Skip to content

「眠れなくなるほど面白い脳の話」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

人工知能はすでに多くの分野で人間の能力を超えている
囲碁将棋チェスでは人間を遥かに凌駕するようになった
計算能力はもちろんパターン認識の動力でも人工知能は人間を上回っている
このような時代に人間の脳に求められることは一体何なのか
皆さんどうもこんにちわ本ようやくチャンネルの竹部でーす今回は眠れなくなるほど
面白い
能の話を要約していきたいとおもいます本処理は脳についての興味深いとビックや
知っておくべき基礎的な知識がまとめられていてこの本を読めば読む前よりも脳につい
ての理解が深い
まり人工知能時代にも負けないで前に進む自身のようなものが生まれてくるでしょう
本書を通してまずは自分の道の働き
仕組みを知ってくださいその上で自分にしかないユニークな能力とは何か
どこが欠点でどこが長所なのかじっくりと考えていこうではありませんか
では早速本書の内容に切り込んでいきます
本日のお品書きは次のとおりです一見で自分が望むようりのーを変えることはできるか
2件で自頭をよくする方法3件で
能力を最大限に高める方法を予言でマインドフルネスが脳に理由を解説していきたいと
思う
ますではでは早速一見の自分が望むようりのーを変えることはできるかについて解説し
ていきましょう
では私たちが気になるテーマから解説を始めていきましょうか
自分が望むように脳を変えることができるのか
結論から先に申し上げると意欲する方向林道は進むので
できるということになります脳の回路全体の指揮者は前頭八ですが中でも
前頭前野と呼ばれる分野はその時々の意欲や欲望に従ってさまざまな脳回路の活動を
上げ下げしているんですね
だからこそ音楽家を目指す人の脳は次第に音楽可能
脳裏になっていきます同じより数学者の脳
職人の脳など意欲を持って日々過ごしているうちに少しずつ変化してそれぞれの
プロフェッショナルの通り進化していくということであります
意欲さえあれば脳は変わるこれは脳科学の観点から確かなことであります
意欲的に
目的に取り組めば私たちの脳はちゃんと答えてくれるわけなんですね
毎日流されるよーり漠然と生活していては
前頭前野の活性化は期待できません
脳の進化を望むのであれば目標に挑戦し続ける意欲を持つことでございます
目標について学んだり場
方を集めることも脳にとっては良い刺激となります
そしてこれを聞いてもいや俺はもう年だからとか
子供じゃないんだからとかそんな脳は簡単に成長しないだろうと多い人いるかもしれ
ません
しかし脳の発達には年齢制限がないということもね
ありがたいことにわかっているんですよ人間の道
はいくつになっても成長できるんです人間は一生学び続ける存在です
人間の脳はいくつになっても成長できる可能性を秘めておりますしかし新しいことに
挑戦しなければせっかくの脳の学習能力を活かすことはできません
幼い子どもに限らずいい大人があっ
らしいことに挑戦している姿も見ていて非常に微笑ましいものです
ましてやおじいちゃんやおばあちゃんがぎこちなくてもチャレンジを続けている姿は
うっとりするほど美しいと筆者は言いますそれまでの自分の価値観や世界観と違うこと
に遭遇してもごまかしたり否定するんじゃなくて
冷静に眺める
心の余裕が必要です年をとっても何かに挑戦している人は発想が柔軟で若々しく見え
ます
そして間違いなくその人の脳は成長を続けているんですそれでは一見の内容をまとめて
おきましょう
ポイント1自分が望むようりのー
を変えることができるよくする方降臨脳は進化する脳の進化を望むのであれば目標に
挑戦し続ける意欲を持つことである
ポイントんに人間の脳はいくつになっても成長できる
だからどんどん新しいことに挑戦しようそれでは次に減の地頭を良くする方法について

移設していきたいとおもいますさてね次に私たちが一番気になるところである
地頭を良くする方法について見ていきましょうか
世間では生まれつきうち頭が決まっていて後天的なトレーニングではどうすることも
できないという意見と
いやいやあとからでも頑張れば地頭は鍛えられるんだよと言う
意見があると思います答えは結局どっちなのでしょうか
それを知るためにまずは頭がいいとはどういう人のことを言うのかということを理解し
なければいけません
人間は他の動物よりも様々に劣っているところがありますよね
それにもかかわらずこれだけの文明を発達させてきたんです
この子
図を見ると少しは人間って頭がいいなと思ってもいいかもしれません
では人間の頭の良さとはどんなことに由来するのでしょうか
現在の脳科学では頭の良さ=他人とうまくやっていけることだと考えられております
他人と心を通じ合わせて協力して社会を
作り上げることが人間の頭の良さの本質だということであります
頭の良さというのは社会性と深く関わっているんですね
他人の心を読み取る能力を専門用語れ心の理論と言います
コンピューターはいくら計算が速くできてもこの心の理論は持ちませんぱ人の心を
読み取って
で初対面の人とコミュニケーションを取れる能力においては人間はコンピューターより
もはるかに優れております
現在までの知見を総合すると厳密な意味で他人の心を読み取ることができるのはすべて
の動物の中で人間だけどされているんです
相手の気持ちを読むときやその場の空気を読むときに
のは2つの方法を使っておりますひとつ目は他人の心のシュミレーション学習です
これは自分の心のプロセスを元にして他人の心のプロセスをあたかも自分のプロセスと
して実現する行為でございますそして2つ目が他人の行動観察による学習です
他人が
らににどう反応するのかをパターン学習して他人の目に見える行動を当てはめているん
ですねこの2つの学習をすることによって私たちの運動はその場の空気を呼び
他人とうまくやっていく能力を発揮しているんです
なるほどねーと簡単に空気を読むなんて私たちは言いますが実はその時私たちの道は
他人の心をシュミレーションし他人の行動観察を行っているわけなんですね
この能力が高く他人と心を通してうまくやっていける人のことを脳科学では頭のいい人
だととらえて
いるわけですでは次にいわゆる地頭を良くする方法はあるのかということを考えていき
ましょう
イギリスのチャールズスピアマンという心理学者は人間の多くの能力に共通している
g 因子というものがありこの g 因子が高い人は様々な分野で学力が高い子
統計的手法によって示しましたつまり
g 因子が高い=地頭がいいともいえるでしょう
そしてその後の脳科学の研究によって ge しの高い人は
前頭葉の集中力の回路がよく働くということがわかったんです
つまりですね皆さん地頭がいい人とは
前頭葉の集中力の回路がよく働く人でもあるわけです
ではではこの集中力を鍛えるには一体どうすれば良いのでしょうか
4つほどここで紹介させてください
集中力を鍛える方法1勉強するときにはいきなりトップスピードでやる
にノイズのあるところで仕事をする3ルーティーンの中に自分を入れる
4タイムプレッシャーをかけるではそれぞれ
簡単に解説していきましょうかまず1つめの勉強するときにはいきなりトップスピード
でやるから解説していきます筆者は子どもたちには勉強するときにはいきなりトップ
スピードでやれと言っているそうれす
これは慣れないうちは辛いかもしれませんが続けていくうちにいきなりトップスピード
で勉強できるようになっていきます
こうすることで前頭八の集中力の回路がジョジョ
に鍛えられていくんですねでは2つ目のノイズのあるところで仕事をするを解説して
いきます
さらにノイズがあるところで勉強や仕事をするという方法もオススメでございます
例えば今という雑音の多い場所0集中して何かをすることによって
前頭八の記憶の回路の葉
荒木が強化されるんです実際に東大合格者は今で勉強していた人が多かったという話を
お聞きになった方も多いはずでございます
脳科学的に見れば人間の前頭八はどんな場所でも瞬間的に集中できるように設計されて
おりますから集中するべき時はいつで
を集中できるように脳おっ曲付するんです
では3つめの方法ルーティーンの中に自分を入れるを解説していきます
そしてこの集中すべき時にいつでも集中できるようになるために決まったルーティーン
の中に自分を入れてしまうということが極めて大切になっていきます
例えば
新しい仕事に着手した時イントロでいつも決まった手順を踏むんです
まずネットれキーワードを検索するとか図書館に行って関連姓を探すとか
ワープロで成功ストーリーを文字にするとか何でも構いません
よくスポーツ選手がやるような靴の紐は最後に結ぶ
左足からフィールドに入るといったっち
リンクスでも構いません大切なのはルーティーンなどのありとあらゆる手を使って瞬間
的に集中する習慣を身につけることです
脳の中にこの回路ができればしめたものですこの後は体が勝手に動いてくれるように
なるからです
集中するための回路さえ出来ればあとは自動的に集中できるようにん
あるんだと筆者は行っておりますでは4つ目のタイムプレッシャーをかけるの解説に
まいりましょう
集中力を鍛えるにはタイムプレッシャーすなわち
制限時間を設けて自分がこれ以上早くできないという限界を超えようと努力することが
大切です
そう
してアスリートのトレーニングのように限界を少しずつ上げていくことでございます
これを徹底的に繰り返すんです例えば
問題集を解くとき一つの問題でじっくり考えるよりも次
過ぎ次の問題と素早くページをめくっていきます
とにかく勉強でも仕事をするときでも正義
10時間をかけてできるだけ早くそれを終わらせるように努力する
そして慣れてきたら制限時間をもっと短くしてさらに速くする
このような訓練を徹底的に行えば集中力は自然と鍛えられていきますそれでは2軒の
内容をまとめておきましょうか
ポイント1現在の
楼閣では頭のいい人とは他人と心を通してうまくやっていける人のことである
point 2地頭を良くする方法は前頭八の集中力の回路を鍛えることである
point 3集中力を鍛える4つの方法は
1勉強するときにはいきなりと
ぷスピードでやるにノイズのあるところで仕事をする
3ルーティーンの中に自分を入れる4
タイムプレッシャーをかけるこの4つの方法がありましたそれでは次三間堂
能力を最大限に高める方法の解説に参りましょうか
私たちは勉強しているときや仕事をしているときに自分の脳がもっと働けばなぁと
感じることがあるでしょう
ですから3件では脳の力を最大限に高める方法について解説します
結論を先に言うと能力を最大限に高める方法は3つです
1新しいこと
に挑戦する2ゲーミフィケーションさん生の体験をする
この3つがあるんですねそれぞれ順番に解説していきましょうか
まず1つめの新しいことに挑戦するから解説していきます
どんな小さなことでもいいですから何かに挑戦すると脳内の神経
伝達物質であるドーパミンが分泌されるんですね
ドーパミンは海の感情意欲学習などに関わっていてドーパミンの分泌によって脳の回路
が強化される
教科学習という現象が起こるんですそして
釣果学習はドーパミンが分泌される直前
に行われていた行動を強化する働きもするんです
例えば自分は勉強ができねえと思っている子どもが苦手な勉強に挑戦してテストの点が
グーンと上がったりすると大きな喜びを感じ勉強への意欲が一気に高まります
これもドーパミンの働きによるものであれば
では次2つ目のゲーミフィケーションについて解説していきましょう
教科学習にとって重要なキーワードのひとつにこのゲーミフィケーションがあるんです

これは勉強にゲームの要素を取り入れるという意味ですが
例えばこれだけの英単語10分間で全部を終えてやろうといったタイムプレッシャー
ゲーミフィケーションのテクニックの一つです
タイムプレッシャーは全力で取り組んでできるかできないかというギリギリの時間設定
にすることがポイントです
ギリギリの時間設定でできたときの達成感は次の調整の意欲をかき立てるからであり
ます
このようなテクニックは子どもの学習の場面で
で使われることが多いんですが大人がって何かに挑戦すればドーパミンが分泌されます

ゲーミフィケーションというテクニックを使って自分の脳を自分で伸ばしていくことが
可能であります
このゲーミフィケーションを日々の仕事や学習に活用すれば脳の活性化を促進すること
ができます苦痛と感じがち
なことも遊び心を持って取り組むと脳の報酬系が刺激されて
行動力集中力が高まりますでは脳を活性化させる
ゲーミフィケーションの具体的なやり方を解説しておきましょう
ゲーミフィケーションのポイントは2つ1
目標を明確にする2
テーマを設定する一つ目の目標を明確にするについては例えば英単語10校30分間で
覚える
企画書を日本海たら休憩するなど達成する目標を具体的に決めてください
目標は一生懸命頑張ってギリギリ達成できるラインにしましょう
2つ目のテーマをす
設定するに関しては目標を決めたら達成後に満足感を得られるテーマを設定してほしい
んです
英単語10校30分で覚えたら sns を10分ビルなど
達成後に楽しみが待っていることで前頭八の回路が刺激されるわけです
では次3つ目の生の体験をするを
解説していきますさて生の体験をすることがなぜ大切なのかというと生の体験の記憶
生理が脳を鍛えるからであります
ちょっとよくわからないですね具体的に説明しましょう
記憶という視点から見ると生の体験にはユニークな特性があるんです
それは
特定の意味に整理される以前の言い換えれば編集前のノイズが豊富に含まれていると
いうことであります
書籍や映像を通して得られる知識は誰かが整理し編集してくれたものですよね
もちろんこれも必要なんですが一方で自分で工夫しなんとか言葉にしていくという
アグレ
渋な側面にかけてしまうことになるんです生の体験の記憶は脳の大脳皮質の側頭葉に
蓄えられます
脳に蓄積された記憶は長い年月をかけて徐々に編集されるんですそして様々なノイズに
満ちた経験から
意味を見いだす編集作業こそが脳を鍛えて成長
させていくんです気力は一度定着してもずーっとそのまま止まっているわけじゃないん
ですね
長い時間をかけて編集され続けるものなんです
例えばずいぶん前に体験したことの記憶が突然よみがえってその意味がふと腑に落ちる
ことがありますよね
こんなことが起こるのは脳の中で
その時の記憶がずっと編集され続けていたからです
ですから私たちはいくつになっても生の体験を重ねていくことが脳の成長には欠かせ
ないわけなんですね
それでは3件の内容をしっかりとまとめておきましょう
ちょっと情報量が多かったですねポイント1
能力を再度
限に高める方法は3つある1
新しいことに挑戦することそれによってドーパミンが分泌されて教科学習が起こるん
でした
二つ目ゲーミフィケーション教科学習にとって重要なキーワードはこの
ゲーミフィケーションでした
ゲーミフィケーションを日々の仕事や学習に活用すれば
脳の活性化を促すことができるんでした
3つ目は生の体験をすることそれがなぜ
能力を最大限に高めるかというと生の体験の記憶生理が脳を鍛えるからでした
生の体験の記憶は脳の大脳皮質の側頭葉に蓄えられます
脳に蓄積された記憶はない
ない年月をかけて徐々に編集されます様々なノイズに満ちた経験から
意味を見いだすこの編集作業こそが脳を鍛え成長させていくのです
ではラスト予言のマインドフルネスが脳裏理由について解説していきます
さて最後に脳を鍛えるという話になると絶対に出てくる
マインドフルネスについて解説していきましょうマインドフルネスをすると集中力が
上がったり脳の働きが良くなったりと様々なメリットがあるとよく言われているわけな
んですがなぜ
マインドフルネスが脳裏良いのでしょうかその理由をしっかりと理解して
マインドフルネスをするモチベーションにしてもらえたらなと思い
ますでは結論から言いますマインドフルネス1なぜ脳に良いのか
それは今ここに注意を向け dmn を生み出すからでございますでは具体的に解説し
ていきましょう
人間はなんと1日6万回施工していると言われほとんどが自分の意志とは無関係り
自動的に思考や感情が湧いてきますこれを放っておくと思考や感情が二郎操縦状態に
陥ってしまい
未来に対して不安を感じたり過去の出来事を思い出して後悔したりする時間が増えてき
ます
この悪循環を断ち切るために有効なのがマインドフルネスなんです
これは今ここでを
怒っていることだけを見つめ今の感情思考を判断せずに冷静に観察している心の状態を
いいます
日本語では気づきなどと訳され近年では脳科学や心理学認知科学の分野からの
アプローチが進んでおります
またアメリカの先端の it 企業ではマインドフルな状態
愛を維持するためにマインドフル瞑想を社内研修に取り入れており認知度は急速に
高まっておりますではマインドフルネス実になると脳の中ではどんなことが起こって
いるのでしょうか
ここで出てくるのがデフォルトモードネットワーク
通称 dmn でございます dmn とあ
私たち
家が何もしていなくてボーっとしている時に活性化する脳の経路のことです
この dmn には脳のさまざまな領域を調節し
情報や感情などを整理整頓する働きがあるということがわかってきました
いってみれば脳のお掃除係のようなもので
がストレス解消にも効果を発揮していると考えられております
dmn を活性化するためには意識的にボーっとした状態を作る必要がありますそこれ
このマインドフルネスの定番でございますよー
マインドフルネスを行っている時は何かを考えている分ければないので脳があ
アイドリング状態になって dmn が活動しやすい状態になるんです
これで脳のメンテナンスが行われ気づきを得られたりストレスが解消されたり
創造性が高まったりしますそれではよ下の内容をまとめておきましょう
マインドフルネスが脳に良い理由は脳のさまざまな領域を調節し
良い情報や感情などを整理整頓する働きのある
dmn を活性化させるからである
それでは本日のハイライトにまいりましょう一見で自分が望むように脳を変えることは
できるか
結論はできるということでしたね2件で地頭を良くする方法を3件で
能力を最大
10%に高める方法を予言でマインドフルネスが脳に良い理由を解説してきました
さて皆様いかがでしたでしょうかでは最後に私たちにとって最も身近なテーマについて
解説して終わりにしたいと思いますそれは脳科学的に見た
ギャンブルにハマる女かリズムについてです
のギャンブルにはまるメカニズムを通して私たちの脳をより深く理解できるので
ギャンブルにハマる奴の脳ではいったい何が起こっているのかなぁと思いながら気楽に
聴いてみてください
ギャンブルにはまるメカニズムは結論動画民が幸福度を高めるからでありますそれでは
具体的に説明して
いきましょう私たちの世の中には様々なギャンブルがありほぼ全てのギャンブルが期待
値100%を下回っておりますので基本的にギャンブルをすれば私たちはお金を失う
ことになるんですがそれでも週末の朝早くにパチンコ屋さんの前に行列ができている
ように私たちはギャンブルを止める
ことができません特に一度ハマってしまうと中毒になって抜け出せません
ギャンブル依存症は1970年代後半に
who において病的賭博という名称0
正式に病気として認められましたその後の研究によってこの病気への理解が進み
ギャンブルがやめられないメカニズムは
アルコール依存症や薬物依存症と似ている点が多いということがわかったんです
このためアルコール依存症党と同じ分類にギャンブル障害として位置づけられ
依存症として認められるようになったんです
絶対勝てるギャンブルなどは世の中にはありませんよれそこに不確実性が内在している
ことで人を惹きつけるんです
人間の脳は不確実なものに惹かれる傾向があるんです
だからこそ当たった時には舞い上がるような喜びを感じるんですね
脳の中では当たった瞬間に報酬型
の物質であるドーパミンが分泌されます
別名海楽物質とも言われるようにドーパミンは幸福感や意欲を高めるホルモンでござい
ます
これが何度か繰り返されるうちにドーパミンを分泌する前頭八を中心とする神経回路網
が強化されていきます
こうして脳自体学校
高揚感を求めあの喜びをまた味わいたい徒歩するようになりいわゆるはまった状態に
陥っていきます
しかしギャンブルで幸福を感じるのはほんの一瞬です
たとえ儲かったとしてもかけ続ければ最終的には必ずマイナスになります
ルール自体胴元が儲かるように作られている
からです人生もある種のギャンブル的要素がありますよね
入試就職恋愛結婚仕事などどれも成功するかどうか最後までわからないんです
ただし人生とギャンブルはルールが違います
者ぶるは必ずマイナスになるんですが人生は一生懸命努力することで
プラスになる確率を高めることができますそして先ほども言った通り
ギャンブル依存症はアルコールや薬物依存症といった依存症と依存する脳のメカニズム
が似ているんです
アルコールや薬物またはギャンブルなどの春季によってまずドーパミンが分泌されます
これによって脳が快感を覚え道とん
民を求めるご褒美回路が脳内に出来上がるんです
この回路により依存対象を体内に取り込む行動が習慣化されその結果
ドーパミンが強制的に分泌されるようになります
そして多量のドーパミンを浴びて白井に中枢神経が麻痺してさらなる収益を求めるよう
になります
こうなると立派
依存症の完成でございますまず私たちはアルコールや薬物
ギャンブルなどにはまりますそしてそのはまった状態が依存症にまで進行すると戻る
ことはなかなか困難になります
繰り返される刺激によって脳の神経回路はどんどん強化され自分の意志ではもはや
コント
ロールできない状態になるんですその結果やめたくてもやめられない状況に陥ります
このメカリズムをしっかりと理解していることがさまざまな依存するものがあふれる
現代で依存症に陥らない手助けになるでしょう
さて本日は以上でございますいかがでしたか
今回は様々な内容を改正
4なかなか難しい内容も含まれておりましたね
さらに情報量もね少し多くてみるのが大変だったかもしれません
しかし私たちの生活に直結する脳の知識ばかりを紹介したのでぜひとも理解して
いただき実際に集中力を高めたり能力を高める方法も紹介してきたのでその中
気に入ったものを一つチョイスしていただいてぜひ実行していただければなと思います
この動画を見ることで皆様が自分の脳と向き合い自分の脳の可能性を最大限に
引き出せるきっかけになれたら私はとても嬉しく思います本日は以上です
この道はためになったという方は私にあるキャップ
とされなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンチャンネル登録どうぞ
よろしくお願い申し上げます
また新しく論文から私たちの生活を豊かにしてくれる情報を引き出し
わかりやすく解説するという論文解説チャンネルを立ち上げましたので興味のある方は
概要欄のリンクから訪れてみてください
本日は長い間っ子
静聴ありがとうございました

関連の投稿

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論【要約/ショーン・エイカー】

|まず幸せになれば、生産性が上がり、ポジティブな見方ができるようになる。そうしてより幸せになれる。

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる 要約まとめ

|良い「しつこさ」は後天的に身につけられる。良い「しつこさ」を持てれば日々の積み重ねが楽しくなる。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」【要約/梅原大吾】

|あらゆる可能性を試し、成功と失敗を繰り返す。これを楽しめるものでないと、その道を極めることはできない。

ゴーレム効果 ネガティブな言葉にメリットはない ギネス認定「ウ・ポムゴン連続殺人事件」からの学びまとめ

|ネガティブな言葉は自己認識を低下させ、人のパフォーマンスを下げる。どうしてもポジティブな言葉をかけられないのなら関わることをやめよう。

鈴木祐「無(最高の状態)」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|現在に没頭すること、脳が作り出すネガティブな物語を観察して、現実と切り離すこと。このトレーニングにより自己の強度は下がり、メンタルは最高の状態に至る。

学習効率が10倍になる方法! 9分でわかる『天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる』要約

|何かを習得したい時、最初からチャンクを分け、苦労を計画する。苦労が想定内にあり、ミスをする、そこから修正すると決めておくことで実行、継続がしやすくなる。

帰宅恐怖症 夫婦間のミゾはなぜ生まれる?からの学びまとめ

|頭で結論を決めずにとにかく対話する。困っていることを純粋に伝え、より良くなるためのルールを決める。互いが相手のためにルールを真摯に守ろうとするなら、どんなに壊れた関係性も回復できる可能性はある。
よく検索されるタグ