Skip to content

「金儲けのレシピ」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

目次

この動画の要約・まとめ

動画の内容

必ず儲かるビジネスは存在しない

 

皆さんどうもこんにちわ。本要約チャンネルのタケミでございます。
今回はベストセラー金儲けのレシピを要約していきたいとおもいます。
筆者は東京大学を中退しそして自分がオーナーとして企業を年商10億円以上にまで成長させてきた人物です。
その中で商売の法則は15の原理原則にまとめられるということを発見しその15の原理を様々なビジネスモデル、経済学人間の本能などから徹底的に検証を考察し、金儲けのレシピとしてね一冊の本にまとめてくれたのが本書でございます。もちろん商売というのは生き物なので教科書を読めばあなたも簡単に成功者になれるというわけにいかないのは当然のことですが、抑えるべき基本的な原理原則というのは存在するんだと筆者は言うんです。
筆者は事業が大きくなった現在金儲けにはこれを守ればうまくいくというある種の原理原則があるということを発見し、
本書でそれらをまとめて公開しています。では早速金儲けのレシピについて解説していきましょうと言いたいところなんですがその前に一つだけ言っておかなければならないことがあるんです。
ビジネスにおいて誰でも簡単に必ず儲かるというのは絶対に存在しないということであります。
まずそういう甘い話はないんだということを認識し甘い幻想を捨ててください。
ではなぜそんな風に言い切れるのか儲かるビジネスというのはですよ。基本需要に対して供給が少ない状況が発生していてだからこそ超過利益が発生するわけですよね。しかし誰でも簡単に必ず儲かるということになれば
一気にね参入者が爆増してしまって限界利益が0になります。例えばタピオカ屋を考えてみると分かりやすいでしょう。
タピオカが流行って儲かるじゃんとなったら一気に参入者が増え、そして一気に潰れてしまったのと全く同じ現象でございますそれでも世の中からは誰で
も簡単に必ず儲かるを歌うビジネスはなくなりませんというのもその類のビジネスはこうすれば金が儲かりますと誘導し、how をやたらと高額で売ることで儲けておりそのノウハウとやらを見開いていくとあなたも私と同じようにこのノウハウを高額で売れば儲かりますと書いてあるだけだからであります。校
して階層構造的に被害者を再生産していくことで成立しているのがいわゆるマルチ商法であり
ネットワークビジネスなんです。ビジネスにおいて誰でも簡単に必ず儲かるというのは絶対に存在しない。
まずはこの大原則を押さえましょうその上でじゃあどうやって金儲けをすることができるのかについて早速解説を始めていきましょうか。
本日のお品書きは次のとおりです1限で1: n 構造を作るということを
2限で ltv と cac を意識せよということ三限で消費者から買うということ、4限で
高いものは良いものだということを解説していきましょう。

 

1:n構造をつくる

 

まず一限で1: n 構造を作るから解説を始めます。さてまず筆者が主張しているレシピがこれからのビジネスは一体 n 構造を作ることが重要であるというものでございます
一体 n 構造とは何か少し具体例を出して考えてみましょうか。
有名になった林修先生が所属する東進ハイスクールという予備校があります。駿台河合塾
代ゼミの3大予備校にビデオオンデマンド授業という業態で殴り込みをかけ一気にその地位を築いた予備校であります。
さて塾という業態を考えた時に
3つの業態が考えられます。すなわち個別指導集団授業映像授業であります。商売を行う際
に値段が一定であると仮定するならなるべく仕入れ値が安い方がいいですよね。予備校塾という業態を考えると個別士郎は
生徒1人当たりに対して先生一人
つまり顧客1人に対して先生一人を仕入れる必要があります。
ところが集団授業だと生徒20人に対して先生一人、映像授業だと生徒がいくらいても先生は一人でいいわけであります。つまり提供価値が同じであるという過程を置くのならば顧客 n 人に対して1回という構造を作りその n が大きければ大きいほど、原価率を引き下げることが可能になるんです。東進ハイスクールはレベルの高い少数の先生を雇うことで映像事業に特化しました映像授業ですからネット環境さえあれば全国どこでも何時であっても見ることができますよね。生徒1人当たりに対して先生一人を必要とする個別四郎や生徒20人に対して先生一人を必要とする集団事業などを行っている。
東進ハイスクールは先生1人に対して生徒は全国を対象にしたn 人というビジネスモデルを採用しました。
上手にネットを使って一体 n という構造を作り出し莫大な利益を上げることに成功したわけであります。
そして youtube やブログといったネットの世界も当然1対 n の関係になります。
youtube の動画を一度取るとそれは全国いや全世界に向けて届けることができます。
ブログも一度記事を書けばその記事はずっとネット上に残り全世界の人々がいつでもその記事を観覧することができますから当然一体 n の関係と言えるでしょう。
最近企業公式の youtube チャンネルを見かけることが多くなってきました。
それは企業側もこの一帯 n の関係をしっかり理解しているからだと思われます。
自分の企業はこんなことをやっていて高温な商品売ってますと昔のより一軒一軒営業で訪問するというのはコスパが悪いわけです。
一人一人に対して説明するのはコスパが悪いわけです。
だってそれは1対1の関係だ
から1日に訪問できる数だって限られています・
しかしネットであるならば自分の企業はこのような理念を持っている。
このような商品を作っているなどという宣伝動画を一度作ってしまえばそれはn の関係になるわけであります。そうするとですよ。
わざわざ自分の会社についてアピールしたりとか
広告配ったりとか自分の会社の商品を売るために
一軒一軒家を訪問するための営業マンを雇う必要性も低くなるでしょうからコスト大幅にカットすることを持っていきます。ぜひあなたがこれから金儲けをしたいと思ったときはこの一1:n 構造を作れないかということ
を考えてみてほしいんです
そしてこの考え方に関連して一度作ったものを n 回売るという方法もあります。
例えば飲食業は料理は一度作って喰われてしまえば当然に撮っ
を売れませんよねところがたとえば本を考えてみると一度書いた方は印刷することで何千何万冊と同じものを得ることができます。つまり一度作ったものを複数回得ることができるというわけであります商売における1: n 構造は本や cd といった物質的媒体、あるいは物質的媒体を介さずにそのままインターネットで配信することで爆発的に n の数を増やすことができます。
インターネットが商売に対してもたらした最大の影響は本質的には流通革命でいい
1: n 構造を簡単に作れるようになったということであります
一度作ったものを一気に提供できるすなわち
n の数が圧倒的に増えたことによって成功したサービスの爆発力がね
インターネット以前とは圧倒的に異なったうわけです。
さていかがでしょうか先ほど呼びこの例をとって紹介したように爆発的に儲けたいなら1対1の関係とか
1対20の関係ではなくて一:n の関係をつくり
この n をどれだけ増やせるのかということが重要になってきます
一: n の方が拡張性もあり利益率も高いということは明らかですから
厳しい市場競争を勝ち抜いていくためには
この一: n の構造で勝負しなければいけませんいやいやそうは言ってもなかなかね
一:n のビジネス立ち上げるの難しそうだよと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方がねやはり手軽に利用できるのがインターネットだと思います。あなた
他に資本金もなく人脈もコネもないのであればまずはネットを利用して1: n 構造
を作ることからスタートするのがよいのではないでしょうか
ブログを書く youtube を始める sns で発信する
何らかのネットサービスを展開するこのようなことは全て
1:n の関係なのでここからあなたのビジネスを広げていくということを考えてみる
のがまあ現実的ではないのかなと私は思いました
さてでは1限をまとめておきましょうポイント1、ビジネスモデルを考えるときは一: n 構造をつくれ、ポイント2,一度作ったものを n 回売れ。
ポイント3、個人はネットを使って1:n 構造を作ることから始めるのがよい。

 

LTVとCACを意識せよ

 

さて次に2限でLTVとCACを意識せよということを解説していき
ますさて筆者は巷のビジネス本や事業計画の解説本を見ると
まず 損益計算書についての解説が載っていて固定費を少なくし
変動費をコントロールしましょうみたいなことが書いてあるのが大半であると言います。
しかしビジネスモデルを身に解析するとき最も重要なのは
LTVすなわちライフタイムバリューと CAC獲得コストのバランスであるんだと筆者は入っているんです。 LTV すなわち
ライフタイムバリューとは平たく言うと1人の顧客を獲得するといくら儲かるという
ことであり
cac すなわち顧客獲得コストというのはそいつを連れてくるためにいくらかかるいうことでございます
例えば1回の客単価が1万円の美容室があるとしましょう
人件費と減価が3000円で儲けは7000円です
この客が年間平均10回通ってくれ
いうのであれば一人当たり平均の儲けは7万円ということになります。商売を成り立たせるためにはざっくり言えば一人当たり7万円以下のコストで集客すれ
ば儲けが出るということになります。
pl というのはあくまで単月でビジネスを切ったものなので将来顧客獲得のために
コストをかけた赤字簿定常的な赤字も同じように
赤字という見え方でしか現れませんしたがって時系列でビジネスを切って良い悪いを
判断することに本質的な意味はないんです
以上の理由からビジネスを判断する本質的な軸は顧客当たりの収益性ということに
になるんですですのでぜひこれからあなたが何かビジネスを始めたいと思ったときに
自分のビジネスモデルは正しそうかを判断する基準としてLTV
ライフタイムバリューと cac 顧客獲得コストのバランスがとれているかという
ことを考えてみてほしいんです
ltv とは
1人の顧客を獲得するといくら儲かるということであり
cac とはそいつを連れてくるためにいくらかかる年ということでしたね
そして目指すべき ltv と cac の関係は
ltv ダイナリィ cac でございました是非
ltv と cac に基づいて収益性を
判断するようにしましょう最近のビジネスを見渡してみると多くのものが
サブスクリプション型であるということに気づきますよね
サブスクリプション型というのは毎月定額お客に課金させるモデルでございます
例えばアマゾンのキンドルアンリミテッドであったり
ネットフリックスであったり長く
ある大企業が今ほとんどこのサブスクリプション型を行っておりますこの
サブスクリプション型こそがまさに ltv を意識したものでしょう
1人の顧客を獲得するとそのユーザーは平均何ヶ月継続してくれるのか
1人あたりのLTV を出すことができますその結果
予算が立てや
すなります不安定なものではなく毎月これぐらいの収益が入ってくるということ
が簡単に予想できるわけです
ですから次に投資できる金額などの予算が立てやすいのでこのサブスクリプション
モデルが現在流行っていると言われておりますそれでは2限の内容をまとめておきましょうか
ポイント1、ビジネスモデルを身に解析するとき最も重要なのは pl ではなく
LTV ライフタイムバリューと CAC顧客獲得コストのバランスである。ポイント2、 ltv >cac に基づいて収益性を判断するようにしよう。

 

消費者から買う

 

それでは次3限の消費者から買うということについて解説していきましょう。
さて次に紹介したい金儲けのレシピが消費者から買うということであります。
世の中には消費者に潤ビジネスと消費者から買うビジネスの2種類があるということをまず意識してください。
一般的に商売といってイメージされるのはスーパーマーケットとか飲食店のような消費者に潤ビジネスですよね。
一方でよく世間を見渡してみるとバイクの買取のバイク王とかね
ブックオフとか質屋のよーり消費者から買うビジネスも存在するんです。
この2つのビジネスを比較したときに消費者から買うビジネスの方が圧倒的に事業構造が良いということがお分かりでしょうか
なぜならばですね消費者というのは文字通り消費者なので消費のプロフェッショナルなんです。
10円安い卵を求めて一気の離れたスーパーに行く主婦そういう人だって決して珍しい
存在ではないことからもそのことが分かるでしょう。
消費者というのはモノを買う時に価格に対してめちゃくちゃ敏感なわけです
一方で消費者が売るときはプロフェッショナルではありません
実際にブックオフに方を持っていき全部1円ですとね言われてもね
もち変えるのめんどいから全て売ってしまう人間がほとんどでしょう
つまり消費者が売るときは価格に対して全然敏感ではないわけです。
一方の買い取り業者側は複数の取引をしているので相場観を
理解しているわけでありますこのように考えるとですね。
消費者に物を売るビジネスよりも消費者から買うビジネスの方がどう考えても事業構造が良いということがわかるでしょう。
もしあなたが今からビジネスを始めたいと思うのならば消費者から買うビジネスをやる
という選択は良いかと思われる
ますそして消費者が売るときに値段について真剣に考えていないのはものだけではなくなんと自分自身についても同様でありますほとんどの日本の労働者の
給料は実質的に所属する業界と業界内でのランクと役職こういう
の形態によって決定されておりそれに疑問を持つ人はさほど多くありません。
逆に言うと労働者からね労働力を買う時にもチャンスがあるということでございます。
この労働力を取りまとめて売るというのは規制緩和の波に乗った派遣事業者であり
クラウドワークスや
ランサーズをはじめとしたクラウドそうじむ系のビジネスであると言えます。
クラウドワークスやランサーズは労働力を取りまとめて売っていますよね。
そして手数料によって設けておりますここまで聴いてきた皆さんの中にはなぜ労働力
取りまとめ業のニーズがあるのだろうか
なぜ直接雇用しないのだろうか仕事を頼みたい人と仕事を受けたい人が直接繋がったら儲かる
と感じる人が絶対にいたと思うんです。
だって直接雇用してしまえばですよ仲介業者の手数料を支払う必要がないため
2割程度は支払いを削減できるはずですもんねしかし実際に
に仲介業者のニーズはなくなりません労働力取りまとめ業の本質的な価値
それは労働者の質のスコアリングすぐに大量にて入って切る
解雇規制への対応の3点でございます。
日本市場では特に労働者方のための解雇規制がね
極めて厳しいんですよ。
このことが逆に派遣業への強いニーズを産んでおり労働力のニーズがなくなる可能性が
ある場合その仕事に対して正社員を雇用したくない
そんなニーズが働くわけです要するに一度正社員として雇ってしまえばたとえそいつが
無能であってもねそう簡単にクビにすることがで
来ないということでありますまた正社員であれば a さんの給料を同じ部署の b
さんの給料の3倍にするというのは実質的に極めて困難ですが
フリーランスであれば可能でありますこのような流動性の提供と価格の柔軟性が労働力
取りまとめ業のニーズで
あると言えるでしょうそれでは3件の内容をちょっとまとめておきます
ちょっと難しくで情報量多かったですねポイント1、世の中には消費者に売るビジネスと消費者から買うビジネスの2種類がある
この2種類のビジネスを比較したときに消費者から買うビジネスの方が圧倒的に事業
を構造がいい。なぜなら消費者はモノを買う時は価格に敏感だがモノを売る時には価格に
鈍感だからである。
ポイント2,だからあなたが今ビジネスを始めたいと思うのならば消費者に売るのでは
なく消費者から帰っ
労働力を取りまとめて売れということを意識しましょう。

 

高いものは良いものだ

 

ではラスト4限の高いものは
良いものだについて解説していきます。経済学では値段が下がれば需要は増えて供給が減る
値段が上がれば需要が減って供給が増えるというのが基本的な前提としてありますし、消費においてはこの前提は成り立ちません。
簡単に言ってしまえば高級時計や高級スポーツカーなどいわゆるブランド品は自分が
上流階級であることを示すための商品でありそれゆえね
高いからこそ意味があるという側面があるんです。
商売にとってはこれほどありがたいことないですよね。
客は少しでも安くと求めて来るのに対し
ブランド品となると高いこそから買うというスタンスで商品を選びに来てくれるんです。
つまり顕示的消費の局面においては価格を下げなければならないという重力は
かからない場所で商売を展開できるわけなんですね
またですよ高級品を売ることには別のメリットもあるんです
人間には認知的不協和の解消という特性があります。
この認知的不協和とは例えばタバコを吸うと体に悪いという事実を知りながら
タバコを吸うという行動をしている場合自分の認知と行動の中に矛盾が発生し不快に
なる状態のことであります。
そして矛盾する情報を同時に自分の中に抱えた時それを不快に感じる食べ事実をねじ曲げてね自分の都合のよいように解釈しようとするというと
不正が人間にはあるんです。例えばですよ
カルト宗教で世界は1999年に破滅するとね
予言されていて世界が破滅しなかった場合り
信じたおかげで破滅しなかったのだととらえて正当化するような心理的
機能が認知的不況であります。品質がわからないものの場合
高いもののほうがいいものだと類推する心理的機能も働きます
例えば60分100円の占い160分10000円の占い師がいたとしてどちらが信頼ってくるでしょうか
60分100円度占い師の方はね
なんとなく素人ではないかあやしい水晶玉を売りつけられるのではないかなど何となく不安感を生み出してしまいます。
いいものはある程度の値段がするはずという消費者心理を逆手にとって
逆にちょっと高い値段を打ち出すことによって信頼感を醸成できるんです。
そして1万円の占いがいまいち的中しないように思われる結果だったとしてもあれだけ
の値段したんだから意味のあることを言っていたに違いないと自分の中でその占いの
あたっている部分を頑張って探し
逆に占い師に対するロイヤリティを高めるような心理的な動きが発生しますいやーこれってすごいことですよね。
因果関係の逆転が起こってるんですよ普通はですよ。
いいものだから値段が高いという因果関係ですよね。
しかし高いものだからいいものに違いないという因果関係が成立してしまっているわけ
です。
ここまで述べてきた高いからいい
良いものだと認識してしまう僕らの性質はいわゆる代替医療にも活用されております。代替医療とは現代医学ではまだ効果が証明されていない
例えばがんが治るキノコのような効能をうたって高額で治療も時の行為を販売する
ビジネスのことであります
例えばがん治療で
あれば標準治療のみを受けた君
標準治療と代替医療を併用した代替医療のみを受けた群の中で最も生存率が高いのは標準治療のみを受けた軍という
結果が出ておりますそれ名乗り
なぜ効果が証明されていないた
はい代替医療を人は受けてしまうのかそれは標準治療が保険診療であることによってね
ある程度安い値段で受けられることと関係があると考えられます。
実際代替医療を標榜する医師の中には抗がん剤は国と製薬会社の癒着のために保険適用
が出されており
元に対しては抗がん剤を使わない方がいいというね。
陰謀論じみた主張をする人間もいますまた患者や患者の家族の代わりも自分の家族の命
はいくらかけても守りたい
そのためにはいくら払ってもいいと考えてしまったり
高い代替医療の費用を支払った方が頑張ってる感が
が出て聴いているような気分になってくるということもあるのではないかと考えられます。
さで人間にはこのように考えてしまう心理的傾向があるのだと知ることがピビジネスを
展開する上でも役立つし逆に消費者としてサービスを選択するタイにも役立つと言えるでしょう。
あなたがビジネスを始める
時に安いほうがねいっぱいお客さん来てくれるから値段を下げ妖精という戦略を採って
しまうと結局
価格競争に巻き込まれて別の競合他社がもっと安い値段で提供を始めるとあなたはその
競合他社に勝つことができなくなってしまうんです
人間には高いものは良いものだと考える傾向があるということを理解して上手に価格の設定をすることが生き残っていくための秘訣であると言えるでしょう
あなたが今ビジネスを始めようと思っているのならばこの話を参考にしてぜひ価格設定
俺もう一度見直してみてはいかがでしょう。
そう
これは4限の内容をまとめますポイント1
価格を高くして信頼感を育め
ポイントんに認知的不協和をビジネスに活用しろ

 

本日のハイライト・まとめ

 

それでは本日のハイライトにば入れましょう本日は次の4点について解説してきました。
1限で一1:n 構造をつくるということ
2限で ltv と cac を意識しせようということ三限で消費者から買うということ
4限で高いものは良いものだということを解説してきました。
さて皆様いかがでしたでしょうか本日の内容
うんそれは知ってるよというものもあればまったく聞いたこともなかったよというない
様もあったかと思います。ビジネスを立ち上げるといった
大袈裟なものでなくてのあなたがフリーランスとして生きていきたい。
会社に頼らずに生きていきたいと思っているのならば
本日の内容をぜひ理解しておくべきだと思いました
例えばフリーランスであって
1限で解説した一1:n 構造を作るというのは重要になってきます。
結局フリーランスになってあなた一人が働いているだけでばあなたが働ける時間が
決まっている以上稼げる金額にも上限があります
そこでフリーランスとしての信用を積み重ねてあなたに多くの案件が入ってくるように
あればその案件を他のフリーランスを雇ってやらせるという選択肢もあるんです自分
ひとりで案件をこなすのではなくて他のフリーランスを管理して舞い込んで来た案件を
彼らに分配するマネージャーのような立場になれば
稼働しているのがあなた一人ではないですからあなたの収入も増えることになる。
でしょう例えば50万円の案件を他のフリーランスに40万円でふり
自分は手数料の10万円を受け取るといったイメージであります。
こうするとあなたが受けられる案件の数が圧倒的に増えますから
収入が増えることも間違いないでしょうこれがまあフリーランスにおいて1: n 構造
を作ること
なのかなと私は思いましたさらに3限で解説した消費者から買うというのもビジネスを立ち上げるという大袈裟な時だけではなくて副業したいと思ったりフリーランスになりたいという時も重要なものだと思います副業
で転売などが流行っていますがこ
でも消費者から買うビジネスモデルだと言えるでしょう。
つまり今回紹介した内容は会社を作るといったね
大げさな場合だけではなくてあなたが個人で生きて行くときにも通用する考え方であります。
今勤めている会社を辞めて独立したいと願っているあなたにも通用する考え方であり
ます是非独立したいと思っているあなたは今回の内容を参考にしてビジネスモデルを考えてみて
はいかがでしょうか。
本日は以上になりますこの動画がためになったら私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録をしていただくと私は喜びます
また新しく論文を分かり
やすく解説する論文解説チャンネルを立ち上げましたので興味のある方は概要欄の
リンクから訪れてみてください
本日はご静聴ありがとうございました。

関連の投稿

【東京ラブストーリー(2020)】からの学びまとめ

|結局、人生の選択に正解は存在しない。このドラマの登場人物のように考えて、悩んで、苦しんで、後悔して、選択していくしかない。

おぼん・こぼん THE FINALからの学びまとめ 水曜日のダウンタウン

|修復したい関係性があるなら、まず自分の非を認め、そこから共通のゴールを明確にし、協力関係を築けるか真摯に話し合うことから始める。

祈りの幕が下りる時/東野圭吾/新参者 学びまとめ

|誰かの幸せを心から願う祈りが幸福をうむ。

【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】からの学びまとめ

|ヒロアカは人生に必要な全てを教えてくれる。

「八月は夜のバッティングセンターで。」9話からの学びまとめ 問題と向き合う

|最初の一歩が一番大変。一歩を踏み出すことができないと、それが習慣となり、次の機会も踏み出すことが難しくなる。

StartUp(スタートアップ) シーズン1 学びまとめ/アメリカドラマ

|自ら敵をつくると負の連鎖が始まる。対立構造が生まれると戦争となり消耗戦になる。強引なやり方は良い結果を生まない。

ドラマ「ただ離婚してないだけ」からの学びまとめ 絶望で学ぶ

|絶望やどん底に落ちると本当に大切なものが何か見えやすくなる。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLからの学びまとめ 自我という制約

|一度は自分が執着するものの真価を吟味してみる勇気が大切。制約され続け、時が経ってから執着したものが何も価値のないものだと気付いても遅い。

「八月は夜のバッティングセンターで。」8話からの学びまとめ 個人で得られる喜びには限界がある

|自分の損得、プラスマイナスばかりを考える利己主義は長期的には利をもたらさない。
よく検索されるタグ