「圧倒的に集中力を回復させる方法 」を世界一わかりやすく要約してみた

この動画の要約・まとめ

動画の内容

皆さんどうも今実は本ようやくチャンネル納涼です
今日は圧倒的に集中力を回復させる方法と題しまして
どうも集中力が続かない作業を始めてみるんだけどある程度進めるとすぐに飽きて
しまう
そういった方に向けて集中力を持続させるための方
方そして失ってしまった集中力を回復させるための方法を説明したいと思います
hina さんそもそも人間の集中力の限界時間というのはどのくらいあると思います

実は人間が深い集中を持続させることができる時間は
あった15分程度たとを言われているんですね
そして深いとは言わないまでもある程度の集中が持続する
この限界というのも90分だと言われています
東京大学大学院行けたに祐二教授等
株式会社ベネッセコーポレーションが行った勉強時間による学習の定着集中力に関する
実証実験によると連続して60分
勉強を行ったグループよりも休憩を挟んで
15分かけ3の計45分勉強を行ってくる
の方がテストの点数が高いという結果が出たそうです
これは中学生を対象に行なった研究ですので大人の場合はもう少し集中力が持続する
だろうと思いますがそれでもやはり生理学的にも医学的にもそして統計学的にも集中力
が持続する限界は90分だろうというのが
は今のところ楽しいと思われていますだからこそまず大切なのは集中力は続かないもの
だと受け入れることなんです
その上でどうすれば集中力を持続させることができるのかといえばこまめな休憩を挟む
ことを
これがまず第一に大切だと言えます
ポモドーロテクニックと呼ばれる25分間作業をして5分休むというのを繰り返す
テクニックもありますがあの方法は集中力の観点から言うとかなり有効なんですね
しかしいっこうやってね間に休憩を挟んでしまうとすぐに作業に戻れないという人もい
ますよね休憩したらその6
まあだらけてしまって作業に戻らず結局生産性が上がらない
これでは何のための休憩か分からないので
本日の動画では球形の頭を作業の頭に切り替えるための方法
そしてどうやったら一日の中で集中する時間を増やすことができるのか
この2点について解説していきたいとおもいます
まず休憩の頭を作業の頭に切り替える方法ですがこれはメルロビンス氏が考案した5秒
ルールというのがとても効果的だと言われています
この方法は非常に簡単で何かしようと思ったら頭の中でも口に出してでも
いいので5秒間のカウントダウンを行うという方法です
例えば本を読みたいだけどちょっとめんどくさい
そういう時にまず本を手に用い5
see to 1号と言って本を開きます
ただこれだけで作業に入ることができるんだということがわかっているんですね
なぜたったこれだけのこの5カウントを行うだけで作業に入って集中することができる
のかというと人間の脳は何かをやる必要があるとき
5秒以上
を考えてしまうとやらなくてもいい d を考えてしまうという習性があるからなん
ですね
特になんか気が乗らないなぁとかめんどくさいなぁと思っているとああああそういえば
今日別にあれをやらなきゃいけないんだったとかって言ってその作業から逃げてしまう
わけなんですまたもう一つの理由として
人間は作業をやり始める
とやる気が出るという性質を持ち合わせています
ドイツの心理学者のエミールクレペリンは興味のないような作業でもやっているうちに
やる気や集中力が出てくるという作用を発見しこれに作業興奮と名付けています
作業興奮には行動したことによって脳の側坐核が刺激を受け
いることでやる気ホルモンであるアセチルコリンという脳内物質が分泌されてやる気が
高まるという効果があるんですね
だからこそやる気が出てから行動しようというのはそもそもが逆なんですね
やる気がてないならまずは行動してみようこの意識が大切でそのための取っ掛かりの
方法としてこの5秒ルール
これを使っていただきたいと思っていますさあということでこれまで休憩を挟むことが
集中力維持には大切だよとそこでポモドーロテクニックっていうのも紹介させて
いただきました
そして休憩の後
だから集中の頭に切り替える方法を御説明させていただきました
この2つはしっかりと頭に入れておいてください
さぁ次にどうやったら一日のうちで集中する時間を増やすことができるのかという
テクニックについて解説させていただきます
結論から言わせていただくならそんな方法はないんです
ねそもそも皆さんは1日のうちでどのくらいの時間集中する時間として使えていますか
研究によって分かっているのは人間はだいたい一日のうちで3時間から4時間程度が
集中して作業する限界だということがわかっているんですね
もちろん個人差はあるんですが例えば私たちが
普段しているような1日8時間の仕事というのは明らかに無理がある時間設定だという
ところをね押さえておいてほしいなというふうに思います
そして脳というのは使えば使うほど疲れてしまうので
1日34時間集中して仕事をしたらあとはしっかりと休み時間を作るというのがむしろ
大切なんですね
ダラダラと続けて作業をしてしまうと脳疲労がたまってしまい結果として集中力が低下
した状態での作業となるために同じ仕事量でも時間がかかっ
てしまうわけです同じ仕事量を与えた時に短時間でその仕事を終わらせることができる

長時間かかってもなかなか覚えられない終わらせることができない人の差はここにあり
ます
つまり短い時間を意識的に集中する時間として分類することで短時間で頭を使う作業と
いうのを終わらせてしまうんです
いっ
1日に34時間しか集中できないことは分かっているんだから
その34時間は頭を使う重要な作業に使い切るんです
もうそれだけしかやらないと決めるんですつまり集中する時間は例えばあなたが4時間
が限度だとしたらそれを5時間6時間に引き伸ばしていくことは難しいんです
しかしその4時間のみ
湿度を上げることは可能なんですね4時間の集中体のぐっと終点するのかそれとも
いろんなことをやりながら軽い c 家にしてしまうのかはあなた次第ということです
せっかくのその4時間を例えばスマホを見ながら作業するだとか
マルツタスクをすることによって脳の疲労が溜まる速度が速くなってしまい結局4時間
も集中できないまま集中力が切れてしまうということも起こりえるんですね
あなたはただ冒頭の使わずにテレビや youtube をながら見しているつもりか
もしれませんが
集中力というの
はチーム味は時4時はと削られていってしまうんです
つまり集中力ゲージが max のときに重要な作業を行った方がよく
それは何もしていないつまり朝ということになります朝はゴールデンタイムとも言われ
ていて一番集中できる時なんですねまだ脳の力を他のことにも使っていないそのあ
他に重要な仕事をやってそれに全力を向けるこれがベストな方法だと言えます
テレビを観るのも youtube を観るのも新聞を読むのもその重要な仕事が
終わってからにすればいいのです
重要な仕事を行う前に集中力の無駄遣いこれは避けてください
また集中するためのルーティーン
を決めるということも大切です5秒ルールももちろん有効ですが他にもスマホを機内
モードにしてから作業を始める
だったりテレビのコンセントを抜いたら勉強を始めるだったりそういった毎日繰り返し
する儀式のような行動を集中して作業を行う前にやることによって
脳はこの行動を取ったら今から集中して作業しなきゃいけないんだなぁというスイッチ
が入ります
私のおすすめする方法はスマホを機内モードにすることでこの方法であれば場所を選ば
ないので
例えばホテルだったり壁だったりそういった場所で作業を行うときも機内モードに設定
するボタンをポチッと押すだけで自分の頭の
お腹のやる気スイッチをポチッと押されたようなそんなイメージで作業に集中して
取り組むことができますぜひ今日からでも取り入れてほしいひとつの方法になります
ということで長らくお話ししてきましたが本日のまとめをしておきましょう
集中力を維持するためにはこまめな休憩を挟む必要がある球形嚢から集中
脳に切り替えるのは5秒ルールが有効人間は1日34時間の集中が限界だからこそその
集中力を朝に持ってきて重要な仕事を終わらせてしまおう
集中して作業を行う前のルーティーンをつくろうということでした
また本日紹介したをも道路テクニックに関してなのですがよ
勘違いして使っている方がいるのでその注意をしたいと思います
25分間作業をして5分間休憩する
この5分間の休憩というのは学校の休み時間のようなものではなく何もしない時間を
作るということなのです
だからこそこの5分の休みにスマホをいじったり youtube を見たりという
ことは絶対に避けてください
何もせずただぼーっとしたり瞑想をしたり頭を使うとしたら今の25分間にした作業の
ことを思い出せ早期学習に使うと効果的だと言われています
間の休みにする
魔法いじったりしてしまうと集中の頭に戻ったときも何だかスマホのことが気になっ
たり
youtube の動画の続きが気になってしまい集中の質が低下することになります
脳を休ませるためにもぜひ注意して使ってみてくださいということでしたぜひこの動画
を観終わったすぐ後5秒間と
5 for three two one 光を使ってね
作業に取り掛かってみてくださいねということでそれではここまでご視聴本当に
ありがとうございました
また次の動画で会えることを楽しみにしていますさよなら