Skip to content

2倍速で何かを身につける方法【要約/達人のサイエンス(ジョージ・レナード)】

2倍速で何かを身につける方法【要約/達人のサイエンス(ジョージ・レナード)】

目次

達人・プロになれないのは途中で諦めているから

  1. 成長するためには必ず壁にぶつかる必要がある。壁の前の諦めてしまう人がいる。成長するためには必ず停滞期間がある。
  2. プラトー:成長を実感できない停滞期間
  3. ほとんどの人はプラトーで「やっても意味がない」と努力することをやめてしまう。
  4. 裏を返すとプラトーに耐える続けることができればプロになれる。

プラトーが来ても練習をやめるな

  1. 最初は知らないことだらけ。ドラクエでレベル2になるのは簡単。成長をすぐ実感できる。
  2. だんだん成長が実感できないようになる。成長に限界がきたように感じる。
  3. 成長が実感できなくても努力をする。成長を実感できる時がくる。

プロはほとんどの時間をプラトーで過ごす

  1. プラトーは洞窟のようなもの。出口があるかわからない状況で突き進む必要がある。
  2. レベルが上がった後、またプラトーに入る。
  3. プロになるには前提としてプラトーの中で多くの時間を過ごす必要がある。上達する日を信じて歩む必要がある。

何もできない人の特徴

  1. 新しいもの好き。最初の簡単な成長だけを求める。プラトーに入るとやめてしまう。何もマスターできない。
  2. 向上心のない人。めんどくさい、どうでもいい。自分から何も学ぼうとしない人は何もマスターできない。

停滞期を前提としてプラトーを好きになれ

  1. プロになる人はそのこと自体が好き。
  2. 練習をしていればいつか上達することを知っているから心が折れない。
  3. 周りを気にせず練習することができるか。
  4. そのこと自体が好きであれば、停滞期も楽しめる。

プロになる人は学び続ける。

  1. 変化するために学ぶ。生涯学び続けて変化する。変化する中で成長できる。
  2. 小さくてもいいから変化する。

努力を習慣化する

  1. ゴミ屋敷のに住む人がゴミ屋敷に住めるのはゴミのある状態が普通の状態になっているから。
  2. 努力することがデフォルト、普通の状態になれば、無理をせず続けられる。
  3. ホメオスタシス:人間は現状維持をするようにプログラムされている。変化を拒む。
  4. ホメオスタシスを有効活用する。変化を普通の状態にする。

プロになる人は短期目標を追わない

  1. 目の前の目標に追われるとモチベーションを失う。
  2. マスターになる道は終わりなき成長の道。勝とうが負けようが続く。生涯を通して成長できるかどうか。

勝つことが全てではない

  1. 勝つことだけに固執するとズルしたり、勝敗に一喜一憂してモチベーションを失う。
  2. 練習内容、試合内容、自分の成長が重要。
  3. 大会、試合は自分の成長をお披露目する場と捉える。勝っても負けても自分の今の力を出し切ることにフォーカスする。
  4. 結果が全てと考えないことで、日々地道な努力ができる。
関連の投稿

2倍速で何かを身につける方法【要約/達人のサイエンス(ジョージ・レナード)】

|好きなものでないと停滞を前提として努力し続けることはできない。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」【要約/梅原大吾】

|あらゆる可能性を試し、成功と失敗を繰り返す。これを楽しめるものでないと、その道を極めることはできない。

鈴木祐「無(最高の状態)」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|現在に没頭すること、脳が作り出すネガティブな物語を観察して、現実と切り離すこと。このトレーニングにより自己の強度は下がり、メンタルは最高の状態に至る。

学習効率が10倍になる方法! 9分でわかる『天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる』要約

|何かを習得したい時、最初からチャンクを分け、苦労を計画する。苦労が想定内にあり、ミスをする、そこから修正すると決めておくことで実行、継続がしやすくなる。

PythonでWebページの更新を自動検知するプログラムの作成

|String型で取ってきてそれを過去の値と比較することで更新があったことを検知できる。

帰宅恐怖症 夫婦間のミゾはなぜ生まれる?からの学びまとめ

|頭で結論を決めずにとにかく対話する。困っていることを純粋に伝え、より良くなるためのルールを決める。互いが相手のためにルールを真摯に守ろうとするなら、どんなに壊れた関係性も回復できる可能性はある。

道脇裕/ネジロウ/カンブリア宮殿 学歴ナシの天才発明家 知られざる問題解決力の秘密

|本質的課題を見極める。理想と課題のギャップを見極める。あとはそのギャップをアイデアで埋める。

「13歳からのアート思考」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|思考を深めることで同じことを違った視点でみることができる。

人は話し方が9割【要約/松永茂久】

|自分の言葉を一番聞いているのは自分自身。日々ポジティブな言葉を発する習慣をつけよう。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

|結論を明確に。とにかくシンプルにわかりやすく。
よく検索されるタグ