Skip to content

知らないと危険 米国の金融政策 ヤバい

この動画の要約・まとめ

動画の内容

米国株取引て2両業界最安値水準の dmm 株とのタイアップ企画として本心の
書き下ろしとをしレポートを書かせていただきました
僕は向こう5年から10年くらいの中長期的な展望としてあぁ流株投資の時代が再来
すると考えているんですがこのレポートではなぜ value
株の時代がやってくるのかそしてこれからやってくる壮大なバリュー株投資の時代に
備えて何に投資をすればいいのかということについて具体的な優良株30銘柄を上げて
紹介していますからぜひ読んでみてください
dmm 株の口座を新規で解説していただくだけで女レポートを読むことができる
scala 概要欄の方からチェックしてみてください
皆さんこんにちはバカでも稼げる米国株高配当投資の著者で
ブログバフェット太郎の秘密のポートフォリオ書いているばベッド太郎です
今回の動画では先週起こった重要なトピックスについて解説していこうと思います
まず frb
には中56日の2日間の日程で開催された fomc で政策金利を0%から
0.25%に据え置くことを決定したほか
完全雇用と物価安定に近づくまで量的緩和を継続すると従来の政策を維持する方針
を表明しました政策声明の内容は概ね予想通りでしたから
特にサプライズがあったわけではありませんが長期金利が急騰するリスクが低下したの
でハイパーグロース株が暴落するリスクも消滅しました
また frb は量的緩和の長期化を宣言した
わけですがこれは米国株全体にとってプラス材料になりますから投資家は引き続き強気
の姿勢で大丈夫だと言えます
次に中7日にビットコイン価格が一時
2万3700取ると2017年の高値19870ドルを上回り
史上最多
金を更新しましたビッドポイン価格が上昇している主な要因は欧米機関投資家による相
次ぐビットコイン市場への参入に加えてドル指数が急落していることなどが挙げられ
ます
そこで今回の動画では fomc の解説と米国株の先行き見通しについて
また
ビッドぽいんが急騰している理由と今後の見通しについて詳しく解説していきます
今回も非常に有益な内容になっていますからぜひ最後までご覧くださいそれでは
よろしくお願いします
まず frb は fomc 後の政策声明で完全雇用と物価安定に近づくまで量的
緩和を継続すると従来の政策を維持する方針を表明しました
これに
によって米国株の強気相場も持続すると考えられます
政策声明の内容は概ね予想通りだったんですが投資家が期待していた購入国債の年限の
長期化は見送られました
購入国債の年限の長期化というのは長期国債を買い入れるというものです
この長期国債の買い入れが見送られた理由はコロナワクチンの普及で景気が上振れする
可能性があるからです
仮に景気が上振れした場合期待インフレ率が上昇して長期金利が急騰してしまいかね
ないんです
金利が上昇すると企業は設備投資にポージンは住宅の購入に消極的になりますから
計器の故障れリスクが高まりますそのためこうした事態に備えて f ああ
ルビーは購入国債の年限の長期化というカードを温存しておくことが妥当と判断したと
いうわけです
ちなみに投資家が長期金利を気にする理由は景気の腰折れディスクのほかに株式の
バリュエーションが挙げられます
株式のバリュエーションとは br など株価が
割高割安かを判断する尺度のことです
例えば長期金利と株式のバリュエーションは逆相関の関係にありますから長期金利が
上昇すると株式のバリエーション
つまり per は低下し長期金利が下落すると br は上昇する傾向にあるんです
そのため
今回この購入国債の年限の長期化が決定すれば長期金利は下落し
opr 株の多いハイパーグロース株は大きく反発することが期待されていました
しかしそれが見送られたことで株価が大きく反発することはなかったんですが購入国債
の年限の長期化というカードが温存されたということは長期金利が上がりにくいことを
意味するのでハイパーグロース株が暴落するシナリオは消えたと言えるんです
さて長期金利の三島
4についてですが8月以降した音が次第に切り上がっていることがわかると思います
そのためこのまま緩やかに上昇が続く可能性がありますが
新型コロナワクチンの普及が予想外に遅くなれば景気悪化を理由に長期金利が急落する
可能性もあります
例えば fda
はバイザー倍音テック連合が共同で開発したポロなワクチンのほかに米バイオ
ベンチャーのモデルなが開発したポロなワクチンの緊急使用許可も承認しました
これにより12月のワクチン供給量は倍近くに増えて
2021年の春から夏頃までに希望者全員にワクチンを定期
8するという政府の目標達成に近づきます
しかしそれは夏になっても完全に普及していない可能性があるということですから景気
の下振れリスクはなお残されていると言えます
そしてその場合世界の投資マネーは安全資産である債券に流れますから
仮にトレンドラインを
やり込むようなら長期金利は200日移動平均線の0.74%をターゲットに急落する
可能性があります
長期金利が急落すれば高 per 株の多いハイパーグロース株が強含む展開が予想さ
れますから
まずは長期金利がトレンドラインに反発して上昇するのか歩い
は下にブレイクアウトしてしまうのかということに注目したいと思います
また frb は量的緩和の期間を完全雇用と物価安定に近づくまでとした上で前回の
今後数ヶ月という文言を削除しました
これは事実上の量的緩和の長期化を急い
間したことを意味しますそもそも量的緩和というのは frb が市中銀行から大量の
再建を開い入れることで民間経済に大量の資金を供給する政策のことです
例えばこのチャートは frb のバランスシートと s & p 500種指数の
推移を表したものになるんです

貸借対照表の膨張に伴い株価も大きく上昇していることがわかると思います
これは frb のバランスシートが膨張することで民間経済に大量のドルが供給され
てその結果一部の資金が株式市場に流入するためです
ですからこの量的緩和が長期化する
るということは引き続き民間経済に大量のドルが供給されることを意味しますから株式
市場にとってプラス材料になると言えるんです
また今後の frb の動向ですがパウエル議長は量的緩和の縮小について
その決断をするよりずっと前から市場に対して
アナウンスするとした上で現在は量的緩和縮小について全く考えていないと発表しまし

そもそも frb はこれまでインフレ率が目標の2%に到達する前にインフレが加速
しないように早めに量的緩和を打ち切ったり
政策金利を引
挙げるなど予防的な金融引き締めをしていたんです
しかしこれによって2013年と2015年に株式市場が急落するなどテーパータン
トラムを引き起こしたんです
ペーパータントラムというのは量的緩和縮小や
利上げといった金融政策の変更によってマーケットが癇癪を起こす状態のことでこれを
frb わけねー
ているんですそのため frb はいずれ景気拡大を理由に量的緩和を縮小するわけ
ですがパウエル議長はその決断をするずっと前からアナウンスすることで市場の混乱を
回避することを市場参加者に約束したというわけです
つまり今回の fomc は金融そう
祖母が長期化することが示されたわけですから
米国株の強気相場はしばらく続くと考えることができるんです
さてこうした中でビットコイン価格が一時2万3700取ると
2017年の高値19870ドルを上回り
史上最高値を更新しましたビットコイン価格が上昇している主な要因は米機関投資家に
よる相次ぐビッド金市場の参入に加え
えてドル指数が急落していることなどが挙げられます
例えば米投資会社1リバーアセットマネジメントが11月までに6億ドル相当の仮想
通貨を目立たないように買い集めたとした上で来年初めにも保有額を約10億ドルに
増やすことを明らかにしました
またウォールストリートジャーナルによれば米保険大手のマサチューセッツ
ミューチュアル life insurance が1億ドル相当のビットコインに
投資していると報じています
こうした機関投資家による相次ぐビッドフォン市場の参入と強気の姿勢がビットコイン
価格を押し上げている要因として挙げられます
加えてドル指数が819.95とドル安が加速していることもビットコイン価格を
押し上げた要因として挙げられます
ドル安が加速している理由は米国の景気が拡大することが予想されている一方で金利が
低水準に抑えられているというギャップが生まれているからです
通常世界の投資マネーというのは相対的に金利の低いところから高いところへと流れる
ものですから
金利を求めてドルが米国が
海に流出しているというわけですそしてビットコインは法定通貨の価値の漸減つまり
インフレヘッジとしての機能を果たすことが期待されていますから
ドル安が加速することでビットコイン価格は上昇しやすいんです
とりわけ米ドルはマネーサプライの膨張によって価値の全原画を
通っていますからビットコイン価格の上昇はしばらく続くと思います
ただし短期的に見れば調整局面を迎える可能性が高いです
例えばビットコイン価格はこれまでの史上最高値だった
1980070ドル水準がレジスタンスになっていたわけですがこれを上にブレーカー
落としたということは御後レジスタンスになるものが何もありませんから青天井となっ
て一段と価格が急騰することが期待できます
しかし通常はこのまま1本調子で上昇するというわけではなくて
レジスタンスがサポートラインに転換してそこから再び大きく変われるものですから
目先は過去にレジスタンスになっていた1980070ドル水準をターゲットに下落
すると思います
ですから慌てて買い向かう必要はなくて今は口座にお金だけ入れておいていつでも買い
出動できるように準備だけしておいてください
また個人投資家の中には b
と恋には同氏はしたくないけれどビットコイン価格上昇の恩恵は享受したいと考えて
いる人もいると思います
その場合はペイパルやスクエアなどビットコイン関連事業を手掛ける決済企業に投資
するという手段もあります
例えばペイパルは米国で仮想通貨売買のサービスを提供
ているんですが取扱銘柄はビットコインのほかにイーサリアムやら愛恋ビットコイン
キャッシュがあり来年には世界2800万以上の加盟店で仮想通貨の支払いが可能に
なります
そしてペイパルユーザーを対象に行なった独自のアンケート結果によると回答者の
およそ20
パーセントがすでにペイパルのアプリでビットコインの売買を開始しているほか
65%が今後受付が開始されたら
支払い用の朱金としてビットコインを利用すると答えたそうなんです
現在ペイパルには3億人を超えるユーザーがいますから
仮にそのうちの20%のユーザーがビットコインの売買を始めれば
6000万人もの人々がビットコインの売買を始める計算になりますビットコインの
利用者と流通量が増えれば価格が安定しますから機関投資家
はこれまで以上にポートフォリオに組み入れやすくなるので化学も上昇することが予想
されます
そしてペイパルにとってビットコインは単に収益を上げるための手段ではなくて
ペイパルのアプリの利用者を増やすきっかけにもなりますしそれがまた収益の増加に
つながりますから
ビットコインの上昇は
体張る8ビットコイン関連事業を手掛ける決済企業スクエアにとっても追い風になると
言えるんです
とりわけ frb が量的緩和の長期化を宣言したことで長期金利が上昇しにくいこと
を考えると株式のバリエーションつまり br は下落しにくいですからこうしたこと
もこう p
per 株のペイパルやスクエアにとって追い風だと言えます
[音楽]
今回の動画の内容をまとめると frb が fomc で量的緩和の長期化を宣言し
たことで米国株の強気相場が続くことが予想されます
そして量的緩和の帰還については完全雇用と物価安定に近づくまでとしたほか
デーパータントラムを懸念して両手
期間はの縮小はマーケットが混乱しないようにできるだけ早いうちにアナウンスする
ことが明示されました
また利上げについてもインフレ率が平均して2%上回るまでは決断しないと従来の姿勢
を堅持しましたから
金融相場による米国株の強気相場は2022
年間2023年頃までは続くと考えられます
こうした中でビットコインが一時2万3700取ると史上最高値を更新したわけですが
これは米機関投資家な相次いでビットフォン市場に参入していることが明らかになった
ほかドル安が加速しているためです
例えば米投資会社や米保険会社が相次いでビットコインを保有していることを明らかに
したほか今後さらにかいます姿勢を表明しています
また frb による量的浜の長期化は米国の景気が拡大することが予想される一方で
金利が必要以上に抑えられることを
意味しますからドル安が加速することでビットコイン価格も上昇しやすいといえます
そしてこのトレンドはしばらく続くことが予想されますから
僕は引き続きビットコインについて強気に見ていますちなみにビットコインに投資はし
たくないけれどビットコイン価格上昇の恩恵は享受したいと
考えているならビットコイン関連事業を展開しているペイパルやスクエアに投手すると
いう手段もあるので検討してみてもいいと思います
ということで今回の動画は以上になります good luck
行きですけオンライン証券会社 ig 証券とのタイアップ企画で渾身の書き下ろし
投資レポートを書かせていただきました
大統領選挙が終わりこれからいよいよバブル相場が始まります
このレポートではこれからやってくる壮大なバブ
相場の中で大きく値上がりすることが時代できる12銘柄を紹介しています
ig 証券の口座を新規で解説していただくなど簡単な条件を満たすことでおの
レポートを読むことができますからぜひ読んでみてください

関連の投稿

ヴェルグルの奇跡から学ぶお金を使う力

|国の経済には作用できない。ただ自分と自分の周りの経済には作用できる。最適なもの、最適なタイミングを見極め、勇気を持って投資しよう。

【お金2.0】新しい経済のルールと生き方/資本主義から価値主義の時代へ【本要約】

|人間は物質的に満たされた後、内面的な欲望をより満たしたいと思うようになる。

「税金を払わずに生きていく逃税術」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|日本はとてもいい国で好きだから今後衰退するのは悲しい。できることを模索したい。

「金持ち脳~捨てることから幸せは始まる~」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|無限に働いても楽しい、そんな仕事を持てるか。それは人生全体の満足度に大きく関係する。
よく検索されるタグ