Skip to content

天才! 成功する人々の法則 | 天才になるための条件【本要約】

この動画の要約・まとめ

コメント・分析

動画の内容

今回はマルコムグラッドウェルさんが書かれた天才
成功する人々の法則について解説していきます
グラッドウェルさんはイギリス生まれに米国しニューヨーカーの s ライターとして
世界中にパン落ちます
そんな彼がこれまで発表してきたユニークな著書はいずれも世界で200万部を超える
大ベストセラーになっています
そんなグラッドウェルさんが書かれた本書は天才に対する思い込みを根底から覆す内容
が書かれた一冊となっています
結論から言ってしまうと本書でグラッドウェルさんが最も伝えたいことは
天才は生まれつきの才能に恵まれたというよりはただ機会に恵まれたのだということ
です
本動画では天才が生まれるための条件をいくつ
ピックアップして解説していきたいとおもいますそれでは早速参りましょう
一つ目は好機を与えられることですこの好機を与えられるというのが天才を生み出す
ために最も重要なことであるとグラッドウェルさを述べています
本書の重要なキーワードにまた行こうかと呼ばれるものがあります
また行こうかとは社会学者のロバートマートンが
提唱した好機こそが成功に重要な役割を果たすというものです
これは新約聖書のマタイによる福音書の一節
誰でも持っている人は更に与えられて豊かになるが持っていない人は思っているもの
までも取り上げられるから引用された概念です
対効果の具体的な事例を一つ解説していきたいとおもいます
それはアイスホッケー界の鉄則と呼ばれているものです
この鉄則に最初に気づいたのは
カナダの心理学者ロジャーバーンズリーでした彼が住んでいるカナダではアイス ok
がとても盛んに行われていますある日彼はアイスホッケーの試合を見に行った際に目に
した選手名簿であることに気がつきます
それはアイスホッケー選手の中でもスターと呼ばれる選手たちが圧倒的に1月から3月
生まれが多いという点です
これは
偶然に起こったことなのでしょうかカナダでは国の代表チームのメンバーを9歳から
10歳で選び始めますその基準として体が大きく器用な少年を選びます
カナダでは年齢を区切る記述を1月1日に設定しているのである少年は1月2日20歳
になり別の少年は同じたちの遅れにようやく10歳
になります
思秋期前のこの年齢では12カ月のさが体の発達に大きな違いを生み出すのです
この選抜に選ばれ代表メンバーになるとより良い指導が受けられより強いメンバーに
恵まれ
人より多い練習量をこなすので優れた選手になれるのです
つまり早く生まれたために体が大きく進退能力が優れているという小さな
言い点が次の好機を招くのですこれはまさに
好機こそが成功に重要な役割を果たすというまた行こうかの典型的な例の一つと言え
ますね
才能があるから一流になれたのではなく機会が与えられたから才能が開花し一流になれ
たということです
天才が生まれるための2つ目の条件は1万時間の法則です
この法則は神経がクチャダニエルレヴィチェーンによって提唱された
世界レベルの技術に達するためにはどんな分野でも1万時間の練習が必要だというもの
です
この1万時間の法則は先日開設した
堀江貴文さんの著書た動力でも述べられていました
1万時間の法則について心理学者の懸案だ
エリクソンが行った調査を例に解説していきます
彼は音楽アカデミーで学ぶバイオリニストを世界的な映像者になれる可能性を持つ学生
優れたという評価にとどまる学生プロになれそうもない学生の3つのグループに分け
カレブに初めてバイオリンを手にしてからこれまで何時間練習しましたかという質問を
しますドン学生も大体同じ時期を歳頃から
定住を始めていました最初の23年は皆同じぐらいでしたが
8歳ぐらいから練習時間に大きな違いがみられ始めました
二十歳になるころにはトップクラスの学生の総練習時間は
一人当たり1万時間を足していました優れた学生グループの場合は8000時間
プロになれそうもないグループでは4,000時間を少し上回る程度でした
この調査の後エリクソンはプロとアマチュアのピアノ人についても調査しました
その結果総練習時間にはバイオリンの時と同じ傾向が見られたのです
しかし皆さん
のは一つのことに1万時間費やすというのは容易なことではないと思われるかもしれ
ません
確かに1万時間というと毎日8時間ずつ練習したとしても約34年かかります毎日3
時間4から a 賞できないとしたら
じつに9年以上かかってしまいますここまで時間を確保できる人はなかなかいませんよ

そう長時間にわたって練習を積むことができる機会こそが条件の一つ目でも述べられた
並外れた好機につながってくるのです
ミハされた後胸を与えられたものが1万時間の練習を行うことができ天才になっていく
のです
経済が生まれるための五女の条件は文化です
本書で文化は文化という名の遺産と呼ばれています
生まれた土地の歴史的背景や民族性によって形成された分か
それをもう個人の資質や能力に大きな影響
会えているのです本社では水田と数学のテストの関係を例に示されています
歴史的に見て欧米の農業は機械方位で発達してきました
欧米ではどう率を上げたいか修学量を増やしたいならさらに昨日の良い記号を導入し
機械に仕事をさせるという考え方が主流でした
一方日本や中国
の農業従事者は機会を買うお金がありませんでした
そのため稲作農家はより頭を働かせより時間を上手く使いより良い選択を行うことで
コメの収量を増やしました
駅四条米を育ててきたものは常に他のどんなここ物を育てたものよりも勤勉に働いてき
たのです
同じ規模のとうもろこし畑や
小麦畑よりも中から12倍ものを労働力を必要とします
ある試算によればアジアの稲作農業者の年間労働量は3000時間にものぼると言われ
ています
役しかのケネスクウェランズはこう語っています
稲坂では膨大な労働力だけではなく厳密さも要求される
水田が作る文化の真髄とは重労働が水田で働く者に困難な状況下でも諦めず努力する力
を与えることなのです
その教訓は多くの分野でアジアの人々に役立ってきましたが
とりわけ数学に素晴らしい現況をもたらしているの
です iea は4年に1度 timss と呼ばれる
世界中の小中学生を対象とした数学と理科のテストを実施しています
このテストの目的は同学年における教育到達道を国際的に比較することです
このテストを受ける生徒は120項目にも及ぶアンケートに答えなければ
ありません質問が多いだけではなく退屈だしよく考えなければならないし
多くの参加者が注文から20問多答空欄のままにしておきます
アンケートの平均的な回答数は各国によって異なります
教育研究員であるあーリングボウは偶然あることに気がつきます
韓国のアンケートに答えた数のランキング
いうと timss の数学のランキングの順位が全く同じなのです
この数学の成績とアンケートの回答数の上位ランキング国はシンガポール韓国台湾香港
日本でした
この5カ国の共通点は何でしょうもちろん稲作という伝統と意義のある仕事によって
形成された文化がある点です
稲作をする際の実際に試行錯誤しながら知識を得る粘りず
良さが私たちアジア人には文化的遺産という形でに付いているのです
その文化的な遺産が忍耐を必要とする数学のテストやアンケートの結果に素晴らしい
影響をもたらしてきたのです
今回はマルコムグラッドウェルさんが書かれた転載
成功する人々の法則について解説しましたまとめる東方ジュは点差
が生まれるための様々な条件についてまとめられています本書でいくら食べるさんが
最も言いたかったことはすべての人々に好機を与えようということだと私は考えてい
ます
今の日本では並外れた高級を与えられる機会が少なくなっているように感じます
本書では人間が成功するためにはなぜ環境や制度が重要なのか
そして
どのようにすればすべての人々に平等な機会を提供することができるのか考える
きっかけとなる一冊であると感じました
そんなグラッドウェルさんが書かれた本書は天才に対する思い込みを今たいか
カナダでは年齢を区切る記述を期10期二
彼は音楽赤メディ赤線ん
それではみなさん良い一日を

関連の投稿

【東京ラブストーリー(2020)】からの学びまとめ

|結局、人生の選択に正解は存在しない。このドラマの登場人物のように考えて、悩んで、苦しんで、後悔して、選択していくしかない。

おぼん・こぼん THE FINALからの学びまとめ 水曜日のダウンタウン

|修復したい関係性があるなら、まず自分の非を認め、そこから共通のゴールを明確にし、協力関係を築けるか真摯に話し合うことから始める。

祈りの幕が下りる時/東野圭吾/新参者 学びまとめ

|誰かの幸せを心から願う祈りが幸福をうむ。

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

「八月は夜のバッティングセンターで。」9話からの学びまとめ 問題と向き合う

|最初の一歩が一番大変。一歩を踏み出すことができないと、それが習慣となり、次の機会も踏み出すことが難しくなる。

StartUp(スタートアップ) シーズン1 学びまとめ/アメリカドラマ

|自ら敵をつくると負の連鎖が始まる。対立構造が生まれると戦争となり消耗戦になる。強引なやり方は良い結果を生まない。

ドラマ「ただ離婚してないだけ」からの学びまとめ 絶望で学ぶ

|絶望やどん底に落ちると本当に大切なものが何か見えやすくなる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

「八月は夜のバッティングセンターで。」8話からの学びまとめ 個人で得られる喜びには限界がある

|自分の損得、プラスマイナスばかりを考える利己主義は長期的には利をもたらさない。
よく検索されるタグ