Skip to content

SEC(米証券取引委員会)マジギレ!リップル大暴落で信者大号泣!

この動画の要約・まとめ

コメント・分析

動画の内容

皆さんこんにちはバカでも稼げる米国株高配当投資の著者でブログバフェット太郎の
秘密のポートフォリオ書いているバベット太郎です
今回の動画では先週起こった非常に重要なトピックずについて解説していこうと思い
ます
まず中国の規制当局が国内最大の it 企業
アリババグループが独占禁止法に違反した疑いがあるとして調査を開始したと発表し
ました
中国当局は今国内のハイテク企業に対して規制強化に動いていてとりわけアリババや
アリババ参加の金融企業鞍とグループに対して圧力がかかっています
これはアリババ創業者じゃ
くまのある発言が中国共産党の逆鱗に触れてしまったからでその結果株価は直近の高値
から
30.5%安と暴落してしまったんです
また選手 sec 英証券取引委員会がリップル者に対して
証券法に違反しているとして低層しました
これによって xrp は11月の高値84セントから1時21セントと最大で75%
も下げる場面がありました
sec は xrp は有価証券であるとした上で
リップル者は有価証券登録を行わずに xrp を販売し

300億円を超える資金調達をしたと訴えているわけですが
リップル者は xrp は通貨だとして真っ向から反論しています
そこで今回の動画では日性強化によるアリババの行方と投資判断について
さらに提訴されたリップルと今回の件がビットコインに与える影響
についてわかりやすく解説していきます皆さんはこの10分15分の動画を見て
いただくだけで先週起こった重要な経済トピックスについて理解を深めることができ
ますから是非最後までご覧くださいそれではよろしくお願いします
まずアリババと&グループに対して規制強化の圧力がか
分かっている件についてですがこれはジャックマーのある発言がきっかけだと言われて
いますそれは10月下旬に上海で開催された金融サミットでジャックマーは中国の国有
銀行は欧米の金融機関を見習って旧来型の融資をしてきたとした上で
20
一世紀には通用しなくなると痛烈な批判をしたんです
旧来型の融資というのは銀行が企業や個人に対してお金を貸し出す場合融資の審査をし
て土地や建物などの資産を担保にとるというものです
そうすることで仮に借金を返済できなくなったとしても担保に撮った土地やた
でものを売却して確実に資金を回収することができるんです
しかしアリババ参加の&グループはビッグデータに基づいた
ai の判断によって担保の有無にかかわらず融資を行っているんです
ビッグデータに基づいて ai が自動で解析判断してくれれば人件費などのコ
とを削減することができますし破綻リスクの少ない企業や個人からわざわざ担保を取る
手間もなくなります
こうしたことを指摘した上でジャックマーは国有銀行は一刻も早く変わらなければなら
ない
もしも変わらないのならアリババが銀行を変えると宣言したんです
この一連の発言が
当局の逆鱗に触れてしまってアントグループは銀行と同じように規制強化されるべきと
非難されて香港と上海で予定されていた ipo が急きょ中止になったほか親会社の
アリババグループに対しては6000禁酒法に違反した疑いがあるとして調査が入って
しまったん
です当局の狙いは金融システムは誰が牛耳っているのかと言う事を思い知らせるためで
もあるんですがもう一つの理由としてはデジタル人民元を普及させることが挙げられ
ますデジタル人民元というのはその名の通り人民元をデジタル化したものでそれを
スマホで利用できる
だけの簡単なものですそのためデジタル人民元は民間銀行が保有している人民元以上の
通貨を発行することはできませんから過度なインフレや科学の乱高下が起こるという
心配はありません
ではなぜ当局がデジタル人民元を普及させたいのかというと表向き
には利便性の向上だと言われています
しかし中国ではすでに案とグループが展開しているデジタル決済モバイルアリペイや
テンセントが展開するウィーチャットペイが普及していてモバイルバンキング取引
シェアの90%以上をこの2社が占めているんです
つまり利便性の向上はすでに進んでいるわけですから
それを目的にデジタル人民元を普及させる理由はありません
そこで3つの理由が考えられますひとつ目は国有銀行のシェアを回復させること2つ目
は資金移動の監視強化
3つ目は g 民減の国際化です
例えばあり米は今よ新事業が急成長していて営業収益に占める様神の割合がおよそ4割
に達しているんです
これは先ほども説明した通り ai を駆使することで様神の精度を高めることに成功
したからです
アリペイはアリババ経済圏のすべての利用履歴
を活用できる立場にありますから利用者の消費行動を把握できるほか
融資できる上限や金利延滞率などほぼ正確に判断することができるんです
実際あり米の延滞率は1%台半ばと商業銀行の不良債権比率の平均2%弱よりも低い
です
ちなみに融資のほとんどは個人向けがほとんどで融資全体の8割を占めていて残りの2
割が零細事業者向けになっているわけですが
これによって
国有銀行のシェアは年々低下傾向にあります
そのため案とグループに対して規制強化をすることでデジタル人民元を普及させて国有
銀行のシェアを回復させる狙いがあります
また中国はかねてから国外への資金流出を懸念していますから
デジタル人民元を復旧さ
することで資金移動の干渉強化したいという狙いがあります
これがどういうことかもう少し具体的に説明すると例えば中国の富裕層は当局を恐れて
国外に資金を移動させているんですが仮にこの流れが加速すれば人民元安につながり
かねません
とりわけ米中退
率が激化すれば人民元も不安定になることが予想されますから
資金移動の監視を強化することで人民元が流出しないようにしておきたいんです
3つ目の理由としては人民元の国際化が挙げられます
人民元の国際化が進めば外国との決済において米取る依存から脱却することができます
し米国からの経済制裁を回避することもできるからですまた人民元で決済することが
出来れば中国は為替変動のリスクを避けることができますし人民元建ての借金ならさ
英語は人民元を発行することで借金を返済することができるので財政破綻のリスクも
低下します
こうしたことを理由に中国政府はデジタル人民元を普及させたいと考えているわけです

モバイル決済の分野においてあり米とウィーチャットペイがシェアを取り過ぎている
ことからデジタル
人民元の復旧の邪魔になっているんです
そのためアリペイに対して規制強化の圧力を強めていて支配力を弱体化させようとして
いるわけです
ちなみにジャックマーは規制当局との会議で二にが必要とするのならアーントから好き
なプラットフォームをとっていいと発言するなど案とグループ
の一部を政府に譲渡する提案をしていたそうです
将来的にはアリババグループの一部も政府に譲渡される可能性がありますから中国の
巨大テック企業が半歩国有化される可能性もあると思います
さてこうした中でアリババの株価は222ドルと10月の高値319ドルから30%
以上もねを下げました
株価の今後の見通しについては短期的には売られ過ぎからの反発が期待できますがまだ
しばらくは底面すると思いますそれはなぜかというと中国政府が
2021年の経済方針として8つの重点項目を定めていてその六甲木目には反独占強化
し本の無秩序な拡張帽子が明記されているからです
つまり明らかに来年はアリババを含む中国巨大テック企業を叩くと宣言しているんです
good
霊的な銘柄を上げるとアリババのほかにテンセントや jd ドットコムなどがあげ
られるわけですがこれらの銘柄はしばらく低迷すると思います
ただし長期的に見れば僕は2021年以降新興国株投資の時代がやってくると考えて
いるので
アリババやテンセント jd ドット
com に投資したい投資家にとって絶好の買い場になると思います
次に sec 米証券取引委員会が
リップル者に対して証券法に違反したとして提訴したことについて解説します
sec による提訴を受けて xrp はわずか1カ月で一時74.6% s と大
暴落しました
sec はリップル車
は同社のブラッドガーリングハウス ceo そして共同創設者のクリスラーセンに
対して訴訟を起こしていて訴訟の内容は2013年から約7年間にわたって有価証券
登録を行なっていない xrp を販売し線300億円を超える資金を調達したという
ものです
これに
対してガーリングハウス ceo は sec は完全に間違っている
xrp は sec がビットコインとイーサリアムを通過として認定したように
xrp も同様に通貨であり有価証券ではないとの声明を発表し真っ向から反論しまし

つまり xrp は
有価証券なのかあるいはつーかなのかということが問題になっているわけです
そもそもなぜビットコインとイーサリアムが通過として認められているのにも関わらず
xrp は有価証券の疑いがあるのかというとそれは xrp が中央集権を採用して
いるからです
中央集権というのは統治権力が中央政府に統一集中している状態を指すわけですが
xrp の場合リップル者が xrp を支配していると言えるんです
その一方でビッド今やイーサリアムの場合それを支配する者はいませんですから
ビッドフォンやイーサリアムは通貨であるのに対して xrp は有価証券だと指摘さ
れているんです
例えば xrp の最大波
口数は泉屋 xrp でそのすべてが発行済みであるわけですが
リップル者は発行済み xrp のおよそ半分を所有しているので xrp 価格の
上昇の恩恵を最も享受できる立場にいます
こうした中でリップル者は sbi ホールディングスに対して xr po
市場価格の15%から30%引きで販売したんです
これは sbi ホールディングスが参加の仮想通貨取引所 sbi vc トレード
を通じて日本の個人投資家に販売すれば
x
rp の値上がりが期待できリップル者は巨額の利益を手に入れられることが期待
できるからです
sbi ホールディングスも15%から30%引きで仕入れた xrp を
市場価格で売ればいいだけですから簡単に利益を上げる事ができるんです
実際 sbi ホールディングスの北尾社長
はツイッターでアジアで事業拡大に取り組むとしていて
リップル者と sbi ホールディングスは xrp の値上がりで巨額の利益を
得ようとしていたんです
見方を変えれば sec が主張している通り
リップル者は xrp という有価証券を発行して線300億円を超える資金
調達をしたと言えるんです彼に xrp が有価証券と判断されれば
リップル者は巨額の罰金を支払わなければならなくなりますし
ヘッジファンドや年金基金といった機関投資家による投資はえいえんに期待することが
できませんから
xrp の価格は一段と暴落すると思います
ただし xrp の有価証券問題はビットコインやイーサリアムにとってはプラス材料
になります
これはなぜかというとリップルをはじめとしたあるとコインから投資資金が流出する
一方で流出した資金の一部がビット今やイーサリアムに流入することが期待できるから
です
とりわけリップルなどあると恋に投資していたような人たちが
リップルを売ったお金で今更伝統的な株式や債券に投資するとは考えにくいですから
ビッドフォンやイーサリアムに投資すると考えるのが自然だと思います
今回の動画の内容をまとめると中国の規制当局がアリババに対して6000禁酒法に
違反した疑いがあるとして調査を開始したわけですが中国政府の真の目的はデジタル
人民元を普及させたいことにあります
デジタル人民元が普及すればアリババ参加のアーンとグループに初心
言われた国有銀行のシェアを回復させることができますし資金移動の監視も強化できる
ので人民元の流出を未然に防ぐことができるからです
さらに人民元のデジタル化によって国際通貨としてのポジションを確立すれば外国との
決済において為替変動のリスクを避けることができ
ますし米中対立が激しくなる中で米取る依存から脱却できるほか米国による経済制裁を
回避することもできます
これらを理由に中国政府はデジタル人民元を普及させたいと考えているわけですが
モバイル決済の分野ではアリペイとウィーチャットペイがモバイルバンキング取引
シェアの宮司
10%以上を占めているのでデジタル人民元の普及の邪魔になっているんです
そのため中国政府は2021年の経済方針として反独占強化し本の無秩序な拡張帽子を
掲げていますから2021年はアリババやテンセントなど巨大テイク企業を激しく叩く
ことでデジタル人民元の普及を加速させると思います
しかし僕
向こう5年から10年くらいにかけて新興国株の時代が到来すると考えていますから
2021年は中国の巨大テック企業に投資する絶好のチャンスになると思います
また仮想通貨市場で xrp が暴落しているわけですがこれは sec によって
xrp は母
交通課ではなく有価証券であると訴えられているからです
そのためありに有価証券と判断されれば xrb は一段と暴落することが予想される
わけですが xrp を売却した資金は
ビッド本やイーサリアムに流入することが予想されますから
リップルの有価証券問題はビットコインに
とってプラス材料になると思いますということで今回の動画は以上になります good
luck
米国株取引手数料が業界最安値水準の dmm 株とのタイアップ企画として渾身の
書き下ろし投資レポートを書かせていただきました
僕は向こう5年から10年くらいの中長期的な展望としてあぁ流株投資の時代が再来
すると考えているんですがこのレポートではなぜバリュー株の時代が
やってくるのかそしてこれからやってくる壮大なバリュー株投資の時代に備えて何に
投資をすればいいのか具体的な有料バリュー株30銘柄を上げて紹介していますから
ぜひ読んでみてください
dmm 株の口座を新規で解説していただくだけでこのレポートを読むことができます
から
概要欄の方からチェックしてみてくれ
妻それではまた次回の動画で

関連の投稿

ヴェルグルの奇跡から学ぶお金を使う力

|国の経済には作用できない。ただ自分と自分の周りの経済には作用できる。最適なもの、最適なタイミングを見極め、勇気を持って投資しよう。

【お金2.0】新しい経済のルールと生き方/資本主義から価値主義の時代へ【本要約】

|人間は物質的に満たされた後、内面的な欲望をより満たしたいと思うようになる。

「税金を払わずに生きていく逃税術」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|日本はとてもいい国で好きだから今後衰退するのは悲しい。できることを模索したい。

「金持ち脳~捨てることから幸せは始まる~」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

|無限に働いても楽しい、そんな仕事を持てるか。それは人生全体の満足度に大きく関係する。
よく検索されるタグ