Skip to content

バフェット指数が示す米株式市場への警告

この動画の要約・まとめ

動画の内容

米国株取引手数料業界最安値水準の dmm 株とのタイアップ企画として本心の
書き下ろし投資レポートを書かせていただきました
僕は向こう5年から10年くらいの中長期的な展望としてあぁ流株投資の時代が再来
すると考えているんですがこのレポートではなぜ value
株の時代がやってくるのかそしてこれからやってくる壮大なバリュー株投資の時代に
備えて何に投資をすればいいのかということについて具体的な優良株30銘柄を上げて
紹介していますからぜひ読んでみてください
dmm 株の口座を新規で解説していただくだけでこんなレポートを読むことができる
明日から概要欄の方からチェックしてみてください
みなさんこんにちはバカでも稼げる米国株高配当投資の著者で
ブログバフェット太郎の秘密のポートフォリオ書いているバベット太郎です
今回の動画では世界で上場している株式の時価総額の合計が史上初めて100兆ドルを
あったことそして米議会が追加の景気対策で最終合意したことについて解説していこう
と思います
米国ではダウ平均が3万ドルを突破し史上最高値を更新したほか日経平均株価も約
2万7千円とおよそ29年ぶりの高値圏で推移していることから投資家の中にはバブル
を懸念している人も少なくないと思います
実際著名投資家ウォーレンバフェットが株価が
割高割安かを判断する材料として重視しているとされるばベッド指数は世界の下部が
割高であることを示唆しています
バフェット指数とは株式の時価総額を名目 gdp で破りそれに100をかけて
パーセント表示にした指数のことで100%上回ると割高と判断
3されます現在世界の株式時価総額100兆ドルに対して世界の名目 gdp は80
3兆ドルしかありませんから
バフェット氏数は120%と100%を大きく上回っていますまた僅かには米議会が
追加の景気対策で最終合意し
ましたこのところ米労働市場の回復ペースは失速していましたからこれで景気が再び
悪化するといった最悪の事態は避けられるかもしれません
そこで今回の動画では世界の株式市場はバブルになっているのか
そして個人投資家は投資を控えたりこれから投資を始めようとか
前ている人は株式市場が暴落するのを待った方がいいのか
さらに追加の景気対策合意を受けて市場はどう反応したのかということについて詳しく
解説していきます
今回も非常に有益な内容になっていますからぜひ最後までご覧くださいそれでは
よろしくお願いします
まずセグ
タイの株式時価総額は世界の名目 gdp を2割上回っているわけですが
1980年以降株式時価総額が名目 gdp を上回ったのは2000年
2008年2017年そして2019年の4回だけでそのうち2回でバブルが崩壊し
ました
たとえば2000年はドットコムバブルが崩壊し2008年は金融危機が世界経済を
襲いました
バフェット氏数が2回連続でバブル崩壊を予見したことから多くの投資家がこの
バフェット指数に注目するようになったんです
ところが2018年に最大で19%
と値下がりする場面があったんですが株価はすぐに回復しましたし2020年の頃な
ショックも同様に最大で39%値下がりする場面がありましたが株価はすぐに回復して
しまったんです
そのためダウ平均が24,000ドルで推移していた
2017年に相場
から前おりしてしまった投資家はその後の株高の恩恵は享受することができませんでし

またダウ平均が26000ドルで推移していた2019年に相場から前おりしてしまっ
た投資家もやはりそのこの株高に乗ることができなかったんです
もちろん2019年の急落とい1022
の暴落の際に安値でピンポイントに投資をすることができればその後の株高の恩恵を
享受することができたかもしれませんがタイミングを正確に測ることなんて誰にもでき
ないことを考えればそれは机上の空論だといえます実際今年の頃なショックでダウ平均
が2万ドルを割り込んだ
瞬間に大きく東証することができた人はほとんどいませんでしたし3月以降二番底はパ
なら作ると言って株式市場から前おりしたままの道しかも決して少なくありませんでし

彼らは東証しなかったことで通して損をすることはありませんでしたが同時に強気相場
の波に乗れなかったことで機会損失をしたと言えるんですまた投資の世界では
バフェット氏数以外にも暴落を示唆する様々なシグナルがありますが大抵の場合そうし
たシグナルは外れるもの
のですし正確にタイミングを吐かれるわけではありませんから
株式市場から前おりするといったような極端な投資戦略はやめておいたほうが賢明です
例えばポートフォリオのすべてが長期的な資産形成を目的にインデックスファンドなど
に積立投資をしているんだったらそれは絶対に売ってはいけません
しかしそうしたポートフォリオとは別に趣味の闘士として個別株に投資をしているん
だったらそうした銘柄に限定してポジション調整をすればいいと思います
そしてこれから投資を始めてみようかどうか迷っている人は今すぐに投資を始めて
ください
これはなぜかというと先ほども話し
たように正確にタイミングを計ることなど誰にもできませんから
5投資を始めても長期的なパフォーマンスにそれほど影響を与えないからです
ただし始め方には気をつける必要があると思います
例えばこれまで一度も闘将してこなかった人が突然全力で株を買う
に向かうと値動きが気になってしまって狼狽売りのリスクが高まってしまいます
ですから例えば投資用資金の3分の1を目安に同市をはじめてみて
残りの3分の2を向こう1年から2年で消化できるように少額積立投資でコツコツと
現金を下部に変えるのがいいと思いま
ますそうすることで株式のリスクになれることができますし株価が割高な時に集中して
株を買ってしまうという運の悪さを回避することができますちなみに話を少し戻して
なぜ2000年と2008年にバフェット氏数がバブル崩壊を予見できた一方で
2010な
ラーメンと2019年でバブルは崩壊しなかったのかーというとそれは世界各国の大
規模な金融緩和が株価を押し上げているからです
例えば frb が政策金利をゼロから0.25%に引き下げたことに加えて
無制限の量的緩和を実施していることから米中
年債利回りは過去最低水準まで落ち込んでいます
長期金利と株式のバリュエーションは逆相関の関係にありますから
長期金利が低下したことで羽生色のバリエーション
つまり per が上昇しやすくなっているんです
とりわけ世界の上場企業の時価総額ランキングを眺めるとアップルやマイクロソフト
amazon アルファベットなど高 per 株が比較的多く含まれています
ちなみに7位のテスラに至っては er が1300台を超えていますつまり各国の
金融緩和による金利の低
な企業の時価総額を押し上げてしまっているので
名目 gdp を大きく上回ってしまったというわけです
そのため frb が2023年ごろまでは金融緩和を止めない姿勢を示唆している
ことから株高はしばらく続くことが予想されますしかし株価を押し上げている
病院は br といった株式のバリュエーションですから長期金利が急騰したり
あるいは幹線危機が収束しないなど4期生の事態が起きてばいい株式市場は短期的に
急落する可能性が高まるのでカードなら官は控えてください次に米議会の与野党指導部
が9000億ドル規模
の追加の景気対策を発動することで最終合意しました
この法案は21日にも採決される方向で中小企業の雇用対策に3000億ドルを充てる
ほか失業保険の上乗せ給付などが盛り込まれました
米国ではバイザー倍音テック連合が共同で開発した頃なワクチンとモデルなが開発した
このなワクチンの接種が始まっているわけですが
医療従事者や高齢者を除いた一般の人たちが摂取できるのは春以降だとされています
そのため感染危機の収束にはなお時間を要することから景気の悪化と労働市場の低迷が
予想されていたんです
実際11月の雇用統計は非農業部門雇用者数の伸びが失速するなどその兆候がすでに出
始めていました
こうした中で12月末にも景気対策
の優遇制度が執行されますからこの中で最も打撃を受けた低所得者層や中小企業を中心
に資金繰りが悪化する懸念があって
景気が一段と冷え込むことが予想されていました
しかし今回ついたの景気対策が発動されれば失業者は失業保険の支給分に加え
えて集300ドルの上乗せ給付が支給されます
さらに大人1人当たり最大600ドルの現金給付も盛り込まれましたから
政府は低所得者層を中心に引き続き家賃や食費の確保を支援することで個人消費の失速
を避けることができるかもしれません
ただしこれまでの
の失業給付の上乗せ給付額は集600ドル現金給付
大人1人当たり最大1200取ると比べると規模は半減する見通しですから個人消費が
全く落ち込まないというわけではないので投資家は注意深く見守る必要があると思い
ます
もし予想に反して幹線危機が収束しないということになれば楽観は失望に変わるので
株式市場の動揺は予想以上に大きくなるかもしれません
しかしこうした追加の経済対策は民間経済に大量のドルが供給されることを意味するの
で中長期的にみれば
はギンやビットコインにとって追い風になります
これはなぜかというとドルが大量に供給されるということはドルの価値が漸減すること
を意味しますから供給量が限定的で希少性の高い金やビットコインはドル建てで
値上がりしやすいからです
とりわけ金は夏から冬にかけて売られやすい一方で年初から再び買い戻されるアノ
マリーがあることで知られていますからと仕上げ以降
金は一段と根を伸ばすことが期待できます実際2013年以降7年連続で年街にかけて
売られましたがやはり7年連続で目
所から変われるというアノマリーは再現されましたし
今年も8月をピークに12月にかけて一貫して売られ続けましたが50日移動平均線を
サポートラインに底打ちした可能性が高いことからここから大きく反発することが予想
されますまた金の日足チャートを眺めると8月以降と
上記のフラッグを形成していることがわかると思います
強気のフラッグというのは活発な相場の動きの中に見られる短い9章表していて
フラッグの形成直前に急激で直線的な上昇があるのが特徴です
例えば今回の金相場の場合は6月から8月のわずか2カ月間で金価格は20%も
値上がりしました
これがフランクの形成直前に見られる直線的な上昇のことで大抵の場合こうした上昇の
後は相場が呼吸を整えるために休止します
そしてその後再び前のトレンドと同じ方向へ向かって疾走する傾向があるんです
ですからフラッグのレジスタッフとなる1920取る水準を上にブレイクアウトすれば
年明け以降一気に急騰することが予想されるんです
ちなみに金を採掘する金鉱山会社の株は金価格以上に値上がりすることが期待できます
から
リスク許容度の高い投資家は金か
価格上昇の恩恵を享受することができると思います
また中長期的にみれば金と同様に希少性があるとされる
ビットコインも強気相場が続くことが予想されますところで今回の追加の景気対策は
財政赤字の拡大を意味しますから
これによって長期金利が上昇する
のではーとの懸念が一部でありましたが報道を受けても長期金利は上昇せずにむしろ
反対に急落しました
これは投資家らが安全資産である長期債を積極的に彼へ向かっていることを意味します
から
今回の追加の景気対策の規模では米国の個人消費を
を支えることはできないと判断されたのかもしれません
そのため百貨店株など消費関連株は一時急反発する場面がありましたが再び下落する
公算が大きいです
その一方で先ほども説明した通り長期金利の下落は株式のバリエーションを押し上げる
効果が
あるので opr 株の多いハイテク株やハイパーグロース株は引き続き強含むと思い
ます
あと念のために言っておくと予想に反して幹線危機が収束しない場合
コロナショックのときのようにあらゆるリスク資産が売られるかもしれないので注意
する必要があります
とりわけこれまでのか
星機市場はポロなワクチン承認への期待感で買われてきた側面があるので楽観が失望に
変われば株式だけではなくて金やビットコインも同時に売られると思います
ただし政府や中央銀行はマネーサプライを膨張させる事でしか
経済を救うことができませんから経済危機の長期化は砂
街将来のリスク資産の大暴投につながると言えます
[音楽]
今回の動画の内容をまとめると世界の株式時価昇格が世界の名目 gdp を上回った
ことでバブルを警戒する声も聞こえますがこれは長期金利の低下を背景に株式の
バリエーションつまり br が上昇していることが要因として挙げられます
とりわけ世界の時価総額中
上位10銘柄のほとんどが高 per が容認されやすいハイテク関連株ですから株式
市場は長期金利の低下の恩恵を享受していると言えます
また長期金利の低下が2023年頃まで続くことが予想されていることからカーブ色の
バリエーションが低下するという可能性は低くしばらく株
絵色千佳尚学が名目 gdp を上回る状態が続くと思います
そのためこうした状態を恐れて相場から前おりするといった極端な投手行動に走らない
方が賢明ですそしてこれから投資を始めようと考えている人はいつ来るか分からない
暴落を待ってから投資を始めるので
はなくて今から少しずつ積み立て投資を始めたらいいと思います
これは結局のところ誰もタイミングを正確に測ることなどできないからです
実際今年の頃なショックで株式市場が暴落した際も株価は3月に底打ちしたにも
かかわらず5月6月になっても
投資を始めなかったりあるいは二番底を警戒していつまでたっても相場に戻らない投資
家な後を絶ちませんでした
その結果彼らは含み損こそを抱えませんでしたがその後の強気相場に乗ることもでき
なかったんですまたこうした中でついたの景気対策が与野党指導部の間で再集合
にしましたこれは議会が承認すれば低所得者層の生活を救うことができますが
マネーサプライが膨張することで希少性の高い金やビットコインは引き続きつ呼ぶ組む
ことが予想されます
ただし予想外に感染危機が収束しない場合相場のセンチメントは楽観から悲観に変わる
ますから市場は想定以上に動揺するかもしれません
とはいえ政府や中央銀行ができることはマネーサプライをさらに膨張させることだけな
のでそれは将来のリスク資産価格をさらに押し上げることになります
ということで今回の動画は以上になります good luck
イギリス家オンライン証券会社 ig 証券とのタイアップ企画で本心の書き下ろし
投資レポートを書かせていただきました
大統領選挙が終わりこれからいよいよバブル相場が始まります
このレポートではこれからやってくる壮大なバブ
る相場の中で大きく値上がりすることが期待できる12銘柄を紹介しています
ig 証券の口座を新規で解説していただくなど簡単な条件を満たすことでおの
レポートを読むことができますからぜひ読んでみてください
概要欄の方にリンクを貼っておきます

関連の投稿

ヴェルグルの奇跡から学ぶお金を使う力

|国の経済には作用できない。ただ自分と自分の周りの経済には作用できる。最適なもの、最適なタイミングを見極め、勇気を持って投資しよう。

【お金2.0】新しい経済のルールと生き方/資本主義から価値主義の時代へ【本要約】

|人間は物質的に満たされた後、内面的な欲望をより満たしたいと思うようになる。

「税金を払わずに生きていく逃税術」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|日本はとてもいい国で好きだから今後衰退するのは悲しい。できることを模索したい。

「金持ち脳~捨てることから幸せは始まる~」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|無限に働いても楽しい、そんな仕事を持てるか。それは人生全体の満足度に大きく関係する。
よく検索されるタグ