Skip to content

教育原則まとめ

原則一覧

繰り返し、積み重ねをいかに多く行うか

何かに秀でるには積み重ねが重要。積み重ねに重要なのは高みに導ける指導法。積み重ねの過程に必要なこと、必要でないことを明確にする。

尊敬される存在として良好な関係を築く

娘には本音で話さない。娘にもてたい、理想の母親でありたい。思っていることを全て話したら聞いている人は苦しい。娘にとって一緒にいたらワクワクできる存在でありたい。

時間は短く区切る

飽きる1分前にやめる。指導者はまた会いたい人にならないと生徒は続かない。

人と比べない、天井を作らない

人と比べない、天井を作らない。満点が一番トップがダサい。満点より上がある。教養として一生使えるものは自分で好きになってコツコツと20cmくらいのハードルを越えていけること。

Just Do It

とりあえず手をあげる。手をあげたことでどんなゴールが失敗があったとしてもいい。最初から難しいことをしたりしてリスクを取れるようにする。

好機をつくる

カナダのアイスホッケー界に1−3月生まれが多い。カナダでは国の代表メンバーを9−10歳で選び始める。基準は体が大きく、器用な少年。年齢を区切る期日は1月1日、1月と12月では12ヶ月の身体の発達の差がある。早く生まれた人の方が体が大きく、選ばれやすくなる、選ばれればより良い指導を受け、強いメンバーになる。多い練習量を受け、優れた選手に成長する。機会が才能を開花させる例。

ポジティブな言葉を用いて正しく褒め、叱る

結果ではなく、努力やプロセスに目を向ける。どういうやり方なら次はうまくいくか考えさせることが重要

人気の投稿
よく検索されるタグ