な道徳で縛ってはいけませ

それをすると次第に本当の自分から離れ
生命からも離れていきます
本の中で神は次のように言います
愛と自由の関係性についてなかなか難しいですがとても綺麗な言葉で書かれています
ちょっと長い列がそのまま引用します
神の言葉です
宇宙にはたった一つしかなくそれは愛だ
そしてこの世界並びに宇宙が愛で出来ているなら
愛とは無制限なものだ
始まりもなければ終わりもない以前も以後もない
だから愛は常にある常に現実だ
愛が無制限でそして常にあるなら愛は自由だ
愛は完璧な自由だ
人は常に愛し愛されたいと願っている
常に愛が無制限であって欲しいと願っている
そしてそれを自由に表現したいと願っている
あなた方は愛の経験の全てで自由と無制限とえええええんを求める
愛とはそういうもので人は心の奥底ではそれを知っているから求める
なぜ知っているか
あなた方は愛であり愛の表現を通して本当の自分を知り
経験するからだ
あなた方は性を表現するせいであり愛を表現する愛であり神を表現する神だ
実はこれらは皆同僚だ同じものだと考えればいい
神静明愛無制限園
自由このどれにも当たらないものは他のどれでもない
これがあなたがただ
遅かれ早かれそういうものとして自分を経験したいと願うようになるん
いつ気づくかの違いでしかない
このように誰しもが無制限で家で自由の愛を経験したいと願っているものです
心の奥底でこれを求めていることは本当はみんなが知っています
でも知らないふりをしていますなぜか
社会や文化で正しくないものとされているからです
裸の王様のストーリーと同じ心理でみんながそれおかしいよと言い出さないと心の奥で
何となく感じていることを
怖くて言い出せないんです
結婚の精度だって元々は自由やえいえんの象徴でした
でも皮肉なことに現在の結婚制度は無制限で自由な愛の創造には全く役に立っていませ

むしろその逆で自由や愛を制限する契約に成り下がってしまっています
これはほかの多くの契約や約束事など全般について同じことが言えます
そこで次のポイント
約束は魂を頃すっ
僕たちは一瞬一瞬自分自身を表現するために生きています
つまり毎瞬新たな自分を想像することが生きることの本質なんです
これが性の本質なので未来の自分がどう考えどう行動するかを決めること
つまり約束をすることはその本質から外れることになります
だからほとんどの約束事にはウソが入り込むことになるんです
約束にはた際の嘘と自分自身への嘘
その行法が入り込むです
もし仮に ita の約束だけは何とか守ったとしても自分自身を裏切り続ける人生に
なります
他人を裏切らないために自分を裏切ることそれも立派な裏切りです
しかもそれは最大の裏切りなんです
本当の自分を生きないことは生命そのものに対する裏切りとなります
変わらないものは何もないすべては変化する
それだけが真実ですこれは宇宙法則なので絶対に逃れることはできません
そしてこれがどんな約束事にも必ず嘘が入り込む最大の理由です
万物が変化するのは高いところから物が落ちるのと同じくらい当たり前のことなのに
このようには不変のものがあるかのように約束をします
人が約束をするの不変なものは何もないという真実を知らないか知らないふりをして
いるかのどちらかです
本の中で神は次のように言います
今のほとんどの人生ではすべての約束に偽りが組み込まれている
将来自分がどんなふうに感じるかどうしたいと思うか
それが今分かると考えるのが5割なのだ
物事に反応して生きていたらそんなことがわかるはずがない
創造者として生きて初めて偽りのない約束ができる
創造者は将来どう感じるかを知っている
創造社なな感情を経験するのではなく
作り出すからだ
未来を想像できるようになるまでは未来は予測できない
未来を予測できるまでは本当の約束をすることはできない
変化はすべての被造物の基本的性質だ
ただ変化する世界はそれだけだ
変化するものそれがあなただ
あなた方は変化するから常に同じであるという約束は決して出来ない
変わらないのは変化するということだけだ
生命とは再創造のプロセスだ
瞬間瞬間に自らを再創造し続けている
このように神は未来の自分がどうあるかお約束することは宇宙の法則に齟齬はないと
いいます
そして約束といえば僕たちが人生において行う大きな約束の一つが結婚です
自分の人生の終わりまで続く約束事は結婚以外にはあまりありません
では神は結婚の約束は宇宙の法則にあっていないから廃止すればいいと言っているん
でしょうか
そこで次のポイント
結婚の中身を変える
まず愛の要素体現していない現在の結婚制度がなぜ今でも支持されているのかを考え
ます
これは男性と女性で同期が異なります
女性は生きていくための安定した食事と従業を求めて結婚を求め
男性は常にセックスができることと連れ合いを求めて結婚します
身も蓋もない話ですがざっくり言うとこの両者の需要
マッチングする契約これが結婚です
神は次のように言いますちょっと厳しめの言葉です
男女の互いのニーズを終え良い縁に保障してくれる唯一の方法として
結婚制度は作られた
つまり取引が成立したのだ
あなたがこれをくれれば私はこれを上げる
まるでビジネスだ
契約を交わすには履行を強制する力が必要だから
神との神聖な契約ということにした
破った髪に罰を受ける
その後それではうまくいかなくなったので人間が作った方で矯正することにした
ところがそれさえもうまくいかなくなった
なぜか
この世界で唯一絶対的な方に矛盾するからだ
つまり自然の法に反しているのだ
あなた方は愛で無制限で0円で自由だ
それがあなたがたの本来のせい人だ
この本来の性質を踏みにじる人工的な社会的倫理的宗教的政治的な気候はすべてあなた
が楽しんの事故を侵害する
こうしてあなたがたは強い不満をイラク
結婚制度は安全保障契約と同じだ
あなた方は人生をまた生命そのものを恐れるあまり自分の本来の性質を安全保障と
引き換えに放棄していうのだ
本来結婚の誓いは究極的な愛の宣言であるべきなのにそうはなっていない
むしろ究極的な不安の宣言となってしまっている
自分の愛を約束や補償のレベルにまで引き下げようとして結婚している
このように現在の結婚に対する男女の市政について髪はボロクソに言います
ではいったいどうすればいいのか
神は続けで次のように言います
例えば結婚する時には近いのやりとりがあるが本来それは愛には必要ないものだ
それでもあなたがたが誓い合うことを要求するのは愛の何たるかを知らないからだ
だから愛が決して求めることのない約束を交わす
私は結婚制度に反対しているわけではない
結婚の誓いをもっと自然な状態
愛が溢れる状態に変えることができるということを言っている
結婚の宣言を義務ではなくその瞬間の自由の表明にしなさいということだ
絶対に破ってはならない約束と考えるからその約束が義務になる日が来て自分自身も
相手も苦しめることになるのだ
このように神は結婚制度廃止するのではなく結婚の地下や中身を変えればいいと言い
ます
そしてその中心概念トーンであるのが開いつまり自由になります
今までの欠航はどちらかというと自由を制限するものだったので真逆の方向に向かう
ことになります
制限だけだった契約内容が制限なしに変わります
結婚の誓いでもそれを宣言すべきだとか実は言います
自由の概念と結婚や例外の外面はなかなか両立が難しいものですが
著者が奥さんと交わした決行の誓いがとてもきれいで素晴らしいないようなでそのまま
栄養します
自分とパートナーとの良好な関係を築くために
またお互いが最高の人生を送るために良いヒントになると思います
本の中にある結婚の誓いです
結婚する理由は安定を求めるからではない
また心の安定が得られるのは相手を自分のものとして所有したり
支配したりまた所有されたり支配されたりするからではない
人生で必要なものを相手に要求したり期待したり希望するからですらんない
心の安定が得られるのは人生で必要なもののすべて
すなわち愛と知恵と洞察と力と
日付と理解と慈しみと共感と強さのすべてが自分自身の中に存在することを知っている
からだ
それを開いてから得るためにベアーなくお互いに贈りたいから
それによって相手をもっと豊かにしたいから
私たちは結婚する
自分の中の最高にして最善のものを正直に表現することをお互いに成約したり
コントロールしたり妨げたりお互いを束縛するために結婚するのではない
義務を生み出すためではなく機会を提供するために
成長する機会お互いの魂を結び合わせることを通じて神との究極の一体化を実現する
機会を与え会うために私たちは結婚する
私たちは対等なパートナーとして愛する人と人生を旅しすべてのパートナーシップに
つきものの原因と責任を平等に分かち合い
平等に負担を引き受け平等に栄光によくする
私たちは指輪を交換する
始まりも終わりもない対応と地球と宇宙のシンボルである丸い輪を
支配でなく合体制約でなく協力
束縛でなくて乙哉合うシンボルとして
この儀式を執り行うのは何かの ke などではなく私たちだけでこれを神聖なものと
できるのも私たちだけである
私たちはすでに心に刻まれた真実をここに表明し集まった友人と聖霊の前で証言する
それでは今回動画のおさらいをしていきます重要部分だけを求めています
愛とは何か
制限を加えたり我慢の状態は愛ではない
まるまるしたいとかまるまるが好きなど自由に経験することが生まれてきた意味
まるまるしたいという愛のパワーを制限しているとどんどん自分じゃなくなっていて
生命エネルギーがなくなっていく
愛は完璧な自由である
愛を表現するとき誰でも心の中では自由と無制限と a 塩を求めている
今の結婚制度はむしろ自由や愛を制限する契約になってしまっている
そしてみんな心のどこかで世間で言われている愛の形や結婚制度の不自然さを感じて
いる
約束は魂を頃すっ
常に新たな自分を想像することが生きることの本質て
未来の自分を約束することは性の本質から外れる
そして人生において最も遠い未来のことを約束するのが結婚
他人を裏切らないために自分を裏切ることそれこそ最大の裏切り
本当の自分をいけないことは生命そのものに対する裏切りとなる
すべては変化するそれだけが真実
結婚の中身を変える
あなたがこれをくれれば私はこれを上げるというように
結婚はビジネスの取引みたいになってしまっている
なぜこんなに未婚や離婚が増えているかと言うと
現在の結婚制度は自然の方に反しているから
会社や結婚は自分らしさを失う代わり3
命を舗装してくれるという安全保障契約のようなもの
愛の何たるかを知れば結婚の誓いが間違っていることに気づく
愛は未来を約束するようなことは決してしない
結婚の使いを義務ではなくその瞬間の自由の表明にする
結婚の時期や内容を決めるのは方や親父などの原因ではない
それを決めるのは本人たちだけである
対等なパートナー関係これがベスト
結婚とは自分の中の最高のものを正直に表現することをお互いに精錬するためにする
ものではない
結婚とは相手から得るためにするものではない
すでに完璧である個々人がその豊かさをお互いに贈り合うためにするもの
結婚とは義務を生み出すためではなく機会を提供するためにするものである
最後にが彼の後ホは次のようにいます
夫婦とは2つの半分になるのではなく一つの全体になることだ
はい今回はここまでになります品の詳細は概要欄に貼ってます
part 18パート2-動画もアップしてますので合わせてみると理解が深まると
思います

関連の投稿

【東京ラブストーリー(2020)】からの学びまとめ

|結局、人生の選択に正解は存在しない。このドラマの登場人物のように考えて、悩んで、苦しんで、後悔して、選択していくしかない。

おぼん・こぼん THE FINALからの学びまとめ 水曜日のダウンタウン

|修復したい関係性があるなら、まず自分の非を認め、そこから共通のゴールを明確にし、協力関係を築けるか真摯に話し合うことから始める。

祈りの幕が下りる時/東野圭吾/新参者 学びまとめ

|誰かの幸せを心から願う祈りが幸福をうむ。

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

「八月は夜のバッティングセンターで。」9話からの学びまとめ 問題と向き合う

|最初の一歩が一番大変。一歩を踏み出すことができないと、それが習慣となり、次の機会も踏み出すことが難しくなる。

StartUp(スタートアップ) シーズン1 学びまとめ/アメリカドラマ

|自ら敵をつくると負の連鎖が始まる。対立構造が生まれると戦争となり消耗戦になる。強引なやり方は良い結果を生まない。

ドラマ「ただ離婚してないだけ」からの学びまとめ 絶望で学ぶ

|絶望やどん底に落ちると本当に大切なものが何か見えやすくなる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

「八月は夜のバッティングセンターで。」8話からの学びまとめ 個人で得られる喜びには限界がある

|自分の損得、プラスマイナスばかりを考える利己主義は長期的には利をもたらさない。
よく検索されるタグ