Skip to content

『Think right』 失敗につながる思考パターン/ロルフ・ドベリ氏待望の復刊 【本要約】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

今回はロルフドベリさんが書かれた think rightについて解説していきます
本書は世界的ベストセラーである
think clearlythink smartの著者ロルフ ドベリ氏による待望の新刊となっています.
わたしたちはなぜ誤った判断を下してしまうのか
最新の知識と学術的な裏づけを
もとに失敗や不安につながる思考 の落とし穴について纏め上げた
一冊となっています. 今回はそんな52の誤った先入観を捨て
より良い選択をするための 思考法の中から私めいが6個 厳選して解説していきます.
より良い選択をするための 思考法の中から私めいが6個 厳選して解説していきます.
今回紹介する考え方のワナを最初に 紹介すると.
希少性の錯覚のワナ サンクコストのワナ
結果による錯覚のワナ 連想のワナ
目先の利益のワナ ゼロリスクのワナ
となります. 順を追って解説していきます.
それでは早速まいりましょう まずは希少性の錯覚のワナについてです.
どうやら私たちは希少な存在の
前では判断力が鈍ってしまう傾向 にあるようです.
スティーブンウォーケル教授は 二つのグループがクッキーの質
を評価する実験を行いました. グループ aはクッキーを箱ごともらい
グループ bは2枚だけしかも らいませんでした.
結果はクッキーを箱ごともらった グループ a よりも2枚しかもらわなかった
グループ b の被験者の 方がクッキーの質をはるかに高く
評価したのです. 実験は何度も繰り返されましたが毎回同じ結果が出ました.
少ししかもらえない方がクッキーが美味しく感じたのです
希少なものに反応している時には それについて論理的には考えられないのです.
だからあるものの価値を評価する時には
価格だけではなくそれが どれくらい役に立つかを基準に判断しましょう.
次にサンクコストのワナについてです.
本書でドベリさんはもったいないは命取りになると述べています .
ある日広告キャンペーンのマーケティング 会議にてドベリさんはこのキャンペーンを
すぐ中止するように提案しました .
なぜなら広告キャンペーンは既に 4ヶ月前から続いているにも関わらず
ちっとも成果が上がらず売り上げ は目標をはるかに下回っていたからです.
ところが宣伝部長は.
このキャンペーンにはすでに多 額を投資してきた.
ここでやめてしまったら全てが無駄になってしまう と言いこれを拒みました.
ドベリさんはこの宣伝部長の事 をサンクコストのワナの犠牲者であると言いました.
サンクコストとはもはや回収できない 費用のことを言います埋没費用とも呼ばれています.
サンクコストのワナは多大な時間 やお金やエネルギーや愛情を注ぎこむ場面で発生します.
客観的に見ればそれまでに注ぎ込まれた資金が
もはや何の意味も成さない時でさえ多大な出費をしたことが
そのプロジェクトを継続する理由になってしまうのです.
投資時間労力資材資金などが多 くなればなるほど
つまりサンクコストが大きくなればなるほどプロジェクトを続けたいという欲求が高まるのです.
株に投資する人もしばしばサンク コストのワナの犠牲者になります.
持ち株を売却するタイミングを
購入価格をもとに決定することが 多いからです.
株価が購入価格を上回っている 時には売るが下回っている時には売らない.
しかしこれは決して理性的な行動ではありません.
購入価格を重視してはならないのです.
大事なのは手持ちの株の価格が
これからどのように推移するかという見通しです.
誰もが判断を誤る可能性はあります .
投資家は失った金額が大きくな ればなるほどますますその株を
手放そうとしなくなります. 何かに時間やお金を投資し続ける
理由はいくらでもあると思います .
しかしその中で間違っている理由 が一つあります.
すでにつぎ込んだものを重視する もったいないからという理由です.
膨れ上がった費用や損失を無視してこそ
合理的な決断ができるのです.
これまでに何をどれだけ費やしていようが現在の状況と今後の見通しだけに
目を向けるべきなのです
次に結果による錯覚のワナについて です
なぜ私たちは結果だけで評価を下してしまうことが多いのでしょうか
想像してみてください. 100万頭のサルが株式投資を行っているとします.
それぞれのサルは思いつくまま
株を売買しています. さてどうなったでしょうか
一年後およそ半分のサルは投資 で利益を上げ残り半分は損失を出していました.
2年後には1年目に利益を上げていた
サルのうちの半分が利益を上げ残りの半分は損失を出していました.
こうして投資は続けられて行きます.
そして10年後正しく投資を続けた
サルはおよそ1000匹になりました
20年後利益を出し続けたサルはた った一匹しかいませんでした.
そのサルは今や大富豪です. このサルを成功ザルと呼ぶことにします.
メディアは成功ザルのもとに詰め かけ成功の法則を究明しようとします.
そしてその法則を探り当てます
成功ザルは他のサルよりもたくさん
バナナを食べていたのかもしれない
檻の中で一頭だけ別の場所に座 っていたのかもしれない.
何かしら成功のレシピがあるに 違いない.
そうでなければどうやってあれ ほど輝かしい業績を達成できたというのだろう
20年間いつも正しく予想していた
サルがただの無知な動物だなんて ことはありえない
このサルの話は結果による錯覚 のワナを表しています.
過程ではなく結果をもとに過去 に下された判断を評価してしまうという落とし穴です.
このサルの話から私たちが学べる ことは結果だけを見て評価しては
ならないということです. ただの偶然で成功へ導かれたある
判断に満足したり間違っていた と証明された判断に不満を抱いたり
するのではなくどうしてその ように判断したのかをもう一度
考える必要があります. つまり筋の通った納得のいく理由が
あって判断したのであれば今回が失敗に終わったとしても次回も
そのように判断すればいいということ なのです.
次に連想のワナについてです. 私たちの脳は連結器のようなもので
別々の物事を結びつけて考える 働きがあります.
これは基本的には良い働きをします
例えば見たことない珍しい果物を食べて気分が悪くなったとします
するとそれからはその植物の実には
毒があるまたは食べられない と避けるようになるからです.
ここから知識が生まれます. ただし間違った知識が生まれる
こともあります.
このことを最初に調査したのは ロシアの生理学者イワンパブロフです.
パブロフの犬という実験は有名 なので知っている方もいるかもしれません.
パブロフは元々は犬の唾液の分泌量を
測定しようとしていました
実験では犬に餌をやる前にベル を鳴らしていました.
やがて犬はベルの音を聞いただけで 唾液を出すようになったのです
本来の働きとは全く関係のない
二つのものベルの音と唾液の分泌 を結びつけたのです.
連想のワナは私たちが適切な判断 を下すのを妨げようとします.
例えば私達は悪い知らせを伝える 人を好まない傾向があります.
この傾向は英語で shoot the messenger syndrome使者を撃つ症候群と呼びます.
悪い知らせを運んでくる使者に
怒りをぶつけるという意味です
メッセージを伝える人の人格と メッセージの内容を結びつけて
しまうのです. したがってceoや投資家はネガティブな情報を
知らせる人を災いその ものと思い込みその人を無意識
に避ける傾向があります. そのため企業の上層部には良い
知らせだけしか届かないのです
これでは実態は伝わりません.
この落とし穴を自覚しているウォーレン バフェットは自分の会社の ceo に
良い知らせはいらない.悪い知らせ だけをしかも単刀直入に報告する
よう指導をしていました. 次に目先の利益のワナについてです.
今日が人生最後の日のつもりで
今を生きよう 皆さんはこんな言葉を聞いたこと
があると思います. こういう言葉は様々なライフスタイル誌に
少なくとも3回は登場します
自己啓発書にも必ず入っている お決まりの文句です.
ラテン語の格言の中でcarpe diemカル ぺディエムというものがあります
その日を思う存分に楽しもう.
明日のことは気にするなという意味 です.
目の前に迫っていることにはとても 価値があります.
しかし実際にどれくらい価値がある のでしょうか
目の前にあるものに対し私たち は理屈に合わないような
価値をつけているのではないでしょうか 1年後に10万円をもらうのと1年1ヶ月
後に11万円もらうのではあなた ならどちらを選ぶでしょうか
大抵の人は13ヶ月後に11万円もらう 方を選びます.
この利息なら1ヶ月の待ち時間の 補償と考えても十分な金額だからです.
次の質問です. 今日10万円をもらうのと1ヶ月後
に11万円もらうのではどちらを 選ぶでしょうか大抵の人は今日
10万円をもらう方を選ぶと思います
これは驚きの結果ですよね. この二つの質問からわかることは
私たちは期限の到来する時期によって 矛盾した決断を下してしまうということです.
これは目先の利益のワナにはまっているからです.
決定していることが起こる時期が
現在に近ければ近いほど私たちの 感情的な利率が上昇し目先の利益に
気を取られ実際の損得計算が 出来なくなってしまうのです.
carpe diemカルぺディエムはいいアイデア ですが 一週間に1度くらいが丁度
いいのかもしれませんね 最後に ゼロリスクのワナについてです
突然ですがあなたはロシアンルーレット
に参加しなければならなくなりました
6連発のリボルバーのシリンダー をカラカラカラと回し銃口をこめかみに
当てて引き金を引きます. ここで一つ目の質問です.
あなたはシリンダーに弾が4発入 っていることを知りました.
ここから玉を2発取り出してもらうのにいくら 払うでしょうか
次に二つ目の質問です. あなたはリボルバーに玉が一発
しか入っていないことを知りました この一発の弾を取り除いてもらう
のにいくら払うでしょうか
このケースではほとんどの人が 同じ答えを出しています.
二つ目の状況では死亡する可能性 がゼロになるので一つ目の状況よりも
多くお金を積んでもいい と考えるのです.
確率を計算した結果だけから言えば この選択はナンセンスです.
なぜならば死亡する可能性が一つ 目の状況では2/6低くなるのに対し
二つ目の状況では1/6しか下がらない からです.
それを元に計算すると一つ目の 状況は二つ目の状況よりも2倍の
価値があるはずなのです. それなのに私たちは危険が全くない
状態の方が価値が高いと思ってしまう のです.
シカゴ大学の二人の研究者が実施 した実験では私たちは有毒化学物質による
汚染の危険性が99%ある場合 でも1%しかない場合でもどちら
も同じだけの恐怖を感じることが 証明されています.
不合理ではありますがこれが一般 的な反応です.
危険の全くない状態ゼロリスク だけしか価値があると思えないのです.
この判断ミスをゼロリスクのワナと言います.
交通事故のゼロリスクを達成するには 制限速度を時速0 km にするしかないです.
しかしそんなことは現実的ではありませんよね.
この場合にはゼロリスク達成は
できないと考えはっきりと数字 に表れている年間死亡者数を受け
入れるのが賢明です. 株式市場の場合はどうでしょうか
ゼロリスクつまり絶対的な保証
はあるのでしょうか 残念ながらそんなものは存在しません
株を売ったお金を銀行口座に入れて
おいたとしても安全とは言い切れ ません.
銀行が倒産する可能性もあります
インフレがあなたの蓄えを食いつ ぶしてしまうかもしれないし通貨
改革で財産を失うことも考えられ ます.
現にドイツでは20世紀に新しい 通貨を2度も導入しているのです
結論としてはゼロリスクに対して
抱く幻想に別れを告げましょう
貯蓄健康結婚生活友情敵対関係
何一つとして確実なものなど存在しない のです
そう考えて生きていきましょう
確実なものは存在しないとはいえ 幸いなことに失われにくいものは
存在します. それは自分の内側からわき起こる
幸福感です. 宝くじを当てて億万長者になろうが
足が麻痺して歩けなくなろう がその人の本質的な幸福の感じ方が
変わることはありません. そのことは実験でも証明されています
幸せな人は何が起ころうがいつでも
幸せであり不幸せな人はいつでも 不幸せであるのです.
はい今回はロルフドベリさんが 書かれたthink rightについて解説しました
今回の動画で紹介した6つの考え方のワナは
希少性の錯覚のワナ
サンクコストのワナ 結果による錯覚のワナ
連想のワナ 目先の利益のワナ
ゼロリスクのワナ でした.
今回の今日から実践はもったいない からという考えからはなれてみ
ようです本書を読んでもったいない からと合理的な判断ができなく
ならないようにきをつけようと思う と同時に今自分の身の回りは大丈夫
かなと考えました私はこりゃむり だーと思ったらスパーンとやめたい
タイプなので大丈夫そうでした がみなさんはどうですかもったいない
と続けてしまっていることありません か仕事などで自分で判断できない
こともあると思いますがこれを 機に1度考えてみてください

関連の投稿

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

運動習慣の莫大な効果「一流の頭脳」をわかりやすく解説【要約/アンダース・ハンセン】

|運動の効果は莫大。日常的に楽しく続けられる運動習慣をできるだけ若いうちに構築したほうがいい。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論【要約/ショーン・エイカー】

|まず幸せになれば、生産性が上がり、ポジティブな見方ができるようになる。そうしてより幸せになれる。

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる 要約まとめ

|良い「しつこさ」は後天的に身につけられる。良い「しつこさ」を持てれば日々の積み重ねが楽しくなる。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」【要約/梅原大吾】

|あらゆる可能性を試し、成功と失敗を繰り返す。これを楽しめるものでないと、その道を極めることはできない。

ゴーレム効果 ネガティブな言葉にメリットはない ギネス認定「ウ・ポムゴン連続殺人事件」からの学びまとめ

|ネガティブな言葉は自己認識を低下させ、人のパフォーマンスを下げる。どうしてもポジティブな言葉をかけられないのなら関わることをやめよう。

鈴木祐「無(最高の状態)」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|現在に没頭すること、脳が作り出すネガティブな物語を観察して、現実と切り離すこと。このトレーニングにより自己の強度は下がり、メンタルは最高の状態に至る。

学習効率が10倍になる方法! 9分でわかる『天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる』要約

|何かを習得したい時、最初からチャンクを分け、苦労を計画する。苦労が想定内にあり、ミスをする、そこから修正すると決めておくことで実行、継続がしやすくなる。

帰宅恐怖症 夫婦間のミゾはなぜ生まれる?からの学びまとめ

|頭で結論を決めずにとにかく対話する。困っていることを純粋に伝え、より良くなるためのルールを決める。互いが相手のためにルールを真摯に守ろうとするなら、どんなに壊れた関係性も回復できる可能性はある。
よく検索されるタグ