Skip to content

短期間で年収を上げるために重要な3つのこと【日本の雇用環境における結論】【稼ぐ 実践編】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

質問いただきましたいつも貴重な知識を伝えてくださいありがとうございます
私は現在新卒で入社した会社に勤めています
もうすぐ30代になること結婚を控えていることもあり今の練習では正直不満で
不安もあります会社員の立場で手っ取り早く年収アップするにはどうすればいい
でしょうか
経営者でもいらっしゃる学長の考え教えて頂きたいですことでね話をしていきたいん
ですけど
結論から言うとね年収を上げる最短コースは年収にこだわった転職になってくると年収
を上げようと思ったら選択肢がいくつかあるわけですよね
今今回は手っ取り早く
年収アップさせるために重要な年収をアップさせるための5つの選択肢と手っ取り早く
年収を上げるために重要な3つのことこれらについて解説していきたいとおもいます
上級を満たす人だったらもうこの動画を見た直後に年収アップのためのね
第一歩早速踏み出せるようなそんなないようにしたいかなと思っています
で解説行きたいんですけどねぇ
集をアップさせるための5つの選択肢ということでこの5つになってきますね
順番に行きますけどまず昇進を狙うってことですよね今の会社でね
現在勤めている企業で成果を出して引っ張り上げてもらうとそういうパターンですね
ただ基本的に日本企業の給与体系っていうのは年功序列の要素が強くて
同期とあんまり差がつかないんですよね同期と差が出るようになるのは
管理職層になれるかなれないかあたりの年齢からになってくると
で今20代から30代の人がガッツリ年収をあげようと思うと5年から10年といった
スパーで頑張る必要があるとなお猫の昇進とか昇格っていうのは運の要素もかなり絡む
わけですよね
時間をかけた挙句に運がなかった場合ってのは結構したんですよね
実力だけではどうにもならないというのがサラリーマン組織の宿命と
で会社員経験が数年ある人だったらねちょっとはわかるわかるてピンと来るところって
あるんじゃないかなと思いますね
もっとも短期的に効き目のある年収アップ方法というのはよくやるね
残業しまくるってことなんだけどこれやっぱり時間を失う死過労とかで心身ダメージを
負う可能性が高いし働き方改革とかでね
無限の残業というのが認められにくくなっていることとこれらを考えるとあんまりいい
気じゃないんですよねこの昇進を狙うというかねじゃあ2つめ独立起業するってことな
んですけど
会社員として昇格を狙うよりも独立起業を狙う方が upside ね伸びしろが
大きいということになってくるんですけどとはいえね
この副業とかっていうのはどこでも独立起業というのはやっただけとか
やった分だけ必ずお金を稼げるとは限らないわけですよね
稼げる時もあれば稼げない時もあるということで安定とはちょっと少々遠い生活になる
かなと
僕の友人のねまぁエンジニアとか知人のエンジニアですけどね
年収400万円だったんですけど the
在職中に副業でね独立するネットを見つけて
で年間600万円分の仕事を発注してくれるパートナーを見つけて独立したと
ところが独立して1年半経ったときに取引を一方的に打ち切られてしまって理由はよく
わからなかったってね
今は新しい取引先を獲得するために貯金を切り崩しながら影響活動に奔走しているって
ます
リーの世界ではこういうことは珍しくないとただこれはちょっと作り方というか独立の
仕方とかがね
もうちょっといろいろ工夫の仕方はあったんじゃないかなってところマートからです
けどね
ありますけどね1社だけに偏って売り上げのほとんど一緒に偏るっていうのはあんまり
良くないっていうのはね
まあまああの定石というか企業の定石なんでまぁこの辺とか
で工夫の余地とかもう少しあったじゃないかなとか思ったりするんですけどまぁリスク
ヘッジというかね
だけどもこういったことも古いの世界では当然あり得るというそういうことですよね
3つ目副業するという選択ですねこの副業っていうのも手っ取り早く年収をアップさ
せる選択肢の一つでね
で副業って言われてパってどんなものがあるか思い浮かばないっていう人は過去の動画
をね参考にしてください
学長がおすすめする副業7000でねかなり具体的に解説してるんでね
ねこの本もおすすめですよと副業図鑑でねまぁ大東園
授業網羅してるんでこの中から興味があるものに手を出して試行錯誤していけば ok
かなと思いますね
でこの残業の時給よりも副業の時給の方が高くなった場合っていうのは副業のメリット
はかなり大きいというわけですね
ねここについてはこの動画で詳しく解説してますよと
会社で残業で100万円稼ぐよりも
苦行で100万円稼いだ人が方が手取りが圧倒的に多くなる3つの理由ね
気持ちの面でもやっぱり収入の柱が増えるわけですから
会社だけで100万円増えるよりもやっぱり収入の柱が何本かあった方が
水の流れが何本か頭がやっぱりね安心感というのはありますよね
副業は手っ取り早く
さあの年収をアップさせる選択肢の一つなんですけど
問題は残業と同じで時間を失うんですよねそれから過労で真摯にダメージを負う可能性
が高いと残業っていうのは勤務時間に比例して確実に貰えるんですけど副業の場合は
そうとは限らないと残業してたほうがマシやんみたいなっていうのはまあよく聞く話で
ただまぁもちろん
のお金だけじゃなくてスキルの面でね経験が手に入ったりとか今後生きてくるとかそう
いう目に見えないしさんっていうのがたくさん手に入るというのが副業のいいところな
んですけどね
お金だけの面で見ると確かに副業してたほうが残業してたほうが確実ではあ
るっていうね時間の切り売りになっちゃいますけど
一方でやり方次第では収入が右肩上がりになるんですねこの副業の良いところだから
まあ残業がローリスクローリターンだとすると副業はミドルリスクミドルリターンと
まぁいったところですかね
まあ服業で年収をアップさせようと思ったら1年くらいは下積みが必要かなと思うん
ですね
会社員としてそれなりに仕事ができるようになるまでもその後
雷の時間で関わっているはずなんですよ入社してね副業だったらそんなすぐ何かで結果
が出るって言うのもやっぱりそこはね
どうかなーっていうところで1年くらい下積み2時間かかるってまあてセンスがある人
とかすぐ出たりするんですけどやっぱりね副業でも多少時間かかるよとそのぐらいで
思った方がちょうどいいんじゃないかなと
この1年を乗り越えられるとワンちゃん人生が変わるぐ
雷の音インパクトになる可能性があるよと副業とから始まって人生変わった人僕の周り
でもいっぱい見てきてますからねこれはもうブログであろうがなんだろうが本当に
いろんな副業でねどんなアップ副業であってもたくさん見てきました
スモールビジネスが休養収入にねつぐ家計の柱になるとほんと人生が安定するんでね
この副業っていうのはまぁまぁそういう意味では夢があり
ませんねどただまぁリスクもあるというか時間を失ってしまうとかねそういったリスク
デメリットもあるよと
ね投資をするということで四つ目レバレッジを効かせてねよは借金をして投資をすると
いう選択肢もあるわけでね
アパートかマンションとかね不動産投資したりとか
民泊とか小さいホテル授業とかまあコインランドリーケイトが太陽光発電だかまあ色々
ありますけど
金に働いてもらうということで普通のサラリーマンでありえないようなペースで収入の
ますことができるというのがこのレバレッジを効かせた投資になってくるんですけど
もちろんその分大きな金銭的なリスクを負うこともあるんですね
最近の不動産投資例えば都市圏の場合だったら1億円借金して物件買ってまぁ返済とか
いろんなもの
して言っていいとこ150万円のて残りぐらいの感覚と150万
で残りの頃だったらいいじゃないかと思うかもしれないですけど手取り年収を150万
アップさせるために1億円の借金するわけですよ
吹っ飛びますからね最後うまくまあ間違えた物件を買ってしまったりとか運営能力が
なかった場合吹っ飛んでしまうんで
この150万アップさせるために1億円の借金いけるようってね
いう努力ドア努力度胸ねとか神様
おね度胸も必要だし俺も行けるから出ても周りが貸してくれるか銀行が貸してくれるか
分からないわけですねそのぐらい
神様もあるっていう人は不動産投資とかわね選択肢の一つになってくるとまともな物件
で3億以上借金できれば
セミリタイヤに近づくんじゃないかなーというところで周りでもね
実際そういう人も居ますねレバレッジを効かせまくって借金しまくって
でまあ良い物件をちゃんと選定してで不動産投資だけで上がったという人も中にはい
ますけどねただまぁだいたい高みな fx とか
株式投資の信用取引とか言って道中で吹っ飛んだりとかねしてるパターンのが圧倒的に
多いですかね
day 3でまぁいきなりこの投資で上がるというのはちょっと個人的なお勧めでき
ないと
5つめこの転職になってくるわけですね
最後の選択肢は天職と繰り返しになるんですけど日本企業の休養たい兄弟な基本的に
年功序列なんですね
だから給料を決定づける最大の要因は年齢てことなんですよ
つまり40歳で移動してきたマーケティングのド素人のおっちゃんよりも実務経験が
10年ある35歳のマーケット
リングのプロと同じ会社内だったらこの40歳の何もできねぇもっちゃんの方が給料が
高くなっちゃうっていうのが日本企業の特徴なんですよ
こういうのってマーリー結構あたりします何度あの人の方が自分で給料高いのかなとか
思ったりしませんそういうのがでも日本の給料体系なんですよ
こういう状況で実力に見合う形で年収
アップさせる方法というのはもうたった一つと今よりも休養水者の高い会社に転職する
ってこれだけなんですよ
給料テーブルそのものをレベルアップさせるのがもう一番確実
今の年収も上がるし今後の球場の伸びにも期待できるようになると休養水準がねえから
低い会社で切っクラ頑張っても給与は大して増えないんですよこれが
現実と感じるところってあるんじゃないですか
まあ分宮米給料テーブルが低い会社でどんだけ頑張ってもそのうち給料上げてあげる
よって言ってもまあせいぜい
ねえ月給が1万円だったらまあいいとことかもうそんなんじゃないですかいきなり月給
10万円上がったと買って損はないと思うんでね
なんで結果的にこの転職が一番確実になってくるよと
以上
を踏まえて手っ取り早く出来るだけ低リスクに年収をアップさせるための重要ポイント
って言うのはね3つ今から解説していきたいとおもいます
でその今からね3つなんですけどまず転職っていう選択肢を採用することですね
上記で紹介した5つの師転職というね選択肢を最優先にね
考える
理由っていうのはまず日本企業で昇格を待つにはあまりにも時間がかかりすぎるとそれ
から副業というのは時間の切り売りになりがちで芽が出るまでに時間もかかるとた僕は
副業をお勧めしてますよ
やっぱり夢があるし猫化事業所得ってのを伸ばしていくっていうのはすごく夢があるし
すごく良い選択だと思うね僕は副業とか独立起業とかもお勧めして
ますただへ
手っ取り早くとかね確実にっていう今回テーマでやってるねだから今回は転職を勧めし
てるんですよ
独立と書きギュス起業しようと元最初年収下がるのが当たり前と軌道に乗るまでが
ホント超大変とこれ確かにそうですね
で投資は種銭が少ない一般庶民には限界があると手元にある100万円をいくら頑張っ
て10倍にしても
1000万にそれだけで上がれないし10倍にしようと思ったそれ相応のリスクが
かかるわけですよ
なんでむしろなくしてしまうことのほうが多いということ種銭がもとでが大きくないと
投資っていうのはパワーを発揮しないんですよ一応権持ってるとと100万円持ってる
人じゃそもそも土俵が違うと金持ってる条件が違うんで全然勝負にならないっていうん
ですね
そういうことですねで昔は今ほど転職市場が活況じゃなかってね
35
歳転職限界説みたい35才以上なた転職できないとか
転職は生涯でねいくら何百万円損するとか
入社した会社に定年までいるってのが一番お得だよとか
転職に対してネガティブとか色んな説とか書籍があったんですけど今はもうそういう
トレンドじゃないと時代が変わってきてるよってこと転職が普通当たり前になっている
時代で今までの常識といわれるものが変わってきてますよっていうことそういうこと
ですね
主な理由はまず猫の高齢者層の退職とか若い世代の減少による働きで不足と若い労働者
の売り手市場になっているということで需要と供給でね
やっぱりこういうふうに号たり品たり品買ったら授業が上がると
供給が足りなかったら子様がより高くなるというかねバランスですからね
結局そうなってくると高いお金を払ってでも来てほしいという風になってくると若い
労働者とかね
ここ数年は特に景気もよくあったこともあって転職で年収を上げた
周りの友人たちも非常に多いですね
転職を成功させた友人のセリフで最も印象に残っているのは在職中の転職活動はノー
リスク
いい会社が見つからなくても損はしない転職活動は金銭面でノーリスク
採用前に報酬条件は全て分かるからということでね
結局ノーリスクじゃないかとそういうことですね確かに
2この今より年収がアップするところが見つかればそれで ok だし
見つからないんだったら今の会社に入れば ok だし今の会社に許可を取る必要も
ないしもどっちに転んでも損することはないっていうそういうわけですよね
で転職活動は交通費ぐらいしかお金がかからないと転職エージェントの利用は採用活動
をしている企業側が払うからね
利用者無料なんですよた利用しない手はないということですね
副業などと比べると圧倒的にテーマにはもう少ないし
ローリスクかつ即効性のある年収アップ手段として転職はもう絶対に候補から外せない
とそういう事に
あってきますねでそれがまあ一つ目で2つ目がとにかく年収にこだわることと次の重要
ポイントはねとにかく年初にこだわることなんですよ年収アップさせるためなんだから
これが最重要と言っても過言じゃないなんだかんだ言って年収をあげたいって言ってる
割にへ年収にこだわっているいない人が多いんですよね
年収を上げてあげたいって言ってるの
にあんまり年初にこだわってないという人が多いですねラインアートとかでも相談くる
んですけど転職活動していま
エージェントからイナーシャかもらってますと10社ぐらいもらっているのオファーを
もらっているんですけどどこの条件で選んだらいいですかっていうかで聞かれたりする
んですけど
こういう仕事はしたくないとか勤務地はこういうとこじゃないと嫌だとか
こんな業務やったことないからできるか不安とかお金をさえ
優先にするなんてダサいとかねまあいろいろな理由があるんですけど
まあ仕事をする際ってのはいろんな起毛条件がねあるもんなんですけど悪いことは言わ
ないんでとにかく年収を第一重に置いたらいいよとその転職と横の今回の目的において
はですよ
そのためにどんな環境の変化にも立ち向かう消しを持つべきということですね
だって今回の目的は年収を上げるためなんでしょ
だから年収でまず選んでいくって言う
の鐘まあ一つ大切になってきますよねそれがやりがいとかもちろん人生トータルで見
たらとか色々あるんですけど今回は年収に不満を持ってて練習をあげたいんだから
じゃあ第一のそれだけってわけじゃないけどやっぱりポイントはね重要ポイントは年初
に一方であることということですねだっていく職場に不満があってってわけじゃなくて
まず年収に不満があっ
でっていうんだからやっぱり目的と手段一致させないとダメですよねってことですね
年収アップなんかどうでもいいって言ってる人で年収アップを実現させた人は見たこと
がないとやっぱりね
願わなければ彼らはないってことで年収を上げることを最優先にしてそのために自分が
会社に対してどんな価値を提供できるかってことに焦点を絞るべきとこの一点突破の
姿勢こそが活路を見出すしあれもこれも欲しいってなっちゃうやっぱ部れるだけなん
ですよ
何でも参考書籍としておすすめなんがまあこれとかね転職と副業の掛け算でね
著者のもとさんね240万330万540万900万円でね
転職で順調に年収アップさせてるけども年収そっちのけで転職活動してだこんな結果に
なるわけがないんでね転職の
やっぱり年収のところにこだわって転職していると
で今の景気ってすごくいいんでこういうアプローチを取れば年収アップさせることでは
そう難しくないんですよね
ありがちな勘違いなんですけど年収の高い仕事=大変な仕事ってわけじゃないんですよ
もしそうなんだったらこのにブラック労働で存在しないことになるんですよだって年収
低い会社は楽な仕事ってことになるからねこれ
年収高い
会社ほど意外とね楽な仕事だったりするんですよ大変な仕事なのに給料が低いっていう
まあいわゆるブラック企業とかと言われたりしますけどそういう仕事はいくらでもある
逆に比較的楽なのに高賃金の仕事っていうのはあるんですよ
だから思い込みを捨ててまず高年収っていうところにこだわったらね
いいと思いますで笑み
3つ目ねハイクラス案件に強いエージェントを使うことが大切だよと3つ目のポイント
ですね
ここが結構大切で世の中にはたくさんの転職エージェントってのがあるんですけどその
中で特にはい蔵さんてね高年収の案件とかに特化してるエージェントってのがあるん
ですよ
で経営者側から見ても周りの体験談とかね聞いてもハイクラス案件に弱い a
ジェントってのを使うのは結構時間の無駄と本気で年収をアップさせたいと思ったら
圧倒的にオススメなのがこの jc ね
リクルートメントっていう転職エージェントですねこのエージェントの特徴は業界3位
の転職エージェントということと
ハイクラスとか専門職向けて即戦力を求める球児案件が多いんですよね
でこれらの条件をね求めている球児暗転が多いんで合うとか合わないがはっきりし
やすいんですよ
基本的に評判はかなり良いとで実際に使ってみた友人に聞いても大満足の対応ってこと
でね
でまぁ自分の市場価値であったりとか今世の中に何が求められているのかっていうのが
ね話聞くだけでもよくわかると思うので参考になると思います
で30代以上で
経験のある業界とかね触手とか転職希望して確実な年収アップというのを実現させたい
んだったらこのねジェイエイシーリクルートメントは候補から外す理由は特にないかな
と思いますハイクラス案件強いだけあって求職者側のスペックがそれがに高くないと
門前払いに遭う可能性もあるんですよね
まただあなたに紹介できるアンケはないですよって事ですねまたた
こういう姿勢が逆にジェイエイシーリクルートメントのブランド力を高めているとだ
から企業がはもう信用して良い案件を投げたりとかちゃんと求人をかけたりするんでね
こういうハイスペックの人たちだけ ao 9人とか
転職活動で猫のエージェンそういうサイトですよって私たちはそういうコンセプトで
やってますよって言っててあんまりポンコツな人くるようだった
企業側からすると次そこに求人出そうと思うないですよねお金掛けてね
なんでこういう姿勢だからこそちゃんとした求人があるんだよっていうそういうこと
ですねこれいざ
工募集応募する側からしてもね
で逆に言えばだからこの人たちに相手をしてもらえるって言うだけで年収アップの
チャンスが開かれるということですよ
特に現時点で年収600万円以上ある人とかもうチャンス大ですね
これほど年収が高い人ってのはそう多くないから厚遇されると最低ラインという意味で
まあお空500万くらいとかあるとすごくいいですね
年収アップを実現した事例
がかなり豊富にあって今よりも年収をアップさせたいっていうことね
どんな経験を積んできてどんな分野で貢献できるかってこの2つをしっかり伝えられ
たらあとはがっちりサポートが受けられると
動画の説明欄からねこの jcd クルー他メンとの公式ホームページはリンクで
飛べるようにしておくんでね
参考にしてほしいかなと思いますでへ次にこの店
食のヒントね現在の年収より市場価値の方が高いっていう人はけっこう多いんですよ
では今年収300万もらってるんだけど本当は年収500万ぐらいの価値があるんだ
よっていう人はけっこう多いんですよ
僕たちは猫の高校とか大学卒業後の新卒採用時にいったん自分の労働力っての
マーケットに時間評価され
いるんですねこれが日本のね採用の高特徴というかまぁ観光というかね
なんですけど同じ人で年収300万のオファーがあったり
年収1000万のオファーがあったりとかこういったもので混ざることであんまない
ですよね大学新卒で卒業してどっかに就職しようという時に a 社は300万円だっ
た b 社は1000万パワープレートアーマーないですよ
内定をもらえる会社からの年収でどれも似たり寄ったりなるとそれが今のね
自分の市場価値だからですよねその後内定を取った会社で働き始めるとしていったん
働き始めると仕事をすっごい頑張る a さんと仕事をいいか下にある b さんと
この2人の実力差ってなぁという間に開くんですよね社会出てからがやっぱり本当の
スタートというか
なんだけどこれをずーっと5年とか10年続けて言ってる場合実力者と去ってすごく
ついてるはずなんですよ
なんだけど給料さてあんまり開かないんですよね同じ会社にいて同じような年齢だから
ということで多くの日本企業では露骨に同世代の休養差をつけることないですよね同じ
動機で入った人たちと自分だけ給料がさ
販売とか4倍てないですよねなかなかそういうのないと思うんですよ
本当は貢献度では天と地ほど違いがあってもね
自分より仕事ができなくても年上であるっていうだけで給料が高くなっちゃうだつまり
実力と給料にギャップが生まれていくってことなんですが入った当初はそうじゃなかっ
たけどやっぱ対してなかったけどどんどん実力つけて言ってるのに
のギャップが出てきちゃったりするんですねこのギャップを自力で埋めるって声が転職
活動なんだよってことです
成長した自分をまた客観的に今の価格でね評価してもらおうってそういうことなんです
社内にそういう機能ね実力を正当に評価して給料を決めるっていうそういう機能が
ないから市場原理木というが働いている外の世界に飛び出して
今の価値で評価してもらうしかないとだから僕自身は転職さえしたら絶対給料上がるよ
って言うつもりはさらさらないんですよ
何を言いたいかというと転職活動っていうのは自分の実力と今の給料とこのギャップを
埋める手段だよっていうことですね
だから実力がない人の年収が上がる余地は当然ないですよ
でこの年収ね市場価値
自分の年収の方が今の市場価値より高い人っていうのは今の会社にしがみつくのが金銭
的にはベストな選択と
だから今転職活動したら年収300万円になる人が今会社で
work 年収500万もらってるって言うんだったら今の会社にしがみつくってのが
金銭的にはベストな選択になるよねとでも
一方で今年収300万なんだけど他社から500万600万オーバーがあるっていう
そういう人は待遇を良くしたいんだったらもうちょっと転職すべきと今の会社っていう
のはあの今の年収は会社からあなたへの評価なんですねだか
ラ田中手取り14万円とかってねいう話とか出てましたけど
手取り14万円っていうのが会社からあなたに対しての評価ってことなんで自分の価値
がやっぱりもっと高いって思うんだったらそれは外の世界に飛び出ないとダメですよ逆
にいうと2を会社は失礼ですね社員に対してね
でもそうやって失礼な評価をされているのにそこに甘んじている
うっていう自分にもやっぱり原因があるんですよそこだから
宮宇給料も払わずにね評価してるって言い張る会社とかやりがい搾取とかお金以外の
ところで評価したりとかこうなんか報いているとかいう会社って結構あったりするじゃ
ないですか
今何でも書いただけもいいところでねやっぱりベースは給料で歓迎しないとそれ以外の
やりがい云々とももち
の大事ですけど給料だけ換言すればそれでいいのかってそれも違うけどでもやっぱり
ベースは給料でね
還元しないとやっぱり話にならないと
特にやる気なる20代後半から30代前半っていうのは実力と給料が見合ってない人が
本当に多すぎますね
やっぱり社会人経験で2年とか3年積んだだけできっちりでやってた人っていうのは
だいぶ差がついてますから
ただほんま一生懸命に働かないオジサンのために働かされてるって言うそんな状態なん
ですよ
20代後半から30代前
アンテナ圧倒的に求人も多いし転職しやすいいタイミングですね
でこのタイミングで会社に搾取されちゃうと取り返すのが難しくなっちゃうんでそこは
理解しておこうねと年収を正当に評価する仕組みが外の世界にしかないっていうのも
本来変な話なんですけどね
なんでまぁちゃんとね会社側がそれちゃんと評価をする仕組みというかな社会増
エンタイスを評価していくような音仕組みができたらいいんですけどなかなかまあ
いろんな音大きな問題もあってなかなか今そうなってないとだから自分で飛び出るしか
ないとそういう事ですね
なんでまとめていきたいんですけど年収を上げる最短コースっていうのは年収に
こだわった転職ですよと年収を上げようと思ったら
5つの選択肢があるんだよと昇進を狙うか独立起業するか副業
するか投資するか転職するとこういった選択肢がある中で年収を上げようと思ったら次
の3つが特効薬になるよと転職っていう選択肢を採用することそれからとにかく年収に
こだわることそれからハイクラス案件に強いエージェントを活用することとこの3つ
ですね
転職活動っていうのは今の実力と今の年収のギャップを埋めにいく行為なんだよって
いうね
そういうことですねとにもかくにも今の自分は最大でいくらの年収オファーを受けるの
かととことん年収にこだわって転職活動をしてみましょうと自分の max 年収を
知るってのはいいことなんですよ実際転職するかどうかとか金だけでエラー
の稼働の今そういうことはいったん多いておいて自分の市場価値を正しく知るっていう
のはこれは本当にいいことですねやっぱ仕事に対しの向き合い方も買うし考え方とか
視点とかいろんなものが変わると思いますよ
転職活動をするにあたって年収アップメインで行くんだったらこの jcd クルーと
メントっていうのが圧倒的におすすめですね
ハイクラス案件に
読みがあると
業界3位の転職エージェントだしハイクラスとか選書専門職向けてね即戦力を求める
空自案件が多いし
まあそういった特徴なんだ合うとか合わないがはっきりしやすいと基本的に評判は
かなり良いと相手にされなかった人からの評判悪いですけどねやっぱりこういうハイ
クラス専門職向けだから相手にされなかった人はなんて失礼な会社だんってね
まあそう言うと彼の評判悪いです
って言うんだけど実際使ってみた人とかまーた大満足の対応って言ってましたけどね
まあ前日の通りある程度の実力がないと相手にされないと
とりあえず誰でも彼でも相手にしたあの相手にしてね転職させてしまえって郵送
エージェントもあるんですよ
だけどここはそうじゃないよっていうねそういうところですね
なんでまぁ逆に言えば相手にしてもらえるって言うだけでねぇシャープの可能
性があるしね待遇アップさせたいという人はぜひコンタクトを取ってみるといいかなと
チャンスが後々ここ大事なところですよチャンスがあるのは転職にしても今みたいな好
景気の時だけですよ
不況が起きたら年収あのね不況がもし起きたら転職すれば年収が上がるようなんてね
頭がお花畑のことなんて言ってられなくなりますよ復旧が来たらもういい
一番にそんな所の広告いいというか予算切りますからね
なんで今しかこういう好景気の時じゃないとこういう年収アップ戦略っては使えないん
ですよなかなかね
そもそも求人が出てないんだから求人の数が減るってことは当然避けてた重要と供給の
バランスが崩れるんで逆転現象がおきるんで今までだったら入れた企業にも入れなく
なるし
戦うライバルっていうのも当然レベルが高いとたちと戦っていかなきゃいけなくなるか
すごく苦しくなるんですよね
なんだけど今は好景気だからね
すごくいいタイミングとそういうふうに思いますねもし年収100万円アップできたら
30年で3000万円の経済的メリットがあるわけですよ
これだけで家買えるしねマイフォーム欲しいって言って言うとこれだけで買えるわけ
ですよ
車とか時計とかだって贅沢品も買えるして子どもの教育費が二人分良い出てるし
趣味に使えるお金も圧倒的に増えるしね
貯蓄に回してたからどうしていました老後問題も解決する人
転職しないという人はこういうチャンスをみすみす見過ごしているということですよ
なんで自分の市場価値ってのはちゃんとね謙虚っていうのもすっごい大事なことなん
ですけどやっぱりね自分の市場価値を正しく知った上で謙虚にいるって言うんだったら
いいんですけど知らないままというのは謙虚じゃないんですよね
ただ知らない人っていうねそれはかわいそうとかもったいない人ってそういう風になっ
てしまいますね
で今はとにかく採用か
今日がよくって転職は若いうちのほうが有利だからね後悔しないように動ける時に動い
ておいて損はないと会社員なら年収にこだわっていくと人生楽になるしねっていうこと
でやっぱりまずしるって事が大事じゃないかなと思います
で今回は内容について関連動画を紹介したいんですけど僕はまあなぜね
転職賛成派なのかっていうところで会社員のね
一緒についての残酷な真実を通して解説してるのがこのサラリーマンの年収にまつわる
3つの残酷な真実というところで話ししてますね
そもそも自分の労働環境に麻痺してるっていう人が多いのも事実なんで完璧な会社って
のはないんですけど
会社ってな人と同じだからね完璧な人っていうのがいないな途中で完璧な会社もないん
だけど
でもねやっぱり
変わっちゃいけない人と関わっちゃいけない会社そういうのがあるんですよこれだけは
辞めたほうがいいという会社はやっぱり見極めようとその見極める方法って言うのはね
ここが今すぐやめるべきブラック企業の特徴3つ
ここで話ししてますで今の職場に満足してるんだけど満足はしていると満足はしてる
けど年収をあげたいっていう人はやっぱ
副業がオススメですかねこのほぼ在宅で事業所得を最速で増やす方法7000だかね
副業が ng の会社で働いている人はこれを見て下さいと会社にばれない副業の始め
方っていうね
全部動画で解説してますということでいろいろ話してきたんですけど
以上参考になった嬉しいです動画がいいなと思った人に紹介してもらえたりとかいいな
とかチャンネル登録
してもらうとうれしいです
ねもともとねこのリベ台ねこの youtube も友達とか家族向けにね作ったもの
で本当にいいと思った商品しか紹介してませんし
ユーザーファーストね視聴者の利益第一で考えているとこういう視点でやっています
なんでかこの動画で紹介してきた本当におすすめできるサービスとかもねまとめてます
リベだ薄めサービス一覧ということでね
で同じく
で僕のお勧めの書籍も一覧にしましたこんな感じでねおすすめ書籍一覧となるんで必殺
ゲームだけで人生変わるって本もたくさん載っているんでね参考にしてほしいかなと
思いますって
転職についての経験談とか生の声を見たいっていう人は猫のリベディアゆる
コミュニティ転職チャットとかもありますからね
そことかでいろんな先輩の声とかま
失敗談とか成功例とかも含めていろいろあると思うんでねここで見てもらえたら何か
参考になるんじゃないかなと思います全部動画の説明欄から飛べるようにしておくんで
ね参考にしてくださいということで今日は何か1つでも学びなった嬉しいですこれから
もね一緒に学んでいきましょうということで今日もありがとうございました
関連の投稿
よく検索されるタグ