Skip to content

【年収アップしたい人必見】転職サイトではなく転職エージェントを使うべき理由【稼ぐ 実践編】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

今日のテーマはね年収アップしたい人必見転職サイトではなく転職エージェントを使う

べき理由についてね話をしていきたいとおもいます

質問いただきました今は好景気で条件の良い求人が多いチャンスだという話を聞いて私

も年収アップのために転職活動に取り組む

始めましたいくつかの転職サイトに登録して活動していますしかしなかなか思ったよう

にうまくいけません

何か具体的なアドバイスをいただけないでしょうかというね質問いただいたので答えて

いきたいんですけどその前ね僕の簡単なプロフィール下の動画が初めてという方も

いらっしゃると思います簡単なプロフィールを解説したいと思います

高校生の時に起業してね高校卒業と同時に本格的に会社を気

8したんですね10代の時に年間1億円以上の利益をねあげましたでその後たくさんね

失敗もしつつ

現在企業歴20年以上になっていますでどんなことをしてね起業したかっていうのは

学長は学生時代に稼いだ方法とかね

どんな風に会社を経営してきたのかもたくさんの失敗とかもね

止めない優秀な社員を雇い方っていうね動画で過去に話ししてので気になる方はなみて

ほしい

いいと思いますで現在はね経済的自由を達成して友達向けにもともとこの動画はねお金

の知識を発信スタートしたんですね

で現在衛星ネストータルで約40万人のフォロワーの方に見ていただいています

でベンチャー企業とかね大手とか含めで企業の経営者とか人時の担当者と話す機会も

多いんで

転職でね年収をアップさせるためのコツをねご紹介したいと思います採用側の話もね

よく聞きますんでね

で今日のね質問をどうしたら

じゃあね転職して九州人をアップさせることができるのがコツですけど結論は10食材

とじゃなくて転職エージェントを使いましょうっていうね

こういう結論になりますね友人にね転職エージェントに勤務している人時のプロがいる

んですけど

もしねその友人がね僕が転職する側だったら転職サイト怖くて使えないなーって言って

ねそういうふうに言ってましたね転職サイト転職エージェントってすっごい似てるし

一緒だと思うんですけど全然違うんですよ

ここですね今日のまずねもう結論で言ってますけど大事なところですね

なんでこの転職サイト転職エージェントが違いを説明しつつ

年収アップのために最適なエージェントどこを使ったらいいのかということも含めてか

雪していきたいとおもいますこのね転職サイト転職エージェントの違いなんですけど

本題に入る前にちょっとした情報提供なんですけど1年以内にね

転職経験のある20歳から39歳が200人を対象としたアンケートで転職

エージェントと転職サイトの利用割合がどのぐらいだったかっていうとこんな

味なんですよ

転職エージェントのみが26%転職サイトのみが24%どちらも登録したというのが

29%でその他が21%とまぁこんな感じになってるよと僕の周りでね

転職に成功シェルちょとかもすごく多いんですけど僕の周りでは圧倒的にこの転職

エージェントのみっていう友人が多いんですね

なんで26

5%っていうこの結果は結構意外かなっていうところですね

年収アップのためにはね転職エージェントの利用が欠かせないんですよ

なんで転職エージェントの有用性というのをしっかり知っておきたいですね

時々デート変なエージェントもいるのは確かなんですね

なんでエージェント選びっていうのが超重要でこの転職エージェント素晴らしい展示

をエージェントを使うっていうのが本当にねもう詐欺で一番重要なことの1つなんで

まずここを覚えてほしいと

で転職サイトと転職エージェントに大きな違いが5つあるんですね

結構ね一緒にしてる方もいるんですけどこれらを順番に解説していきたいと思います

まず一つ目が9人の質ですね

転職サイトの場合は室の悪い9人も含まれるんですね

で転職エージェントの場合は厳選された求人とこうなってきます転職サイ

はウェブメディア型のサービスでねいわゆる皆さん結構イメージしやすいねバイトの

募集とかもそうなんかもしれないですね

サイトの利用希望者が利用登録をしてね

自分で求人を探すわけですよ有名なのはリクナビ next 金前職サイトが有名です

けど自分で求人を探すタイプですね何か良い回じゃないかなとかで自分で探していくと

採用側企業側はね転職サイトに広告費を払って求人を掲載するわけですね

で広告費を払ったら後は魚が釣れるまで待つだけと

で求人を出すと誰からでも見られるようになってしまうんですね

だからどういうことかというと他者に採用戦略どんな人材を欲しがっているか今うちの

会社

当社はこんな人材を欲しがってるんだよって知られたくない企業も中にはあるんですね

そういった企業は転職サイトには広告を出さないんです載せないですね

転職サイトには未経験者

は ok とかね低コストで雇える人材の求人が多いんですね

なんでやすい広告費を転職サイト日払って安い人件費で人を雇うっていう

そんな感じのイメージですね転職サイトはね一方転職エージェントはどうかっていうと

対人型のサービスなんですね

利用希望者は転職エージェントにコンサル相談の申し込みをまず

するんですねで面談して自分の経歴とか希望とかを伝えた上で求人を紹介してもらっ

たりとかね

そういうふうにしていくんですねで採用者がは企業側はね

転職希望者とマッチングできた場合に体エージェントに成果報酬を支払うと本当に

自社にとって求めている人材が来た場合にのみ成果報酬を支払う

アウトなんで転職サイトへの広告掲載日と比べるとエージェントいうの成果報酬という

のはかなり高い広告費をかなり

支払わないといけないんですねまぁ広告費というか成果報酬になりますけどね

何でお金のない企業は転職エージェントに報酬を払う余裕がないんですね

でエージェントの友人枠転職エージェントに成果報酬を払えないようなね

企業が集まっている転職サイトで求人を探すのは強いってね厳選されたところで選び

たいってそういうふうに言ってましたね

転職エージェント経由の採用はコストが高くつくんですねキー

洋側からするとねなんで未経験者じゃなくって即戦力になる経験者を募集する企業が

多いと結果的に転職エージェントが扱っている求人の年収水準てが高くなるんですよ

なんで独占案件とか非公開案件にしておけばね

他社に知らず今からじゃあ何か人をちょっとプロフェッショナルとかね

即戦力になる経験者

お宿いたいっていう時に他者に知られずに水面下で採用活動を進めるって事ができるの

で自然とね

厳選された求人が乗ってくるんですね転職エージェントってのはねこういった理由で9

人の質は転職エージェントが持っている安渓のほうが絶対高いですね

で9人の質にこだわるんだったらもう転職エージェントを利用を一択なんですねこれが

一つ目の違い9

神の子ですね

に2つ目が求人の探し方です転職サイトの場合は自分で探すわけですね

数百社とか2戦車もある中から自分で条件を絞って探すと風通しの良い職場とか

チャレンジしやすい職場とか幹部工法とかね

まあどこも結局にいたようなもん後並んでることって文字大きくってね

結局どこにしたらいいのかよくわからないで帰ってねまぁ

せいぜい見れてに30社だけどマンどこも似たようなもんだしなんだかよくわかんなく

なってくるみたいなね

ねぇなんとなく若い人がたくさんいそうとかなんとなく雰囲気は感想とかもそんな感じ

で結局何するのかよくわかんないみたいなそういうの結構いません転職サイトの場合ね

で転職エージェントの場合ね紹介を受けるわけですね

案件を紹介してもらうんですよ自分

ね探しに行くんじゃなくて紹介を受けるんですで転職エージェントはね

業界であったりとか職種ですね営業とか神乳とか se とかそういった事情結構熟知

してるんですね

なんで皆さんの音経歴を見た上で可能性のある案件を紹介してくれるんですね

なんで圧倒的に効率よく優良な案件を探せると

これが二つ目の

違い求人の探しかた違いますね

3つ目の違いは企業情報の収集ですね

10食材との場合自分だけで収集しないといけないと興味を持った企業の情報は自分で

収集するわけですね

企業のホームページに飛んで公表されている情報とか調べててもそこまでは分かるん

ですけど結局社内の事情とかってわからないとなんで

面接受けてせっかくか

って何か入ってみたらやっぱり違ったみたいな外れの率が結構高かったりするんですよ

一方転職エージェントっていうのはエージェントも協力してくれるんですよ

社内の事情も聞いてもらえたりとかどんな組織体制でどんな人がマネジメントをやって

いるのかとかどんな課題を抱えている職場でこれから何をやっていきたいのかとか

いろんな会社はやっぱり見ている

んでねちゃんとねやっぱり見比べてくれとして中のことを一緒に考えてくれるんですよ

なんで web だけでは絶対にわからないような内部事情が手に入るというのが3つ

目の違いですね

4つ目の違いは応募書類の添削であったりとか面接の対策をしてくれるんですね

転職サイトの場合は自分でやらないといけないと

で応募書類の添削とかね面接対策ってのは行ってくれないわけですよ

そういうサービスをしてくれるって言うところもあるんだけどやっぱり専属の

エージェントと比べると距離感とか温度感とかね一生懸命さとかそういったものが違う

わけですね

で一方転職エージェントっていうのはエージェントが協力してくれるんですね

応募書類の添削とか面接の対策道

やったら採用されるかというのは本気で手伝ってくれるんですよ

なんでかっていうとここですね仕組みの違いがあるんですよ

転職希望者と企業との音マッチングだから採用が成立しないと一重も成果報酬が得られ

ないから結局ね

目的が一致してるんですよ結局このね

転職サイトの場合は載せ

といてメイス何人いかないと何に面接に行かないとか何採用できないと言いグラートが

ねそういうことじゃないんで

結局この転職サイト側から外のせてくれたら

企業が広告を載せてくれたとりあえず1回それで終了してるんですよ

なんだけど転職エージェントって言うのはね載せただけじゃ1円にもならないんで人を

夢てお互いをマッチングさせて初めてお金が入るからねここまで一生懸命頑張ってくる

わけですね

言っても中にはね悪徳な転職エージェントっていうのもいいて報酬欲しさにねとにかく

どこかに押し今じゃ言えばいいなんていうスタンスのところもあるんですね

なんで転職エージェント選びには気をつけなければいけないんですけど

優秀なエージェントってのが味方についてくれると書類の音通貨であったり面接の通貨

であったりそういった確率がぐっだがあるんですね一緒に対策を考えてくれるんでね

なんでこれはすごく大きいと

で5つ目の違いは日程調整とか条件交渉ですね

転職サイトの場合は自分でやらないといけないわけですね書類を応募して面接の日程

調整とか年収とかの待遇とか条件の交渉とかをね

全部一人でやる必要があると10社とか20社とか申し込んでたらもうそれだけで

パンクしません

どうやって受かるかどうかもわからん状態で何個かやっぱり

開けるじゃないですかね保険かけたりとかなぜか申し込んだりするわけでね

そんなの中でも頭パンクしそうなりますよねでも一方でこの転職エージェントっていう

のはエージェントが代行してくれるんですね

スケジュール管理を代行してもらえるし一番ね重要な

やっぱりいいものすごい一番重要なこの給料工場でもね

間に入ってもらえるっていうか非常にね

大切なんですね自分抑えようとしてくれている企業にですよ皆さん想像してほしいん

ですよ

実際面接行って自分を採用してくれようとしている企業に対してね

自分から直接ねもっと給料上げてくださいっていうのは心理的に結構難しくないですか

実際のとこね余計なこと言っちゃって内定取り消しになったらどうしようとか

皇帝なる

んでとりあえず入ってとりあえず相手のね条件で本当はもうちょっと欲しかったけど

まあまあとりあえず相手の条件が入っていた後からどうにか交渉しようかなみたいだね

ねそういうことであると思うんですけどこういう交渉はね

エージェントに入ってもらおうと第三者が間に入ってもらうと非常にやりやすくなるん

ですよ

企業に直接は言いづらいっていうこともエージェントには言いやすいと

で企業側もやっぱりエージェントから聞くのであれば

まぁそんなもんかなって納得しやすかったりとかそういうことであるじゃないですか間

に人が入ることによって直接本人に言われた

結構腹だったりとかねなんか関係性が微妙なあったりとかっていうこともエージェント

側からねやっぱりこのぐらいは普通だと思いますよとかねそういうふうに交渉して

もらったりとか

その後企業がもう聞きやすいし後々採用された後も関係に影響を与えないと優秀な

エージェントというのはこちらの意図を汲んでうまく企業に伝えてくれるんですね

なんでこんな感じでねいっ

うつの違いがありますよと

で話しして違いお話ししてきたんですけどねまとめに行きたいと年収発布したいんだっ

たら転職サイトじゃなくて転職エージェントを活用しましょう

年収アップしたいのであれば転職サイトじゃなくて転職エージェントを使うね

なんで使うのかと5つの違いがあるわけですよ

5つの違いをまとめるとこんな感じになるよと

転職エージェントの場合と転職サイトの違いですね9人の質も求人の探しかたも企業

情報の収集もね応募書類の添削であったりとか

面接対策であったりとか日程調整とか条件交渉とか全部違うと転職エージェントの方が

非常に今からね至極食を探そうと会社を探そうとしている人の味方になってくれ

るっていう

いうことですね僕の周りにはね転職エージェントを通じて転職成功している人が非常に

多いんですね

でなんで転職サイトを使ってる人が50%もいるなんてちょっと知らなくて転職

エージェントっていうのを使う方が普通というかそっちの方が可能性高いのになって

ことで非常にもったいないなぁと思ったんでね伝えたいなと思いますで個人的にはね

優良な転職エージェントを使うってことを圧倒的なを示しますって

じゃあ一番オススメの転職エージェント何なのって言われるともうここですね

ja cd クルーと面倒と実際の非常にお勧めできます僕の周りの友達とかの評判も

非常にいいし実際使ってる人が本当に多いですね

ねぇ

年収の高いはいクラ3期を狙うんだったらもうここしかないっていうそういうレベル

です

管理職とか専門職とか願いしとかグローバル企業とかに圧倒的な強みがあるんですね

で年収600万円以上の独占案件とか非公開求人がたくさんあるんですよ

でエビダイナ

jcd クルドメントって聞いたことないって人もいると思うんですけどあんまり聞い

たことないかもしれないですけど1988年創業でね

転職支援実績が43万人以上とリクルートとかマイナビに次いで業界3位の規模がある

んですね

ね上場もしててね変な評判が立つような迂闊な事っていうのは絶対できないんで非常に

おすすめですよ全然あん

10ですとで一方零細のねほんとどこ区の何だかよくわかんない転職エージェントとか

もたくさんあるんですけどそういったところに店もととにかく無理やり転職を勧めて

くるんでそれはもう使ったらダメと基本使わない方がいいですね使うメリットもあまり

ないですしね

でこのチャンネルで自信をもって家族とか友人におすすめするてもしも友達とかか

続とかが今から転職したいんだけどどこを使ったらいいのかなって言われて

自信を持ってオススメするっていうのは本当でたったの数社ですその数社の中でジェイ

エイシーリクルートメントはその中でも一番オススメできるエージェントなんでね

なんで非常にオススメですと終身雇用とか年功序列っていうのが崩壊してね

もう一つの会社で定年まで勤め上げるって言う時代終わりかけているわけですねトヨタ

の採用方針で5割をもう中途採用にするとか

2019年に大企業がね1万人以上リストラしてるとか

こういうニュースを見てたらもう皆さんわかりますよね今後ねどうなって怒った日本は

アメリカのようにね転職がもっと持って当たり前の時代になっていくっていうそういう

ことなんですよ

今まで年功序列でずーっと一つの会社に務めあげるっていうのが普通だったかもしれ

ないけどもルールも環境もね土台変わってきていると時代が変わってきているっていう

そういうことなんですよ

すでにねもう40歳で転職経験0っていうと環境の変化に弱い人って見られるとそう

いう時代になってきてるんですねむしろ転職経験がないってことが降り

になっていってしまうっていうそういう時代になってきてるんだよと時代って何も

ゆっくり

イメージすぐね実感わかないかもしれないけどでもねやっぱりゆっくり着実に変わって

きてますとそういうことですね

自由になるため極めるべき4つの所得なんですけど今まで話してきてますよね給与所得

事業所得不動産所得配当所得とこの4つについて

話ししてきたんですけど今日ねこの給料所得のところですね今日の話はね

ね自由になるためにはこの事業所得作るんだよって話もずっとしてきてるんですけど

事業所得っていうのは増やしてつもちろん増やしたいんだけどちょっと時間がかかる

わけですね

で不動産と配当所得はそもそも種銭が必要なんで1番2番ができて初めて3番4番が

できてくるんでこの一番にばをね

まずはしっかりさせないといけないわけですねで一方でねこの

給与所得っていうのは手っ取り早く年収をアップできるんですね

なんで別に事業所得をやるからって給与所得諦めないといけないとか

企業所得をねもっと増やすから事業所得を諦めないといけないとかそういうことじゃ

なくて両方こことって言ったらいいよねっていうそういう話なんですよ

もちろんね事業がすぐに成果が出るとか言う人とか事業所得で良いと思います給料がも

ある

程度高いとかねそういう人がいいと思うんですけど給料がね今ちょっと低くて不満が

あるなぁとかねそう人とかはまずこの給料所得自体アップさせちゃって

で給料が上がったからといって激務になるかというと意外とそんなことないんですよ

年収が高い企業ほどホワイトだったりするんですよね

なんで給料も事業所得も上げて行こうよって言うねえ今日はそういう話で

ねえ転職エージェントって聞くとね使うの後輩ってなんかんって言ってもなんか色々

厳しいこと言われるんでしょさっきプロ向けとかって言って出しいただいてね

だって心配をする人っていうのも結構いると思うんですがなんか一部のためのもう

すごく優秀な人のためのものでしょとか言ってねお医者さんとかやって使うんじゃない

ですかと金なんか資格ホルダーとかね凄い難しい

なんか資格持っている

ないと無理じゃないんですかなんて言う人結構いるんですけどもう全然大丈夫ですよと

皆さんの上司の100倍優しくしてくれますよ本当にね

なんでただね jcd クルーと麺との対象者というのがでおおよそ年収500万円

以上の人が対象者なんですね

なぜそこのハードルは確かにあるよと大予想なんでねまず相談するっていうのは良いと

思います今年収500

はなくてもおおよそなんで近いよって人とかは全然相談してみたら良いと思いますで

そこまで年収はないなあという人にはマイナビエージェントの方が優しいかなと思い

ます

で今は好景気でね良い求人が非常に多いですね

年収50万円アップぐらいだったら余裕で視野に入るよと今の会社とか待遇にね

不満のある人っていうのはもう

気軽な気持ちで相談してみてくださいと概要欄にリンクを貼っておきますんでね

本当に気軽な気持ちで相談してみたらいいと思いますよだって失うもの何もないです

からね

自分の能力ここが足りないんだなぁって思ったそこを磨けばいいだけだし市場の需要も

わかるじゃないですか

だしそのままね自分が今まで気づいてなかっただけでそのまま年収って意外とアップ

するかもしれないして失うもの何もないわけです今の会社別に止めないといけないわけ

でもないしねあの転職をするって他の会社に行って受かってからやめればいいだけ

話であって別にね何も案件がないのであればどこかに勤めるところがないのであれば

いまの会社勤め続ければいいだけの話であってね

なんで何も失うものがなくて年収アップするねしかもすぐにできるっていうねそういう

可能性が十分ありますから本当に音もノーリスクハイリターンぐらいだと思うんでぜひ

ねやってみてほしいかなと思います

転職についてはねこちらも参考にして下さい短期間で年収を上げるために重要な3つの

ことっていう動画と転職活動で明らかになる勘違い11戦ということでね動画で話しし

ていますのでこちらも参考にしてください

で全部ね動画の概要欄に貼っておきますんで

ってことでね以上参考になって嬉しいですどうかがいいなと思った人に紹介してもらえ

たりとかいいねとかチャンネル登録してもらうと嬉しいですでリベディアゆる

コミュニティてもね無料でやってますので転職チャットってのがありますからね

それから新しい専門家によるチャットとかも登場しててねまあ社労士相談チャートとか

税理相談チャットとかね色んなチャットも出来上がってますんでね

ぜひこちらも参考にしてほしいかなと思います

a ということでね長くなりましたけど今日も何か一つでもね学びになった嬉しいです

今日もありがとうございました

 
関連の投稿
よく検索されるタグ