Skip to content

金持ち父さん、貧乏父さん/アニメ

この動画の要約・まとめ

動画の内容

僕の名前はロバート僕には2人の父親がいる

金持ちの父と貧乏な家だ

片方の乳は有名な大学を卒業し頭が良かった

もう一人の父親は高校犀疎通をしていない

両方の父とも一生通じてよく働く人だった

2人とも収入も多かった

でも一人の父は死ぬ時までお金に苦労した

そしてもう一人の父はハワイでに夫もお金持ちな人間の一人になった

その父は家族へ財産を残すだけではなく

慈善事業家協会にも何千万ドルというお金を寄付した

もう一方の父が残したのは借金だけだった

僕はハワイで育った日系5世だこの2人のお金持ちの家中やとそうでない父親から全く

違った教育を受けた

僕が小さかった頃あとでお金持ちになる父はまだお金持ちではなかった

ぴ一生彼の苦労したちも貧乏とは思えなかった

両方ともは核家族を養うお金を稼ぐのに一生懸命だった

僕には2人の父親がいたおかげで両方からたくさんのことを教わった

そしてそれぞれの父親からの教えについて考えなければならなかったしそうするうちに

人の考え方が人生におよぼす影響についても考えさせられた

例えばこんな風だ片方主はお金は諸悪の根源だというのに対してもう片方の乳はお金が

ないことが諸悪の根源だといった

っすそして片方の乳の言い草がそれを買うお金はないというのに対してもう片方のうち

はそれは禁句だ

どうやったらそれを買うお金を稼げるかを考えなさい

入ったぷ

そうこの2人の父親全く違った考え方をしたん

片方の市長はお金持ちは税金をたくさん払ってお金をない人を助けるべきだと考えてい

たのに対して

もう片方の乳は税金は働く者をばして働かないものを楽にさせるといった

片方の家がしっかり勉強所そうすればいい会社に入れるといえばもう片方主はしっかり

勉強しろ

そうすればいい会社を買うことができるといった

方この子は私が金持ちでないのは子供がいるからといえばもう片方の父は私が金持ち

などの子供がいるからだ

いっ

片方が食卓でお金の話をするのを許さなかったのに対して

もう片方は奨励しどんどんとお金の話をした

片方の乳は用いは人生最大の投資であり資産だと言ったのに対して動かた方の父は

用いは塞いだ自宅が最大の資産だという人には問題があると言った

特に大きな違いは片方の父が会社や政府が職業や従業員の一生を面倒を見るべきだと

信じて疑わなかったことだったこの父親にとって一生涯

職業が安定していることそしてそれよりも福利厚生が重要なようだった

もう片方の辞書は経済的に100%

自由で独立することが大事だと考えていた

退職後の温灸を受ける資格などに強く反対しそれは弱小でお金を他人に頼る人間を作る

だけだと言っていた彼にとって重要なのはお金を稼ぐ能力があることだった

片方の乳は貯金をするのにも苦労した

もう片方はどんどんと当時の額を増やしていった

片方の乳は飲食に付ける様に素晴らしい履歴書の炊き方を教えてくれた

もう一方の父はたくさんの従業員を雇うことのできる会社を作るビジネスプランと投資

のプランの書き方を教えてくれた

この2人の強力な父親を教わったおかげで全く違った2つの考え方が人生におよぼす

影響を目の当たりにすることができた

そして人の思考が本当に人生を作り出すことを知った

例えば僕の貧乏な倒産は自分は絶対に金持ちにはならないと言っていた

その予言はまさしく的中した

一方の金持ち父さんは自分は金持ちであると常に言っていた

例えば自分は金持ちだ金持ちはそんなことはしないと言った

そして貧乏であることとお金に困っていることは違う

お金に困っていることは一時的だが貧乏は一生続くといった

貧乏の倒産がお金には興味がない

お金が問題ではないというのに対してお金持ちの父はお金はパワーだといつも言ってい

僕は幼くてちとの思考を推し量ることはできないけれど自分が何を考えどう行動するか

がいかに大切かは理解できた

貧乏な家が貧乏なのは収入の多さではなく考え方や行動が原因だと僕は気がついた

実際貧乏後にもそれなりの収入があっ

2人の全く違った父親がいたおかげで2つのどちらの考え方を選ぶかがとても大事だと

強く思うようになった

いったい僕はどっちの言うことを聞いたらいいんだろう

金持ち父さんかそれとも貧乏の倒産か

2人とも教育やトレーニングはとても大事だと考えていた

でも何を勉強するかという点では考え方が全く違っていた

片方の父は僕にいっぱい勉強して立派な学位を取れそうすればいい会社に入れる

そしてたくさんの収入を得られるといった

もう片方の乳はお金がどう働くかを勉強しろ

そしてお金をどう働かせるかを学べといった

彼の言い草はお金のために働いているのではない

お金が自分のために働いているんだ

9歳になったとき私はお金に関しては

金持ち父さんのアドバイスに従うことに決めた

それはもう一方の貧乏な倒産には耳を傾けないことを意味した

実はそれが本当の倒産だったけれど

随分と昔森の奥深くで道が二つに分かれていた

そしてそして私はあ者との少ないほうを選んだ

その決心がその後どれほど大きな違いになったことか

ロバートフロスト1916年

どちらの父親のアドバイスに耳を傾けるかを決めたあと僕に対するお金の教育が始まっ

金持ち父さんは私が9歳から39歳まで30年もの長い間私を教えてくれた

頭の悪い私に攻撃よく何度も何度も言い聞かせて教えてくれた

そしてその全てを私が理解しもうこれ以上を教えることがなくなったときある

落ちとうさんのお金の教育が終わった

関連の投稿

ヴェルグルの奇跡から学ぶお金を使う力

|国の経済には作用できない。ただ自分と自分の周りの経済には作用できる。最適なもの、最適なタイミングを見極め、勇気を持って投資しよう。

【お金2.0】新しい経済のルールと生き方/資本主義から価値主義の時代へ【本要約】

|人間は物質的に満たされた後、内面的な欲望をより満たしたいと思うようになる。

「税金を払わずに生きていく逃税術」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|日本はとてもいい国で好きだから今後衰退するのは悲しい。できることを模索したい。

「金持ち脳~捨てることから幸せは始まる~」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|無限に働いても楽しい、そんな仕事を持てるか。それは人生全体の満足度に大きく関係する。
よく検索されるタグ