【ベストセラー】『自分を操る超集中力』集中力が無い人必見!【本要約

この動画の要約・まとめ

動画の内容

自分を操る超集中力について解説していきます
1日24時間という時間はすべての人に与えられた平等な資産ですしかし集中力を自在
に操れるようになるとその24時間でできることに圧倒的な差
が生まれます短時間で多くのことを学び
短時間に質も高い成果を出せるように変わるということはそれだけ勉強時間仕事時間を
圧縮できるということですよねその警官1日で平均的な社会人の6か月に相当する生産
性を発揮することも可能になります
実際著書の daigo さんは1日で20冊程度の本を読まれています
社会人の平均読書量は月3冊であると言われているので単純計算で daigo さん
は常人の200倍の生産性を発揮していることになります
集中力が手に入ると仕事や勉強が短時間で終わり
評価や成績が上がるだけではなくあり余った時間でプレー
ベイトも充実していくのです
本書では daigo さんの実体験を踏まえつつ
集中力を科学的に高める方法が紹介されています
今回はその中から集中力をつけるために知っておかなければならないこと
高い集中力を生み出す3つの印字について
私名が厳選して解説していきますそれでは早速参りましょう
チャンネル登録高評価お願いします
まずは集中力をつけるために知っておかなければならないことについてです
集中力にまつわる最大の誤解は集中力=
生まれ持った資質という思い込みですこの5回のせいで人は集中できない自分を人より
劣っていると感じ
自信を持てなくなるのですでも安心していく
なさい集中力がある人ない人の差はその仕組みを知りトレーニングを積んでいるかどう
かの違いだけです
正しい理論身に付けトレーニングすることで誰でも思うように集中力をコントロール
できるようになります
集中力をつけるために絶対知っておかなければならないものにウィルパワーというもの
があります
ウィルパワーは思考や感情をコントロールする力で額から23センチ奥の前頭八からは
切れています
フィルパワーは前頭八の体力のようなものです
ウィルパワーには一定の量があり集中力を使ったり
意思決定をすることに少しずつ消耗していきますしかし日々の行動や習慣を変えること
によって
フィルパワーの消費量は節約することができますこの
ウィルパワーのしよう
肥料を節約するという方法は最も効率的な集中力の鍛え方です
人間の意思決定に関してコロンビア大学の
しーなーいーえんが教授が行った実験を紹介します
この実験ではあるスーパーの試食コーナーに
24種類のジャムをそろえた週末と6種類のジャムをそろえた週末で売り上げにどの
ような差が出るのかを調査しました
その結果じゃ
真の種類が豊富な時により多くのお客さまが集まり食したという結果が得られました
ところが食後にジャムを購入したお客さんのはリアを調べたところこの数字が逆転した
のです
この実験からわかることは豊富な選択肢よりも絞り込んだ選択肢を提示した方が成果日
ナガルということです多すぎる選択肢はウィルパワーを人間から奪い
結局判断できなくなってしまうのです
ウィルパワーが入っていいかになると先延ばしをするようになり
決定疲れが起きます決定を放置し
後回しにした場合フィルパワーが消費されてしまうのです
つまり人は行動ではなく意思決定で疲れるのです
これをやらないとでもあとでやろうかな
これは保留にしておこう
その保留りしたものが決定されるまでの間ずっとウィルパワーは消費され続けてしまう
のです
なので決断はすぐに口出すようにしましょう決断をすぐに下すことはウィルパワーを
節約する最も効果的な方法なのです
次に高い集中力を生み出す3つのエンジンに次です
これらのエンジンを巧みに使い分けていくことでトップスピードですぐに
オットーできる自分に変わることができます結論から言ってしまうと
高い集中力を生み出す3つのエンジンは場所指定
週間となりますまずは場所
についてです皆さんが本気で集中したいと思っているのならオフィスや自宅の部屋
外で仕事をするときなど皆さんを取り巻く環境の中に集中力を起動させるエンジンを
配置しましょう
例えば勉強机に物を置くなら水色のものが最適です
なぜなら水色には集中力を高めたい感じ感を短くする効果があると言われているから
です
また普段から小集中力を発揮されている daigo さんの机にはなぜか勉強や仕事
に関係ないはずのアイテムが1つあるそうです
そのアイテムとは何だと思いますか
答えは鏡です
daigo さんは集中力が切れてきた時には鏡を見てたら来始めた自分に気づき
いかんいかんと自分を諌めているのです
すると今の自分と次走の自分を比べて理想の自分に近づけようと思う力が生まれます
こうした思いを心理学では自己認識力
客観的
に自分を見る力と呼びます高い集中力を保って机に向かう自分でありたい
鏡に映る自分を見ることは自己認識力を高める効果があるのです
鏡の効果は勉強だけに限りません
会社のデスクのどこかに自分の働く姿が映る鏡おくことで気が抜けでしょ
また時集中力を再起動させるエンジンの役割を果たしてくれます
次に市政についてです作業の前に姿勢を整える
たったそれだけの準備であなたの体は集中しやすい状態へと導かれていきます
その理由は脳の仕組みにあります
集中力の源であるフィルパワー
それを司る全投票のエネルギー源はブドウ糖と酸素です
そしてこの2つを飲んで送り届ける役割を担っているのが血流です
勉強や仕事は座ったままで続けることが多いですがだんだんと腰が曲がってきたり猫背
になってきたりしますよね
すると胸の辺りが圧迫され自然と呼吸が浅くなります
すると血液の循環が落ち酸素の供給が滞り始めるのですその結果あくびが
れたりーぼーっとして集中力が低下してしまうのです
逆に腰が伸びることで呼吸が深くなり血液の循環がしやすい環境が整い
脳への酸素も十分に供給されます
姿勢を正すことは集中力を高めるためにとても重要なことなのです
ちなみに姿勢が良くなると前頭八の機能が活性化される効果もあります
では集中力が持続する正しい座り方とはどういったものなのでしょうか
放射では座る際に意識する4つのポイントが挙げられています
顎を引いて頭は首の上に乗せる
両膝をつける
お尻と腰を直角にする
足の裏を床につけるこれら4つのポイントを意識することで集中力を持続することが
できます
しかしこの4つのポイントを常に意識し続けることは非常に面倒ですよね
そこで1日に何回か正しい座り姿勢思い出し
座りなおしてみる習慣を作りましょう一見疲れそうな座り方ですが最も合理的に全身の
力が分散され血流が阻害されず
集中力が持続する理想的な座り方ですので座りながら作業する人はぜひ試してみて
ください
最後に習慣についてです
動画の最初の方でウィルパワーを節約するには判断や決断を減らすことが重要だという
ことについて解説しました
そして判断や決断を減らす最も効果的な方法が習慣化です人は習慣化された行動に関し
てはほとんどウィルパワーを消費せずに処理できるようになりますこの
習慣化を誰よりもうまく取り入れているのがトップアスリートと呼ばれる人たちです
幼い頃からの練習によって本来高度な選択決断の連続であるはずの
打つ走る蹴るといった動作の組み合わせが習慣化されます
脳は習慣化によってその習慣に沿った形に変化していくことが
研究からわかっていますこれは集中力に関しても同様で高い集中力を発揮しなければ
できなかった作業も習慣化することで集中せずに処理できるようになります
つまり習慣化によってウィルパワーを節約することもできるのです
この仕組みがあるからこそ彼らは18ホール
ラインディングという各競技のプレイの時間の間ずっと高い集中力を発揮し続けること
ができるのです
これはスポーツに限ったことではなく仕事のプロフェッショナルにも共通しています
彼らはスキルを身につけるまでは前頭八を使いながら学んでいきますが習慣化した後は
ウィルパワーを使わず行動に移します
だから長時間にわたっていくつものタスクを片付けることができるわけです
皆さんも
習慣化によってウィルパワーを節約する仕組み作りをしていきましょう
はい今回はメンタリスト daigo さんが書かれた自分を操る
超集中力について解説しました今回紹介した内容を簡単にまとめると
集中力をつけるために知っておかなければならないことは正しい利行を身に付け
トレーニングすることで誰でも思うように集中力はコントロール可能であるということ
決断をすぐに口出すことでウィルパーを節約することができ
集中力の維持につながるということについて解説しました
高い集中力を生み出す3つもエンジンとして
場所姿勢週間の3つについて解説しました
周りの環境に水色のものや
かがめおくことで集中力
お祭起動させる縁寿の役割を果たしてくれます
また姿勢を正すことで脳にブドウ糖と酸素が正常に供給され集中力の意思につながり
ます
習慣については人は習慣化された行動に関してはほとんど well パワー消費せず
に処理できるようになるということについて解説しました
本書では今回取り上げた内容以外にも疲れをリセットする
3つの回復法集中力を自動で作り出す5つの時間術などが紹介されています
気になった方は是非実際に手にとって読んでみてください
次回は弱さ喜一郎さんが書かれた科学的に幸せになれる能見が気を解説していきます