Skip to content

集中力が高い人、なぜか集中できない人の違い

この動画の要約・まとめ

動画の内容

こんにちはハック大学のべそです今回は集中力が高い人
なぜか集中出来ない人の違いと題して作業に集中して高いパフォーマンスを出せる人
集中できずについつい時間をかけちゃっている人の違いとその解決策について解説して
いきたいと思います自分は集中力が通過ないと思っている方はもちろん自分は集中力が
高い方だと思っている方でももっと集中力が上げられるヒントが見つかるかも知れませ
んので是非ご覧ください
あと動画では私から皆様へ情報が一方通行になりがちなので共感してくださったり
参考になった方は是非感想コメントをお願いいたします
全部拝見しております特に今回あげる内容は個人差が出やすいものなのでこういうの
おすすめだよ的なご意見を頂けると嬉しいですでは早速内容にまいりましょう
早速質問ですがあなたが何か集中しているときどんな気持ちでしょうか
おそらく周りの音が一歳一にならない暗い一つのことに意識が向かっていて気づいたら
時間が経っているはずです
逆に集中できないときはどうでしょうかふと視界に入った漫画が気になってしまったり
周りで話し声が聞こえたら聞き耳を立ててしまったり塗装
いう経験は誰しも持っていると思います実はこの集中できるときとできないときには
大きくわけて環境的要因とメンタル的要因の2つの要素があると思っています
つまり集中できる人はこの環境とメンタルをうまくコントロールできていて逆に集中
できない人はコントロールできていないということになります
はいというわけでこの動画では集中できる人がやっていること
集中できない人がやってしまっていることを環境の面で3つ
メンタルの面で一つ違いを比較しながら解説していきます声で集中できる人もさらに
ステップアップするための方法を動画の後半でご紹介しています是非最後までご覧
くださいそれではまず環境の面の家
外から見ていきましょう
環境面での違い情報量のコントロール
環境面の違いの結論を先に言うと視覚と聴覚で受け取る情報の量をコントロールできて
いるかということになります
これだけ言われてもわかりにくいと思うので集中できる人とできないとか具体的にどの
ような環境で仕事をしているか見ていきましょうまず a さんはです国は必要最低限
のものしか起きません

オールペンやメモ帳など頻繁に使うものでも使ったら毎回キャビネットの引き出しに
戻し
行動が邪魔だと思ったらきれいに整理しますその方は気にならないようにサイレント
モードにしてポケットがカバンに入れています
そして周りの話し声や音がうるさいと感じたらイヤフォンをして自然気化静かな場所へ
と移動します
そしてもう一人の b さんはです国は pc のほかにペン
ティッシュ飲み物お菓子など頻繁に手に取るものは全て手に届く範囲に置いてあります
重要な連絡はいつでも確認できるようにスマホも手元に置いて通知が来たら即チェック
しています
そして作業中はイヤホンをしてお気に入りのプレイリストを再生しテンションを上げて
います
はい以上 a さん b さんの例を紹介しましたがあなたはどちらの特徴にどれだけ
当てはまっていたでしょうか
まだどちらがより作業に集中できていると思うでしょうか
答えは実は a さんですここからはなぜ a さんの方が集中できるのかを詳しく
解説していきます最初にお伝えした結論の通り集中で
いるかどうかは視覚と聴覚で受け取る情報量をコントロールできているかが大きな
ポイントとなります
普段私達人間の脳は1秒間に4000億ビットの情報を受け取っていますこれは50
gb 相当の情報量でもしかしたらあなたの iphone にも入りきらないかも
知れませんそしてその情報の80%
end 以上は視覚から7%を聴覚から受け取っていると言われています
ですがこんなにたくさんの情報を処理するなんで当然できませんのでそのうち2000
ビットだけを選んであとは素通りしていますどうやって選んでいるかと言うと記憶と
照らし合わせて自分が気になる情報を受け取っています
これは心理学の世界ではカクテルパーティー効果と呼ばれている脳の仕組みです
この仕組みを理解すれば自ずと集中力をあげる方法がわかります
集中できない原因はあなたが集中したいこと以外の情報を無意識のうちに受け取り
脳がそれを選んでしまっているからです
そうさせないためには余計な情報を受け取らないような環境をつくるのが最も手っ取り
早く効果的な方法だと考えています
はいではここで a さんの例を振り返ってみましょう
a さんはデスクはきれいに整理整頓して作業に関係ないものはなるべく視界に入れ
ない
スマホも通知がきにならないようにサイレントにして
ポケットや鞄
お腹マーリン音がうるさいと思ったらイヤホンで自然を聞か静かな場所へ移動
というものでした
今挙げたデスクの整理整頓スマホ環境の3つのポイントについて
a さんのやり方が効果的である理由を補足的に解説していきます
デスクの整理についてはデスクが散らかっている人は散らかっていない人に比べて
ストレスホルモンの濃度が高くなったという研究結果も出ています
それだけ資格が受け取る情報量は多く様々な情報を一度に受け取ることは悪影響という
ことです
次にスマホですその後の通知は視覚胸郭に刺激を与えるだけでなくもう一つ大きな
デメリットがあります実はスマホの通知を受け取ったとき人間の脳はパチンコの確変の
演出を見たときと童貞
どのドーパミンが出ていますドーパミンの分泌を繰り返し
脳内の濃度が下がるとやる気も集中力も低下してしまいます
これがスマホを見ない方がいい主な理由です
そして環境についてですがこれは意見が一番分かりそうな部分だと思っています
お気に入りの jpop を聞いた方がテンションも上がって集中できるという方も
多く
身近にたくさんいましたですがインチテストを用いた脳科学の実験では無音の環境で
うけた人
自然を期しながらうけた人音楽を聴きながら受けた人では最も成績が高かったのが無音
のグループ
次が自然をのグループという結果となっています
ということと私の経験から静かな場所を選ぶか聞くなら雨や森ノートなど自然を聞くの
がベストだと考えています
ただ工場のライン作業など単純作業に関しては馴染みのある音楽を流した方が作業員の
モチベーション
疲労度が大きく改善されたという実験結果もあるので
単純作業については音楽を流すのがいいと思っていますはい以上が集中できる環境
づくりの違いとその理由ですただこれは誰しもに当てはまることではありません
ひとによって変わってくる内容だと思っています
例えば畏敬の優秀な研究者なんかはデスクが異常に散らかっていてそのデスクで何時間
も飲まず食わずで作業に没頭できる人もいます
まだ音楽に関しても後半で説明するルーティンスイッチという概念にうまく取り入れる
こともできますので私が挙げた例が100%正しいというわけではありませんですが
先ほど挙げた具体例は私がやっていて
もしくはやっている人を見て当てはまると感じたものですのでこの中でいくつか実践し
てみて自分に合ったものはぜ
4週間として取り入れていただきたいと考えております
はいということでここまで環境面での違いとそのポイントについて解説してきました
続いてメンタル面での違いを見ていきましょう
[音楽]
メンタル面での違い集中力の維持
はい集中できる人とできない人そのメンタルの違いは高い集中力が良い子できるかどう
かです
できるかどうかと聞くとテクニック的な話に聞こえるのですが高い集中力を維持する
ためにはメンタルの安定が不可欠ですのでメンタルの違いというタイトルでお話をさせ
ていただきますまず結論から先にお伝えしますと
ここでのポイントは2点手作業のモチベーションを維持すること
適度の休憩を入れて脳を休ませることです
具体例で見ていきましょう集中できない人できる人は作業をするときどのようなことを
意識しているのか今日具体的な例を挙げていきます
perl チームのプロジェクトに参加している2人のメンバーに全く同じタスクが
割り当てられました
タスクの締め切りは3日後です仕事が遅いできない君と仕事が早いでき叙勲はそれぞれ
同じスケジュールを立てますできない君もできる君も同じようにスケジュールにとって
作業するのですができない君は時間の割り振りなどを考えずに
レイズタスクを1から順に進めていきます1日目
何時間かデスクに向かってトイレに行きたくなったら休憩する程度で仕事を進め
後半はダラダラしてきて早く提示にならないかなあと時計を気にし始めますそして定時
になった瞬間あーやっと終わったと帰っていきますこの日はタスクの30%しか進める
ことができます
んでしょ同じように2日目3日目といっても90%までしか進まず
当然終わらないので3日目に残業することになります
そして残業して残り10%を終わらせようとしても長時間の労働でさらに集中力が低下
していたため結局3時間残業しても終わらせることができませんでした
一方できる君はまず初日から時間とノルマの設定をしさらに細かく休憩を入れる計画を
立て masa
90分以内に10%以上を終わらせ終わっても終わらなくても
間に15分休憩を入れようという細かいスケジュールです
できる君は作業時間毎に小さな目標設定をしているのでそれを達成しようと前向きな
気持ちで取り組みます
そして達成後はこまめなリフレッシュタイムを設けることで疲れたのを言ったんで
セットしますその後また作業に戻り途中で短期のノルマが達成できていないことが
分かると長めに休憩をとるなど調整をすることで効率
よくタスクを進めていき期限に余裕をもってタスクを終わらせることができました
このように集中できる人はて機能が休憩を入れる8時間を管理し作業時間ごとに達成
可能な小さな目標を立てることでモチベーション維持し目標の達成度合いで脳の疲労
具合を確認しています今回の例は表時間作業前提の話ですが
もちろん短時間で終わらせる前提のものでも同じことが言えます意見し
で時間の使い方スケジュール管理というお話にも聞こえますが本質はそこではないので
ご注意ください
大事なのは先ほどもお伝えした通り集中できるメンタルを保つためのモチベーションの
維持と疲れたら休めということです
モチベーションの低下が集中力の低下にもつながることは言うまでもありません
やる気があると
ては脳はそのことに注意を向けているので集中しやすいメンタルが自然と出来上がり
ます
そして休憩に関しても軽く説明させていただきます
人間の脳が集中力を保てる最長時間は90分から120分程度だと言われていますその
ため長時間のタスクに対して宮中したい場合は2時間以内の単位で空気
いい集中力を回復させるための休憩をとるのがいいと思っています
ただ集中できる時間にもかなりの個人差があります
ひとによっては3時間でも余裕ということもありますのでここはあなたが実践していく
中でベストの時間を探して決めていくのがいいと思っています
はい以上集中できる人とできない人の意識面での違いを説明させていただきました
いかがでしたでしょうかもう自然に理解していて十分集中出来てるよという人もいる
ことと思いますそんな方やこれから動画の内容を実践して集中できるようになってきた
人のために
もう一つステップアップするためにぜひ行っていただきたいことをご紹介
て終わりにします
集中力を上げて生産性の高い人間になるためのステップアップはルーティンやスイッチ
と呼ばれる心理トリガーを作ることです
パブロフの犬という実験は皆さんに聞いたことがあると思います
犬に餌をあげる前にベルを鳴らすということを続けるとベルを鳴らしただけで犬は涎を
垂らすようになったという条件反射を
表明した実験ですこの犬をあなたよられ
集中力同期会でベルを鳴らせば集中できるような状態を作り出そうというのがこの
ルーティーン
またはスイッチという考えですつまり何か集中して作業するときは作業前にベルを
鳴らすことを繰り返すことでベルが鳴ると自然と集中力がた
余るように刷り込みをします
もちろん条件はでるじゃなくても構いませんお気に入りのコーヒーを飲む
を光沢など生活の中に自然と取り入れられるものできればいつでもどこでもできるもの
が望ましいと思っています前半で自然以外の音楽を聴くのはよくないという話をしまし
たが
作業前にこれを聞くと集中力が上がるという1局を
作っておくのもいいと思います
はいここまで集中出来る人と出来ない人の違い
そして集中力を高めるための方法を解説させていただきましたそれでは最後に動画の
内容を振り返ってまとめていきます
集中力が高い人集中できない人を分ける要因は環境面と意識面の2つ
環境面では視覚聴覚の情報を減らすようにすること
に対面では高い集中力を保てるようにモチベーションびじと適度の休憩をとること
そして普段の習慣と集中を紐付けるトリガーを作ることも忘れないようにしましょう
また暴動でもお伝えした通り今回の内容は個人差がありますので具体例がそのまま全て
の人に当てはまるとは限りません
あなたが試してみて自分に効果があると思ったものを取り入れていただきたいと考えて
います
また私はこんなやり方を実践していますとかこういのも効果的だよというご意見があれ
ばぜひコメント欄にて教えて頂きたいと考えています
はい以上で集中力が高い人なぜか集中できない人の解説は終わりですご視聴いただき
ありがとうございました
このチャンネルではビジネスマンに有益な情報を今後も発信していきますのでぜひ
チャンネル登録をお願いいたします
また youtube 以外にもツイッターなどで情報発信していますのでぜひそちら
もフォローお願いいたしますそれを私の投稿して
用のアニメーション動画が作れるようになる動画講義アニメーションワークスの概要欄
に url を載せておりますので興味のある方はぜひチェックをお願いいたします
最後モリモリでお伝えしてしまいましたが皆さんまた次の動画でお会いしましょう

関連の投稿

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論【要約/ショーン・エイカー】

|まず幸せになれば、生産性が上がり、ポジティブな見方ができるようになる。そうしてより幸せになれる。

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる 要約まとめ

|良い「しつこさ」は後天的に身につけられる。良い「しつこさ」を持てれば日々の積み重ねが楽しくなる。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」【要約/梅原大吾】

|あらゆる可能性を試し、成功と失敗を繰り返す。これを楽しめるものでないと、その道を極めることはできない。

ゴーレム効果 ネガティブな言葉にメリットはない ギネス認定「ウ・ポムゴン連続殺人事件」からの学びまとめ

|ネガティブな言葉は自己認識を低下させ、人のパフォーマンスを下げる。どうしてもポジティブな言葉をかけられないのなら関わることをやめよう。

鈴木祐「無(最高の状態)」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|現在に没頭すること、脳が作り出すネガティブな物語を観察して、現実と切り離すこと。このトレーニングにより自己の強度は下がり、メンタルは最高の状態に至る。

学習効率が10倍になる方法! 9分でわかる『天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる』要約

|何かを習得したい時、最初からチャンクを分け、苦労を計画する。苦労が想定内にあり、ミスをする、そこから修正すると決めておくことで実行、継続がしやすくなる。

帰宅恐怖症 夫婦間のミゾはなぜ生まれる?からの学びまとめ

|頭で結論を決めずにとにかく対話する。困っていることを純粋に伝え、より良くなるためのルールを決める。互いが相手のためにルールを真摯に守ろうとするなら、どんなに壊れた関係性も回復できる可能性はある。
よく検索されるタグ