Skip to content

成功マインドまとめ

原則一覧

フライホイールを高速に回す

低コストで作る、低価格で売る、顧客が満足する、アクセスが増える、小売業者が集まる、商品の選択肢が増えるするとさらに顧客が満足し、アクセスが増え、小売業者が集まる、それにより利益が増える、利益が増えたらさらに低コスト化する。

Just Do it とにかくまずやってみる

とりあえず手をあげる。手をあげたことでどんなゴールが失敗があったとしてもいい。最初から難しいことをしたりしてリスクを取れるようにする。

適切なサンプル数を集めてから意思決定する

最適停止理論。何十人もの相手から最適な結婚相手を見つけるにはどうしたらいいか。職業探しにも応用できる理論。一生の間にデートできる人数は?その人数の平方根を求める。100人なら10人、最初の10人とデートし、進展をさせない、その10人の中で一番よかった人を覚えておく。そのあと、その人よりも良い人が見つかった場合、その人が最適な結婚相手となる。

自己超越目標を持ち、毎日確認する

社会や誰かの役にたちたいと思うことで努力できる時間は増える。集中力も上がる。自分を鼓舞する自己超越目標を持ち、まめにリマインドすることが大切。

目標を紙に書く

目標を持っていた人の年収は平均の2倍。目標を紙に書いた人の年収は平均の10倍。単に目標を設定するだけの人と目標を紙に書いた人では目標達成の可能性が33%も高い。

目標は点ではなく、状態で設定する

人の脳はフィクションと現実を区別できない。強くイメージするとそれを達成したものとして努力するよりもリラックスを求めるようになる。スリムになった自分をイメージした人は体重の減り方が10キロも少なくなる。達成したものとして努力しなくなるから。

今を楽しめているか、楽しめているからチャンスを待てる

私はとても楽しんでいます、私は毎日好きな人たちと好きなことをして過ごしていいます。毎日幸せな気持ちでいることが一番重要ではないかと思います。人を恨みながら生きていたくはないですよね。世の中や個人に対する否定的な考えや自分への不運は忘れましょう。

理解して初めてチャンスをつかめる、勤勉であれ

自分だけが理解できるチャンスが目の前にくるまで行動し続けろ。チャンスがきたらそのチャンスを掴め。自分の言葉で説明できないチャンスに飛びつくな、勉強し続けろ、新しいことを体験をしてさらに学び、理解できる範囲を広げてチャンスの幅を広げていけ。

その場に居続けられるからチャンスをつかめる

サステナブルなビジネスモデル。運営コストの低いビジネスモデルであれば倒産はしにくい。長い間飛び続けていればチャンスが巡ってくる可能性は高くなる。飛び続けられることが重要。

知識があるからできること、無知だからこそできることがある

人生の時間は限られている。インプットだけしてても先へは進めない。どんな知識を獲得するべきか。本心から知りたいと思う知識を厳選して獲得しよう。

達成量を上げる

WOOPの法則 Wish,Outcome,Obstacle,Plan 願望、結果、障害、計画 簡単すぎて、難しすぎない目標を設定すること。難しいものは分解する。目標達成したらどういう結果を得られるのか想像し、網羅的に書き出す。障害となり得ることは何か考える。その障害を乗り越えるためには何をしたらいいか計画する。WOOPの法則を繰り返す。どんどんドーパミンがでる。クリアする快感を得るようになる。

習慣を最適化する

日常の7割が習慣。習慣を最適化せずに成功はありえない。

モチベーションの源泉を最適化する

損得で動く場合、人はだんだんとモチベーションを失うようにつくられている。相手に貢献したい、共通の目標を達成したい、純粋にしたいという内なる動機で動くとき、モチベーションは消えない。

重要度90点未満のプランにはノーを言う

全ての情報に反応していては生産性は落ちていく。本当に重要なものにだけ集中して時間を使うこと。

何を実現したいか、なぜ実現したいかを毎日想起する

目標をこまめにリマインドすることでモチベーションのアップと軌道修正ができるようになる。画像化するとより脳が認識しやすくなり、効果はアップする。

自分にポジティブな言葉をつぶやき続ける

やり抜く力GRITは自分に対するポジティブな言葉の量に応じて成長する。

時に正しく諦める、損切りする

WOOP:自分の目的、夢、それを実現するために必要な成果をイメージする、どういう障害があるか考え、その対処はどうするかを考える。その上で諦めないで取り組むか、見切りをつけるか判断すべし。

理想となるセルフイメージを構築し、繰り返し認識させる

自分は何になりたいのか。プロの〇〇、〇〇の天才。モチベーションの上がるセルフイメージは何かを知り、そのセルフイメージを繰り返し脳に認識させる。

良い未来を築けば、過去は変わる、ゴールへ突き進め

どんな過去があったとしても幸福な未来を作れれば、「あれがあったから成長できた」など過去は変化する。感情に流されずひたすら行動してよりより未来を築け。

今起きてる悪いことはもっと悪いことを防ぐための防波堤となり得る

不運や辛い経験はもっと大きな不運や失敗を防ぐための学びの機会となる。たくさん学んで成長して、同じようなことが起こらないように強くなろう。