Skip to content

【ブラック企業の見分け方】ヤバい会社を避けるための注意点3つ【お金の勉強 初級編】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

ブラック企業の見分け方やばい会社を避けるための注意点3つとこういうテーマでやっ

ていきたいとおもいます

僕の簡単なプロフィールですこんな感じになってますんでね興味のある方はまた見て

頂ければと思います

質問いただきましたここですね学長の動画を毎朝視聴

するようになり人生をより良くするぞという意欲が湧くようになりました

長く今の職場で働いてきましたが現在30代後半ということもあり

本気で転職を考えていますただ転職先がブラック企業だったと思うと怖いです私には

最初もいるので気軽に何度も転職し直すというのは難しいです入ってみないと分から

ないというのは重々承知なのですが

もし学長が転職されるとしてできる限りブラック企業を避けるとすればどうされますか

転職活動のヒントにさせていただきたく教えて頂けると嬉しいですよね

更衣室もいただきましたので結論から言いたいと思います

質問者さんがおっしゃる通りね会社の本当の実態っていうのは入社してみないとわから

ないんですね結局のところはね

入所してみたとしても分かるまでしばらくかかるっていうこともあるくらい

なかなかねわからないということも多いんですねとはいえできる限りの情報を使って

ブラック企業を引いてしまうっていう確率を下げたいのが人情ですよね

なんで僕

もそうすべきだと思います出来る限り避けるべきだと思いますなんでこの動画ではね

ブラック企業の見分け方っていうのを徹底解説したいのと

ブラック企業は絶対ヤダーって人が最低限守るべき3つの注意と

以上についてしっかり解説したいと思いますんでブラック企業で苦しむということを

事前にね

防ぎましょうで前提なんですけどブラックキー

ような定義ですね一体どういったものブラック企業度呼ぶのかということなんですけど

ブラック企業の明確な定義ってないんですよね

でこの動画ではこんな特徴のある企業させてブラック企業と呼びましょうと

長時間労働ですねとかハラスメントが常態化しているとそれから残業代とかペアでの御

祓いとかの違法労働が行われているとそれから採用離職が繰り返されて社員が使い捨て

状態になっていると社員も全然大事にしてないそういったね

企業ブラック企業の定義として話ししていきたいとおもいます

で解説ねいきたいんですけども

見分け方市と自分でやばい会社ポイント8つをチェックすると

チェックポイントの8子ですねまずは自分で調べられることを調べていきましょうと

いうことになりますやばい会社にありがちなポイントを8つ

チェックリストにしてみました1つでも当てはまっていたら必ずアウトってわけでは

ないんですね

でも当てはまるものが多いんだ

たらよくよく警戒しておいたほうがいいですよということでひとつ頭たが=ブラック

だけじゃないんですね

なんだけどここをねあんまり当てはまるようだった警戒しましょうとブラック企業を

選んでしまってから後悔するのは肉体的にも精神的にも辛いんでこれらねよくチェック

してもらえたらと思います

やばい会社ポイントを一つ目と過去に法令違反がある会社ですね

過去に法令がを行って処罰を受けているという会社には要注意しましょうと

なぜなら不正を行う企業っていうのは不正を行う文化を持っているからですね

1回やってもね是正されてたらいいんじゃないのって思うかもしれないんですけど何回

でもやるんですよ

不正は繰り返されますとやる企業っていうのは何度でもやるしやらない企業てが一度も

やらないと企業不祥事に関する調査研究家らもその傾向明らかな

んですね転職だけじゃなくてこれは投資の視点でも同じで僕はね

不祥事を起こした企業の株は買わないと手放すとそういうね

ルールでやってますね基本的に不正は繰り返されますと企業文化ってのはそう簡単に

変わらないんですね

そんなこと言ったってそんなことないでしょうって思いたいのはわかるし僕もね

人は

がはるって信じてるんですけどそれでも企業文化っていうのがいかにねどれだけ変わり

にくいかっていうのはやっぱり経営する中で理解してるんですね

特に大きめの企業になればなるほど企業文化は変わらないです

さっき投資の面で打ったように上場しているぐらいのある程度の年数だったり大きな

会社になるともうそれは企業文化はそう簡単に変わらないです

例えばね

できて1年2年たぐらいの出来立てのベンチャーというのは10代の子供とかと

いっしょなんでいきなり全部完璧にあるというのはなかなか難しいんですね

出しだけどまだまだ若いしやっぱり柔軟性もあるして代わっていきはあるんですけど

大きい年数が長い会社というのはもういい歳の大人からおじいちゃんとかと一緒なん

ですよね

なんで若いうちだったら可能性は高いけどもやっぱり年齢を重ねて人格形成が終わって

からでは変わりにくいですよね人でも企業ってなるともっとそうなんですよ

だからほうれんファンは行っちゃうような会社っていうのがホワイト企業っていうのは

ちょっと想像しにくいと思いませんかね皆さんねっていうことでこれがやばい会社

ポイントを1つ目と2つ目のポイントは離職

率が異常に高い会社ですね離職率が高い会社には要注意と

人がいつかない会社にはいつかないだけの理由があるんですよこれもねやっぱり経営し

ている中で僕自身本当に思います例えば就職四季報で3年後離職率という数字を確認

することができるんですね

大卒の3年後離職率の平均値は30%前後とこれを大きい

9超える会社には要注意ということになってきます

無料のねネット情報で確認したければ平均勤続年数というのが参考になると思います

この平均勤続年数の平均は約12年だからこれを大きく下回る会社には注意といいこと

になってきますね

ねちなみに偉そうに言ってるんですけど僕の会社もね昔はね

3年後離職率とかも30%以上全然私

で休養はもう良かったんですけど人がね本当に長く続きにくい仕組みだったんですね

1年とか2年とかで人が寝すぐ辞めていってしまうと労働時間を長いし会社のビジョン

が旧できてないから社長というかこの会社がどっち

見ていきたいか未来が見えないんですよね結局ねこのままここにいていいんだろうかと

か私にミラーあるんだろうかとかね

リモートワークとかの it 化が進んでないんで女性とか金結婚して辞めちゃう働き

たいんだけど結婚して辞めちゃうとか

物理的に働けないとか通えないとかいう状況になっちゃったりとかね

そういったことも多かったらあまり未来に希望を持ってもらいにくい

会社だった

んですよねで猛省してね社員満足度日本一の会社に見学に行ったんですねこの辺の話は

色々してますけど

まとめてねやっぱり社員が辞めちゃったりとか自分の行為とというか思いが伝わらなく

そんな事全然考えてないのにいっていうところで

者インドの溝ができてしまったりとか

大量に人が辞めてしまったりとかそういったこともあったんで

本当に反省して社員満足度日本一の会社で複数車

見学生かしてもらいましたね色んな社長んとこいて教えてくださいっていってね

そしたら結構あの皆さんで快く受け入れてくれて本当に感謝してるんですけどでそう

いう会社とかを見たときにね

ああなんだと自分の会社自分自身が前

悪かったんだっていうのはね本当に反省しでねそこからもう改善どんどんしていったん

ですね

そしていくと3年後離職率ね8かもうほぼ0%にとば3年以外に入社してから3年以内

に辞める人ってまあほとんどいなくなりましたにどの時期をマティーとるかにもよるん

ですけどほとんど3年以内で離職する人っていうのはいなくなりましたね

net

特に女性て長く続けれない環境だったんですけど男性の方がね

多いときも多かったんですけど今や女性の方が多い職場になったりとか

第三者機関のとで評価期間社員満足度調査をする期間とかがあるんですけど

そういった機関からね会社方針優秀賞というのをもらったりとか全国で上位10%

ぐらいに入るような社員満足度だそうです

れ詳しくはねこのようなやめない優秀な社員を雇い方という動画で話ししてますので

参考にしてもらえたらと思うんですけどそういう経験があるからこそ本当に思うんです

離職率が異常に高い会社やっぱりなんかあると自覚してるかしてないかっていうのは

その会社がね

おいておいてやっぱりなんかあるんですよ本当にいい会社いい環境だったらそんなに1

ってやめないですからねなんでこの離職率が非常に高い会社には気をつけましょうと

それから3つ目のポイントブラックになりがちな業界というのがあるんですね

特定の業界ん属する企業がすべてブラック企業だっていいたいわけじゃないんですね

この業種は外食産業は全部例えばブラック企業団なんてね

いうつもりはないんですただしそのブラック企業になりやすい

ブラックになりやすい業界っていうのが存在するっていうのもまた事実なんですね

イメージでいうとこういう感じです

猫の分類表みたいな感じですけどねやばい業界にはやっぱりブラック企業がすごく多い

んですよ

でやばい業界というのは構造的な問題を抱えている業界なんですね

例えば需要が減っていく業界では一人一人に過大なノルマが課されがちだったりとか

高コストプットとか低利益率の業界では無理でも人件費を削減した

9なるとここしかココおぢ削減しないと利益が出ないからどうしてもここを削減したく

なっちゃったりとかね

慢性的に人手不足の業界だったら人がで代わりがいないから

長時間労働で働いて欲しい求めたくなっちゃうとか

確かにこういう状況の中でホワイトなケーっていうのは維持するのは大変そうなんだ

って

仕組み的にね倫理的にどう

おおなんだとかじゃなくて仕組み的にそうなりやすいっていうそういうことですね

具体的にはこういった業界です運送業界とかね

外食産業飲食業界ですね氷業界とか百貨店アパレル業界学習塾

旅行業界介護業界とかは注意が必要な業界だと考えられるということですね

れ4つ目のポイントとして一年中サインをやっているという企業も気をつけた方がいい

と定期的に転職に関する情報収集をしていると年中無休で採用活動をやっているという

会社を発見することがあるんですね

例えば皆さんもないですかね経験あれで今回は半年前に見た時の房州出てたなぁとか

いや1年だったけどこの会社また募集でてるぞとか

3年経ったけどまたこの会社やとかね特に何か新しい人が入ったりとかブログとか見て

もねそういった

何かこう更新されている形跡もないしとかこういう会社には要注意と中途採用の募集を

止められないっていう会社は入社したいって思ってもらえる魅力が無いか思った人が

すぐ入った人がすぐ辞めてしまうかもし

が成長規模拡大を続けているっていうどれかである可能性が高いんですね

だからこの成長とか規模拡大中の企業だったらいいんですよ

新しく人が入ってるけどなかなかの人出が足りないどんどん売り上げが上がっていく

規模が大きくなっていくから人が足りないってこれだったらまだいいんですけど

1とかねーよね人がいつかないっていう会社これは遠慮したいところな

ここは見分けたいところですね

やばい会社ポイント5つめ未経験者の給料が高すぎると特別に高い給料が提示されて

いる会社についてはね

一度立ち止まってなぜそうなっているのかっていうのを言ったね

考えておいたほうがいいです特に未経験者の場合

スキルとか経験が評価されているっていう理由は考えにくいですよね

未経験者なのになんでこんなに払ってくれるんだろうと

はねスキルとか経験がいきなり未経験者がある訳がないんでそうじゃないのに高い給料

を払ってくれる理由というのは高い給料を提示しないと人を集められないと職場環境と

かに問題があるとか

見せかけだけ高い給料を提示しているとか残業代の計算とかにカラクリがあったりとか

残業代は内容とか

30万月給30万って書いてるんだけどとかね

でも実はとか

提示している条件と実際の雇用条件が異なるとかまあそういったケースもありえるん

ですね

なんでうまい話には注意しましょうとちなみに余談なんですけど僕の会社ではね

同じように未経験者の時から給料が高すぎるってこれ怪しまれました

ブログとかいろんなもんでねなぜそうなのかってのはだいぶ書いてたんですけどね

それでも怪しまれちゃいましたね価値観が合う

だったらみんなで分け合いましょうっていうそういうスタイルのね会社だったりとかし

たんでやっぱり最初からね将来の成長に期待してこれだけ払うよと言う

そんなに当てたんですけどやっぱりそれでも怪しまれちゃったりしたんですよ

なんで本来の月輝よりね10万円弱

低い金額で募集をかけて採用が決まったら

決まった人に耳

すまねえともうお給料がもっと高いんですなんていうね話をしてました

まあいい意味でびっくりしましたけどいいんですかみたいなねあのびっくりしてました

けど

であとはね条件がいいと優秀な方ってすごく着ていただけるんですけど

条件のみを見て応募される人っていうのが結構多かったんですよ僕の会社みたいな知名

度が全然ない小さな会社

なんでを上場企業とかだったらね話別だと思うんですけど

小さな企業だったんでそこであんまり給料が高いが怪しまれちゃったりとかもしくは

条件だけを見て

本当は僕は価値観の合う人と一緒に働きたかったんですけど

条件面だけを見て応募されるっていう方が結構いたんで少し相場ぐらいか

業界の相場ぐらいかやや低いぐらいの水準で条件を出しておいて

金銭面じゃなく

て価値観で会う人が来てほしいなあとそこでフィルタリングしてたんですね

なんで結果的に価値観が合う人にたくさん給料を支払うという感じですかねこの給料で

も来てくれるで価値観もアウトだからもっと給料を払うみたいなね

そんな感じでね逆の方のちょっと嘘をつくというね嘘をついているわけではないんです

けど

やてたという感じですかねえねえか

それかやばい会社ポイント6つ目精神論を好む会社ですね

募集要項とかねホームページ面接官の発言なんかにやりがいとか

アットホームとか夢に向かってとかね笑顔チャレンジングとかやる聞いてかなんかよく

ありませんなんかガッツポーズみたいなね

なんかみんな出会いまあのアットホームな職場ですみたいなね

曖昧な言葉が多い会社にも要注意とそこそこはあってももちろんいいんですけどそこ

ばっかりをしてくる会社ですね

もしかするとそれはね具体的な仕事内容とか

福利厚生制度とかアピールできないから何度でも言える精神論が増えてしまうのかも

しれないということですねもちろんこれが全部できたての会社でな

田中出せるものがないっていうね by は行為のになったりするんですけど

こういったことばっかり出せるところも注意と

でやばい会社ポイント7つめ選考中に話が変わっていく会社ですね

選考が進むにつれて雇用形態とか給料とか仕事内容とか

試用期間とか福利厚生制度とかこれらについてね話が変わっていく会社ってのは

ブラック企業の可能性ありというかこれはかなり高いと思うんでその可能性が非常に気

をつけたほうがいいです

特に雇用形態にです

いけばね正社員の面接だったのに気づいたら契約社員でことになってたとか

なんていう話も珍しくないんでこれはよくよく注意が必要と

雷帝直前まで話が進んだらついつい面接官にいい顔したくなっちゃうじゃないですか

なんかねここまで進んだシーとかなんかねまぁ良くしてくれているしてこのぐらいでも

いいかなーとかまぁ最初は契約社員っていうことだになってるけど

まあいいかなとか思ったりするかもしれないですけどこれはね流されないように気を

付けたいです

一番大切な契約条件とか約束っていうのを守れない企業はこれは駄目ですね今後も

ずっと事あるごとにそうなっていきますから

これは気をつけましょうとそれかやばい会社ポイント8つ目真夜中までオフィスの電気

がついていると

最後のチェックポイントオフィスの消灯時間ですねいくら会社側が働き方改革やって

ますか

長時間労働をさせませんとか残業削減に成功してますとかそんなこと言ってても

オフィスの伝統は真実を語るって言ってね最後は自分の目で確かめることも必要かも

しれないです

そういえば youtube でね本当の残業時間というのが話題になったりもしても

した内定受諾するね前の最後のチェックとして自分で確認しに行ってもいいのかなと

そういうふうに思ったりします

で見分け方ねえ奴や媒介者ポイント8つをねチェックしてもらったら次は見分け方に

移動して他人のブラック企業判定をチェックするということですねここではね他人の

意見というものも参考にしてみましょう

ブラック企業リストを見るということですね正式名称は労働基準関係法令違反に係る

公表事案っていうね

など難しそうな名前なんですけど要は厚生労働省が発表するいわばね公式にヤバイ会社

ということです

公式にヤバイと例えば平成31年の1月から例は元年の12月末まででは

カルビーポテトとか目にストップ福島八木田店とかね

西濃運輸とかありがとうサービスとかこれらのね

数百の会社が掲載されているんですねここを見ることによって公式にヤバイ会社が

わかるということになりますね

だが口コミをチェックしましょうと可能だったら実際に働いていた人の話を聞くって

これがやっぱり一番なんですよね

やっぱ入ってやると働いてた人ってのは内部のことねやっぱり良く見えてるんで

パットはいいですよそういう聞けたらいいんですけどそんな都合のいい友人とか知人と

いうのを見つけるの難しいと思いますんで

であればねせめて口コミサイトぐらいはチェックしておきましょうと転職会議とかね

オープンワークとか有名ですよねこれをなサイトをチェックしておきましょうと

もちろんで必ずしも成果

ではないという情報もありますしなんかそりが合わなくてちょっと悪く書いちゃったと

かそういったこともあるとは思うんで注意は必要なんですけどね自分自身で考えないと

いけないけどさっと目を通しておくっていうのは参考になるんじゃないかなと

たくさんやっぱりね悪く書いてあるってとかやっぱなんかそれなりにあると見分け方3

つ目転職エージェントを使いましょうと見分け方さんはね9

神経路のチェックですものすごくザックリ言えは転職サイトをとをして求人募集をして

いる会社と転職エージェントを通して

求人募集をしている会社とこの転職サイトを通しているか

転職エージェントを通しているかというのを比べてみると

転職エージェントを通して求人募集をしている会社のほうがブラック率低いんですね

どうしてこのエージェント型の方がブラック率が低いのかというと

転職サイトよりね転職エージェントのほうがいい理由ってことで企業の立場で考えると

エージェント型の採用の方は高コストなんですよね企業側が高コストなんですよ

だから高いコストをかけてまで採用した人材にはすぐに止められたくないわけですよね

だーさぞ高いお金を払って高いコストをかけて採用した人材なのに使い倒してね

とにかくもうすぐ辞めてしまうような環境でもやっぱりもったいないと企業がが大事に

しようと自然と人材を大事にしようという意識が働くんでたくさんのお金をかけて

採用した人だから大事にしようってことですねそもそも採用活動にお金をかけられる

っていうのはそれなりに利益が出ているとか

人材に投資する気持ちがあるってこのに条件を満たす会社だけなんですよね

なんで構造的にこうなりやすいということで

じゃあどこのに転職エージェントを使ったらいいのってとおすすめの転職エージェント

としてはこれらになりますね

20代はマイナビエージェントそれから30代以降はジェイエイシーリクルートメント

をお勧めしてますかこの動画でも出したことがあるんですけど今も同じ考えです

僕の友人もねまあ数人使ってて実際のところを知った上でおすすめできるという人の

株は7つのターン a 7つの転職サイトとかエージェントを利用した上で最も

ブラック企業対策に協力していく

売れるって感じた2社とこういう風に言っています実際僕の方にねラインとか

twitter の dm とかいろんなもので質問とか

麦県とかね乾燥いろんなものをくるんですけど実際ここを使ってね転職して年収 up

しましたとかすごく良かったですという方多いですて転職エージェント使ったことある

んですけどあんまりよくなかったってのはね

ここ意外によくあんまり聞いたことない名前の会社とかとにかく入れようとして来まし

たとかね

とにかく転職させようとだけしてきましたみたいな不満があるところは結構ここ以外の

ところが多かったですね

jcd クルーと麺とは即戦力菜食即戦力採用でハイクラスの求人を狙う人には合っ

てるんですよね

目安としては年収600万円以上の人だったらバッチリ優遇してもらえると日系外資

それぞれに良質な求人案件が多数

乗っててエージェントさん自身が結構ね優秀な方が多いというのが特徴かなと思います

マイナビエージェントの方は若手の求人を中心にね

日系大手企業に強いエージェントなぁで周りでも対応が抜群に親切っていう声がすごく

多いです

業界知識があって優しいんでね安心して相談できると思いますおすすめエージェントに

者についてはこの動画の概要欄に公式サイトの設定

おきますので転職エージェントってそもそも何とよくわからないという方はこの動画を

見て欲しいと思います転職サイトではなく転職エージェントを使うべき理由ですね年収

アップさせたいんだったらというこの動画を見てほしいかなと思います

でおまけとしてそれでもブラック企業だった時の保険として

注意点3つを抑えたとしてもブラック企業に当たっちゃう確率っていうのがゼロには

ならないんですよね100%絶対にブラック企業見分けられる方法っていうのは存在し

ないんですよ

あるんだったらねお伝えしたいんですけどないんですよ同じ会社でも触手とか部署に

よってやっぱブラックとかホワイ

てが分かれることもあればやっぱ相性とかねええそれぞれのね

ここの人の感じ方っていうのはサワーあるからですね

万が一転職先がブラック企業だったとしても大丈夫な方法あるのかというと例えばこう

いったものを持っていればブラック企業に当たってしまった場合の保険になるよと

いつでも転職できるスキルとかね独立起業して稼げる力

それからまとまったし3週によってこの3つがねもうすごく大事なんですよ

これらを手に入れる工夫をしておくってことも一種のブラック企業対策になるよという

ことですね

いつでも転職できるスキルがあればブラック企業からの脱出は簡単ですよね

自分の身を守ることを思えば自分の天職市場での価値を意識してそれをアップさせる

経験を積むと

でスキルを伸ばすとこういう意識は働いていくうえで不可欠なんですね

で賢く自己投資をしてスキルを積み上げておきましょうとこの辺で見てほしいですね

使わないと損のサラリーマンが20%オフで事故当時する方法という動画3

て欲しいと思いま知らない方多いんでねせいか2つね独立起業して稼げる力があれば

やばい会社にはいつでもサヨナラできますよね

転職直後に限らず職場が5ブラック化するか分からないってのが今の世の中なんですね

もともとはそんなブラックじゃなかったんだけどブラックになっちゃったとかね

小さい会社とかだったら社長が世代交代してブラックなっちゃった

なんていう会社もあったりとか景気が悪化して人手不足になったり

人次異動によるねパワハラ上司の降臨とかリストラによる職場環境の悪化とか

副業などでビジネスを始めて小さくとも自分個人で稼げる力を手に入れておくっていう

ことはこれはねもしものときの保険もしもの時の自分保険ですね

そして有効な手段だよとこの辺の動画見て欲しいと思いますじゃあ何をやって稼いだら

いいの

いう話はこの辺ですね直近増やしたりその後会社辞めたいそれならこの副業野郎

8000と

稼ぐ力っていうのを育てておいてもらうことで急用以外の収入を増やしておいてもらう

ことで

時本当の意味で自分の身を守るお守りになると思いますんでね

それからまとめ

あった資産収入があればもちろんブラック企業は強く内容とまぁそれはそうだけだと

そんな人はそもそもブラック企業で悩まないでしょってね

思いますよねまずはおっしゃるとおりなんですねとはいえそういう状況に少しぐらいは

近づいてきただけですねブラック企業は嫌だーって思っているこのタイミングも資産

形成について勉強したり行動したりするひとつのきっかけにできるわけ

ですからこの増やす力というのを身に付けてね金の鶏ちゃんと

を育てておけば非常にね自分の最低限の生活インフラね

生活費の足しになってくれると思いますので自分一人じゃなくて自分のためだけに働い

てくれる金の鶏ちゃうね

小さい時からでもいいで少しずつ育てていきましょうか

トーチなんて何から始めていいかわからないという方で

もこのチャンネル一から学んで行動できるにしてますんでこの増やす編資産を増やす力

を育てようというこのカテゴリーにまとめてますんでね

ぜひ見て欲しいと思います動画の概要欄から影響の動画で紹介してるないようなものは

全て見れるようになってますんでね

音まとめに行きたいんですけどブラック企業で苦しまないためにとブラック企業に

当たらないために打てる手はすべて映ってのがオススメだよと

なぜなら環境は意外と簡単に人の心身を壊すからですね

働く人にとってブラックティーはなかなかの脅威ということですよ

人ってねブラック企業とかそういうダメな環境で働くってあって働いたりとか言うと

割と簡単に壊れちゃうんですよね今すぐ辞めるべきブラック企業の特徴3つって動画で

も話ししたんですけどそういったねところにいると本当に身体も心も壊しますからこれ

はね早く逃げましょうとブラック企業そもそも

避けたいわけですよねなんでこのブラックティーを避けるための注意ては3つと自分で

やばい会社ポイント8つをチェックしようと

過去に法令違反があったり離職率が非常に高い

ブラックになりがちな業界一年中咲いをやっている

未経験者の給料が高すぎる精神論を好む

選考中に話が変わっていく真夜中までオフィスの電気がついているとこの8つので

ポイントねやばいポイントをねチェックしましょうとそれから他人のブラック企業判定

をチェックすると

ブラック企業リストを見たり口コミもチェックしましょうと鵜呑みにするのは良くない

ですけどね

それから転職エージェントを使いましょうと20代はマイナビエージェント30代以降

はジェイエイシーリクルートメントを使うのがオススメだよと3つの注意をしっかり

守って少しでもブラック企業を回避率ってのあげてほしいですねこれらをや

手間とだいぶ回避できると思いますぜひ後悔のない転職活動をしてほしいなと思います

以上参考になれば嬉しいです動画がいいなと思った人に紹介してもらえたり

いいにはチャンネル登録してもらうと嬉しいですでリベディアゆるコミュニティね無料

でやってますんで

そういった転職についてのチャットとかもありますからぜひ情報交換とかね

有効活用してほしいと思います今日が人生で一番若い

ですから転職もね自分の人生を良くするための大きな行動です

世の中には会社が400万社あるわけですから400万人もお付き合い広報がいるって

いうねそういうことですね

dv 会社とかで出会っちゃったりとかねそうならすぐに別れる版も離れるべきですね

合わない会社っていうのもこれは離れた方がお互い幸せになれると思います

今は

いい会社に出会う機会がたくさんある素晴らしい時代ですから

自分自身も磨きつつ自分に合う素晴らしい会社っていうのを見つけていて欲しいと思い

ます影響からしっかり学んでいい人生にしていきましょうというところで終わりたいと

思います

今日もありがとうございましたーーー

関連の投稿
よく検索されるタグ