自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方

目次
    Add a header to begin generating the table of contents

    自転車置き場を作りたい

    昨年車を購入した。それでも基本はバイクに乗りたいからバイクは残す。ガレージは車とバイクを収納できるスペースはあったが、ガレージに置いていたロードバイクは一旦バイクを外に出さないと取り出せなくなってしまった。かつ自転車があると車から出づらい。

    家の裏にまだスペースがあったのでそこに自転車置き場を作り、ロードバイクはそこに置こうと思う。

    作りたい自転車置き場のポイント

    1. 強風の日でも微動だにしない強度。
    2. かといってコンクリに穴をあけたり、埋めて固定したりは面倒なのでしたくない。
    3. 家の外壁に穴をあけて固定したりもしたくない。
    4. ロードバイク1台を雨から守れる大きさ。

    材料

    1. アルミ製ひさし。ポリカーボネート板と迷ったが、軽く、薄い製品が多いので風の影響をもろうけないか心配。錆びにくく、適度に重いアルミ製を採用。トステムの幅156cm、屋根出幅44cm。12000円ほど。
    2. 防腐処理のされた角材2本。3000円ほど。
    3. 角材を固定するステンレス製金具、ねじ、釘。総額3000円ほど。
    4. IKEAのテーブル脚3本。総額3000円
    5. ステンレス製、樹脂製結束バンド。総額1000円くらい。
    自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方

    1、ひさしを固定する土台作り

    1. アルミ製ひさしは13cmほど縦幅があるので7.5cmの角材を連結する。できた縦幅15cmの台にひさしを取り付ける。
    2. アルミ製ひさしの最大幅は156cmなので、ホームセンターで角材を157cmにカットしてもらう。
    3. 角材2本、両端をL型金具でがっちり固定。間をI型金具で固定。
    4. IKEAのテーブル脚を取り付ける金具を取り付ける。少し角材からはみ出すところにアルミ製ひさしをのっける。
    自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方
    自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方

    2、ひさしを取り付ける

    1. 付属の金具を通して、釘とネジを打ち込んでいく。
    2. 穴があいてないところはドリルで下穴を開ける。
    3. 上部は三箇所がっちり固定
    4. 株は釘のみで四箇所固定。
    自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方
    自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方

    3、フェンスに固定して完成

    1. IKEAのテーブル脚を回して固定。
    2. それをフェンスに立てかける
    3. まずは樹脂製結束バンドで簡易的に固定
    4. 上部はステンレス製の結束バンドで固定。初めて使うので強度はよくわからないけど、切れたりする心配は一切ない。仮に時が流れ樹脂製バンドが老朽化して、ありえないけど全て同時に千切れたとしても、ステンレス製が最後の砦になってくれるだろう。
    自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方
    自転車置き場をDIY コスパ最強の自転車置き場の作り方

    DIYを終えて

    その後、強風の日があったので見に行ったが全く微動だにしてなかった。これなら台風の日でも大丈夫だろう。たまたまフェンスがあってIKEAの脚を使って固定したが、ひさしをつけた土台さえどこかに固定できればいいのでいかようにもできると思う。

    あとは今回6mmの太さのネジで多くの場所を固定したが、インパクトドライバーに付属していたビットはほぼ全滅した。追加で堅くて定評のあるビットをネットで購入したら簡単にとめられた。ビットにも性能差がある。ドリルも同様で付属のものではアルミ製ひさしに穴をあけるのが物凄く大変だった。アルミくらいなら普通のドリルであくだろと思っていたが、あまかった。ホームセンターで金属に特化したドリルビットを購入。変えたら今までの苦労が悲しくなるほど一瞬であいた。DIYもまた沼。やればやるほど欲しいものがでる。