Skip to content

【転職初心者必見】転職エージェントを利用する”前”に知っておくべき重要ポイント8選【稼ぐ 実践編】

この動画の要約・まとめ

動画の内容

こんにちはようですそれでは今日も元気をお金の勉強していきたいとおもいます
今日のテーマはこれですね転職初心者必見転職エージェントを利用する前に知っておく
べき重要ポイント8000とこういうテーマで話をしていきたいとおもいます
僕の簡単なプロフィールですこんな感じであってますんでね興味のある方はまた見て
頂ければと思います
質問いただきましたいい
つも有益な情報ありがとうございます新卒から同じ会社で働いてきましたが
30代も半ばになり初めての転職を考えています
リベ台の動画を見て転職エージェントを利用しようと思っているのですがネットで調べ
ているとけっこうよくない評判も目にします
そういうのを知ってしまうと躊躇してしまってまだ一歩を踏み出せていません
転職エージェント通り
をするときに気をつけたほうがいいことがあれば詳しく教えて頂きたいですとこういう
質問いただきましたんでね
これを今日の話題にして話をしていきたいとおもいますこのチャンネルでも以前から
話題にしているように終身雇用年功序列が崩壊しつつあるんですね nec とか日立
とかソニーとかほんと長くある大企業この数年で数万人規模で従業員を削減した名門
大企業はたくさんあるんですねもはやもう行為リストラっていうのも珍しくもなんとも
ないとこれからの日本は間違いなく欧米型の雇用形態に移行していくと
つまり総合職っていうのふわっとしたキャリアにはもはや意味がなくなって専門性の
ない人材は淘汰されるとそういう厳しい時代が到来しますっていうね
というかもうそういう時代がきてますっていうそういうことですね
この時代を生き抜くためには自分のキャリアは自分で考えて作っていくしかないんです

キャリアを作る際に重要な手段のひとつになるのが転職でありその転職をサポートして
くれる重要な存在が転職エージェントとそういう風になってくるかなと思いますこの
動画では転職
うエージェントを利用する際に知っておくべき8つのポイント
ざっくり簡単に解説したいと思いますこういったことを知っているのと知らないのでは
転職活動のクオリティに天地の差が出るんですね
で8つのポイントをおさえて第転職時代を生き抜くヒントにしてほしいと思いますって
いうことでね
順番に解説していきたいとおもいます転職エージェントを利用
する際に知っておきたいこと8戦ということで順番に行きたいんですけど一つ目
人材紹介ビジネスの収益モデルと
企業が人を採用するとき二つの選択肢があるんですね
会社側から見た場合人を採用するとき二つの選択肢があると一つ目が直接採用ですね
ま例えば広告を打つと紙媒体とかねリクナビ next とかネット媒体とかよく乗っ
てますよね
とか自社のホームページに掲載したりイベントを開催とカネコネ採用って言ったか
等で採用活動を行いますちなみにリクナビ next などの転職サイト転職
エージェントっていうのは全く違うビジネスなのでここはね
混同しないように気をつけてほしいなと思いますこれが一つ目の直接採用ですね
もう1つ2つ目に紹介事業者を利用っていうね
この場合は有料紹介転職エージェントですねもしくは無料上下ハローワークとか
商工会議所とかといった形で採用活動をすると大きくこの2つの選択肢があるんですね
これらの採用活動のなかで圧倒的に高コストなのが有料紹介つまり転職エージェントを
使った採用企業側から見て一番高コストなのが有料障害なんですね
で転職希望者というのはこのサービスを使うと1円も払うことなく
エージェントなサポートを受けられると際業者企業がはミスマッチを防ぎつつ優秀な
人材を獲得できる
転職エージェントは優秀な人材を紹介できたら成功報酬として採用者の年収の30%
から40%ほど企業
から受け取るとこういう仕組みになっています何が言いたいかというとこういうことな
んですね
メリット転職エージェントを利用している企業には優良企業が多いんだよと
つまり本気で優秀な人材を獲得したいお金のある会社しか転職エージェントを利用でき
ない
だから転職サイトとかハローワークよりはるかに優良企業が多いっていうねこれがまず
エリートになるんだけどそれからデメリットとして転職エージェントには転職希望者を
どこでもいいから転職させたいという気持ちがあるってこれがデメリットなっていき
ますこのメリットとデメリットは確実にね
まず押さえておいてほしいですねこのビジネスの収益モデルを理解することによって
背景が分かるとメリットデメリットが理解できるということですねつぎ2つ目
人材紹介会社はどんどん潰れていると人材紹介業っていうのは厚生労働相の許可がいる
ビジネスなんですね
現在約1万8000ほどの転職エージェントが存在していて毎年の新規申請数は数百
から千件ほどとその一方で同じくらいの数がどんどん潰れていってるんですね
人材紹介業は初期費用が少なく始められるビジネスなんですけど
参入障壁が低い分強競争が熾烈なんですね
転職サイトに登録
すると見たことない名前の転職エージェントからガンガン営業メールが来るっていうの
はそういう理由なんですね
生き残りをかけて営業メールを送りまくると客が釣れたら
求職者の希望は無視して皆さんが転職する立場なんだったら転職者の規模は無視して
全力で転職させるとお金が欲しいからですね
こうしないと生き残れないこういうこと
を繰り返しているようなエージェントが転職エージェント agent 転職
エージェントはウザイとか
役に立たない胡散臭いという評判を作るのに一役かっているっていうね
結論としてレーサーエージェントを使うときはより慎重になりましょうとそういうこと
なってきますっ
で3つ目ですねもっともすおすすめされやすい転職プラント
転職プランというのは
極論4つしかないんですね一つ目がキャリアアップする転職
二つ目がキャリア維持する転職3つ目がキャリアダウンする転職
4つ目がキャリアを復活させる転職とキャリアを復活させる転職ってピンとこない方
いると思うんですけど
これは転職に失敗してしまった後に前職のレベルにキャリアを戻すための転職という
ことですね
この中で手抜き転職エージェントが最も積極的なのはどれかというと3番のキャリア
ダウンさせる天職なんですね
なぜなら楽に確実にお金になるからですね
年収500万円の人を年収350万円の会社に転職させるってのはそう難しくないです

受け入れ側の企業にと
てはもともと高い賃金で雇われていた良い人材を安く雇えるのだから
最高っていうねそういうで完食なりますね感覚なりますよね
一方一番難しいのはキャリアアップさせる天職なんですね一番の手間暇かけてサポート
しても内定までたどり着ける可能性は高くないと転職させられない=
企業から正攻法
種を受け取れないんだから転職エージェントのやる気が出にくいというのも当然なん
ですね
キャリアダウンさせようとしてくる転職エージェントはあなたの能力経験を生かせる
ようとか
大切なのはお金だけじゃないんですよねとか会社から強い引き合いがあるとか
この会社には将来性が今は安いかもしれないけど将来性があるとか
幹部候補だとかね他にテンショ
できる良い案件がないとかもあれやこれやと色々と入ってくると思うんですけど
決してこういう言葉に流されたらダメなんですね志のある優秀なエージェントは
キャリアアップの転職っていうのを一生懸命考えてくれるんですね
つまり給料が多くなるような転職ですよね
決して多くはないんですけど間違いなくそういったエージェントは存在すると平然と
キャリアダウンの選択肢を提示してくるようなエージェントとはもう絶対に付き合わ
ないようにしましょうと結論
キャリアダウンを堂々と提案してくる転職エージェント相手にするなとこういう結論に
なってきますこれが3つ目ですね
四つ目転職エージェントのタイプ会社
ですね転職エージェントにはタイプがあるんですね求職者の年齢職種専門分野などに
よって得手不得手があると
例えば営業職に強いエージェントとか it 業界に強いエージェントとかね
スタッフ職に強経理とかホームに強い会社に強いベンチャーに強いミドル層に強い第二
新卒に強いって言った感じでそれぞれタイプがあるとねそしてこういったきり
うちもあるんですね狩猟方と農耕型ですね
狩猟方っていうのはどういったことかというとどういった会社かというと
広告などで次から次へと転職希望者を獲得してどこへでもいいからどんどん転職させて
いくというタイプのエージェントです
こういったエージェントを利用した転職希望者は転職で失敗するケースもすごく多い
ですね
そして2度ところ
エージェントを使うことはありませんと一方で農耕型
農耕型っていうのは顧客求職者との関係を大切に育てるタイプのエージェントですね
転職市場に優秀な人材は数少ないと優秀な人材は複数回転職することも多い
優秀な人材の周りには優秀な人材が多いこういうことを分かっているので無理やり転職
させてさせて評判を下げるようなことしないんですね
信頼を失わなければ同じ人に何回も利用してもらえるし
口コミで優秀な同僚の利用者もふ
やると優秀な人材転職希望者のリストを持ってるから企業の要望にもすぐに応えること
ができるということで結果三方よしなんですね
転職希望者も嬉しいし企業も嬉しいしエージェントも嬉しい
こういった状況になってくるわけですね
でつまりどういったことでつまりどういうことかというと自分に関係のないところに
強みのあるエージェントをかける
狩猟方の組み合わせに引っかかってしまうと満足のいく転職活動ができない可能性が
めちゃくちゃ高くなってしまうんですね
おすすめはどういう組み合わせかっていうと文句なしに自分のキャリアにマッチした
強みを持つエージェント
をかける農耕型のエージェントの組み合わせですね結論
専門分野の合う農耕型エージェントは安心して付き合えるよと圧倒的にお勧めなのが
ジェイエイシーリクルートメントっていう車歴45年の音大手エージェントですね
キャリアダウンの提案をしてこない
専門職管理職 middle and high class 外資に強い分かり
やすいうりガーって言う
両人材と長く付き合おうとするの甲型ですねこういう特徴がその理由ですね
ここが一番お勧めかなと思います5つめ転職エージェントのタイプ
個人ですね転職エージェント個人によってもタイプっていうのがだいぶ異なるんですね
例えばアドバイザータイプどんどん助言してくれるタイプですカウンセラータイプ人の
話を聞いたり引き出すことが得意
メンターコーチタイプ自分の経験を語りながらステップアップで導いてくれる
コンサルタントタイプ答えを持っていてズバリしてきて指摘してくれるタイプですね
これはどのタイプがいいとか悪いという話がなくて相性の問題です
業界情報とか企業情報は最近の転職事情とか自分の知らない情報が欲しいという人は
アドバイザータイプ
と相性が良いとこんなにいろいろな情報をくれるなんてと思えると思います
とにかく自分の話を聞いて欲しいという人にはカウンセラータイプの人が向いているか
なと話ししているうちにね自分の頭の中が整理されて言って自分が何をやりたいのかと
いうのが明確になってくると思います
優柔不断で自分の判断力に自信がないという人はメンターとかコンサルタイプの人が
向いています
あなたになりなには向いていないとかねそちらのキャリアを選択して成功する可能性は
低いみたいな感じではっきり言ってもらえて目が覚めたと思えるかもしれません
ちなみに上記のいずれにも該当しない転職エージェントってのがいるんですね
どういったタイプかというと生活費を稼ぐためにしょうがなく転職エージェントをやっ
ていて右から左に転職希望者を
流すだけの仕分け1型エージェントととりあえず条件に合いそうな求人を全部ぶん投げ
て終わりみたいな
30件とか40件とかね送りつけてくるやつですね転職エージェントを利用して使え
ない
全然役に立たない転職エージェントてもう全然行為ただないってこう感じる人の多くは
自分のしてほしいこと
助言が欲しいとか花
家を聞いて欲しい答えがほしいっていう要望とエージェントのタイプが合ってないん
ですね
志のないし理由1型エージェントに当たっているとかねそういったケースが多いという
ことでこの結論なんですけど自分に合うタイプのエージェントを探しましょうと仕分け
1型エージェント開けはもう絶対に相手にしちゃいけないよとこう言うね
やる気のないとか志のなエージェント相手にしてしまうと本当に大変な目に遭って
しまうんでこう言うねエージェント相手にしてはいけないと
6つ目マーケットボリュームですね日本の採用慣行は新卒一括採用ってのが中心ですよ

基本的な人は新卒で採用して自社で育てているんで
中途採用のニーズはそれほど高くないと中途採用のニーズが高いのはおおむねこういう
順ですね
市場ニーズが多いのやっぱ外資系企業ともともと新卒でき
とを育てる文化なんてない人それからベンチャースタートアップ企業はですね
成長のため増員したいとかここに大きな壁があってそこから抽象日系企業とか大手日系
企業ということでこの上の二つはねやっぱりニーズが高いんですけど中と左右のニーズ
が高いんですけどそれ以外はちょっと大きな壁があってだいぶニーズが低くなって
しまうと企業が
人を欲しがる時っていうのは成長している時なんですね
日系大手企業の多くはすでに成熟してるんで
相対的に求人が少なくなりがちというわけで中途で日系大手を狙うのはなかなかない度
が高い
こういうことマーケットボリュームとかっていうのを知っておかないと
全然書類が通らない内定がもらえないということで無駄に自信を失う羽目になっちゃう
んですねそもそも市場自体がそうなんだよってほしい
毒方がいいわけですね特に大企業に勤めていた人ほど
次も同じぐらいのレベルの企業ならいけるだろうとかね
パナソニックに勤めていたから人たちもいけるだろうみたいな感じで思いがちなんです
けどそれは難しいんですね
結論なんですけど成熟企業リスクの低い会社の求人は少ないんだよと外資成長企業
リスク
が高いことこの高い会社のほうが求人は多いんだよとこういったことになってきます
7つ目ですね年齢別の転職難易度と
年齢は高ければ高くなるほど転職難易度は上がるんですね
20代はイージー30代ノーマル40代ハードまぁこんな感じです昔は何々さえなんで
なん十歳転職限界説なんてよく言われたんですけど
節目である35歳とか40歳あたりは特に意識されやすい年齢ですね
なんですけど厚生労働省のし
ようによると35歳から44歳までの転職者数というのは2000年には67万人だっ
たんですけど
2016年には106万人ということで1.6倍に動かしているんですね転職者数が昔
ほど何歳限界説っていうのを気にしなくて良くなっているというのは事実かなと思い
ますまたね
データで出ていますので動画を撮っ
右手ゆっくり見てほしいかなと思うんですけど
でとはいえ転職者数が増えているとはいえどのエージェントに聞いても若い方が有利な
のは事実だって言うんですね
えー何になり歳限界説っていうのがなくなっていることが追い風なんですけど若い方が
有利なのは変わらないとウダウダ考えているうちに自分のキャリアの賞味期限が切れて
しまうというリスクは絶対に知っておきましょう
結論
年を重ねれば重ねるほど難易度が上がるんだよというのはまず知っておきましょうと
いうことですね
8つ目職業的要請の考え方
能力が高いにもかかわらず転職に失敗し続ける人がいるんですね
そういう人はパーソナリティに課題があることがほとんどと仕事への適合性は大きく次
の2つで判断されと能力とパーソナリティ
いいですねこれを体系的に整理するとこんな釣りになるんですねちょっとちっちゃい
ですねこれでまたゆっくり見てほしいかなと思うんですけどまた動画を止めてね
ゆっくり観て欲しいと思います体系的に整理するとこんな感じの釣りになります
一般的に職務経歴書に記載するのは一番の能力とか技量のところなんですね
学習学歴とか資格気良スキルですね職務経験とか何をしてきたか何ができるかという
ところ
職務経歴書とかに書くと思うんですけどこの2つが充実している人というのは企業の
採用担当にこの人は能力が高い
そうだなぁと思ってもらえるけどそれだけで採用に至ることはまずないと
なぜならこれは過去の情報に過ぎないからなんですね
採用選考では学歴とか資格職務経歴だけじゃなくてこういうところもチェックされると
知能
地頭の良さですね空間資格日目に見えないノウハウを見える化する力ですね
それから速さ正確さ
仕事のスピードとか正確性精神運動機能
集中力とか感情制御ですねこれらは将来の期待感を図るために必要な要素とか個+未来
への期待感で合わせて評価されないとなかなか採用には至らないと
さらに採用にあたっては上記のような能力だけでなく2番のパーソナリティでも重要な
要素になるんですね
価値観とか態度とか興味とかそういう部分です
何が言いたいかというと優秀なエージェントはキャリア理論っていうのをしっかり学ん
でてこの体系的な専門知識を前提に求職者の弱点を補う形です
サポートしてくれるってことですね友人のコビトカバなんか実際にエージェントを利用
していてこのあたりの知識をめちゃくちゃ面倒見の良い転職エージェントさんに教えて
もらったそうです
カブさんは何なりの部分はもう ok なんでこちらのなになりの部分をもっと
アピールしたほうがいいですよみたいなそんな感じですね
ただ求人からの求人票を流すだけのエージェントはこれは素人で
とこういう人に振り回されないように今説明したような簡易型ズっての頭に入れつつ
自分のターンとエージェントがどんな目線でどこ補うための助言をしてきているの
かっていうのを判断できるなるといいと思います結論として
職業的合成を地図にして迷子にならないようにしようって言うねこれが8つ目の話に
なってきます
以上ね転職 age
ネットを利用する際に知っておきたいこと8000お話ししてきたんですけどまとめに
行きましょう
転職力転職エージェントとの付き合い方が大事な時代と
転職エージェントを利用する前に最低限下記の奴は頭に入れておきましょう
1人材紹介ビジネスの収益モデルに人材紹介会社はどんどん潰れている
3最もお勧めされやすい転職プラン4
転職エージェントのタイプ会社ですね5転職エージェントのタイプ個人6マーケット分
りゅーむ7年齢別の転職のアイド8
職業的要請の考え方とこの8つを頭に入れておきましょうと成功報酬型というビジネス
モデル上
転職エージェントにはどこでもいいからとにかく転職させたいという強い
インセンティブがあるんですね
そうしないと競争の激しい業界生き残っていけないと年間数百から千社ほど
代表するだから転職手抜き転職エージェントが最も進めやすい転職プランは内定可能性
が高いキャリアダウンのプランナーですね
でもこんなのに当たったもたまったもんじゃないととはいえこのご時世
独力でね独断で完全に個人の力だけで転職活動をするのも簡単ではないとその転職活動
のデメリットっていうのは
たくさんあるんですね a
エージェントを通すぐらいだったらソロで転職活動したらいいじゃないかという方も
結構いらっしゃるんですけどソロ転職活動ので名ても結構大きいんです多いんですよ
書類選考面接通過率が低くなったり非公開求人にアクセスできないし業界事情とか企業
情報を手に入れるのが難しいとか
面接のフィードバックがもらえないとか履歴者のブラッシュ
アップがしにくい企業との条件交渉の難易度が高い
スケジュール管理が面倒とかいうことで結構普通に無理ゲーなんですよね
終身雇用年功序列が崩壊した今満足の行くキャリアーを作っていくには転職力と転職
エージェントと上手につきあう力この2つを高めざるを得ないんですね
もちろん1つの会社で出生して役員レベルまで上り詰められるっていう数少ない勝ち組
になれる人にはこれは不要な力になっていきます
a ということでね以上を踏まえて北
の個人的には新興レーサーエージェントじゃなくって
社歴の長い転職エージェント会社を使うべきだってこれは断言します
僕が一番オススメするエージェントはどこかというとジェイシーリクルートメントです

車歴45年の長い歴史ブランド力があるし転職業界で3本の指に入る大きな
エージェント会社と一部上場企業ですね
専門職管理職がい支配クラスっていうわかりやすい強みがあるんですね
そもそもこういうマーケットじゃないと農耕型の商売ができないとエージェントがよく
訓練されていて質が高いとこの辺は評判をねぜひググってみて欲しいと思います
問題はこのジェイエイシーリクルートメントじゃあ何も問題ないのかというと
問題は基本的に市場価値の高い子
人材しか相手にしてくれないんですよね要するやハイキャリア向けのエージェントと

でも農耕型なんで登録しておくだけでも価値は高いですね
上質な求人が出てくるとタイムリーに紹介が届きますし長く付き合えるエージェントの
筆頭かなと思いますので
30代から年収600万円以上というのがメインの顧客なんですね
相手にしてもらえれば年収アップの可能性はめちゃくちゃ高いと実際30代からで年収
600万入ってないか
たとかでも実際 jc を使って転職に成功したという例もありますんでね
でこの jc を使って国内大手とか会社に転職した友人知人も何もいますんで
ここがやっぱり一番お勧めかなとそういうふうに思います
jc じゃあちょっとね自分の中では条件が合わないともう少し守備範囲が広
エージェントとしてはマイナビエージェントがお勧めかなと思います
こちらは20代から ok で大手エージェントの中でも人気があると外資では
なくて日系2世良いですね実際にコビトカバが利用したときもまったく不満のない対応
してもらえたってそういうふうに言ってました
第二新卒を対象にしたエージェントだったらジェイクが好評ですね
これは何かというと新卒でアレイと会社選び失敗したかなのやっちゃったかもって思っ
ている方はぜひ相談してみてください
若い人は市場価値が高いでいくらでもリカバリー
が利きますからおかしいなと思ってるのに続ける必要ないですからねその会社に失敗し
たと思ったら早いうちに対応しましょうと今日の話を聞いて現在の会社とか仕事に不満
を抱えている人将来のキャリアに漠然とした不安を抱えている人
もっと燃焼を伸ばしたい人何かしなきゃと思っているんだけど怖くて転職エージェント
が使えないっていう人の
さん
はなれば嬉しいですちょっと長くなっちゃったんですけどね以上参考になれば嬉しい
ですどうかがいいなぁと思ったら人に紹介してもらえたりイーニァチャンネル登録して
もらうと嬉しいですでリベ大書籍でました
本の内容を実践していってもらえれば経済的自由の入り口に立てると思いますこの本の
中でもね転職力についてお話し出てきています是非手に取って欲しいと思います
それからリベラルアーツシティ
コミュニティーですねできましたお金にまつわる5つの力を育てるバーですね転職
チャットもありますのでぜひ有効活用してほしいなと思います今日が人生で一番若い木
です
転職エージェントのいいところは今は転職するつもりがなくてもキャリア相談だけでも
ok ということですね
自分の市場価値を客観的に知っておくことは転職するにしてもしないにしても可能
まず役に立ってくるとそして転職を成功させたいのであれば
やみくもに転職するんじゃなくてちゃんと全体を見渡せる
地図とガイドを手に入れましょうということでこれからもしっかり学んで10%への道
を歩んでいきましょうというとこで終わりたいと思います
今日もありがとうございましたーーー

人気の投稿
よく検索されるタグ